車内掃除の時はシートの頑固な汚れも落とすことがポイントです

車内掃除の時はシートの頑固な汚れも落とすことがポイントです

週末くらいしか車に乗ることがない人も多いかもしれませんが、思ったよりもシートは汚れています。そのため、車内の掃除をする時には念入りに掃除する必要があります。

今回は車内の掃除方法として、シートの汚れの取り方について詳しく説明します。シートにはホコリや食べこぼし以外の汚れが付いている可能性もあります。掃除してきれいにするようにしましょう。

また、車内の天井も汚れています。車内の掃除をする時には一緒に掃除するようにしましょう。その方法についても説明しますので、参考にして下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ベッドを処分する場合にかかる費用の相場と正しい処分方法

子供の成長によって古いベッドを処分しようと考えた場合、費用がとのくらいかかるのか気になる人の方が多い...

バルコニー掃除に最適な洗剤とは?洗剤の選び方と掃除の手順

見て見ぬふりをしてきたバルコニーの掃除。 鳥のフンなどの汚れは洗剤を使って綺麗にするしかないとわか...

【天井の掃除方法】汚れの種類に合わせてきれいにしましょう

天井を見上げると、意外と汚れていることに気づくのではないでしょうか。ホコリがついていたり、ヤニ汚れに...

部屋が綺麗な人の特徴。思考は行動に、行動は生活に出ます

部屋が綺麗な人の特徴。 いろいろとありますが、やはり『行動力』と『判断力』があることに間違えはない...

重曹掃除で風呂釜を綺麗に!汚れが溜まりやすいパイプの掃除方法

お掃除アイテムとして有名な重曹は、風呂釜掃除にも最適! 追い焚きの時に、変な臭いや黒汚れがあり...

掃除しても発生するほこり。毎日イライラしないで過ごしたい

掃除をきちんとしているのに、どうしてほこりって毎日毎日アチラコチラに発生するのでしょうか? 部...

【掃除手袋】のおすすめ。手荒れ防止だけじゃない手袋の使い方

掃除をする時に、ゴム手袋を使いますか? 最近の洗剤は洗浄力が高く、手の皮脂もすっかりキレイに落とし...

掃除の頻度を作業別・場所別に区分けして考えてみる

掃除の頻度を場所別に考えてみませんか? ◎ながら・ついで、で毎日掃除すること。 ◎5分か...

畳の掃除に『重曹』は使えません!畳の正しい掃除方法について

畳を掃除するのに一番適しているのは『ホウキで掃く』ということです。 畳の目に沿って、ゆっくりと...

男の収納術。ワードローブに合ったアイテムでスッキリ収納

男性のワードローブと女性のワードローブは違います。 ですから、ハンガー一つとっても、男性が使用する...

シンクの排水口のぬめりを解消するための重曹の使い方を解説

シンクの排水口は掃除しないとぬめりができてしまい、触りたくないと考える人も多いでしょう。 しか...

No Image

掃除を毎日することで運気アップ!そのためのコツを教えます

「毎日掃除すると運気が上がる。」ということは一度は耳にしたことはあるでしょう。 しかし、本当に...

車のホコリが気になる!掃除方法とおすすめのアイテムをご紹介

車のダッシュボードはホコリが目立ちやすいですね。 車に限らず掃除の仕方や頻度は、人それぞれだと...

【クローゼット収納術】バッグは立てて上手に収納しよう

通勤用バッグやトートバッグなどバッグも数が増えてくると置き場所に困ることもあるでしょう。 収納...

レンジの掃除はセスキにおまかせ!セスキでの掃除方法とメリット

電子レンジの中の汚れを綺麗に掃除したい時は、セスキ炭酸ソーダを使った掃除がおすすめです。 電子...

