床掃除【フローリング編】床の黒ずみの原因と掃除方法を解説

床掃除【フローリング編】床の黒ずみの原因と掃除方法を解説

フローリングの床の黒ずみ汚れを、きれいに掃除したいと考えている人もいるのではないでしょうか。フローリングの床が黒ずんでしまうと、見た目も良くない上に不衛生ですから、掃除をして清潔に保ちたいものです。

フローリングの床の黒ずみには色々な原因があります。黒ずみ汚れの原因を知って、汚れに合った方法できれいに掃除をしましょう。

ここでは、フローリングの床の黒ずみ汚れの原因と掃除の方法についてお伝えします。家の床をピカピカにして、快適に生活をしてください。

また、掃除をしても黒ずみ汚れがきれいにならない原因や、NGな掃除についてもご紹介します。こちらも併せて確認して、フローリングの床掃除に役立ててください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

床の拭き掃除に重曹を使う場合の注意点と効果的な掃除方法

家の中のいろいろな場所に使える万能洗剤「重曹」。天然素材なので、小さな子どもがいる家庭でも安心して使...

カーペットに掃除機をかけるならコードレスは不足?最近の掃除機

カーペットが多めのお家なら、掃除機はキャニスター型で紙パックでコード付きが最強だと思っていませんか?...

布団のダニ駆除は掃除機だけではNG!本当に効果のある方法とは

布団の中のダニ駆除のためには掃除機が効果的だと聞いて、実際に行っている人も多いでしょう。 しか...

フローリングの掃除に適した洗剤。フローリングの材質と掃除方法

フローリングの掃除にフロアーモップや掃除機を掛けます。 ホコリやチリ、髪の毛などはキレイになり...

床の拭き掃除・フローリングの床掃除に使う洗剤と掃除方法を解説

フローリングの床のベタつきや黒ずみ汚れが気になったら、床の拭き掃除をしましょう。綺麗な床で生活をすれ...

ダニ対策の方法について。布団から湿気を逃しこまめな掃除機掛け

ダニ対策として、布団乾燥機や防ダニスプレーなどもありますが、今回は日常でできるダニ対策についてご紹介...

カーペットのクリーニング方法。セルフでキレイを保つには

カーペットのクリーニング方法について。 カーペットを自分でクリーニングするにはどうしたらよいの...

ダニを布団乾燥機で駆除しよう!マットレスのダニを駆除する方法

布団のダニ退治には布団乾燥機が有効ですが、マットレスのダニ退治にも効果的です。 布団にダニのいない...

ダニの駆除方法について。布団に潜むダニの性質を知る

ダニの駆除には、ダニを知ることから始めましょう。 布団に潜むダニの種類は主に2種類。 さ...

ダニ対策について!丸洗いできないベッドマットのダニ対策とは

ダニ対策といえば『布団』ですよね? ベッド周りには、ダニがたくさん居るのは覚悟します。 ...

物置の掃除の正しい仕方と不用品の処分方法について解説

物置はとても便利な反面、使わないものを何でも入れてしまっているので中はぐちゃぐちゃになってしまってい...

ダニを布団から追い出すには?洗濯前にまずはダニに高温パンチを

ダニの死骸は布団から、比較的簡単に出すことができます。掃除機や、布団クリーナーで吸い出すことができる...

フローリングの掃除にはモップ。自分に合うモップの見つけ方

フローリングを掃除する時に便利なフローリングモップ。 いろいろなタイプのフローリングモップがあ...

畳掃除に向いているほうきの選び方と正しい掃除方法について

畳の掃除する時、掃除機をかけている人が多いと思いますが、実はほうきの方が向いていると言われています。...

【絨毯の掃除方法】からまった髪の毛にはゴム手袋を使おう

ロングヘアだと、絨毯に落ちている髪の毛が気になるという人も多いでしょう。そして、掃除機を使って掃除し...

スポンサーリンク

フローリングの床掃除・まずは黒ずみの原因を知ろう

フローリングの床の気になる黒ずみの主な原因は、皮脂汚れによるものです。人間の足の裏は汗をかきやすく汚れやすいので、とくに普段から裸足で過ごすことが多いご家庭は、ベタベタとした黒ずみ汚れが余計に気になるのではないでしょうか?

