カーペットの掃除にスチームを使用する場合の効果とメリット

カーペットの掃除にスチームを使用する場合の効果とメリット

テレビのコマーシャルなどでよく見かけるスチームクリーナーですが、カーペットの掃除に使用してみたいと考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、気になるのはその効果。どこまで汚れを落とすことができるのか、またその使い方も気になるところでしょう。

今回はスチームクリーナーをカーペットの掃除に使用した場合の効果やメリット、またその使い方について説明します。

また、スチームクリーナー以外にスチームモップもあります。その特徴やメリットについても説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ダニ対策には布団乾燥機&掃除機コンビで!どちらかだけではダメ

ダニ対策には布団乾燥機でダニを退治した後に掃除機をかけるという作業まで行わなければ、ダニを退治したり...

ワックスをかける前の床の掃除方法とワックスがけのコツ

フローリングの床にワックスをかけようとしているのであれば、その前にしっかり準備しないときれいな仕上が...

床掃除を簡単にするためのモップの選び方と正しい使い方について

床掃除は掃除機をかけて終わりという人も多いでしょうが、実はそれだけではきちんと汚れが落とせていない可...

ダニを退治したい!3タイプの布団乾燥機の賢い選び方とは

ダニ退治には布団乾燥機! でも、いろいろなタイプや価格帯があってどれを選べばいいのかわからない...

床の拭き掃除に重曹を使う場合の注意点と効果的な掃除方法

家の中のいろいろな場所に使える万能洗剤「重曹」。天然素材なので、小さな子どもがいる家庭でも安心して使...

フローリングについた汚れをきれいに落とす掃除方法をご紹介

フローリングは掃除機だけ使って掃除するという人が多いかもしれませんが、実は掃除機をかけるだけでは残念...

床の掃除方法。その床掃除間違ってるかも!?正しい床の掃除方法

床の掃除なんて、掃除機掛けちゃえばいいんじゃないの? と、思っていませんか? 実は、床の掃除...

床の拭き掃除の頻度が知りたい。床を綺麗に保つ方法

家の床がフローリングの場合、子供や夫がペタペタと素足で歩くと汚れが気になりませんか? また、犬を飼...

ちりとり掃除の上手な使い方!ちりとりは床との角度が大切

小学校ではほうきとちりとりを使った掃除を行いますが、ちりとりの使い方がよくわからないというお子さんも...

床の掃除をする時に必要な道具。定番アイテムから新参者まで

床を掃除する時の道具と言われてすぐに思いつくのは、雑巾とバケツではないのでしょうか? でも、床...

ダニ退治!布団のダニを駆除するにはコインランドリー

ダニは手強いです。 生きていても、死んでいても私達の健康を脅かすのです。 そんな、ダニに...

掃除の疑問【フローリング】材質・黒ずみを見極めてから始める

掃除は汚れに合った洗剤と方法で行わなければ、フローリングを傷めてしまうことになります。 まずは...

掃除の新常識!ホコリ取りをするならフローリングには〇〇!

掃除をしても、してもチリ一つない状態にならない『ホコリ』 最近は、フローリング仕様の家が増えて...

床の拭き掃除にセスキを使う場合に必ず注意してほしいこと

天然素材であるセスキ。いろいろな場所のお掃除に使っている人も多いでしょう。 一見どんな場所のお...

No Image

ダニ対策のための布団乾燥機の使用頻度と正しい使い方について

布団のダニ対策方法の一つとして布団乾燥機は人気がありますが、実際に購入するとなると使用頻度や電気代は...

スポンサーリンク

カーペット掃除にスチームクリーナーを使用した場合の効果について

カーペットによく知られる掃除は主に掃除機ですが、それはただのゴミを吸い取るだけですので、シミや汚れなどは残ってしまいなんだかスッキリしないですよね。
小さな子供がいると今買い換えるにもまた、すぐ汚れるのが目に見えているし、なるべく今のカーペットを使用し続けながら、簡単にシミや汚れをとれる方法が知りたい主婦はたくさんいらっしゃるでしょう。

そんな方にオススメな、お掃除アイテムがスチームクリーナーです。

カーペットをスチームクリーナーで掃除すると、水蒸気で濡れてしまうと思われがちですが、高温の水蒸気なためすぐに乾くので、心配ありません。
シミや汚れ部分にスチームクリーナーで高温の蒸気を吹きかけます。
そうすると、みるみるうちにシミや汚れが浮き出てきますので、それを拭き取り、カーペットを綺麗にすることができます。

スチームクリーナーは水を高温にまであげるだけで、シミ汚れに効果があります。
洗剤を使用するわけではないので、すすぐ必要がなくとても便利です。
掃除後に小さなお子様の肌にあたっても、心配なく安心して使うことができますよ。

スチームクリーナーはシミや汚れだけではなく、高温が弱点であるダニにも効果があるので一石二鳥です。
ダニは子供の健康に大きく悪影響を及ぼしてしまうアレルゲンの1つですので、カーペットのシミ汚れのついでにダニ対策もできるなんて、とても便利なアイテムですね。

