クローゼットの収納ケースを選ぶときには『奥行』を意識して

クローゼットの収納ケースを選ぶときには『奥行』を意識して

クローゼットを有効活用するには目的に合った収納ケースを使わなければなりません。

特に、気をつけたいのが『奥行』です。

クローゼットのサイズをしっかりと測ってから、収納ケースを用意するようにしましょう。

奥行きがある場合は、縦型収納が可能になります。

また、反対に奥行きがない場合でも、あのアイディアを使えば、上手に収納することができますよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

鏡の掃除・頑固な水垢を綺麗に掃除する方法と水垢汚れの予防方法

お風呂場の鏡に付着した頑固な水垢汚れは、なかなか綺麗に掃除することができません。 水垢汚れを綺麗に...

部屋がカビ臭いときに対処する方法と予防対策でスッキリ快適に

部屋がカビ臭いとき対処するなら、まずは部屋の窓を開けて換気をするようにしましょう。 カビ臭い原因は...

本の収納に役立つ100均グッズとその使い方!本整理のコツも

本の収納に悩んでいませんか?そんな悩みを解決できるのが100均グッズです。 漫画の本や雑誌の本、普...

【天井の掃除方法】汚れの種類に合わせてきれいにしましょう

天井を見上げると、意外と汚れていることに気づくのではないでしょうか。ホコリがついていたり、ヤニ汚れに...

クローゼット収納術、おすすめアイデアと収納ケースの選び方

限られたクローゼットの収納スペースを上手に活用したいと思っても、どのようにしたらよいのか悩んでしまう...

【バルコニー掃除のコツ】一戸建ての場合の掃除方法を徹底解説

バルコニー付きの一戸建てに住み始めたものの、いつの間にかバルコニーが汚れてしまっていませんか。 ...

下水詰まりの主な原因とは?水もれの原因になるため早めの対処を

トイレの水が流れにくいといった下水詰まりトラブル。 下水詰まりを解消するには、詰まりの原因を特定し...

外壁掃除!コケがついて緑色になった外壁をキレイにする方法

家の外壁にコケが生えてしまい、外壁の一部が緑色になってしまうことがあります。 見た目も悪いです...

風呂の洗剤を手作りする。ナチュラル洗剤から代用品まで

風呂用の洗剤ってたくさんありますよね? 防カビ・抗菌・皮脂汚れや、水垢スッキリ!皆さんは、どのよう...

庭の草むしりを業者に依頼する場合の費用や注意点について解説

せっかく庭があっても、雑草はいつの間にか伸びてくるもの。 ちょっと草むしりをしていないと庭が雑草で...

浴槽の掃除方法は?簡単にできる浴槽掃除の方法や手順を解説

忙しい毎日を過ごしていると、お風呂の浴槽掃除を簡単に済ませたいと考えることもありますよね。浴槽掃除は...

浴室の掃除を業者に依頼する場合の費用相場やメリットを徹底解説

仕事していると、浴室の掃除をしっかりとする時間がないという、主婦の人も多いのではないでしょうか。 ...

玄関にほうきとちりとりを収納すると便利!収納のアイデアを紹介

玄関にほうきとちりとりを置くと、お客様が来たときの視線が気になってしまうことがあります。 玄関...

窓の掃除【カビ】窓周辺のカビを掃除する方法とその手順

窓の掃除って億劫ですよね。 見てみないふりをしていると、どんどん汚れていって、さらにカビまで発生!...

下水臭いトイレをなんとかして!そのお悩みに答えます

トイレこそいつも清潔にしておきたい箇所なのに、そのトイレが下水臭いと、それだけで気が滅入ってしまいま...

スポンサーリンク

クローゼットの収納ケースを選ぶ時には奥行を確認しよう

家のクローゼットの中がグチャグチャしている。
どうにかしたいけれど奥行きがあって使いづらい、丁度良く物が納まらないなどなにかと問題があるでしょう。

物がグチャグチャしているのは…使用している収納ボックスがチグハグ・奥行きをうまく使えていない。
これらが原因ではないでしょうか。

長年使用している家のクローゼットですと、収納ボックスが継ぎ足しの連続となり、クローゼットの広さ、奥行きのサイズや物の量にあってないことが多くあります。
その時はその時の物や用途にあった収納ボックスだったことでしょうが月日とともにサイズや用途が変わってきつつあり、あっていない物を使用している可能性があります。

何もしなくても物は増えていくのに、家族が増え子育てしながら生きくるとその物の増えようは半端ではないでしょう。

これを機にクローゼットの奥行や収納ボックスをうまく使いクローゼットの中を整理していきましょう。

収納ケースが欲しいと購入する時、あらかじめクローゼットの奥行や広さなどサイズ感を把握していますか。
「なんとなく」「これくらいで大丈夫だろう」と感覚で買う方がいますが、それがクローゼットの中がグチャグチャになってしまう要因の1つでもあります。

