ダニ対策には布団乾燥機&掃除機コンビで!どちらかだけではダメ

ダニ対策には布団乾燥機&掃除機コンビで!どちらかだけではダメ

ダニ対策には布団乾燥機でダニを退治した後に掃除機をかけるという作業まで行わなければ、ダニを退治したり駆除したことにはなりません。

生きているダニを布団乾燥機の熱により退治します。
その後、シガイとなったダニを掃除機で布団から吸い出します。

生きているダニは、人間に噛み付くことで害を与えます。
さらに、ダニのシガイやフンなどはアレルゲンとなり、私達に悪影響を与えるのです。

ですから、布団乾燥機を使った後に、必ず掃除機で『ダニ』を吸い込まなければなりません。

もちろん、布団を乾燥させるという意味では、布団乾燥機だけかけるのはOKです。
でも、布団乾燥機をダニ対策として使うのであれば、布団乾燥機を掛け終わった後には、しっかりと掃除機をかけるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ダニ退治のポイントは温度。効果的なダニ対策の方法

うちの布団はしょっちゅう天日干ししているし、部屋もキレイに掃除しているからダニなんていない!と思って...

ワックスがけのコツとは?車にムラなくワックスを塗る方法

車のワックスがけにはコツがあります。 なんの知識もなくワックスがけを行うと、ムラができてしまい、か...

カーペット掃除はまずブラシでホコリや髪の毛をかき出してから

カーペットにいきなり掃除機をかけるのはNGなんですって! まずは、フローリングをドライシートで...

カーペットには掃除機&スチームクリーナー!ニオイ汚れダニ対策

カーペットの掃除には、正直掃除機だけでは不十分な面があります。 じゃぶじゃぶ洗うことができない...

カーペット向きの掃除機って?おすすめと見分け方について

カーペット向きの掃除機って、どんなタイプなのでしょうか? おすすめはキャニスター型?それともス...

床の拭き掃除について。簡単ではなく『単純』に床を掃除する

床の拭き掃除を簡単に済ませたいのなら、やっぱりフローリングワイパーの出番ですよね。 私は朝、起...

ダニ対策に『ダニ取り〇〇シート』3つの種類をご紹介

ダニ対策シート『忌避タイプ』と『誘引タイプ』についてご紹介します。 また、シートを敷いただけで...

ダニ対策できてる?畳はカラッと清潔に保ちましょう

ダニ対策の基本は『除湿』です。 ダニは湿気がこもっている場所が大好きです。 寝具はもちろ...

ダニ退治用シートの効果とは?メリットや選び方について解説

梅雨のシーズンが近づくと、今年はダニをどうやって退治するか考える人も多くなるでしょう。 ダニ対...

掃除で見つけた床の黒ずみ。これは汚れ?カビ?それとも…

掃除で見つけた床の黒ずみ。 床が黒ずむ原因は主に3つあります。 皮脂汚れ カビ ワッ...

カーペットの掃除を重曹水スプレーでしてみよう!

カーペットの掃除を、重曹水でする方法をご紹介いたします。 粉末の重曹をカーペットにふりかけて、...

絨毯の掃除に重曹を使う場合のやり方と注意点について解説します

小さな子どもがいると絨毯の汚れが気になり、毎日掃除機をかける人も多いでしょう。しかし、掃除機だけでは...

フローリング掃除はおすすめの手順に沿って行うようにしよう

フローリングの掃除方法にはいろいろありますが、掃除機やフローリングワイパーを使っている人が多いのでは...

ダニの駆除方法について。布団に潜むダニの性質を知る

ダニの駆除には、ダニを知ることから始めましょう。 布団に潜むダニの種類は主に2種類。 さ...

【絨毯の掃除方法】汚れが気になる場合は洗剤を使って掃除しよう

絨毯に掃除機をかけても汚れが取れない時、どうすればいいのか悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。...

スポンサーリンク

ダニって、天日干しして叩けばわざわざ掃除機する必要なんてないんじゃないの?

天日干ししたあとの布団はフカフカで気持ちいいですよね。
ベランダに出して、布団たたきで布団をパンパン叩いて干すだけ。とても簡単にダニまで退治できたように感じてしまいます。
しかし、天日干しではダニ退治はできません。

生きたダニは、50度以上の温度を連続して20分以上あてることで駆除することができますが、天日干しではこの温度は不可能に近いです。表面温度が50度になることは夏の時期にはあるようですが、布団の内部まで熱が浸透する可能性は低く、その場合ダニは涼しい布団内部に逃げ込んでしまうのです。

また、布団叩きで布団を叩くことの効果ですが、これもやはり、布団の中のダニを追い出す効果はあまりありません。布団の表面に出てきているダニのシガイやホコリを多少は落とすことができるかもしれません。しかし、叩いたことによって、布団の中に溜まっていたダニのシガイやフンが布団の表面に出てくるので、吸い込むことでアレルギー症状を悪化させることになりかねません。

