物置の掃除の正しい仕方と不用品の処分方法について解説

物置の掃除の正しい仕方と不用品の処分方法について解説

物置はとても便利な反面、使わないものを何でも入れてしまっているので中はぐちゃぐちゃになってしまっているという人も多いのではないでしょうか。

しかし、そのままにしていると、中は不用品でいっぱいになってしまいます。この機会に片付けて掃除するようにしましょう。

今回は、物置の片付けや掃除の正しい仕方について説明します。何から始めるのか、また用意するものについても説明しますので、晴れた日に掃除するようにしましょう。

また、掃除した後で出できた不用品の処分方法についてもご紹介します。自分で捨てる場合はゴミの分別方法に注意しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ちりとり掃除の上手な使い方!ちりとりは床との角度が大切

小学校ではほうきとちりとりを使った掃除を行いますが、ちりとりの使い方がよくわからないというお子さんも...

掃除で見つけた床の黒ずみ。これは汚れ?カビ?それとも…

掃除で見つけた床の黒ずみ。 床が黒ずむ原因は主に3つあります。 皮脂汚れ カビ ワッ...

ダニの駆除方法について。布団に潜むダニの性質を知る

ダニの駆除には、ダニを知ることから始めましょう。 布団に潜むダニの種類は主に2種類。 さ...

カーペットに掃除機をかけると出る白い粉はハウスダスト

カーペットに掃除機をかけると、謎の粉が回収されると思います。 これは、単純に『ハウスダスト』ですね...

ワックスがけのコツとは?車にムラなくワックスを塗る方法

車のワックスがけにはコツがあります。 なんの知識もなくワックスがけを行うと、ムラができてしまい、か...

畳掃除にはクエン酸が効果的!その掃除方法と注意点について

エコな掃除洗剤として人気のクエン酸ですが、実はカビ防止にもなるため畳の掃除にも使えます。 しか...

カビの掃除をする時に和室の畳のカビの掃除方法や予防法をご紹介

カビの掃除って、大変ですよね…。 畳の上に布団を敷いて寝ている方、つい数日座布団をそのまま置い...

ダニ対策について!丸洗いできないベッドマットのダニ対策とは

ダニ対策といえば『布団』ですよね? ベッド周りには、ダニがたくさん居るのは覚悟します。 ...

ダニを布団から取り出すにはゆっくりと掃除機をかけること

ダニは布団の中に、居るんです。たくさん、見えなくても。 特に、害がなくても、生きているダニや、...

床の拭き掃除にセスキを使う場合に必ず注意してほしいこと

天然素材であるセスキ。いろいろな場所のお掃除に使っている人も多いでしょう。 一見どんな場所のお...

ダニ対策のために布団にスプレーを使用する場合の効果について

布団のダニ対策の方法として一番簡単にできることはスプレーを使用することでしょう。 しかし、その効果...

ダニ対策のためのスプレーの効果と正しい使い方を理解しよう

ダニ対策にはいろいろな方法がありますが、スプレーは手軽に使用できるものとして人気があります。 ...

トイレの床の掃除はワイパーを使ってピカピカに仕上げよう

忘れがちなトイレの床の掃除。しかし、トイレの床にはいろいろな種類の汚れがついているので、しっかりと掃...

床掃除【フローリング編】床の黒ずみの原因と掃除方法を解説

フローリングの床の黒ずみ汚れを、きれいに掃除したいと考えている人もいるのではないでしょうか。フローリ...

髪の毛の掃除を簡単したい!工夫・アイディア・グッズを紹介

髪の毛の掃除を簡単にしたい! 一番オススメなのは、家族全員『短髪』生活です! 髪の毛が長...

スポンサーリンク

物置の掃除の仕方と用意するものについて

物置は物をしまうのにとても便利な半面、スペースの余裕から物を詰め込んでしまいがちです。
まだ使えるものと捨てられるものがごちゃごちゃになっていて、使えるものが奥に入り込み見つからず同じもの新しく購入してしまったなど、整理整頓ができていないと無駄使いにも繋がってしまいます。

物を片付けてスペースを作ることでより多くの物が保管できる、使いたい時に探さなくてもすぐに使える、そして片付けをすることで運気も上がるとも言われていますので、物置の片付けにはメリットがいくつかあります。

この際に物置を掃除して片付けてみましょう。

掃除の流れ

  1. 物置の物を全て取り出します。
    取り出しながらまだ使うもの、もう使わないもの、壊れているものなど見定めながら作業するとスムーズに掃除がはかどります。
  2. 物置の中を掃除します。
    ほうきやちりとり、雑巾など必要な掃除アイテムを用いながら掃除して綺麗にしていきます。
    物置庫内の破損や雨漏りがないかもチェックしましょう。
  3. 必要なものだけ収納しましょう
    収納のコツは以下を参考にしてください。

