便器の掃除に必要な洗剤はこれだけ!頑固な汚れも落とせます

便器の掃除に必要な洗剤はこれだけ!頑固な汚れも落とせます

便器に黄ばみや黒ずみがついたまま放置してしまうと、掃除してもなかなか落とせずイライラしてしまう人も多いのではないでしょうか。

しかし、ドラッグストアなどに行くとトイレ用の洗剤にはいろいろな種類があるため、どれを使えばきれいになるのか悩んでしまいますよね。

そこで今回は、便器を掃除する時に最低限用意すべき洗剤について説明します。汚れの種類に合わせた洗剤を使用するようにしましょう。

また、便器の汚れを防止するためのアイテムもご紹介します。忙しい主婦は簡単な方法で汚れを予防するようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大掃除を始める前の道具リストの作り方とコツを徹底解説

年に一度のイベント「大掃除」。今年は家族全員で行うという人も多いのではないでしょうか。 そこで...

机整理!ゴチャつく引き出しは指定席を決めて用途別にまとめよう

職場の机の引き出し、ちゃんと整理整頓できていますか? 机の引き出しがゴチャゴチャしていると、必...

【外壁の掃除方法】ブラシを使う場合のやり方と注意点について

家を建ててから数年絶つと、きれいだった外壁も汚れてきます。よく見ると、それはコケかもしれません。 ...

No Image

掃除を毎日することで運気アップ!そのためのコツを教えます

「毎日掃除すると運気が上がる。」ということは一度は耳にしたことはあるでしょう。 しかし、本当に...

網戸掃除に100均アイテムを使えば簡単にきれいになります

窓ガラスだけではなく、網戸も掃除した方がいいと聞いても何を使ってどのように掃除してよいのかわからない...

トイレタンクの掃除を業者に依頼する場合の費用の相場とメリット

トイレタンクの中も掃除した方がいいとはわかっていても、自分で掃除するのは自信がないという人も多いでし...

【掃除手袋】のおすすめ。手荒れ防止だけじゃない手袋の使い方

掃除をする時に、ゴム手袋を使いますか? 最近の洗剤は洗浄力が高く、手の皮脂もすっかりキレイに落とし...

浴槽の掃除方法は?簡単にできる浴槽掃除の方法や手順を解説

忙しい毎日を過ごしていると、お風呂の浴槽掃除を簡単に済ませたいと考えることもありますよね。浴槽掃除は...

床掃除はスチームクリーナーにお任せ!汚れを浮かせてピカピカに

大掃除を前に床掃除で困っていませんか?その悩みを解決するのが「スチームクリーナー」です。 スチ...

リビングの掃除道具は使いやすく、見せない収納がベスト

仕事をしていると、なかなか掃除する時間もないという人も多いのではないでしょうか。 そのため、時間が...

カーペット掃除はまずブラシでホコリや髪の毛をかき出してから

カーペットにいきなり掃除機をかけるのはNGなんですって! まずは、フローリングをドライシートで...

掃除と片付けの違いは?違いはあれど両者は切っても切れない関係

掃除と片付けはどんな違いがあるの?どちらも同じことでは?その気持ちよくわかります。どちらも部屋を綺麗...

風呂のシロッコファン換気扇の掃除方法や注意点・掃除頻度を解説

風呂のシロッコファン換気扇を掃除したいと思っても、手順がわからないと掃除をすることができません。 ...

大掃除のコツ【自分の部屋編】部屋をスッキリ綺麗にする掃除方法

散らかっている自分の部屋、大掃除のときこそ綺麗に片付けたいと思っている人もいますよね。 でも、何か...

部屋を片付けられない人の心理と特徴!苦手でも片付けられる方法

部屋を片付けられない人も世の中にはたくさんいます。片付けができる人から見れば、一体どんな心理で片付け...

スポンサーリンク

便器につく汚れの種類と掃除に使う洗剤について

便器の汚れは放っておくと落とすのが大変になってしまいます。気づいたときに直ぐに対処することが大切です。
また、便器の汚れには、黄ばみ、黒ずみ、尿石の3種類があり、汚れによって落とし方も変わってきます。

便器の汚れ【黄ばみ】の原因と使用する洗剤

黄ばみは尿の色素が沈着してしまうことや、尿石が原因の汚れです。臭いの原因にもなりますので、こまめに掃除をして防ぐことが大切です。

尿の汚れは弱酸性になりますが、比較的落としやすので、どんな洗剤を使っても大丈夫です。除菌・消臭効果がある中性洗剤を使うと良いでしょう。

便器の汚れ【黒ずみ】の原因と使用する洗剤

黒ずみの原因はカビです。カビのような酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤を使って落とします。

便器の汚れ【尿石】の原因と使用する洗剤

尿石は、尿に含まれているカルシウムが原因で、落としにくい汚れになります。便器などに固くこびりついてしまうので、見つけたらすぐに落とすようにしてください。
尿石はアルカリ性の汚れなので、酸性の洗剤を使って落とします。簡単には落ちないので、根気よくブラシなどでこすって落としてください。

