掃除しても発生するほこり。毎日イライラしないで過ごしたい

掃除しても発生するほこり。毎日イライラしないで過ごしたい

掃除をきちんとしているのに、どうしてほこりって毎日毎日アチラコチラに発生するのでしょうか?

部屋に全くモノを置かずに裸で生活することができれば、ホコリは発生しにくいでしょう。
でも、現実的ではありませんよね?

まずは、部屋にある布製品に注目してください。
カーテン・ソファー・クッション・ラグマット・タオル・ティシュ。
どれもホコリの発生源です。

また、布団、枕、洋服、布製のカバンなどもホコリの発生源ですよね。

ソファーやクッション、布団などに掃除機をかけること。
洋服を減らすこと。
壁や床の拭き掃除をすること。

これらを心がけると、ホコリの発生がぐっと少なくなることを実感することができるでしょう。

ホコリは、勝手にやって来ません。

室内には、必ずホコリの発生源があるのです。

床に落ちているホコリを掃除しても、すぐ側からホコリがこんにちはします。

今回は、ホコリを発生しにくい室内環境づくりをすることについてご紹介いたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

髪の毛の掃除。カーペットに落ちた髪の毛は掃除機では吸いにくい

髪の毛の掃除って、ホントに厄介なんですよね。 掃除をしても、必ずどこかに落ちている髪の毛。 ...

部屋のカビ対策に除湿機を使う場合の注意点と選び方について

梅雨の時期になると、部屋のカビ対策に悩む人も多いのではないでしょうか。 そこでおすすめなのが「...

便器についてしまった頑固な黒ずみの効果的な落とし方を解説

便器についてしまった黒ずみ。そのまま放置しておいて落とせなくなってしまったことに悩んでいる人も多いこ...

自転車の処分を無料でしたい!お金をかけないで処分する方法

自転車を処分したい!できれば無料で。 自転車を処分するのに、お金を掛けたくない場合、 1...

片付けは収納アイデアとスッキリ快適に見せるコツで苦手も克服

片付けが苦手なら収納がしやすくなるアイデアがオススメです。ただし、そのアイデアをそのまま真似をするの...

居間を掃除する方法。散らからず掃除しやすい空間を作る仕組み

居間の掃除ってやってもやっても、散らかるし、汚れるんですよね。 だから、声を大にして言います。...

デスクの整理整頓におすすめのグッズと収納のコツを教えます

毎日仕事に追われていると、デスクの上や引き出しの中を整理整頓をする時間もないという人も多いのではない...

部屋が綺麗な男性はどんな人?部屋を見ればその人の性格がわかる

お付き合いをして初めて男性の部屋を訪れた時、あまりにも部屋が綺麗で整理整頓されていると、「きっちりし...

モップ掃除のやり方とコツを解説!掃除機よりも簡単です

フローリングの床の掃除にはモップが良いと言われていますが、いろいろな種類があってどれを選べばよいのか...

重曹を使った掃除でお風呂をもっと綺麗に!効果的な重曹の使い方

お風呂掃除には重曹がベストだという話を耳にしても、実際どのように使いこなせばいいのかわからない方も多...

自転車を処分する時に必要な防犯登録抹消のための手続き方法

自転車を処分しようと決めた場合、粗大ゴミとして出すか買い取ってもらうかその処分方法ばかり気になってし...

埃をためない環境づくりと埃を綺麗に掃除する方法

こまめに掃除をしても埃は溜まってしまうもの。ですが埃が発生しにくい環境を整えることができれば、掃除の...

掃除と片付けの違いは?違いはあれど両者は切っても切れない関係

掃除と片付けはどんな違いがあるの?どちらも同じことでは?その気持ちよくわかります。どちらも部屋を綺麗...

布団に掃除機をかける方法。効果的なかけ方とは

布団に掃除機をかけて、ダニやホコリを吸い取りましょう。 布団専用クリーナーではなく、布団のケアに掃...

机を整理する収納術以外のアイデアを提案します

机の整理は必要ありません。 あなたの机にあるもので、毎日使うものだけを椅子の上にのせてみてくだ...

スポンサーリンク

掃除をしているのに毎日ほこりが発生するのはどうして

毎日掃除をしているはずなのに翌日にはもうほこりが。イライラを感じているきれい好きさんは多いはず。

そもそもなぜほこりが発生するのか、一体ほこりはどこから来るのかといえば、その原因のほとんどは布などの繊維です。

カーテンやカーペット、ソファーに布団。キッチン、バスのマットから、もちろん衣類まで、私たちの暮らしは多くの布製品が不可欠です。

いくらほこりの原因が布やその繊維だといっても、それらが全くない生活をすることは不可能と言えます。

繊維の落ちにくい化学繊維や皮革、ビニールなどに置き換えられるものを置き換えて、ほこりをある程度軽減することは可能ですが、全くほこりがでない空間に暮らすことは望めそうにもありません。

