ダニ対策にはやっぱり布団を乾燥機で乾燥させるべき!

ダニ対策にはやっぱり布団を乾燥機で乾燥させるべき!

ダニ対策、ダニ退治、ダニ駆除…。

ダニが大好きな場所といえば、やっぱり『布団』ですよね?

私達が寝心地よく感じる布団は、ダニも居心地がいいんです。

今回は、そんな憎き『ダニ』を布団に寄せ付けない方法や、駆除する方法などをご紹介いたします。

ダニ対策にはやっぱり布団乾燥機が必要ですが、掛け布団なら、定期的にコインランドリーへ持ち込んで熱風乾燥をかけることもできますよ。

それでは、ダニ対策のアレコレについて御覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

絨毯の掃除機の正しいかけ方を理解してゴミを全部取りきろう

絨毯に掃除機をかけたのに髪の毛が残っていると、掃除機の吸引力が下がったのかと思う人も多いようですが、...

掃除をする時にフローリングに重曹を使うコツや掃除方法について

どんな掃除にも万能と言われる重曹ですが、掃除する時にはキッチンなどに使用されることも多いと思います。...

掃除をする時の床やフローリングをケアする掃除方法

掃除の方法って実は、しっかりと決まっているんですよ。 単純に床に掃除機を掛ければ、部屋がきれい...

カーペット掃除はまずブラシでホコリや髪の毛をかき出してから

カーペットにいきなり掃除機をかけるのはNGなんですって! まずは、フローリングをドライシートで...

【絨毯の掃除方法】汚れが気になる場合は洗剤を使って掃除しよう

絨毯に掃除機をかけても汚れが取れない時、どうすればいいのか悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。...

ダニ対策に『ダニ取り〇〇シート』3つの種類をご紹介

ダニ対策シート『忌避タイプ』と『誘引タイプ』についてご紹介します。 また、シートを敷いただけで...

ダニ対策には布団乾燥機&掃除機コンビで!どちらかだけではダメ

ダニ対策には布団乾燥機でダニを退治した後に掃除機をかけるという作業まで行わなければ、ダニを退治したり...

掃除で見つけた床の黒ずみ。これは汚れ?カビ?それとも…

掃除で見つけた床の黒ずみ。 床が黒ずむ原因は主に3つあります。 皮脂汚れ カビ ワッ...

床の掃除に重曹を使うのはやめましょう!その理由について

床の掃除に重曹は使えない!? 万能洗剤の定番になっている『重曹』ですが、実は家庭のどの場所にも...

カーペットには掃除機&スチームクリーナー!ニオイ汚れダニ対策

カーペットの掃除には、正直掃除機だけでは不十分な面があります。 じゃぶじゃぶ洗うことができない...

ダニ駆除を業者に依頼した場合の料金相場やメリットについて

ダニ駆除について考えた場合、自分でするよりも専門の業者に頼んだ方が良いと思うこともあるでしょう。 ...

フローリング掃除はおすすめの手順に沿って行うようにしよう

フローリングの掃除方法にはいろいろありますが、掃除機やフローリングワイパーを使っている人が多いのでは...

掃除の新常識!ホコリ取りをするならフローリングには〇〇!

掃除をしても、してもチリ一つない状態にならない『ホコリ』 最近は、フローリング仕様の家が増えて...

カーペットの掃除にスチームを使用する場合の効果とメリット

テレビのコマーシャルなどでよく見かけるスチームクリーナーですが、カーペットの掃除に使用してみたいと考...

カーペットの掃除は重曹を使えば簡単にきれいになります

毎日掃除機をかけていても、なかなか汚れが取れないカーペット。しかし、クリーニングに出そうと思ってもそ...

スポンサーリンク

ダニを布団から駆除するには布団乾燥機にかけるのが一番!

布団の中に潜むダニ対策として、天日干し、スプレーなどいろいろな方法がありますが、自宅でできる一番効率的な方法が、布団乾燥機を使用することだと思います。
しかし、この布団乾燥機。ただ使えばダニを駆除できるわけではありません。
いくつかのポイントをおさえて、確実に布団の中のダニを駆除しましょう。

ダニ駆除にオススメな布団乾燥機は、マットタイプのもの。
マットタイプのものは全体にまんべんなく熱を行き届かせることができるので、ダニが布団の隅に逃げ込むことなく駆除できます。
布団乾燥機をこれから購入予定の方は、マットがお使いの布団よりも小さくならないように気をつけて下さい。マットの大きさ、長さもいろいろなものがあるので、布団のサイズをしっかり確認してから購入しましょう。

布団乾燥機を使った布団のダニ駆除方法

  1. 敷布団の上にマットを敷いてから、乾燥機のホースとつなぎます。
  2. マットの上に掛け布団をかぶせます。
  3. 布団乾燥機の「ダニ退治コース」を運転します。
  4. 掃除機をかけます。掃除機はゆっくり、1列を10秒程度で運転します。掛け布団は両面掃除機をかけると安心です。
  5. 厚手の布団は熱が外側まで行き届かないので、枕などと一緒に裏返して再度布団乾燥機を使用してください。

