壁を掃除する方法【デイリーから大掃除まで】汚れ別に洗剤も紹介

壁を掃除する方法【デイリーから大掃除まで】汚れ別に洗剤も紹介

壁の掃除をする時に使うべき洗剤って?
壁は長い時間を掛け、汚れを蓄積しますので、汚れがこびりついて取れにくいのです。

さらに、デコボコしている壁紙クロスが多いので、ミゾに入り込んだ汚れは拭き掃除だけでは取れないこともあります。

また、壁に向かってスプレー式洗剤を吹きかけると、自分の顔にかかって不快な思いをしたことがある人も多いはず。

スプレー式洗剤は、広範囲にふりかけて短時間で掃除をすることができますが、飛沫が飛び散ってしまうのが不愉快でした。

そこで、試行錯誤の上に編み出した、私がいつも行っている壁の掃除方法についてご紹介いたします。

必要な道具や使っている洗剤、また、デイリーの掃除方法や大掃除の方法も合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【書類整理術】自宅の書類は集めて捨てることからスタート

子どもがいるといつの間にか学校からのプリントがたまっていたり、使うかもしれないとレシートをいつまでも...

掃除の順番は曜日別に。効率よく家中まんべんなく掃除できる方法

掃除の順番を見つけて、効率的で負担にならない自分流の掃除方法を探しましょう。 曜日ごとに掃除す...

車内掃除を業者に頼んだ場合の清掃の流れは?掃除方法も解説

車内は隙間も多く、ペットの臭いや子供たちの食べこぼしが車内に残り、自分たちではなかなか綺麗に掃除しに...

【片付けのコツ】押入れ収納の基本的な考え方を理解しよう

「とりあえず」と何でも押入れに収納していると、いつの間にかいっぱいになっていて、どこに何を入れたのか...

床掃除はスチームクリーナーにお任せ!汚れを浮かせてピカピカに

大掃除を前に床掃除で困っていませんか?その悩みを解決するのが「スチームクリーナー」です。 スチ...

デスクの整理整頓におすすめのグッズと収納のコツを教えます

毎日仕事に追われていると、デスクの上や引き出しの中を整理整頓をする時間もないという人も多いのではない...

自転車を処分する時に必要な防犯登録抹消のための手続き方法

自転車を処分しようと決めた場合、粗大ゴミとして出すか買い取ってもらうかその処分方法ばかり気になってし...

便器の黒ずみに効果のある洗剤とそれを使用した掃除方法を解説

掃除してもなかなか取れない便器の黒ずみ。どんな洗剤を使えば黒ずみを落とすことができるのか悩んでしまう...

書類整理に便利な100均グッズとおすすめアイデアをご紹介

子供がいると幼稚園や学校から毎日のようにプリントが来て、きちんと整理できないママも多いのではないでし...

車内掃除の時はシートの頑固な汚れも落とすことがポイントです

週末くらいしか車に乗ることがない人も多いかもしれませんが、思ったよりもシートは汚れています。そのため...

お風呂の水垢をクエン酸で落とす方法と落ちない場合の対処法

お風呂の汚れと言えば「水垢」が代表的ですが、掃除しても取れない場合もあります。 そんな時は「ク...

タイルの掃除。お風呂場のタイル目地をキレイにする方法

タイルの掃除は大変ですが、見て見ぬふりをすると、取り返しの付かないことになってしまいます。 お...

おもちゃの収納ボックス。蓋付き?蓋なし?片付けやすいのは

おもちゃって、どんどん増えていきますよね。 キチンと、キレイに、しっかり分別して片付けられれば良い...

玄関の掃除の仕方【タイル】ザラザラ・デコボコの汚れをキレイに

玄関の掃き掃除、毎日していますか? 玄関の掃除の仕方は意外と知らないものですよね。 ましてやタイ...

重曹を使った掃除でお風呂をもっと綺麗に!効果的な重曹の使い方

お風呂掃除には重曹がベストだという話を耳にしても、実際どのように使いこなせばいいのかわからない方も多...

スポンサーリンク

壁って掃除しなきゃいけないの?壁が汚れる原因について

普段から掃除はすると思いますが、普段の掃除に壁の掃除を組み込んでいる方は少ないでしょう。

小さな子どもが壁に汚れた手で「ベター」と触らない限り壁の汚れが目立つことはありません。
しかし、何年も同じ家で過ごし1度も壁の掃除をしたことがないのであれば、そのうち壁の汚れが黒ずみやすすとなって現れてきます。
カビが生えやすい条件が揃っていれば、壁にもカビは生えてきます。