さらに大人と比べると、小さなお子さんの足の裏は、なんだか常にベタベタしていると感じる方も多いでしょう。いくらこまめに床掃除をしていても、掃除機やフローリングワイパーだけでは黒ずみを防ぐことはできません。掃除しても取り切れなかったホコリと皮脂汚れや汗が合わさることで、ただ水拭きしただけでは落ちない黒ずみに変わってしまうのです。

また、キッチンのフローリングの黒ずみに関しては、油汚れが原因であることが多いでしょう。リビングやその他の部屋のフローリングと比べても、キッチンの床は汚れがつきやすいので、その汚れた状態の床をスリッパや素足で踏んだあとに、知らず知らずのうちにその他の場所にまで汚れを拡散している可能性も高いと言えます。

皮脂汚れによるフローリングの床の黒ずみを掃除する方法

最初にご紹介した、皮脂汚れによる床の黒ずみは、住居用洗剤で簡単に落とすことができます。スプレータイプの洗剤だと汚れに直接吹きかけることができますので、普段のお掃除用に1つあるとさらに便利です。

【用意するもの】

  • 住居用洗剤
  • 雑巾

【掃除の仕方】

  1. フローリング全体にフローリングワイパーをかけたあと、掃除機をかけて細かいゴミも取り除いておきます。
  2. 黒ずみの気になる部分に洗剤をかけ、あとは雑巾で擦るだけです。
    最近では二度拭きがいらないタイプの住居用洗剤も増えていますが、小さなお子さんやペットのいるご家庭では、念のために水拭きもすることをおすすめします。また、フローリングの床は水分に弱いので、時間に余裕があれば最後に乾拭きも行えば完璧ですね。

油汚れによるフローリングの黒ずみをきれいに掃除する方法

キッチンに多い油汚れによる床の黒ずみに関しては、食器用の中性洗剤を使います。こちらに含まれる界面活性剤の効果で、フローリングについた汚れを浮かせて取り除くことができるのです。

【用意するもの】

  • 食器用中性洗剤
  • 雑巾(フローリングワイパー)

【掃除の仕方】

  1. バケツや洗い桶に張ったぬるま湯に洗剤を数滴垂らし、雑巾を浸して硬く絞ったら、黒ずみの気になる部分を拭いていきます。
  2. 油汚れが落ちたら、キレイな雑巾で水拭きするか、フローリングワイパーに水拭き用シートを装着して、洗剤を拭き取ります。

キッチンの床は普段から気を付けていても汚れが溜まりやすい場所なので、ひどい汚れがこびりつく前にサッと拭き取っておくだけでも、お掃除がラクになりますよ。

掃除をしてもなかなか落ちない床の黒ずみ汚れの原因

洗剤を使ってフローリングを掃除しても、床の黒ずみが取り切れない場合は、別の可能性を考える必要があります。皮脂汚れや油汚れが原因だと思っていた黒ずみが、実は「黒カビ」である可能性も。

カーペットや絨毯を敷いた場所と比べると、フローリングは普段のお掃除がしやすい反面、長年使っているうちにワックスが剥げたり表面に傷がついたりすることで、床に水分が浸透してカビが発生してしまうことがあります。特に窓辺などの結露が発生しやすい場所に近い床は、湿った状態が長く続くことで黒カビが生えやすくなるのです。また、フローリングの床の上に直に布団を敷いて、万年床状態になっている方も注意が必要です。

いくら黒カビが生えたからと言って、安易に市販のカビ取り剤を使うのはおすすめできません。たしかにカビ取り剤は黒カビを除去する効果が高いですが、フローリングを痛めてしまう恐れが高いので、自己判断で使用するのは避けましょう。

すでに発生してしまったフローリングの黒カビに対しては、いさぎよく専門の清掃業者にお願いした方が良いでしょう。

フローリングの掃除でNGなこと

ご家庭のさまざまな場所のお掃除に使える「重曹」や「セスキ炭酸ソーダ」ですが、実はフローリングの床掃除に関しては使わないほうが良いということをご存知でしたか?

これらは100均などでも手に入ることから、手軽なお掃除アイテムとして需要が高まっていますが、洗浄力が高いがゆえに、使い方を間違えると本来の性能を発揮できないだけでなく、フローリングの床を痛めてしまう可能性があるのです。

弱アルカリ性である重曹やセスキ炭酸ソーダを使うことにより、フローリングの床に使われているワックスやコーティング剤を剥がしてしまう恐れがあります。床を保護するために塗られているワックスが剥がれてしまうと、見た目が悪いだけでなく傷や汚れがつきやすくなります。水分がそのまま浸透してしまうと、やがて黒カビが発生する原因にも。

フローリングの床をなるべくキレイな状態で保つには、やはりこまめにホコリを取り除き、時間のある時には水拭きや洗剤を使って拭き掃除をするのが一番確実な方法です。フローリングに限らず、汚れに合わせて洗剤を使い分けることももちろんですが、やはり最も効果的なのは「汚れを溜めないこと」、このひとことに尽きます。

忙しい毎日の中で、掃除にかける時間を取るのは大変かもしれませんが、家族の健康を維持するためにも、無理せずできることから始めてみましょう。

畳・床掃除のコツカテゴリの最新記事