布団の中にいる生きたダニはコインランドリーの乾燥機で駆除できる

布団乾燥機がご自宅にない方には、コインランドリーでのダニ駆除がオススメです。
ダニは50度以上の熱を20~30分以上与えることで駆除することができるといわれていますが、コインランドリーの乾燥機は温度が60度以上になるものがほとんどなので、ダニ駆除に向いているといえます。

コインランドリーを使用する際には、敷布団だけではなく掛け布団や枕も忘れずに、一緒に乾燥させるようにしてください。
また、最低でも30分は稼働させるようにしましょう。
乾燥させたあとには必ず、自宅で布団に掃除機をかけ、ダニの死骸やフンを吸い取ることを忘れないようにしてください。

布団の種類や生地によっては、コインランドリーの乾燥機を使用できない場合もあるようなので、必ずお使いの布団の表示を確かめてから使用するようにして下さい。

ダニの住処にさせない!おすすめの布団乾燥機とは?

布団乾燥機にはいろいろなタイプがあります。
マットタイプのものは、温風が効率的に布団の内部に行き届くため、ダニ駆除に最も効果的と言えますが、マットを設置するなどの手間が多少かかります。

ホースアタッチメントタイプのものは、シングル布団であれば温風が広範囲に行き届くようになっていますが、布団のサイズが大きくなると温風の広がり方が不均等になる可能性があるため、ダニ駆除の観点からいえばムラができてしまうように思います。シングル布団をお使いの方には、手軽に使える点からもオススメしたいです。

ダイレクトタイプのものは、用意が楽で手間がかからないため、大変使いやすいですが、温風が均等に行き届かない可能性があるため、ダニ駆除目的の使用には期待が少ないように思います。

手軽さ重視で考えるのであればマットなしタイプ、しっかりダニ退治をしたいのであればマットタイプなど、ご自分の好みとお使いの布団に合わせた乾燥機選びをしてみて下さいね。

また、ダニ退治コースについてもメーカーによって時間が様々で、短いものだと1時間、長いものだと6時間ほどかかってしまうものもあります。時間が短いものがいいというわけではありませんが、時間も判断の基準になるかと思います。

その他にも、布団だけではなくアレルゲン対応のものやアロマ付きのもの、靴の乾燥ができるものや空気清浄機能がついたものなど、本当にいろいろな種類のものがありますので、自分好みの布団乾燥機をこの機会に探してみることをオススメします。

ダニを布団から追い出すには?布団乾燥機の使い方のコツ

お使いの寝具はどのようなタイプのものでしょうか。
敷布団、ベット、毛布…。それぞれで布団乾燥機の使い方は異なります。正しい使い方でしっかりダニを布団から追い出しましょう。

  • 敷布団、ベット
    シーツ、カバーを外した敷布団(ベット)と掛け布団の間に布団乾燥機をセットして運転させます。
  • マットレス
    マットレスは側生地を外します。マットレスと掛け布団の間に布団乾燥機をセットして運転させます。マットレスは表裏、上下を返して使うことでマットレスが傷みにくく、ダニ予防にもつながります。
  • 毛布
    布団乾燥機の上に毛布を置いたら、その上に掛け布団をかぶせて運転させます。
    カシミヤ等デリケートな生地の場合は運転時間を短くしなければならないので注意して下さい。

布団乾燥機の熱が届きにくい布団の隅には、アイロンを掛けてみて

布団乾燥機だけでは心配!熱が布団の隅まで届いていないよう気がする!という方にはスチームアイロンを使ってのダニ駆除もオススメです。
アイロンの表面温度は100度前後になるので、ダニ退治にはピッタリ!
布団全てにアイロンをかけるのは大変な作業なので、布団の四隅にアイロン掛けをすることでより確実にダニを駆除しましょう。

下準備
寝具を1時間ほど、暗室に置きます。アイロンの熱を布団乾燥機のように長時間当て続けることは難しいため、夜行性のダニを暗室に置いて布団の表面に誘き寄せます。

●事前確認
使っている布団の素材を確かめます。シルク素材、ポリウレタンフォームなどアイロンの高い熱が使えない素材のものがあります。確認してから行うようにしましょう。
また、化学繊維に高すぎる温度を当てるのも危険なので、温度の調節をしましょう。
目立たない部分にアイロンの熱を当ててみて変色がないか確認してみましょう。

●スチームアイロンの掛け方

  1. スチームアイロンの電源を入れてスタンバイしておきます。できれば最強にしたいですが、お使いの寝具の素材に合わせて、アイロンを当てた時に布団が60度以上になるように意識して温度を調節して下さい。
  2. 固く絞ったタオルを用意します。
  3. 気になる部分に、当て布を置いて、1箇所8~10秒くらいのスピードでアイロンを掛けます。
  4. 掃除機を掛けます。
  5. スチームで湿った布団をしっかり乾燥させます。そのまま湿った状態にしておくと逆効果になるので、気をつけて下さい。

畳・床掃除のコツカテゴリの最新記事