シンク掃除に使用するスポンジは「使い捨て」が一番です

シンク掃除に使用するスポンジは「使い捨て」が一番です

食器を洗うスポンジとシンクの掃除に使うスポンジを使い分けていると、置き場所に困るという人も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのは、シンク掃除に使うスポンジを「使い捨て」にすることです。「もったいない」と感じる人も多いかもしれませんが、その方がシンクをきれいな状態で維持することができるのです。

今回は、キッチンのシンク掃除のコツについて説明します。今までのやり方から変えてみましょう。

私も今まではシンク掃除用のスポンジを置いて保管していましたが、思い切って使い捨てに変えてみました。そうすると、見た目にもスッキリ!よりシンクが使いやすくなるのでおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

布団に掃除機をかける方法。効果的なかけ方とは

布団に掃除機をかけて、ダニやホコリを吸い取りましょう。 布団専用クリーナーではなく、布団のケアに掃...

畳の掃除の仕方。ダニが居心地のいい畳にしないためには

畳の掃除の仕方を知っていますか? 畳は天然素材のため、湿気を吸い込みやすいです。 また、編ん...

雨戸掃除は自宅にある洗剤一滴垂らすだけで汚れ落ちがアップ

雨戸を掃除する際、どんな洗剤を使おうかで悩んでしまいますが、特別な洗剤は必要ありません。自宅にある洗...

仏壇の掃除の仕方を知りたい。仏壇を掃除してご先祖様に感謝を

仏壇とどのように付き合えばよいのか。 急に、仏壇との暮らしが始まると、仏壇に対して抵抗感を抱いてし...

玄関の掃除に重曹を使ってピカピカにする方法とキレイを保つコツ

玄関の掃除には重曹がオススメです。重曹なら小さなお子さんが居る家庭でも安心して使うことができます。 ...

バルコニー掃除に最適な洗剤とは?洗剤の選び方と掃除の手順

見て見ぬふりをしてきたバルコニーの掃除。 鳥のフンなどの汚れは洗剤を使って綺麗にするしかないとわか...

便器の黄ばみの原因を理解して、効果のある方法で落としましょう

便器の掃除をしても、黄ばみが落ちなくて悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 まずは黄ばみの...

正月に掃除や洗濯をするのはダメ?意外と知らない正月のタブー

「掃除や洗濯は正月にしてはいけない」という話を聞いたことがありませんか? 特に掃除は毎日行うことが...

布団の掃除頻度は?羽毛布団の掃除・クリーニング・打ち直し頻度

羽毛布団を使用している人の中には、一体どのくらいの頻度で掃除をすれば良いのかわからない人もいるのでは...

【書類整理術】自宅の書類は集めて捨てることからスタート

子どもがいるといつの間にか学校からのプリントがたまっていたり、使うかもしれないとレシートをいつまでも...

掃除をしよう!壁のクロスを掃除すると部屋全体がスッキリ

掃除の勉強。 壁を掃除する方法をレクチャーします。 掃除したい壁の『クロス』をチェックし...

下水詰まりを解消できる道具とは?困った時のお助け道具をご紹介

トイレの水が流れないといった下水の詰まり。 一度はなんとか自力で解消できても、今後に備えて、下水詰...

照明の掃除。簡単に掃除する方法から念入りに掃除する方法まで

照明器具や電球、蛍光灯などを掃除する方法をご紹介します。 照明器具は、高いところにありますから...

便器の黄ばみが取れない時に試してほしい簡単除去方法と予防方法

便器の黄ばみが取れない!頑固な黄ばみを除去してキレイな便器で新年を迎えたい! そんな悩みありません...

【レンジ掃除のコツ】頑固な焦げを簡単に落とす方法をご紹介

レンジは主婦にとっては欠かせないものの一つですが、しっかりと掃除する時間がない人の方が多いのではない...

スポンサーリンク

シンク掃除に使用するスポンジを「使い捨て」に変えてみましょう

キッチンにスポンジはいくつ置いていますか?
食器洗い用とシンク洗用の2つ用意している、という方が多いのではないでしょうか?

しかし、シンクに2つもスポンジあると置き場所をとりますし、見た目的にもゴチャついてしまいますよね。
そこで、スッキリさせる為に「シンク用のスポンジは使い捨て」にすることをおすすめします。

シンクのスポンジを使い捨てにすると、見た目がスッキリするだけでなく、掃除も楽になるというメリットがあります。

掃除は物が無いほどスムーズにできます

掃除のしやすさは掃除のやる気にも影響します。

使い捨てなんて勿体無いと思われた方は、安いスポンジを小さく切って使うことをおすすめします。
例えば、10個で100円程度のスポンジを購入して、4個に分けたら、40個です。
毎日使っても1ヶ月以上使える計算になりますよね。
使いやすさに問題がなければ、更に小さくすることも可能です。

