壁のヤニの落とし方は?効果的な洗剤と掃除方法・ポイントを解説

壁のヤニの落とし方は?効果的な洗剤と掃除方法・ポイントを解説

壁についてしまった厄介なヤニを、綺麗に掃除したいと考えている人もいるのではないでしょうか。
ヤニ汚れの落とし方がわかれば、汚れてしまった壁紙を綺麗に掃除することができます。

ここでは、壁についたヤニ汚れを綺麗に落とす方法についてお伝えします。
ヤニ汚れに効果的な洗剤を使って、厄介な汚れをスッキリ綺麗に掃除しましょう。

また、ヤニ掃除をする時のポイントや、掃除の頻度についてもお伝えします。
汚れが落ちにくくなる前に、こまめに掃除をして、お部屋の綺麗を保ってください。

ヤニ汚れのない壁は、見た目もとっても綺麗です。快適に生活ができるように、効果的な掃除方法で美しい壁を保ちましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【便器掃除のコツ】しつこい尿石を簡単に落とす方法を教えます

掃除してもなかなか取れない便器についた尿石。特に男の子のいるママの悩みの一つではないでしょうか。 ...

自転車を処分する時に必要な防犯登録抹消のための手続き方法

自転車を処分しようと決めた場合、粗大ゴミとして出すか買い取ってもらうかその処分方法ばかり気になってし...

壁紙の掃除に使用する洗剤の選び方と掃除する時の注意点について

大掃除の時に壁紙の掃除をしようと思っても、どんな洗剤を使えばよいのか迷ってしまう人も多いのではないで...

お風呂を大掃除する時は順番が大切!正しい順番を理解しましょう

年に一度お風呂の大掃除をする時、まず浴槽から掃除を始めるという人が多いのではないでしょうか。 ...

玄関の掃除に重曹を使ってピカピカにする方法とキレイを保つコツ

玄関の掃除には重曹がオススメです。重曹なら小さなお子さんが居る家庭でも安心して使うことができます。 ...

庭の掃除で落ち葉を効率よく集める便利アイテムやコツと活用法

庭掃除で落ち葉を効率よく簡単にキレイに集めるには、自分に合った道具を使うことも大切です。 集めた落...

掃除が苦手な主婦に朗報!苦手な掃除もこれで克服できる

主婦なら掃除が得意、とは限りません。 当然掃除が苦手で、いつもしようしようとは思っているのになかな...

シューズクロークの掃除方法と上手な使い方をご紹介

シューズクロークがお家についていると、靴をおくスペースが広いゆえに、沢山の靴を置いたままになってはい...

押入れの掃除。最低年に1度は行いましょう。カビ対策と片付け

押入れの掃除、してますか? 押し入れにモノを収納しっぱなしにしておくと、いつの間にやらカビが発生し...

壁のヤニを落とすにはどんな洗剤を使うべき?ヤニ掃除の方法

壁のヤニを掃除するときにはどのような洗剤を使ったらいいのでしょうか? できるだけヤニを落としたいけ...

【レンジ掃除のコツ】頑固な焦げを簡単に落とす方法をご紹介

レンジは主婦にとっては欠かせないものの一つですが、しっかりと掃除する時間がない人の方が多いのではない...

シンクの排水口のぬめりを解消するための重曹の使い方を解説

シンクの排水口は掃除しないとぬめりができてしまい、触りたくないと考える人も多いでしょう。 しか...

窓の掃除で使う洗剤。内側と外側の汚れの違いと掃除方法について

窓の掃除にはどんな洗剤を使うとよいのでしょうか? 窓ガラスは、室内と外側で汚れが違います。 ...

車のホコリが気になる!掃除方法とおすすめのアイテムをご紹介

車のダッシュボードはホコリが目立ちやすいですね。 車に限らず掃除の仕方や頻度は、人それぞれだと...

部屋を片付けるコツ!片付けが苦手な人でも上手に片付をする方法

部屋の片付けが苦手で、いつも部屋が散らかっている人もいるのではないでしょうか。そんな片付け下手の人で...

スポンサーリンク

壁のヤニの落とし方・効果的な洗剤

喫煙者と一緒に生活していると壁にヤニが付いてしまってなんだか黄ばんできたということ、あると思います。

このヤニ、色が付くだけでも不快なのですが放置しておくと、独特なにおいまで発生させるのでできるだけ落としておきたいものです。

この厄介なヤニに効果的なのがアルカリ性の洗剤です。
そもそもヤニと呼ばれているのは、煙となって姿を変えている有害物質のタールというものです。

このタールというものは、ねっとりとした植物性油脂でいろいろなものにこびりつくのです。

油脂、というくらいですから酸性に近いのでしょう、アルカリ性の洗剤でしっかり落としてしまいましょう。
アルカリ性の洗剤というと重曹やセスキ炭酸ソーダ、漂白系洗剤もアルカリ性となります。

これらを使って壁のヤニ掃除をするときはヤニを落とすためのスポンジやブラシと霧吹き、さらに水拭き用と乾拭き用の2種類の雑巾を掃除する範囲に合わせて用意しておきましょう。

