重曹掃除で風呂釜を綺麗に!汚れが溜まりやすいパイプの掃除方法

重曹掃除で風呂釜を綺麗に!汚れが溜まりやすいパイプの掃除方法

お掃除アイテムとして有名な重曹は、風呂釜掃除にも最適!

追い焚きの時に、変な臭いや黒汚れがありませんか?
風呂釜の表面だけをいくら掃除しても、パイプの雑菌を綺麗にしなければ、雑菌まみれのお湯に使っているのと同じこと。
今すぐに、重曹を使って風呂釜掃除を行いましょう!

重曹を使った風呂釜掃除についてご紹介します。
重曹で掃除をして、綺麗なお湯に浸かりましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

畳への正しい掃除機のかけ方を理解して畳を傷めないようにしよう

畳を掃除する場合に掃除機をかけるという人も多いでしょう。 しかし、正しいかけ方をしないと畳が傷...

お風呂を大掃除する時は順番が大切!正しい順番を理解しましょう

年に一度お風呂の大掃除をする時、まず浴槽から掃除を始めるという人が多いのではないでしょうか。 ...

部屋の臭いを消す芳香剤は置き場所がポイント!芳香剤選びのコツ

気になる部屋の臭いを今すぐ消したい!そんな時に効果的なのが「芳香剤」です。 最近は店頭に色々な...

サーキュレーター掃除でカバーが外せない時の取り方と対処法

サーキュレーターはほこりが溜まりやすいため掃除が欠かせませんが、カバーを外して掃除をしたいのに、なか...

レンジ掃除にみかんの皮が効果的な理由とそのやり方をご紹介

レンジ庫内についた頑固な油汚れ。なかなか取れないと悩む人が多いのではないでしょうか。 そんな時...

一人暮らしの掃除機の頻度は?頻度が少なくてもOKな普段の掃除

一人暮らしで仕事が忙しいと、お家には帰って寝るだけ!掃除機をかける暇がない!そんな方もいらっしゃいま...

自転車を処分する時にかかる費用の目安とその方法について解説

古くなった自転車を処分する場合、少しでもかかる費用を抑えたいと思う人の方が多いでしょう。 しか...

クロスの掃除には【セスキ】正しい掃除方法について解説します

いろいろな場所の掃除に使えるエコな洗剤「セスキ」ですが、クロスについた汚れにも効果的です。 中...

居間を掃除する方法。散らからず掃除しやすい空間を作る仕組み

居間の掃除ってやってもやっても、散らかるし、汚れるんですよね。 だから、声を大にして言います。...

ガラス掃除に使うワイパー『スクイジー』を使うコツについて

ガラス掃除に使う、あのT字のワイパー、今『スクイジー』って呼ばれているそうです。 あなたの家に...

玄関の掃除には新聞紙が使える。掃除の仕方や画期的な使い方

この前掃除したばかりなのに、もう汚れていると感じるのが玄関ではないでしょうか。 玄関はドロ汚れがあ...

お掃除バケツこそおしゃれな物に!おしゃれバケツでやる気アップ

インテリア性の高いおしゃれバケツが今人気となっています。 あなたの家にはどんなバケツがありますか?...

壁を掃除する方法【デイリーから大掃除まで】汚れ別に洗剤も紹介

壁の掃除をする時に使うべき洗剤って? 壁は長い時間を掛け、汚れを蓄積しますので、汚れがこびりついて...

トイレ詰まりを今すぐ溶かす方法を解説!まずは水とお湯を使おう

トイレの詰まりはトイレトラブルの中でも一番多いものですが、実際に起こってしまうとどうやって対処すれば...

玄関にほうきとちりとりを収納すると便利!収納のアイデアを紹介

玄関にほうきとちりとりを置くと、お客様が来たときの視線が気になってしまうことがあります。 玄関...

スポンサーリンク

あなたの風呂釜はどのタイプ?重曹掃除の前に風呂釜の種類をチェック!