布団の天日干しは布団の乾燥をするには良い方法なのですが、実はダニ対策には全くといっていいほど効果がありません。
布団のダニを家庭で退治するためには、布団乾燥機と掃除機を使った方法が1番効果的なのです。

ダニって布団の中にどのくらい居るの?布団乾燥機&掃除機したくなるほど居ますよ

では、布団の中にはどのくらいのダニが潜んでいるのでしょうか。
どうして布団のダニ対策が必要なのでしょうか。

布団の中に潜むダニの90%がチリダニです。体長は0.2~0.4mm程度なので布団の中では目視することは難しいですが、背景が黒い場所では見えることもあるようです。
このチリダニは人を刺咬することはありませんが、繁殖力が高く、室温が22~30度、湿度60%以上の場所を好み、餌(髪の毛、皮脂、フケ、ダニのシガイやフン)がある場所で繁殖を繰り返します。
このチリダニのシガイやフンは、吸い込むとアレルギーを引き起こす原因にもなり、また、放って置くと大型ダニの餌になるので、人を刺咬するダニの発生を誘発します。

布団の中に潜むチリダニは1平方メートルあたり10万匹になると言われているようです。数を聞くとゾッとします。

今すぐに掃除機をかけたくなりますよね。

ダニが原因のアレルギー症状とは

子どものアレルギーの原因の70~80%がダニだそうです。大人の場合にも、ダニが原因になるものが多く、ダニ対策の必要性がよくわかります。

このアレルギーを引き起こすと言われているダニが、先ほど紹介したチリダニ。
しかも、生きたチリダニではなく、そのシガイやフンが原因になるのだそうです。

0.2mmのダニのフンなので、おそらくフンはものすごい小さいですね。
このフンが砕けて空気中に分散したものが、一定量を超えて私達の鼻や口から体内に吸い込まれたときに、どうやらアレルギーは起こるらしいです。
鼻炎や肌のかゆみ、喘息など、悩まれている方もいるのではないでしょうか。

ダニのフンが原因ということなので、布団の中の生きたダニを退治すれば、フンの量は減る、と考えられますね。
また、布団の中に溜まったフンをこまめに掃除すれば、対策できそうです。

ダニ退治には布団乾燥機だけでも、掃除機だけでもダメなんです

布団の中には生きたダニがいること、またダニのシガイやフンが内部に溜まっていることはわかっていただけたと思います。また、それぞれがもたらす被害についてもご理解いただけたのではないでしょうか。

布団のダニ退治は、「生きたダニを熱で退治する」ために布団乾燥機を使用し、「シガイやフンを吸い取る」ために掃除機を使用しなければなりません。
どちらか一方だけだと、効果もどちらか一方しか得られないのです。

布団乾燥機使用後は、必ず掃除機を布団の両面にかけましょう。敷布団、掛け布団、どちらもです。
布団専用クリーナーを使用するか、ない方は掃除機でも代用できるのですが、専用のノズルも販売されているので、そちらの購入をおすすめします。
ただでさえ面倒な掃除機がけ。布団を吸い込んでしまってスムーズにかけられないと、イライラしてしまいます。専用クリーナーや専用ノズルは、そうしたイライラを回避できますよ。

ダニ退治に布団乾燥機を掛け、さらに掃除機という手順をやっていられない人には

週1回の布団乾燥機に掃除機がけ。忙しくてなかなかそこまで手が回らない方も多いと思います。しかも、布団乾燥機は準備に手間もかかりますし、乾燥までの待ち時間もそこそこかかります。乾燥機が終わったと思ったら次は掃除機がけを、ゆっくり、布団の両面にかけなければならない…。
いくら週1回とはいえ、毎日の家事の合間に終えることができるかと考えるとついつい後回しになってしまいますよね。

そんな方にオススメしたいのが、ダニ取りシートやダニ取りマットです。
置くだけで設置が簡単、寝具にも安心して使えるものが多いので、気軽に使うことが出来ます。
しかも、布団の奥の方に住み着いてしまったなかなか駆除できないダニを中から誘き寄せて捕獲してくれるので、普段の掃除がしっかり出来ている方にも合わせて使うことをオススメします。

いろいろな種類のものがあり、生きたまま捕獲してくれるもの、捕獲して駆除してくれるもの、ダニを寄せ付けないタイプのものなどさまざまなので、用途によって使い分けるとよいでしょう。

便利グッツの使用は、日常のお掃除を楽にしてくれるので助かりますが、やはりある程度の掃除は必要です。

あまり掃除の頻度にはこだわらず、できる時にできる掃除をしていくことから初めてみてはいかがでしょうか。

畳・床掃除のコツカテゴリの最新記事