物置の掃除の仕方のコツや片付けのタイミング

物置の中を綺麗に掃除したら、物を片付けていきましょう。

物置整理のコツ

壊れているもの、使用しなくなったものは全て処分

子供の使わなくなった遊び道具や自転車、これらはかなりスペースをとってしまいます。まだ使用できるし捨てられないようでしたらリサイクルショップや知人に譲りましょう。
この後も誰かが使用してくれると思えば捨てるよりは手放しやすいのではないでしょうか。

思い出のものが出てくる場合

思い出の物が出てきてどうしても捨てられない場合は、1つの箱にまとめておきましょう。
ただしその箱が何個にもなるとスペースを取り収納に限りがでてきてしまいますので必ず箱1個とし、その箱の範囲に収めるようにしましょう。

100均一の収納アイテムを使用しよう

物置は自転車などの大きなものから、園芸品などの細かなものまで収納します。
細かなものは100均一のボックスやワイヤーラックなどを使用し、収納していくとごちゃごちゃならずに綺麗に収納することができますね。

物の定位置を決めよう

物の定位置を決めてあちこちおかないようししましょう、
使ったら同じ場所に戻す週間をつけると物がなくなることがありませんし、ごちゃごちゃすることもありません。

物置を片付けるタイミングとは

  • ごちゃごちゃしている
  • 使いたいものは見つからない
  • これ以上収納するスペースがない

物置を片付けるタイミングはまさしくこれらの時です。
このように思うということは、物置が汚くなってきた証拠でもありますよ。

物置の正しい収納の仕方についても理解しましょう

掃除して綺麗になった物置を綺麗に保つためには収納の仕方を理解すると綺麗に保つ事ができます。

物置に収納アイテムを利用する

小物をそのまま収納するとどうしてもぐちゃぐちゃになり、使いたい時に行方不明になりがちです。
収納ボックスや、壁にフックをかけて吊るしたりなど、綺麗に収納できる方法をとりましょう。
100均一アイテムで安く綺麗に収納できるとコストも掛からずにお得ですよね。
便利な収納アイテムも種類が豊富です。
お店に行って商品をみると様々な収納アイディアが思い浮かんできますよ。
あなたの物置にあった収納を探してみてくださいね。

重さや使用頻度によって収納を仕分け、物置内で定位置を作る

重いものは下、軽いものは上の棚、よく使用するものは手前に年に数回程度しか使用しないものは奥、など収納はその物によって下や上、奥や手前と置く場所が決まってきます。こうすることで収納する物の定位置も決まってきます。
出したら同じように元に戻しましょう。

物置の掃除をした後の不用品の処分の仕方について

物置を掃除していると不用品がたくさん出てくることでしょう。

子供の使用しなくなった自転車や遊び道具、アウトドア商品など大きな物から小さな物まであります。

物置内の不用品、処分方法

処分方法は自分で捨てるか、違う方法で手放すかです。

自分で処分

自分で捨てる場合には必ず地域のゴミ出しのルールに従いましょう。
分別やゴミ出し日、粗大ごみの捨て方は地域によって異なりますので、問い合わせやホームページなどでチェックしましょう。
ルールに反すると近所迷惑になりかねませんし、大人の常識にモラルに反します。
ルールはきっちりと守りましょうね。

リサイクルショップへ持っていく

まだ使用できるものであればリサイクルショップで売ることができます。
物そのものや状態によって値段が変わってきますが、中には買取ってくれない場合もあります。
そのような時は自分で捨てるしかありません。

知人に譲る

まだ使えて、状態が良いものですと知人に譲る方法もあります。
使わないのになかなか手放せない物がありますが、知り合いが使ってくれると思うと手放すことへの抵抗も少なくなります。

物置の片付けや掃除を業者に依頼することもできます

  • 不用品が多すぎる
  • 物置の広すぎる
  • 物置の掃除が面倒
  • 片付ける時間がない

このような場合は業者に依頼することができます。
料金は発生してしまいますが、それでも良ければ物置が綺麗になるに越したことがありません。

業者によって対応や料金が様々です。
業者選びを失敗したくないのであれば、その業者の口コミや評判などをしっかり把握することも大切です。

安さを売りにしていて対応はあまり良くなかったり、格安ですが対応も良い、料金は割高だがそれだけの対応をしてくれる、など業者によっても様々ですし、選ぶ基準も人によってことなります。

一度見積もりをお願いして料金や対応を照らし合わせて検討することも可能です。
連絡や見積もり依頼など手間はかかってしまいますが、失敗しないための対策でもありますよ。

畳・床掃除のコツカテゴリの最新記事