浴槽を見ると風呂釜からつながっている穴が1つのタイプと2つのタイプがあります。

  • 穴が1つの風呂釜
    最近は一つ穴タイプが主流で、1990年頃からの住宅ではほとんどが一つ穴タイプです。
    ポンプで浴槽に溜まった水を風呂釜に送り込み、温めては戻します。水の循環速度が早いため汚れにくいのですが、2ヶ月程度を目安に風呂釜の掃除をしましょう。
  • 穴が2つの風呂釜
    1960年代以降から普及した風呂釜で、一つ穴タイプの登場以前は主流の風呂釜でした。
    上下に2つあいた穴のうち、下の穴から水を吸い込んで温め上の穴から浴槽に戻して循環させます。お湯の循環速度が遅く汚れがつきやすいというデメリットがあります。

月に1度は風呂釜掃除をするようにしましょう。

風呂釜を掃除していて出てくる塊は、人の体の皮脂や体毛、水に含まれるカルシウムなどが固まった石灰です。

また、目視できませんが細菌や微生物も含まれており、中には人体に有害なものもあります。

「風呂が汚くても困らない」など言わずに、この機会に思い切りキレイにしてください。

風呂釜の穴が1つの場合の重曹を使った掃除方法

2つ穴タイプよりも汚れが付きにくいとされる一つ穴タイプの風呂釜でも、やはり汚れは付いてしまいます。

お湯は一見きれいに見えても菌が繁殖してしまう可能性があるので、定期的に重曹を使って風呂釜の中も掃除しましょう。

重曹を使った1つ穴風呂釜の掃除

  1. 水面が穴よりも上になるまで浴槽に水を張る
  2. 重曹(1カップ)を入れたら追い焚きをする(通常入浴するときより高めの温度)
  3. そのまま数時間以上置いてから浴槽のお湯を抜く
  4. 汚れの状況によっては何度かお湯を沸かしては捨てる

重曹を使った掃除方法、2つ穴タイプの風呂釜の場合

市販の風呂釜洗浄剤の場合と掃除手順が異なるので注意してください。

重曹を使った2つ穴風呂釜の掃除

  1. 浴槽の残り湯は全て捨てます。風呂釜の下の穴にタオルや不要な布などを詰め込んで塞ぐ
  2. 次に上の穴から重曹(1カップ)を入れ、50度以上のお湯を流し込む
  3. 1~2数時間放置したら下の穴に詰めた布を取り、ホースを使ってパイプの中を洗浄する
  4. 穴の上と下それぞれからホースを押し込み奥から汚れを押し出すように水を注入して洗浄する
  5. 湯垢などの汚れが出なくなるまで行う

市販の2つ穴用風呂釜洗浄剤では、残り湯がある状態で風呂釜のパイプ内に洗剤を注入します。

1つ穴と2つ穴タイプの風呂釜、それぞれの掃除頻度

一般的に、2つ穴タイプは1ヶ月に1回、2つ穴タイプで2ヶ月に1回は掃除が必要と言われています。

風呂釜は内部までは見えません。洗剤や重曹を使ったとしてもホースを穴に押し込んで水圧で汚れを落とすしかなく、実際に汚れが落ちたのかどうか目視で確認することができません。

掃除のあとためた水がきれいであっても、沸かしたときに落としきれない汚れで繁殖した雑菌が含まれている可能性があります。

この汚れを放置するとアトピー性皮膚炎やアレルギーなどが悪化する可能性も指摘されています。

また、レジオネラ菌が繁殖していると高熱や筋肉痛などを引き起こすレジオネラ症を発症する可能性もあるのです。

風呂釜の掃除を怠ると、体を清潔にする場所で菌の攻撃を受ける羽目になりかねませんよ。

1~2ヶ月ペースで風呂釜掃除をしていても、半年に1度程度は浴室掃除を請け負う会社にお願いしてみるといいのではないでしょうか。

風呂釜に重曹を入れて追い焚きする際の注意点

重曹は掃除に使うだけでなく、留湯で追い焚きする場合にお湯に入れておくことで残り湯の中の雑菌の増殖を防ぎ、臭いを抑えることができます。

また、入浴剤のような効果もあるのだとか。

しかし、いいことばかりではなく注意しなければならない点もあります。

風呂釜を重曹で掃除する際の注意点

風呂釜を傷める可能性

たびたび重曹を入れることは、その材質によってですが風呂釜の寿命を短くしてしまうかもしれません。

素人ではなかなか金属の材質までわからないとおもいますので、メーカーなどに問い合わせることをおすすめします。

風呂釜の部品などに銅が使われている場合

重曹は銅を傷めるため風呂釜自体を傷めてしまうおそれがあります。銅を使っている場合、多くは見た目でわかると思います。

これらは風呂釜を使ってお湯を循環させる時の注意点で、追い焚きをする場合に気をつけるべきことです。

風呂掃除は意外と面倒で、つい後回しにしがちな風呂釜掃除。

タイプによって1~2ヶ月での掃除が必要ですが、その頻度で風呂釜掃除はしていますか?

見えないところだからといって見ないふりはせずに、定期的にしっかり掃除してあげましょう。

見えない雑菌は家族の健康の敵。思い立ったら風呂釜の掃除も張り切ってみませんか?

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事