ほこりの発生源を断つ!毎日ホコリにイライラしたくないのなら、ソファーとクッションに掃除機をかけて

ほこりの発生をゼロのすることは無理。でも、少しでも軽減するためにはその発生源への対処で絶対量を減らすことはできます。

ソファやベッドの素材とインテリア

ソファやベッドに布が使われているものを使っているのであれば、ほこりの出にくい素材のものに買い換えるのも1つの対処法です。

ソファなら皮革・合成皮革製のものがありますし、ベッドも布素材を使わないタイプがあります。

何気なく置いているインテリアもほこりの温床。特にぬいぐるみはほこりだけでなく、ダニの住処にもなりやすいので要注意です。

数も少なくして掃除しやすい環境にすることも、ほこり対策には重要なポイントです。

不要な新聞や雑誌は処分する

布製品同様、繊維によるほこりの発生源になるのが紙類です。新聞や雑誌などは必要以上に溜め込まず、リサイクル回収などに出すようにしましょう。

本は床に積み上げず、不要な物は処分して必要なものは本棚へ仕舞いましょう。

掃除をしてもほこりを見つけてしまう。毎日イライラしているあなたへ

ほこり対策で重点的に掃除すべき場所と見落とされがちな場所があります。

部屋の四隅

少し掃除を怠けると現れる部屋の隅のわたぼこり。空気の流れの関係で、自然と集まってしまいます。目についてイライラしますが、まとまって現れたほこりは一網打尽で掃き取りましょう。

壁や天井

ほこりといえば床!と思いがちですが、実は天井や壁にはほこりが静電気で張りついています。

天井のほこりは掃除で落ちてくる事を考えて、下にほこりを被って困るものがあるばあいはカバーするよう対処する必要があります。

ドア枠

ドア枠も知らず知らずほこりが溜まるポイントの1つ。定期的に掃除機やハンディモップなどを掛けたり拭き掃除をしましょう。

これらの対策をするだけで、床に落ちてくるほこりはかなり軽減されるはずです。

ほこりを出さずに生活することはできない。でも減らすことはできる

ほこりにイライラしてしまうのは、毎日毎日掃除をしているにも関わらず、次々発生してくるということ。

出てくたびに掃除機で吸い取り、モップをかけていても切りがありません。まずはほこりを発生させているものから掃除しておきましょう。

ほこりの正体は、多くが繊維であると説明しましたよね。その発生源である場所を掃除することで、ほこりの発生を抑えたほこり対策をしましょう。

基本は布製品。ソファやカーペットにしっかりと掃除機を掛けること。また、ほこりが溜まりやすい場所(家電やケーブル、コンセント周り)を重点的に掃除することです。

できれば衣類も無駄に多く持たないことがおすすめです。ミニマリストになることは、ほこり対策にもなるといえますね。

ほこりの出そうな布製品や紙製品を減らすこと。
ほこりが溜まらないよう、溜まっても掃除がしやすいようインテリアは控えめに。

そして、見える場所ばかり掃除しても、見えない場所の掃除を怠るとほこりはどんどん生まれてしまいますよ。

ほこりが溜まりにくい部屋にしよう

物は少なく、間を開けて

家具にしろインテリアにしろ、物あると僅かな段差などにもほこりはたまりますし、数があればそれだけほこりのすみかを増やします。

できるだけ物は置かずにフラット(平面)の多い環境ならほこりが蓄積しにくいですよね。

ついついピッタリつけて配置しがちな家具も、掃除のことを考えてフロアモップがラクラク入るくらいの隙間があると、いつのまにかほこりが大量にあった!ということは避けられます。

換気や空調はホコリ対策

室内の空気が適度に循環していれば、ほこりが留まって積もってしまうこともある程度避けられます。換気をすることで、空気に流れを作る一方、汚れた空気がほこりとともに外に出ていくことも考えられます。

収納の見直し

掃除をするとき、一旦掃除機を置いてものを除けてからまた掃除機を使う動作は、掃除掛けを面倒に感じさせてしまいますよね。

床に余計なものは置かない。また、コード類はカバーを使うなどしてスッキリさせてほこりがたまりにくい、掃除しやすい状態にしましょう。

可能なら拭き掃除を

できればほこりを確実にキャッチする拭き掃除の頻度を増やしたいところです。

そして、拭き掃除の前には掃除機掛け…ではなく掃き掃除がおすすめ。簡単で便利な掃除機ですが、排気が周囲のほこりを舞い上げている可能性があるのでほうきで掃き掃除してから、拭き掃除をするのが理想的。

忙しい毎日で、これらをやって下さいといっても難しいとは思います。ただ、ほこりの少ない気持ち良い毎日のために、少しずつでもインテリアを変えたり掃除を習慣化することをおすすめします。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事