便器の掃除を始める前に3種類の洗剤を用意しましょう

便器の掃除には、それぞれ汚れに合わせた洗剤を使うことがポイントです。便器の掃除に使う洗剤は3種類があり、酸性洗剤、中性洗剤、それと塩素系漂白剤を用意すると良いでしょう。

酸性洗剤

アルカリ性の汚れには酸性の洗剤を使いますので、尿石を落とすときに使います。代表的な洗剤にサンポールがありますが、尿石落とし用として販売されている洗剤もあります。

中性洗剤

便器だけでなく、トイレ全体の掃除に使うことができます。便器の内側以外にも便器の外側や周り、トイレの床や壁に使います。トイレマジックリンなどがあります。

塩素系漂白剤

除菌効果もあり、便器の黒ずみを落とすのに効果的です。代表的な洗剤にトイレハイターがあります。

便器の掃除には3種類の洗剤を使い分けますが、塩素系漂白剤と酸性洗剤を一緒に使うと有毒ガスが発生して危険です。一緒に使わないように気をつけてください。

洗剤がなくても「重曹」と「クエン酸」があれば便器の掃除ができます

トイレ掃除専用の洗剤を用意しなくても、重曹とクエン酸を代用することができます。
重曹もクエン酸も天然成分でやさしい洗剤なので、トイレにも使うことができると安心ですよね。

重曹

重曹は弱アルカリ性になりますので、酸性の汚れを落としたいときに使います。酸性洗剤の代わりに使うことができるというわけです。

重曹には黒カビに含まれているタンパク質を分解する作用がありますので、便器の黒ずみを落としたいときに使うことができます。研磨作用もありますが、重曹の粒子は細かいので便器に傷をつけることなく擦り落とすことができます。
重曹には消臭効果もありますので、便器の嫌な臭いにも効果的です。

重曹を使うときは、スプレーにすると便利です。スプレーボトルに40度位のぬるま湯と重曹を入れてよく溶かしてください。重曹の量はお湯100mlに対して重曹大さじ半分~1杯位入れます。

クエン酸

クエン酸は酸性なので、尿石などのアルカリ性の汚れを落とすときに使います。
頑固な尿石には重曹と一緒に使うと、更に汚れを落とす効果が高くなります。クエン酸と重曹を混ぜると炭酸ガスが発生します。炭酸ガスの気泡が汚れを落としやすくなり、また重曹は消臭効果がありますので、尿石の嫌な臭いにも対処することができます。

クエン酸もスプレーボトルにクエン酸水を作っておくと便利です。
スプレーボトルに水100ml入れたらクエン酸を小さじ1杯程度を入れて溶かしてください。

便器をよりきれいにするためのコツは「つけおき」

便器の汚れの中には、簡単には落とすことができない場合もあります。そのような頑固な汚れには「つけおき」が効果的です。

つけおきをする前に、トイレの中に水を抜いておくことをオススメします。トイレの水は抜く方法がないので、紙コップなどですくって取り除いてください。

つけおきの仕方

  1. 汚れの部分にトイレットペーパーを敷きます。トイレットペーパーだとトイレにそのまま流すことができますので便利です。
  2. 汚れの部分にトイレットペーパーを敷いたら、その上から洗剤をかけて湿らせます。その状態で洗剤が汚れに染み込むようにつけおきをします。
  3. 汚れが浮いてきたところで流すか、ブラシでこすってください。
    汚れがひどくて心配な場合は、上からラップをすると更に効果的です。ラップのパックをする感じにして、しばらく放置します。
    ラップはトイレに流すことができないので、つけおきが終わったら取り除いてください。

つけおきをする場合は、酸素洗剤の場合は長く時間をかけないでください。傷をつけてしまう恐れがあります。

便器が汚れないようにするためのおすすめのアイテムをご紹介

便器の汚れ対策には、やはりこまめな掃除が一番です。汚れがひどくならないうちに掃除をすることで、掃除もラクになります。特に尿石は落とすのが大変なので気をつけたいところです。

便器が汚れないような工夫もポイントです。
トイレタンクの上に手洗い場があるタイプなら、水が流れるところに起いておく洗浄剤があります。水を流す度に洗浄成分が流れてトイレの汚れを防水してくれます。
手洗い場がないタイプの場合は、タンクの中に入れるものもあります。

スタンプタイプのものもあります。トイレの便器にスタンプをしておくだけで、流す度に洗浄成分が出てトイレの汚れ防止になります。消臭効果も期待できます。

トイレを使った後に気になる汚れがある場合は、その都度サッと汚れを落としておくだけでも汚れ具合が違ってきます。
ご家族にも協力してもらい、汚れに気づいたら対処してもらうようにしましょう。トイレ用のお掃除シートなら、お子さんでも簡単に拭き取ることができます。
また、男性には座って用を足してもらうと、尿の飛び散りを防ぐことができますので、ぜひ協力してもらいましょう。

一度キレイにした便器は、ずっとキレイな状態に保ちたいですよね。ちょっとした工夫とこまめな掃除が大切です。キレイな便器のためにも、ぜひ、習慣にしてくださいね。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事