【サッシ掃除のコツ】カビがあっても簡単に取る方法があります

【サッシ掃除のコツ】カビがあっても簡単に取る方法があります

窓のサッシの掃除は、年末の大掃除の時に行うという人も多いでしょう。

しかし、その時にはすでにカビが発生してしまっているのではないでしょうか。

今回は、すでにカビが発生した窓のサッシの掃除方法について説明します。カビはなかなか落とせないのでは?と思ってしまいますが、掃除方法は簡単です。洗剤を使う場合、水を使う場合などいろいろな方法をご紹介します。

また、カビ予防のための方法についても説明します。サッシをきれいにした後は、カビを二度と発生させないように湿度に注意し、結露対策をしっかりと行うようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

布団に掃除機をかける方法。効果的なかけ方とは

布団に掃除機をかけて、ダニやホコリを吸い取りましょう。 布団専用クリーナーではなく、布団のケアに掃...

庭の落ち葉を効率よく掃除する方法や掃除のポイントをご紹介

庭掃除で意外と厄介なのが落ち葉。竹箒を使った掃除方法がメジャーですが、地面が砂利だったり柔らかい土の...

部屋のカビ対策に除湿機を使う場合の注意点と選び方について

梅雨の時期になると、部屋のカビ対策に悩む人も多いのではないでしょうか。 そこでおすすめなのが「...

床の拭き掃除で役立つグッズやおすすめ掃除方法を紹介

床を拭き掃除するときにはどんなグッズがあれば、楽にできるのでしょうか?床を拭き掃除となると、とても大...

掃除と片付けの違いは?違いはあれど両者は切っても切れない関係

掃除と片付けはどんな違いがあるの?どちらも同じことでは?その気持ちよくわかります。どちらも部屋を綺麗...

リビングを掃除しやすい部屋に変えるためのコツを教えます

家族みんなで過ごすリビングは、常にきれいにしておきたいと思っている人が多いでしょう。 しかし、...

壁掃除はほこりを取ってから始めよう!簡単な掃除方法をご紹介

普段あまり掃除しない壁。しかし、気がつくとほこりがついていることも多いのではないでしょうか。 ...

風呂の換気扇が寒い!24時間換気のもどかしさについて

風呂の換気扇をつけて入浴すると寒い! でも、24時間換気なので切ることができない…。 温...

押入れの掃除。最低年に1度は行いましょう。カビ対策と片付け

押入れの掃除、してますか? 押し入れにモノを収納しっぱなしにしておくと、いつの間にやらカビが発生し...

オーブン掃除!頑固な焦げつきを綺麗に落とす方法をご紹介

オーブン掃除で困ってしまうのが、レンジ内の焦げつきです。 特に長年放置してしまった焦げはちょっとや...

掃除の手袋は使い捨てが便利!種類を使い分けて効率もアップ

掃除に手袋を使うと手が濡れたり汚れる心配がありません。 しかも、使い捨て手袋なら使ったら捨てるだけ...

外壁掃除に使う洗剤の選び方!洗剤を使った外壁掃除のコツ

外壁が汚れていると見た目も悪いですし、大掃除を機に洗剤を使って綺麗にしたいところですが、外壁掃除に使...

家庭の書類の整理が苦手な人のために収納のコツを解説します

どんどん増えていくレシートや取扱説明書などの書類。あとでゆっくり整理して収納しようと思っていても、な...

鍋の焦げは重曹で綺麗に!ステンレス鍋の焦げを綺麗にする方法

ステンレスの鍋で料理をしているとき、うっかり鍋を焦げつかせてしまった経験がある人もいるのではないでし...

浴槽掃除に必要な洗剤は、重曹を使った手作り洗剤で簡単綺麗に!

浴槽を洗う時、市販されている洗剤を使って洗っているという方が多いのではないでしょうか。ただ、汚れ落ち...

スポンサーリンク

窓のサッシについたカビを取るための簡単な掃除方法をご紹介します

窓のサッシについているカビですが、見るだけで掃除をする気には慣れなくて、そのカビをどうにかしてやっつけてやりたい。簡単な掃除方法を教えて欲しい。その期待にお答え致します。

サッシのカビ掃除にエタノールを利用する

まず、サッシについているホコリを雑巾で拭いていきます。細かい所のホコリや汚れは綿棒を使って取り除いていきます。

ホコリを取り除いたら、エタノールを染み込ませた、雑巾でカビを拭き取っていきます。

この方法はそれほど難しくないと思います。使用するものも、雑巾、エタノール、綿棒などですので、「掃除するのに簡単な方法を探している方」ですが、上記のエタノールを使用した物をお勧めします。