スポンジはメラミンや台所用など、細かい部分には歯ブラシが便利です。
手荒れも気になると思いますので、ゴム手袋なども用意があった方が掃除がはかどります。

重曹を使った壁のヤニ汚れの落とし方の手順

どんな用意が必要かということがわかったら、次は手順を覚えましょう。
まずは重曹を使った掃除の仕方からです。

重曹で掃除をするときは、まず重曹スプレーを作ります。
スプレーにお湯と重曹を入れて混ぜるだけ、なのですがこの時の割合はお湯9:1重曹です。

正しい割合で重曹スプレーを作ったら、これを壁に吹き付けてスポンジや歯ブラシなどでこすって掃除をしていきます。

落ちにくいところはキッチンペーパーなどを使って重曹スプレーをパックして、時間を置いて掃除してみてください。

時間を置けばうまく掃除ができると思います。

ヤニは頑固なので根気のいる作業になるとは思いますが、重曹をうまく使えば簡単に落とせます。

最後はしっかりと水拭きと乾拭きを行いましょう。

壁のヤニをセスキ炭酸ソーダで落とす落とし方

重曹であまりヤニが落ちなかったと感じたら、セスキ炭酸ソーダに頼ってみてください。
セスキ炭酸ソーダは重曹よりも、より強力なアルカリ性の粉末です。

洗浄力が重曹の約10倍と言われているので、重曹の効果があまり感じられなかったガンコなヤニ汚れはセスキ炭酸ソーダなら落とせる可能性が高いです。

掃除の方法は重曹と同じくお湯9:1セスキ炭酸ソーダの割合のセスキ炭酸ソーダスプレーを作り、それを使って掃除をしていきます。

重曹でも取れなかった場所には、はじめからセスキ炭酸ソーダパック作戦でもいいかもしれません。
キッチンペーパーでパックを作ったら、上からラップを密着させたりするとより効果を得られます。

重曹やセスキ炭酸ソーダでの掃除は、化学反応による分解効果を期待している部分が大きいので、時間をかける分だけ効果が発揮されます。

すぐにパッと落ちるわけではないので不安になるかもしれませんが、気長に時間をかけて掃除をしていくのがいいでしょう。

このやり方の場合も水拭きと乾拭きをお忘れなく。

漂白系洗剤で壁のヤニを落とす方法

漂白系洗剤はとても頑固なヤニ汚れにも、効果を発揮してくれるでしょう。

これを壁掃除に使う際には、お湯で漂白系洗剤を10パーセントほどに薄めて使います。
万が一ではありますが、壁紙の色が漂白されてしまう可能性もありますのでお気を付けください。

掃除を始めるときには壁の目立たないところで試してみるなど、少しテストをするのがいいと思います。

掃除の仕方は吹き付けて、こすっていくという通常のものになります。
基本的な掃除の仕方は同じですが、洗剤の強さが違うため、あまり時間を置いたりすると壁紙まで真っ白になってしまうかもしれません。

最後はしっかりと水拭きをして成分をしっかりと落とし、乾拭きまで行って完了です。

ヤニの落とし方・掃除のポイント

ヤニを落とす掃除をするときのポイントは

  • お湯を使うこと
  • 洗剤は試してから使うこと
  • 壁紙のつなぎ目に注意
    この3つです。

お湯は水より、もヤニを柔らかくし落としやすくしてくれます。
洗剤を試してから使うことをおススメするのは、先述したように壁紙に合わない可能性があるからです。
壁紙を傷めてしまう結果になるのは悲しいです。
なるべく目立たない端の部分で、小さくテストをしてから使い始めましょう。

壁紙のつなぎ目に注意するのは、つなぎ目に水が染み込んでしまうと壁紙が剥がれる原因となるためです。
角にヤニが溜まっているからと重曹パックをしたとなれば、水分が行き渡ってしまう可能性があります。

すると壁紙が剥がれ落ちてきてしまう可能性を増やしてしまいますので、壁紙のつなぎ目には十分注意しつつ掃除をしていきましょう。

落とし方を知ってこまめに壁のヤニ掃除を

ヤニ汚れは放置期間が長ければ長いだけ、落とすのが大変になります。
できるだけこまめに掃除をして、ヤニが固着することを防がなければなりません。

ヤニが比較的落としやすいうちに掃除するなら、月に1回は掃除をすることをおすすめします。

部屋の至る所の壁紙の汚れが気になるなら、今週はここと場所を決めて区切って壁掃除をしていくようにすると掃除もあまり億劫ではなくなるかもしれません。

掃除スケジュールを組んで、ヤニの原因である喫煙者の方にもしっかりと掃除に参加してもらいながら、掃除を進めていきましょう。

ですが、できることならヤニ掃除がしなくてもよくなる環境が望ましいです。
喫煙をすることは個人の自由ではありますが、百害あって一利なしという言葉もあるように、身体にいい影響のあるものではありません。

できることなら禁煙してもらう、そこまででなくても喫煙場所を変えてもらうなどしてヤニ掃除をしなくてもいい環境を作るようにした方が、掃除に使う洗剤や壁紙の張替え代などお金を節約できるのかもしれません。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事