オーブン掃除!頑固な焦げつきを綺麗に落とす方法をご紹介

オーブン掃除!頑固な焦げつきを綺麗に落とす方法をご紹介

オーブン掃除で困ってしまうのが、レンジ内の焦げつきです。
特に長年放置してしまった焦げはちょっとやそっとでは落としきれないため、そのまま見て見ぬふりをして使い続けてしまうことも多いのではないでしょうか。

こびりついてしまった焦げは、どのような掃除方法で落とすことができるのでしょうか。
オーブンの掃除方法、焦げを落とすポイントについてご紹介します!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

壁紙の掃除にはセスキ!セスキ水で壁紙をスッキリきれいに拭き掃除

壁紙の掃除にはセスキ水がおすすめです。 その理由と、セスキ水で壁紙を掃除する方法をご紹介いたし...

掃除をして部屋を片付ける方法!まずは物を捨てる勇気をもとう

掃除が苦手で上手く片付けられないという人は、片付けの方法を知らないからです。 片付けの方法を知って...

カーペットには掃除機&スチームクリーナー!ニオイ汚れダニ対策

カーペットの掃除には、正直掃除機だけでは不十分な面があります。 じゃぶじゃぶ洗うことができない...

大掃除を簡単に終わらせる時短テクニック!段取りも重要です

年末になると気になるのが大掃除。 大掃除こそ簡単に終わらせることができれば嬉しいですよね。 ...

重曹掃除で風呂釜を綺麗に!汚れが溜まりやすいパイプの掃除方法

お掃除アイテムとして有名な重曹は、風呂釜掃除にも最適! 追い焚きの時に、変な臭いや黒汚れがあり...

酸性とアルカリ性を混ぜる効果とは?掃除に使う時のコツと注意点

掃除でよく使われる成分に「酸性」と「アルカリ性」がありますが、この2つの成分を混ぜるとどうなるのか、...

庭の掃除で落ち葉を効率よく集める便利アイテムやコツと活用法

庭掃除で落ち葉を効率よく簡単にキレイに集めるには、自分に合った道具を使うことも大切です。 集めた落...

ガスコンロは掃除方法が重要!頑固な汚れも綺麗になる掃除方法

油汚れで困るガスコンロは、掃除方法や掃除グッズ、手順だけでなく、汚れの箇所や材質に合わせた洗剤、お掃...

掃除のやり方。壁紙についたヤニの落とし方と有効な洗剤と注意点

自宅で喫煙する方がいる場合は、壁や家具にヤニがつくことが気になりませんか? 特に白い壁の場合は...

【サッシ掃除のコツ】カビがあっても簡単に取る方法があります

窓のサッシの掃除は、年末の大掃除の時に行うという人も多いでしょう。 しかし、その時にはすでにカ...

車のホコリが気になる!掃除方法とおすすめのアイテムをご紹介

車のダッシュボードはホコリが目立ちやすいですね。 車に限らず掃除の仕方や頻度は、人それぞれだと...

モップと掃除機、どっちが先?意外と知らない掃除の順番

モップの後に掃除機?それとも掃除機の後にモップ? どちらも床の掃除アイテムですが、意外とどっち...

仏壇を処分する時にかかる費用と手続きの流れについて理解しよう

住む人のいなくなった実家を整理する時も仏壇を処分するケースも増えているようです。 しかし、どんな手...

クローゼットの収納術!すぐ試したいアレコレ100均アイテム!

クローゼットの収納術! あの、100均アイテムを使えば、クローゼットの中がスッキリしますよ! ...

レンジ掃除にはクエン酸を使おう!その効果と注意点について

いろいろな掃除に使用できるクエン酸ですが、レンジを掃除する時でも活躍します。 中でも水垢などの...

スポンサーリンク

オーブン掃除!こびりついた焦げを綺麗にする方法

気になるオーブンの焦げ汚れ。
1度の使用で多くの焦げがつくことはありませんが、小さな焦げが蓄積されて気がつけば焦げ汚れが広範囲にまで達していたなんてことがあるでしょう。
筆者の私もその経験者の1人です。
オーブン自体はまだまだ使えます。
使用頻度が多いオーブンの焦げを綺麗にして気持ちよく使用したいと考えオーブンに効果のある掃除方法を調べてみました。
洗剤も使わずに、たった水だけで汚れが落ちやすくなる方法があるあんて驚きました。
これなら家に洗剤がなくてもすぐに掃除にとりかかれれるので便利ですよ。

洗剤を使用しないオーブンの焦げの掃除方法

  1. 耐熱容器に250mlの水を入れ、ラップをせずにそのまま3~4分温めます。
  2. 温め終わったらオーブンの扉を開けずに10分ほど放置します。
    水が温まりそこから出る温かい水蒸気で汚れを柔らかくし浮かします。
  3. キレイなタオルやキッチンペーパーなどで汚れを拭き取っていきます。
    少々の焦げや汚れにはとても効果のある方法ですので試してみてくださいね。