サッシのカビを「水洗い」だけで落とす方法について

サッシのカビをより簡単な方法で掃除していきたい方ですが、水で洗い流すだけでも、あなたが気になっている汚れを落とすことができますよ。

サッシのカビ掃除に使用するものは歯ブラシなど、汚れを落とすもの

水洗いする前に、サッシについている汚れを落とす為に、歯ブラシなどを使います。その後は水洗いするだけの簡単な作業になります。

その後は、乾いたタオルでサッシを拭いていきましょう。それだけで、この作業は終了になります。

歯ブラシである程度の汚れをとって、その後は水の流れに任せて掃除していく掃除方法になります。

それでも落とせない汚れがある場合

濡れている雑巾を利用します。それでしつこい汚れをゴシゴシ磨いていきましょう。それで、ある程度の汚れは取れていくと思います。

サッシのカビ掃除を行う場合の注意点と片栗粉を使った掃除方法

サッシのカビ掃除を行う場合にどの洗剤を使うのかなど洗剤について注意点と、ここでは片栗粉を使ったサッシのカビ掃除方法についても説明していきます。

サッシのカビ掃除にはアルカリ性の洗剤は避けて、中性洗剤を使用する

アルカリ性の洗剤だとしても、弱アルカリ性のものを使用するか中性洗剤を使用していきましょう。アルカリ性洗剤の場合ですが、使用している部分が色落ちするかもしれないので、強いものは使用しない方が良いです。できるだけ、弱アルカリ性か、台所にある中性洗剤を使用していきましょう。

片栗粉を利用して、サッシのカビ掃除をしていく方法も

用意するものは、塩素系漂白剤、片栗粉、ゴム手袋です。塩素系漂白剤と片栗粉、両方おおさじ1位を混ぜて、カビの上にのせていきます。その際にゴム手袋を着用していって下さい。また、混ぜたものはすぐ使用するようにしましょう。5分置いて、拭いて終了になります。

サッシのカビ掃除には重曹は避けた方が良い

重曹は色んな所を掃除するのに使われる洗剤ですが、サッシを傷つけてしまう可能性があるので、重曹の使用は控えましょう。

サッシにカビが発生している場合は、カーテンも洗濯しましょう

お部屋でも、様々な場所でカビが発生すると思います。中でも、サッシにカビが発生する場合ですが、カーテンにもカビが発生しているかもしれません。

よくよくカーテンをチェックしてみて下さい。何やら、カビらしくものが発生していませんか?

「見つけてしまった、カビを」でしたら、洗濯してしまいましょう。

中々カーテンについたカビを取ることは難しい為、カビを取ることを目的で洗濯をするのでしたら、液体酵素系漂白剤を使用して、洗濯をしていきます。

カーテンに付いたカビの洗濯の仕方

まず、カーテンですが、カーテンフックをとっていき、洗濯ネットに入れます。
洗濯機に液体酵素系漂白剤を入れて、温度は30度以下にして洗濯ネットにいれたカーテンを入れていきます。

コースですが、布に優しいものを選んでいきます。脱水を完璧にしてしまうと、カーテンが傷んでしまうので、布カーテンは1分、レースカーテンは30秒で終了して下さい。

洗濯後はカーテンレールに吊るして乾燥させていきます。

もし、カビの度合いが酷いようであれば、上記の作業を2回繰り返して下さい。

窓にカビを発生させないための予防策と掃除頻度について

カビを見つけると掃除が面倒なので、できるだけ予防していきたいと思います。窓に発生するカビですが、発生させないようにする為の予防策と掃除の頻度について、予備知識として身につけて日々の生活で掃除をより簡単にしていきましょう。

換気する

カビを発生しにくくするには、頻繁に換気をすることにあります。ただ換気をするだけではなく、窓も2箇所開けて、風が通りやすい道となるものを作ってあげて、換気の効率を上げていきましょう。

特に、雨が多い時期はカビの発生率が高くなってしまいます。その時期はいつも以上に換気をして、カビの発生率を下げていきます。

エタノールを使う

月一の割合で、エタノールを窓に吹きかけて掃除をしていきます。エタノールには除菌効果があるので、カビへの予防対策になります。

湿度を下げる

40-50%を保ちます。そのパーセントを保つために、洗濯物の部屋干しをしてみたり、逆に控えたりして、お部屋の湿度を上手にコントロールしていきましょう。

サッシのカビの掃除ですが、エタノールを使用するもの、水だけでできるものなど簡単なものを紹介してきました。あなたの生活にすぐ取り入れることができるものを紹介していったので、是非挑戦してみて下さい。予防としても、エタノールは使えます。使用する時の洗剤にも注意して、なるべくカビを発生させないように心がけていきましょう。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事