間違った収納ケースを買わないよう、クローゼットの奥行や高さを図ってから収納ケースを求めにいくと確実ですね。

クローゼットには何をどのくらいしまうの?収納ケース選ぶときには幅と奥行をしっかりと確認して

クローゼットの中には普段からよく着る服の他に、最後いつ着たかわからない服、サイズアウトして着ない服、など紛れていませんか。
これらの着ていない服はクローゼットの収納する必要はありません。
収納ケースを買いに行く前にまず服の整理をしましょう。
「整理=片付ける」と認識している方が多いですが、整理とは必要のない物を捨てることです。
長年使用しているクローゼット、中をあまり片付けてこなかったのであれば必ず処分して良いものが出てくるはずです。
必要のない服も必要な服と一緒に収納しているからゴチャゴチャになってしまうんです。
この際に思い切って着ていない服を処分して本当に必要な服だけを収納していきます。
そうすると収納ケースから服がはみ出ることがありません。

このように服を整理していくと、ずいぶんと量が減ると思います。
キレイなクローゼットをキープするためには服をむやみに増やさないことがポイントとなります。

服を整理し終わったら、クローゼットの奥行と高さ、幅などのサイズを確認してから収納ケースを買いにいきましょう。

収納ケースはできれば1回で揃えて購入すると統一感がありバランスが良いクローゼットの収納が出来ると思います。

クローゼットの収納ケース。奥行を最大限に活かしたアイディア

クローゼットの収納ですが奥行きが問題でなかなかうまく使えない人が多いです。

奥行きがありすぎて、奥のものを取るのに手前のものをずらしてからとらなければいけなかったり、手前に収納しても奥が余ってもったいなかったり、困ってしまいますね。

そんな時のアイディアとして、クローゼットに収納ケースをそのまま入れてみる方法があります。

クローゼットの奥行き高さ、幅を必ず確認し、なるべくそれにあったサイズの収納ケースを探せば、余白も余らなくて見栄えもスッキリします。
そして収納ケースはボックスよりも引き出しタイプをオススメします。
引き出し収納ケースを使うことで奥行きを無駄なく使用することが可能ですし、手前に引き出すので奥のものが取りづらいという不満もなくなります。

もし本を収納したいのであれば、キャスター付きのラックを使用し縦に収納すると使い勝手が良さそうです。
ラックに本を収納するとかなりの重さになるので、キャスターがしっかりしているラックをオススメします。

重いものは基本目線から下に収納しましょう。

目線から上に収納ケースを使う場合は、ボックスタイプのものでさらに側面に取っ手がついたものが良いでしょう。
上に引き出しやキャスター付きの収納ケースがあっても取り出すのに大変なだけですよね。
物がすっぽり入る大きめのボックスを選ぶと良いですよ。

奥行があるクローゼットは収納ケースをうまく使い合わせることで、奥行きや手前の部分の余白を余すことなく綺麗に使うことができます。

クローゼットの奥行があまり無い場合は?

クローゼットに奥行きがあまりない場合もあります。

クローゼットを上と下に分けて綺麗にものを収納していきましょう。
上の部分はハンガーポールですね。
かける服の丈を合わせると下の部分を使いやすくすることができますよ。

下には収納ケースをすっぽりはめてハンガーにかけないものを収納していきます。
帽子やベルトなど小物類を収納するスペースがなかなか確保できないと思いますが、そんな時はワイヤーネットをクローゼットのドアの裏側に取り付けて引っ掛ける収納場所を作りましょう。
ワイヤーフックに更にS字フックなどの理想でバックもかけられますね。

またハンガーポールの上の部分にスペースがある場合は、棚が付属でついているのであれば収納ボックスを利用し、棚がなければ突っ張り棒を設置してその上にワイヤーネットや板おおいて自分で棚を作りましょう。
ただしこの場合は強度の問題がありますのであまり重いものは収納できないでしょう。

便利な収納アイテムが豊富な現代では、どんなタイプのクローゼットでもアイテムをうまく活用していけば綺麗に収納することが可能です。

様々なアイディアを活かしクローゼットを片付けていきましょう。

クローゼットの奥行を有効活用

奥行あるクローゼットは使い勝手が悪く嫌われてしまいがちですが、有効活用することでものをたくさん収納することができて便利でもあるんですよ。
全ては使い方次第ですね。

クローゼットの上はハンガーポールになっているでしょうが、かける服がそんなにない場合はクローゼットの扉を開けた正面の壁に突っ張り棒をして、S字フックをかけます。
そこに帽子や小物類などをかけて収納したり、奥行きのある収納ケースやボックスを使うことができます。
奥行のある収納ケースは長くて、中でスペースがあくと服が倒れてしまったり使いづらいでしょうが、ブックスタンドや仕切り収納ケースを有効活用して上手く収納のコツをつかみましょう・

奥行あるクローゼットの有効活用できるアイテム

  1. ワイヤーネット
  2. S字フック
  3. 突っ張り棒
  4. 収納ケースやボックス
  5. ポールから吊るせるタイプの収納ケースなど

 

奥行あるクローゼットを有効活用するポイント

  1. 上と下に分けて使う
  2. 収納ケースを使う時は小さすぎるのよりもクローゼットの広さや奥行にスッポリ入るものが使いやすい。
    (あらかじめサイズをあ図ってから買いにいきましょう。)

 

なにかと不便を感じてしまう奥行あるクローゼットですが、収納の仕方によっては便利なクローゼットにもなります。

クローゼットの整理整頓がてら収納を上手く綺麗にして毎日使いやすいクローゼットのしてみると良いですね。

収納のコツカテゴリの最新記事