オーブン内の焦げつきを重曹ペーストを使って掃除をする場合のポイント

洗剤を使用しないオーブンの掃除方法を紹介しましたが、どうしても洗剤を使用しないと落ちない焦げがあります。
オーブンの焦げのこびりつきに効果のある洗剤は「重曹」です。

焦げ汚れ(料理からでる油など)は酸性の汚れですのでアルカリ性である重曹を使用すると良いんですよ。
頑固な汚れをついついたわしで擦りたくなってしまいますが、それはオーブン内を傷つけてしまう可能性があります。
重曹を使うとたわしを使用しなくても焦げが落ちやすくなりますので以下を参考にしてください。

重曹を取り入れたオーブンの焦げつきの掃除方法

洗剤を使用しないオーブンの焦げの掃除方法に水を温めると紹介しましたが、その水に大さじ4程度の重曹を加えます。
違いはそれだけでその後の工程は上記の掃除方法と同じです。
洗剤を何も使用しないよりは効果があります。

それでも焦げが落ちない場合…重曹ペーストを作りましょう。
重曹大3に水大1を混ぜ合わせるとペーストの完成です。
頑固な汚れ部分に重曹ペーストを塗りラップで蓋をして10分程度時間を置くと焦げが落ちやすくなります。
水蒸気の力だけでは足りない時にこの方法を利用すると良いですよ。

重曹は水に溶けにくいですので、最後の拭き取りをしっかり行わなければ白く拭き跡が残ってしまいますので注意してくださいね。

重曹では落としきれないオーブンの焦げつきを掃除する方法

洗剤を使用しない方法、そして重曹を使ったオーブンの焦げの掃除方法がありましたが、それだけで落ちる汚れにとどめておくと、掃除する方もとても楽です。

しかし何年も見過ごしてしまった汚れの中にはそれだけで落ちない汚れも存在してしまいます。

そのような時に便利な洗剤があります。

重曹でも落とせないオーブンの頑固な焦げつきの掃除には「セスキ炭酸ソーダ」を

セスキ炭酸ソーダは重曹よりもアルカリ成分が強いですので、重曹では落ちそうにない頑固な汚れに使用すると良いでしょう。

セスキ炭酸ソーダを用いた掃除方法も上記の方法と同じく、400mlの水に大1のセスキ粉末を溶かして4分温め10分放置し拭き取り掃除を行います。

セスキ炭酸ソーダは重曹に比べ水に溶けやすいためペースト状にして使うことはできませんが拭き掃除としては重曹よりも拭き取りやすく便利ですよ。

オーブンの焦げつきを放置すると危険!

オーブンの焦げの掃除方法がわからない・オーブンの使用頻度も多く掃除してもすぐ汚れてしまう・面倒くさい・オーブン内が黒いから焦げが目立ちにくく気が付かない、などオーブンの掃除を怠ってしまう人の理由は様々です。

私も長年オーブンの焦げを放置してしまった1人ですので、その気持ちは十分にわかります。
しかし、オーブンの焦げの掃除方法を調べていくと焦げを放置すると起こり得る危険なリスクがあることがわかりました。

それは焦げが燃えてしまい火事に繋がる可能性があるということです。
特に蓄積された焦げは何層にもなっていることが多く燃えやすいということも考えられます。
これは命にも繋がる危険があることを、私は想像したこともなく無知すぎることに我ながら失望してしまいました。

また汚れによってオーブンの本来の働きが正常にできなく、正常に働こうとするオーブンの無駄な稼動により電力を無駄に消費していることも考えられます。

オーブンの焦げにはこのような危険なリスクや無駄な電力の消費があることを理解しておくと今後のオーブン掃除につなげることができると思います。

オーブン掃除がもっと楽に!焦げ付きを防止するためには

オーブンの頑固な焦げはたわしがあればゴシゴシと擦ってとても便利そうですよね。
しかしたわしはオーブンの中を傷つけてしまう可能性があるためあまりオススメはできませんが、メラミンスポンジを使用すると傷も付かずに楽に掃除をすることができますよ。
上記で説明した洗剤と掃除方法を取りいれ、拭き掃除を行う前にメラミンスポンジで汚れを落としてから仕上げの拭き取りを行います。

メラミンスポンジは柔らかくオーブン内を傷つける心配もありませんし、研磨剤が含まれておりますので頑固な焦げにとても効果があります。

このようにすんなり落ちない焦げの掃除も楽とはいえ、手間や時間がかかります。
日頃からオーブン内を小まめに拭き取り掃除を行うことでこのような頑固な汚れも防ぐことができます。
使用頻度が多い方は特にオーブン内の食材の飛び散りや吹きこぼれ、焦げなどにその都度目を通して拭き取り、週に1回程度洗剤を使用して掃除を行うとストレスなく毎日気持ちよくオーブンを使用することができ、掃除も楽にすることができますよ。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事