これらの汚れが目に見えて初めて汚れがついているのではなく、目に見えない汚れが蓄積されてこのような目に見える汚れとなって出現するのです。

壁の主な汚れは空気に入り交じる汚い空気です。

家の中に喫煙者がいるなら喫煙によるヤニ、キッチン周りであれば熱で蒸発した油が空気に入り混じり壁に付着、そして外から中に室内に入り込んでくる花粉や排気ガスなど、様々な汚れが空気に入り混じり壁を汚していきます。

そのため、汚れが目にみえていなくても壁は汚れています。
キレイなシートや雑巾で壁を拭くと雑巾は汚れの黄色や黒く汚れているのが分かります。

そのため、壁の掃除は普段から必要と考えられます。

デイリーの壁掃除。洗剤は使わずにドライシートで撫で拭きします

壁掃除は年末に年に1度の大掃除の時にする方が多いですよね。
もちろんその1回でも掃除をする意味が十分にあるのですが、普段からも壁の掃除をすることで、その年1の掃除がとても楽になります。
そして普段から清潔な環境で生活を送れることにもなります。

壁をデイリー掃除する時は、洗剤を使用した水拭きはとても時間や労力のかかる作業です。
壁のデイリー掃除でしたら乾いた雑巾やハンディタイプのお掃除ワイパーのドライシートで壁表面についたホコリやゴミ、花粉、ヤニを拭き取る程度で良いでしょう。
そして、2週に1度、月に1度などの頻度を自分なりに負担にならないよう決めて、決めたスケジュールに沿って水拭きなど念入りに掃除を進めていくと、良いでしょう。

壁の掃除は軽く掃除機をかける作業とは違い、とても疲れます。
厳しいスケジュールを組むと3日坊主が目に見えてしまいますので、負担にならないよう緩くてもスケジュールに沿って掃除をしていくことが大切です。

本格的に壁掃除をする方法。スプレー式の洗剤は使いません

デイリー掃除ではなく、何ヶ月に1回など念入りに壁を掃除する時は、洗剤を使用すると良いでしょう。

スプレータイプの洗剤は手を洗剤で汚すことなくとても便利ではありますが、特に高い位置に壁に吹きかける時、空気の流れによっては自分の顔に洗剤が降りかかってくることがあります。
肌が敏感な人にとっては肌荒れの原因になることがあります。

キッチン周りの壁の油汚れや子供がクレヨンで落書きした汚れなど、油分を含んだもので壁を汚してしまった場合にスプレー式の洗剤ではなく、純正石鹸を使用することをオススメします。

油汚れに効果的なものは油分が含まれた洗剤です。
そして吹きかけ顔にかからずにも済むのが純正石鹸です。

液体や泡洗剤が流行りだし固形純正石鹸は家にない方も多いでしょうが、壁掃除のために常備しておくと便利ですね。

壁が黄色くくすむ原因はヤニ。壁に染み付いたヤニを掃除するのに適した洗剤

「壁が黄ばんでいる」「拭くと雑巾が黄色くなる」これは紛れもなく喫煙によるヤニが原因だと考えられます。

喫煙する時にでる副流煙には有害物質が含まれており、その成分は熱が加わることで黄色くなる特徴があります。

喫煙により歯が黄色くなってしまうことは知っている方も多いでしょうが、壁も黄ばみもその成分と一緒ですので黄ばんでしまうのです。

ヤニによる汚れは見た目による黄ばみだけではなくヤニ特有の臭いも発生させます。
黄ばみがひどいと同時にヤニの異臭もすることがありますのでとても厄介な汚れです。

このヤニの掃除に用いると良い洗剤はアルカリ性である重曹です。
アルカリ成分がヤニに含まれる汚れの成分を中和し分解するため汚れが落ちやすくなります。

そして重曹では落ちない場合があります。
そんな時は重曹よりもアルカリ成分が強いセスキを使って落としていきましょう。

これらは消臭効果も期待できる洗剤ですので、汚れ落とし、臭い対策になるので一石二鳥になる便利な洗剤です。

壁がキャンパスに!壁紙クロスの落書きを掃除する時の洗剤とは

小さな子どもがいると目を離したすきに壁にお絵かき…。しかもクレヨンで…。と言葉が出ないことも起こりえます。

すぐに落とそうと焦ってしまい調べもしないであれもこれもと洗剤を使い結局汚れを伸ばしてしまっただけで更に壁を汚してしまうなんてことがあります。

このような場合は、前述で純正の固形石鹸が便利とお話しましたが、液体洗剤の流行で固形石鹸が家にないこともあるでしょう。

そんな時は、歯磨き粉を使用してみましょう。
歯磨き粉を使い古しの歯ブラシにつけ優しくクルクル擦っていきます。

汚れが浮いてきたとこで濡らし水分をよく切った雑巾で拭いていきましょう。

壁を傷つけないよう注意してくださいね。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事