スチームクリーナーを使用したカーペットの掃除方法

カーペットの掃除にスチームクリーナーを使う使う場合は、先に掃除機でカーペットのゴミを吸い取っておきましょう。

フローリングの拭き掃除を行う前にも先に、掃除機をかけてできるだけゴミを吸い取りますよね。
掃除機をかけなくても拭き掃除はできますが、あくまでも汚れを拭くため作業であって、ゴミを取る目的ではありません。
よりスムーズに目的の作業するために、あらかじめ掃除機をかけてゴミを吸い取っておくことはとても大切です。

これはスチームクリーナーを使用するときも同じです。
特に毛の長いカーペットを使用している方は、毛の奥へと入り込んだ食べかすやチョコなど溶けやすい物は、カーペットのシミや汚れをさらにつけてしまう可能性がありますので、できるだけ掃除機で吸うようにしてください。

スチームの高温の水蒸気のみでシミが浮き出て汚れが落ちます。
しかし、汚れやシミの状態によってはやはり洗剤が必要な場合があります。
スチーム専用洗剤ですとすすぎ不要、体に優しい成分で作られている洗剤がありますのでそちらをオススメします。
その洗剤を直接シミや汚れに吹きかけ、スチームをかけていきます。

同じ場所にスチームを何度も長い時間かけると、水蒸気でベチャベチャになってしまうことがありますので気を付けてくださいね。

スチームクリーナーにいくつか機能がある方は、カーペットやシミにあった機能を設定してくださいね。

また、高温の蒸発や洗剤などでカーペットの繊維を傷ついたり色落ちしてしまうことがあります。
心配でしたらカーペットの隅でテストしてから使用してくださいね。

カーペットの掃除にはスチームモップの方が便利です

スチームクリーナーには2種類あります。

  • 通常タイプ
    ヘッドを2、3種付け替え可能です。
    キッチンの油や水垢汚れや窓の手垢や排気ガスの汚れ、便器などの頑固な黒ずみ、お風呂場のカビ掃除など使用できる幅がとても広く便利です。もちろん、カーペットの掃除に使用することもできますよ。
    スチームがでてくるまで10分程度と少々時間がかかります。
  • モップタイプ
    主な用途はカーペット、畳み、フローリングです。
    通常タイプのような水周りの掃除に使用することができません。
    毛の長さによって機能を替えられます。
    スチームが出るまで10分程度かかる通常タイプに比べ、だいたい30秒程度でスチームがでるのですぐ掃除にとりかかることができます。
    この2種類ですとカーペット専門で使用することがほとんどであれば、蒸気の加熱も早くハンディタイプですぐ掃除にとりかかることができます。
    またモップタイプなので本体のみで、水蒸気吹きかけと拭き取りを行えるので、手間なく使うことができてとても便利ですよ。

カーペット掃除に使用するためのスチームモップの選び方

カーペットの掃除にスチームクリーナーのモップタイプを使用したいと、これから購入を考えている方がいらっしゃると思います。

前述ではスチームクリーナーの種類で通常タイプとモップタイプを紹介し、水蒸気が温まり使い始められる時間を比較しています。
モップタイプの方が水の温まりが早く、すぐに掃除にとりかかれるというメリットがありますが、そのメーカーや製品によっても速さや使い勝手が異なります。

例えば

  • 温まりに30秒程度でも10~20分使用可能
  • 温まりに5分程度かかって40分程度使用可能
    その他に
  • 重さ
  • 最高温度
  • 水タンクの容量
  • モップの付替え可能な数

これらによって使い勝手が様々です。
一般的な家庭では、40分以上使うことはなかなかないでしょう。
なので、温まりが最も早く1度に15分使えれば十分ではないでしょうか。
そして軽量でなおかつ水タンクの容量ができるだけ多く入る方が楽なのか、1回分入れば十分なのか、カーペットのみに使用したいのであればジャーペットの大きさによっても変わってきますよね。
様々なことを考慮しご自身にあったものをお選びください。

スチームクリーナーは子供のおもちゃや布団の除菌にも使えます

スチームクリーナーから出る高温の水蒸気は汚れやシミだけではなく、ダニ対策や除菌効果もあります。
子供の布団のダニ対策、そして床にコロコロ転がったり舐めたりしがちな、子供のオモチャの除菌などに使用することができます。

このようにカーペットだけではなく、子供に関連したより多くの物に使用したい場合は、やはり通常タイプのスチームクリーナーをオススメします。

布団やカーペットのダニ対策に使用する場合は、先に掃除機をかけゴミやダニの死骸や糞を吸い取り、さらにスチームクリーナーをかけた後にも、スチームクリーナーで退治した生きていたダニの残骸を掃除機で吸い取る必要があります。

せっかくスチームの高温によってダニを退治しても、死骸や糞が布団の表面に取り残されているとアレルギー症状につながってしまうことがあります。

スチームの高温で、シミ取り、除菌、ダニ対策の3つの効果が期待できます。
小さなお子様がいる家庭、アレルギー体質の方、掃除が大好きな方そうでない方にとっても特に役立つアイテムがスチームです。

洗濯で丸洗いできないカーペットの定期的なクリーニング代を考えるても、カーペット以外にも使えるスチームを1台購入した方とてもお得です。

これからの家の掃除にスチームの活用を検討してみてくださいね。

畳・床掃除のコツカテゴリの最新記事