風呂の換気扇が寒い!24時間換気のもどかしさについて

風呂の換気扇が寒い!24時間換気のもどかしさについて

風呂の換気扇をつけて入浴すると寒い!

でも、24時間換気なので切ることができない…。

温まりたいのに、寒い。
これでは入浴のリラックスメリットを得ることはできません。

基本的には、24時間換気は24時間可動させることが望ましいのですが、寒さを我慢してまで湿気対策しなければならないのでしょうか?

寒い期間限定、かつ入浴時間の短時間は、消しても大丈夫でしょう。
24時間換気も、家の作りも、そのくらいの許容はあるはずです。

そのかわり、入浴後はすぐに24時間換気を稼働させましょうね。

それでは、24時間換気と、お風呂の換気についてご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

モップ掃除のやり方とコツを解説!掃除機よりも簡単です

フローリングの床の掃除にはモップが良いと言われていますが、いろいろな種類があってどれを選べばよいのか...

タンス掃除の仕方!掃除の手順と材質に合わせた掃除方法

タンスは定期的に掃除をしないと、ホコリが溜まりカビが生えてしまいます。タンスはいつも綺麗な状態にした...

掃除の手袋は使い捨てが便利!種類を使い分けて効率もアップ

掃除に手袋を使うと手が濡れたり汚れる心配がありません。 しかも、使い捨て手袋なら使ったら捨てるだけ...

デスクを整理しておしゃれに見せるコツやアイテムをご紹介します

何気なく部屋に置いているデスク。 テスト勉強の時くらいしか使っていないという人も多いかもしれません...

便器の掃除は重曹の研磨作用でゴシゴシ綺麗に!トイレ掃除の方法

小さなお子さんがいるご家庭では、市販の洗浄力の強い洗剤で便器の掃除をすることが不安に感じることもある...

お風呂の洗剤がなくても代用できるものとその掃除方法

お風呂の掃除をしようと思った時に専用の洗剤を切らしていることに気づくと、掃除することをあきらめてしま...

部屋がカビ臭い時の除去方法!不快な臭いもこれでスッキリ解決

「なんだか部屋がカビ臭い」そんな悩みありませんか? フワッと香る独特なカビの臭いを一刻も早く除去し...

【サッシ掃除のコツ】カビがあっても簡単に取る方法があります

窓のサッシの掃除は、年末の大掃除の時に行うという人も多いでしょう。 しかし、その時にはすでにカ...

まな板漂白する時は大きな袋を用意!袋を使った漂白方法とコツ

まな板全体を漂白したい時は、まな板がすっぽり入る袋1つあれば大丈夫! 大きなバケツは必要ありません...

落ち葉掃除に便利な道具とその使い方のコツについて解説します

庭に落ちている落ち葉。掃除することを面倒に感じる人も多いでしょう。 しかし、落ち葉掃除に便利な...

神棚の掃除は夜でもいいの?神棚掃除の時間帯と掃除ポイント

大掃除の際に神棚を綺麗にしたくても、神棚担当の旦那さんが仕事が忙しく、夜しか掃除する時間がないという...

スッポンがない!トイレ詰まり時に役立つ代用となるものをご紹介

スッポンを常備しているご家庭はおそらく少ないのでは? トイレはいつなんの拍子で詰まるかはわから...

部屋のカビを除去したい!エタノール・重曹・クエン酸で綺麗に

部屋の中にカビが生えてしまったら、見た目も悪い上に体にも良くありません。しっかりと除去をして、お部屋...

天井掃除は便利なグッズを使って定期的に行うようにしましょう

天井は高くて手が届かないからと、掃除をしない人も多い場所の一つ。しかし、しばらく掃除していないとホコ...

畳への正しい掃除機のかけ方を理解して畳を傷めないようにしよう

畳を掃除する場合に掃除機をかけるという人も多いでしょう。 しかし、正しいかけ方をしないと畳が傷...

スポンサーリンク

風呂の換気扇は基本的に24時間つけ放しを推奨

お風呂は、家の中でも水を使う場所なので、湿気が溜まりやすい場所ですよね。

換気扇はなぜ付けっぱなしが良いのか

お風呂を使い終わった後は、換気扇を回している人は多いと思いますが、お風呂の換気扇は実は付けっぱなしが良いということをご存知でしょうか。

節約のために、家の電気をこまめに消している人の中には、お風呂の換気扇もある程度湿気が取れたら、スイッチを切るという人もいるかもしれませんが、換気扇のスイッチはこまめに切ると効果が薄れてしまうと言われています。

カビの発生を防ぐ

風呂場の換気扇を付けっぱなしにする、最大とも言えるメリットは「カビの発生を防ぐ」ということです。
カビは、湿気があるところを好んで繁殖するため、浴室内は常に換気をしてカラッとさせておくことが効果的なのです。