スポンサーリンク

車内であってもシートにはこんな汚れがついています

車内のシートの汚れには意外な物も

車はそれほど頻繁に乗らないのに、何故か車内のシートが汚れていることがあります。

明らかに目に付く食べこぼしやジュースをこぼした跡ではない汚れが気になることもありませんか。

車内は、密室なのでキレイに使っていれば汚れも付かないような気がしますが、ドアの開け閉めによって外の空気が頻繁に入ります。

人の出入りも多い車内では、外から運ばれるホコリや土、砂埃のほか、人の髪や汗などがホコリとなり、溜まっていくものです。

車内で、お菓子などを食べることもあるでしょう。

いくらお菓子をこぼさないように注意をしていても、細かい食べこぼしは少なからずあります。

このような小さなゴミが溜まって、車内を汚してしまいます。

また、怖いのが目に見えないダニやカビです。

こうした食べかすや毛髪をエサにダニは繁殖します。

ダニは、小さくて目には見えませんが、繁殖を繰り返すことで大量に発生するので、車内のゴミをそのままにしておくと、ダニの最適な住処になってしまうことも…。

ダニやカビが潜んでいる車内では、快適なドライブは出来ませんよね。

車内のシートをキレイに掃除して、清潔な車内にしたいですね。

車内の掃除にも重曹!気になるシートの汚れも落とせます

車内にも!重曹水スプレーで簡単にシート掃除

車内がなんだか汚れているなと感じる時、汚れの他に「臭い」で気づくこともあります。
汚れと臭いはイコールなので、色々な汚れの臭いが混じり合って、悪臭になることもあります。

このように汚れと臭いが気になる場合は、「重曹」を使った掃除がおすすめですよ。

重曹には、汚れを落とす効果のほかに臭いを消す効果もあります。

汚れからでる嫌な臭いは香水などの違う臭いでごまかすのではなく、汚れから出る根本的な臭いを除去することが大切です。

重曹は、ふくらし粉としても使われる自然素材で、アルカリ性の洗剤なので、食べかすや手垢汚れ、汗による汚れ、ヤニ汚れなど油性汚れに効果があります。

シートの汚れを落とす時には、まずシートの上のゴミやホコリを掃除機で吸い取ってキレイな状態にしてから行いましょう。

重曹は、水に溶かしてスプレーボトルに入れて使うと便利です。

気になる汚れに重曹水をスプレーして、乾いた布でしっかり拭き取れば完了です。

車内は、狭い密室空間なので、掃除する時には窓やドアを開けてしっかり換気をして行いましょう。

シートの頑固な汚れを取るための掃除方法について解説します

中性洗剤や専用クリーナーで車内シートの頑固な汚れを除去

シートにガッチリこびりついて取れない汚れがある場合は、どのように対処すれば良いのでしょうか。

シートが布製の場合は特に、汚れが奥まで浸透してしまうこともあります。

奥まで浸透してしまった汚れは落とすのが困難です。

汚れは付いたらすぐに拭き取れば痕も残りませんが、車内シートの場合は、普段乗らないシートに汚れが付いていたりすると、気付くのが遅れることもあります。

頑固な汚れを落とすためには、台所用の中性洗剤や車内シート用の専用クリーナーがおすすめです。

シート専用クリーナーは、ホームセンターなどでも入手できます。

全体に付いた汚れを落とすには、中性洗剤を薄めた溶液で絞った雑巾やクリーナーを使って、シート全体を拭き上げます。

明らかにシミ汚れの部分には、シミの周りを叩くようにして汚れを浮き出すようにすると良いでしょう。

汚れが取れたら水拭きし、最後に乾拭きして水気をしっかり拭き取るようにしましょう

シートの掃除だけではなく、車内の天井もきれいにしましょう

車内の天井が汚れる原因とは

車内の掃除と言うと、シートや運転席付近だけ目がいってしまいがちですが、実は車内の天井も汚れが多い場所です。

車内は、運転中は密室です。

車内で喫煙すると、煙が車内に充満するため、天井にもヤニ汚れが付いて茶色に変色してしまうこともあります。

また、湿気が多い車内では、黒いポツポツとしたカビが天井に繁殖することもありますので、天井もしっかり汚れを確認することが大切です。

天井は、水に中性洗剤を少量入れた溶液で雑巾を使って全体をキレイに拭きましょう。

掃除をした後は水気をしっかり取り乾燥させることが必要ですが、車内の場合、密室なので難しいこともあります。

そのため、あまり洗剤をかけすぎたりしないように注意が必要です。

汚れが目立つシートなど車内の掃除は業者に依頼することもできます

車内掃除を業者に依頼する場合の相場とメリット

車内の掃除は、必要な物を揃えて、時間をかければ自分でも簡単に行う事ができますが、急に車内をキレイにしなくてはいけなくなったり、自分では容易には落とせない汚れが付いてしまうこともあります。

そんな時は、専門の業者に車内の掃除を頼む方法もありますよ。

業者に清掃を依頼する時、気になるのが料金ですよね。

車内清掃の平均的な料金相場は、2万円~5万円です。

車種によっても大きさが違うので、料金は変動します。

オプションで料金はかかりますが、抗菌を追加したり、シミ抜きに対応してくれることもあります。

料金はかかりますが、車掃除のプロの仕事なので、ピカピカで新車のような快適な乗り心地を買うと思えば、良い買い物と言えるのではないでしょうか。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事