排水口など汚れの酷い場所も、すぐに捨てるので遠慮なく洗えますし、直ぐに捨てるのでとても衛生的です。

月に100円程度で衛生的、見た目にもスッキリとした綺麗なキッチンが手に入るのなら、決して高くない出費だと思います。

使い捨てスポンジを使ったシンクの排水口の簡単な掃除方法をご紹介します

シンクのスポンジを使い捨てにするなら、捨てる前に掃除してほしいのがゴミ受けや排水口です。
ゴミ受けや排水溝を使い古した歯ブラシなどで掃除する人は多いですが、毎日掃除するならスポンジの方が断然楽です。

使い捨てスポンジなら掃除後には捨てるので手の届く範囲ならどこでも掃除できますよね。
面倒だったり、時間のないときには、目に見える部分だけでも十分です。

排水口の中のフタなどは食器用のスポンジを捨てる前に行うのがおすすめ

食器用スポンジは1~3週間程度で交換しますよね?
捨てる前に、排水口の中のフタやその周りも掃除してから捨てましょう。

普段から使い捨てスポンジでゴミ受けや見えるところをサッと掃除していれば、3週間程経っても排水口の中のフタの内側はそれほど酷く無いはずです。

使い捨てスポンジで注意したいこと

小さなスポンジなので排水口に流してしまわないようにしてくださいね。
排水口の中のフタを外して小さな使い捨てスポンジで掃除するときには、特に注意しましょう。

シンクについた水垢は、クエン酸など酸性のものを使ってスポンジでこすりましょう

シンクの掃除で苦戦しまうのは、「水垢」ではありませんか?水を頻繁に使うシンクでは、絶対に切り離せない汚れですよね。

スポンジでシンクを擦っても全然水垢が取れないときには、酸性の力を借りましょう。

シンクの水垢はアルカリ性、酸性のものをかけると中和されるのです

家庭にある酸性のものと言えば「酢」です。
お料理に使うので自宅にあるという方は多いはず。

酢1:水2で混ぜたものを水垢に吹きかけてキッチンペーパーやラップなどでパックします。そのまま1~2時間ほど放置してから、スポンジで擦りましょう。

「酢の臭いは苦手」という方には、クエン酸がおすすめです

エコな掃除アイテムとして、重曹と並んで注目を集めているので名前をご存知の方は多いでしょう。
クエン酸は、小さじ1に対して水200mlを混ぜ合わせたものを吹きかけて使います。

シンクをきれいに使うためのコツを教えます

シンクは食事に関する場所ですから、きれいに使いたいと思う方は多いですよね。
しかし、なかなかスッキリしないことも多いのがシンクです。

シンクをきれいに使うためには、とにかく物を置かないことです

シンクに物があるとカビやぬめりなどの汚れが発生しやすくなります。
物が少ないとそれらの発生原因が減りますし、掃除がしやすいだけではなく掃除が隅々まで行き届くようになります。

手始めに、三角コーナーを使っているならやめてみてください。
買い物の時にお肉などを入れてくれる袋をとっておき、ゴミ捨てとして利用しましょう。
また、シンクのゴミ受けも三角コーナーの代わりとして使います。
料理後直ぐにゴミを捨てれば、全く問題ありません。
シンクのゴミ受けを綺麗にする習慣も付くので、更に綺麗なシンクに近づきますよ。

洗剤はポンプ式が使いやすいです

蓋を開けて使うタイプの洗剤を使っているなら、ポンプタイプに変えることをおすすめします。
蓋を空けて使うタイプは、両手を使うので掃除が億劫になりがちです。
掃除が好きではないという人ほど、ワンアクションで掃除できるようにしましょう。

容器の色は白や透明がおすすめです

濃い色はカビが発生してもわかりにくく、放置することで更に掃除が大変になってしまうからです。

シンクの環境を少し変えるだけでも、きれいを継続しやすくなりますよ。
ぜひ試してみてくださいね。

シンクの水垢を防ぐためには、水滴を残さないように掃除することがポイントです

シンクの掃除で面倒なのは、やはり「水垢」です。頑固になればなるほど、掃除が大変になりますよね。

シンクの水垢は予防するのが一番です

水垢は水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが原因です。
水分が蒸発した後にこれらの物質は残ってしまいまいます。
また、掃除しきれなかった石鹸カスや食品などに含まれるカルシウム成分などと結合して、さらに頑固な汚れとなっていくのです。

ですから、水垢を予防するためには、水分を残さない事が一番です。

シンク用のタオルを一つ用意して、シンクの掃除をした後には水分を拭き取るようにしましょう

毎回水分を拭くのは難しいという方は、せめて一日の最後だけでも水分を拭き取ってから寝るようにしましょう。
少しの手間で水垢を予防することができます。

シンクをスッキリとさせるためには、できるだけ物を減らすことが重要です。
見た目がスッキリと綺麗なシンクなら、いつでも清潔にしておきたくなりますよね。
ぜひ、シンク用スポンジは使い捨てにして、しまえるものはシンク下などに収納し、シンクに設置されているカゴを外してみてください。
よりスッキリと見せることが出来ますよ。

日常の掃除のコツカテゴリの最新記事