木材には湿気に弱い

木造住宅の場合、木が家を支えていますが、木材は湿気に弱いため、家が湿気で充満していると、湿気が木材に浸透してダメージを与える可能性があります。

木は、板になっても常に呼吸することで、水分を出したり吸ったりしていますが、呼吸が出来なくなってしまうと、そこから腐ってしまうこともあるのです。

家を大切に長く使い続けるために、家の湿気をコントロールすることは重要です。

風呂の換気扇が吸い上げる空気が寒い!そんな時には

風呂の換気扇は付けっぱなしが良いということは基本ですが、冬の寒い日などは特に、お風呂で少しでも早く温まりたいのに、換気でヒヤッとすることを考えると、お風呂に入るのが嫌になってしまうこともありますよね。

寒い時のお風呂の時は換気扇を切る方法

もっとも手軽な方法は、入浴する時だけ換気扇を切るという方法があります。

換気扇を切ることで、外からの風が入らないので、多少は寒さを感じずにお風呂に入ることができます。

ただし、入浴が終わったらすぐに換気扇を回し、浴室内を乾燥させることを忘れないようにしましょう。

シャワーを有効に使う方法

寒い日のお風呂は、入る前に熱めのシャワーを浴室内にかけるということも効果的ですよ。

シャワーからでるお湯と水蒸気で、浴室内が多少は温まり、気持ちよく入浴することができます。

シャワーだけ出すのがもったいなければ、ついでに浴室の掃除を行うと、掃除も出来て浴室も温まるので一石二鳥です。

お風呂の換気扇から風が逆流してきて寒い時には

建築基準法が改正された2003年から建てられたすべての住宅には、「24時間換気」が義務付けられるようになりました。

24時間換気システムとは

24時間換気とは、外の空気を家の中に取り込み、部屋全体の空気を浄化した後、排気口から空気を排出するという仕組みです。

この24時間換気システムが取り入れられるようになったきっかけが「シックハウス症候群の防止」です。

気密性の性能があがり、特にマンションなどで高気密な住宅が増えてきたことも理由のひとつです。

この24時間換気システムは、文字通り1日中付けっぱなしにするのが基本です。

止めることによって起こるデメリットの方が格段に多いからです。

寒い時には、カバーで対処する

それでも、24時間換気システムは付けていると外の風が入ってきて寒い日には辛いものがありますよね。

そんな時は、換気扇部分にカバーを付けると、風が和らぐのでおすすめです。

完全に換気扇を覆い隠すカバーではなく、換気扇に貼るだけのフィルターを使いましょう。

よくキッチンの換気扇フードにも油汚れを防止するためのフィルターがありますよね。

それと同じ仕組みです。

換気扇の動作はそのままに、風を少し抑え、ホコリなども入らないので便利です。

風呂の換気扇は止めないことがベスト。でも寒いのを我慢するのもリスクが

寒い日に浴槽のお湯にゆっくり浸かると、1日の疲れもスッキリ取れますよね。

お風呂の時間が1日の内で、楽しみな時間という方も多いのではないでしょうか。

でも、その一方で注意しなければいけないこともあります。

寒い日の入浴には意外な注意点

よく冬になるとニュースでも取り上げられるのが、冬の入浴時に引き起こす発作です。

特に高齢者に多く見られるこの発作は、寒い日の温度差が原因と言われています。

そのため、あまりに寒い日には寒さの我慢のしすぎも考えものです。

入浴前には、浴室暖房で温めたり、シャワーをかけるなどの工夫で、温度差をなくすことがおすすめです。

冬の入浴は、温度差により命が危険に晒されることもあることを頭に入れ、寒さ対策をして入浴すると良いでしょう。

風呂の換気扇を消しても寒い時の対策

入浴する時に、服を脱いで裸になる洗面所では、あまりに寒いと入浴自体が楽しみではなくなってしまうこともありますよね。

浴室暖房などの機能があれば便利ですが、ない場合は換気を切るくらいしか方法が思いつかないこともあります。

でも、お風呂の寒さ対策は換気だけではありません。

冬の入浴時の寒さ対策は足元から

よく、寒さは足元から感じると言われていますが、お風呂に入る時、最初に足を踏み入れる床がひんやりしていると、体が寒さを最初に感じます。

そこで、寒い風呂場を少しでも快適に過ごすために、足元の寒さ対策を行ってみましょう。

風呂場の床にマットを敷くだけで、風呂場の温度自体が上がることはないですが、足元がヒヤッとすることがないので、おすすめです。

マットを敷く場合は、湿気の多い浴室に置くため、カビやすいという心配もありますが、使い終わったら水を切って立てかけて乾かすというだけでカビの発生を防ぐことが出来ます。

浴室に敷くマットの中には、すのこタイプの物や、特殊な畳素材で作られたマットなどユニークな物もあります。

お風呂の中に畳があると、小さなお子さんも座ることが出来て良いかもしれませんね。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事