畳掃除に向いているほうきの選び方と正しい掃除方法について

畳掃除に向いているほうきの選び方と正しい掃除方法について

畳の掃除する時、掃除機をかけている人が多いと思いますが、実はほうきの方が向いていると言われています。

その理由は、掃除機では取れにくい畳の目に入ってしまったゴミも、ほうきであれば取り出すことができるからです。

今回はほうきを使った畳の掃除方法やほうきの選び方について説明します。

また、ほうきは畳以外の掃除にも使えます。ほうきのメリットを活かして、掃除アイテムの一つとして使ってみましょう。音も出ないので、夜に掃除することも可能になります。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

No Image

ダニ退治を家庭でするならやっぱり布団乾燥機!効果的なやり方

ダニ退治にはやっぱり布団乾燥機! 布団乾燥機は使い方を間違えると、ダニの駆除はできません。 ...

絨毯の掃除機の正しいかけ方を理解してゴミを全部取りきろう

絨毯に掃除機をかけたのに髪の毛が残っていると、掃除機の吸引力が下がったのかと思う人も多いようですが、...

タイルの掃除。玄関はお家の顔。綺麗なタイルでお出迎え

タイルの掃除はそれほど難しくはありません。 普段は掃き掃除を毎日しましょう。 タイル目地に入...

モップで床掃除、おすすめの掃除方法!水拭きモップの選び方

フローリングの床はモップで水拭き掃除をするのがおすすめです。床には、ホコリ以外にもたくさんの種類の汚...

絨毯の掃除に重曹を使う場合のやり方と注意点について解説します

小さな子どもがいると絨毯の汚れが気になり、毎日掃除機をかける人も多いでしょう。しかし、掃除機だけでは...

フローリング掃除はおすすめの手順に沿って行うようにしよう

フローリングの掃除方法にはいろいろありますが、掃除機やフローリングワイパーを使っている人が多いのでは...

床の拭き掃除について。簡単ではなく『単純』に床を掃除する

床の拭き掃除を簡単に済ませたいのなら、やっぱりフローリングワイパーの出番ですよね。 私は朝、起...

ダニを布団から取り出すにはゆっくりと掃除機をかけること

ダニは布団の中に、居るんです。たくさん、見えなくても。 特に、害がなくても、生きているダニや、...

絨毯の正しい掃除方法!絨毯の汚れや臭いを綺麗にする掃除方法

毎日掃除機をかけて絨毯の掃除をしているつもりでも、ゴミやほこりは意外と取りきれていないものです。家族...

ダニ対策について!丸洗いできないベッドマットのダニ対策とは

ダニ対策といえば『布団』ですよね? ベッド周りには、ダニがたくさん居るのは覚悟します。 ...

ダニ対策のための布団乾燥機の効果と選び方について解説します

ダニ対策の方法はいろいろありますが、布団乾燥機はどうなのか考える人も多いのではないでしょうか。 ...

畳掃除にはクエン酸が効果的!その掃除方法と注意点について

エコな掃除洗剤として人気のクエン酸ですが、実はカビ防止にもなるため畳の掃除にも使えます。 しか...

床掃除【フローリング編】床の黒ずみの原因と掃除方法を解説

フローリングの床の黒ずみ汚れを、きれいに掃除したいと考えている人もいるのではないでしょうか。フローリ...

ダニ対策にはやっぱり布団を乾燥機で乾燥させるべき!

ダニ対策、ダニ退治、ダニ駆除…。 ダニが大好きな場所といえば、やっぱり『布団』ですよね? ...

ダニ駆除シートの効果とメリット・デメリットについて徹底解説

ダニ対策方法の一つとしてダニ駆除シートの使用を考える人も多いのではないでしょうか。 しかし、気...

スポンサーリンク

ほうきを使った正しい畳の掃除方法をご紹介します

畳掃除をする場合は、掃除機をかけるよりもほうきを使って掃除することをお勧めします。

畳に掃除気が向かない理由

なぜなら、畳みは「い草」という植物の繊維を編んで作られているので、網目にゴミが溜まりやすいからです。
その網目にたまったホコリやごみを掻き出すには掃除機では難しく、ほうきで掃除をした方が隙間のごみを掻き出しやすいのです。

では畳の正しい掃除方法をお伝えしていきます。

まず、ほうきで畳のホコリやごみを掻き出します。

この時、畳の目に沿ってほうきをかけるようにしましょう。
畳の網目の間にゴミが溜まる事を防ぐことができますし、畳も傷みにくくなります。

ほうきでゴミをある程度取り除いた後は拭き掃除をする

拭き掃除をする場合は基本的に乾拭きで十分です。

もし汚れがひどい場合は洗剤などはつけずに水で濡らして、しっかり絞った雑巾を使用してください。

万能洗剤である重曹を利用したくなると思いますが、畳の変色に繋がるのでやめましょう。

畳掃除に適しているほうきの選び方

現在は様々な掃除道具がありますが、昔から使われているほうきがとても使い心地がよい上に魅力がたくさんあります。

ほうきにも様々な種類がありますので、畳に適しているホウキとはどういったものなのかをお伝えしていきます。

ほうきは作られる素材によってしなり具合が違う、畳の掃除にはしなり具合が強いほうきがおすすめ

素材としてはほうき草・棕櫚という種類のもので、穂の先が細く繊細なため畳の目などの細かい場所のホコリやゴミを掻き出すのにとても適しています。

この種類のほうきは畳みだけでなく、カーペットについたゴミなども綺麗に掻き出すことができるのです。

また、フローリングで使用した場合にもメリットがあります。
棕櫚のほうきは繊細な素材なため、フローリングを傷つけることもありませんし掃く音もしないので静かに掃除をすることができます。

しかも艶出しをしてくれる効果もあるようなので畳だけでなく様々なところで活躍するほうきなのです。

ほうきは畳以外の掃除にも効果を発揮できます

掃除をする道具は様々売られていますが、昔から使われているほうきを使うことには多くのメリットがあるのです。

畳の掃除をする場合はもちろん、ほうきは畳だけでなくフローリングやカーペットなど様々な場所で活躍させることができる道具なのです。

ちょっとしたホコリやゴミが落ちているのを見ても、いちいち掃除機をかけるのはめんどくさいですよね。
そういった場合、ほうきなら気軽に持ち出して掃除をすることができます。
小さいほうきなら、ささっと掃くことができるので家具を移動したりする手間も省けますし音も出さずに掃除できます。

しかもほうきは実はとても集塵力があり、細かいホコリも逃さず掃除することができます。
そのため、掃除機では取れないような畳やカーペットの細かいゴミも取り出して掃除することができるのです。

また、掃除機ではかけられない幅木や床上の棚の上などもほうきでささっと、ついでに掃除することができるのも魅力の一つです。

畳の敷居も忘れずに掃除しよう

畳の部屋を掃除する場合、忘れがちなのが敷居の掃除です。
和室を綺麗に掃除をしているつもりでも。気づいたら敷居にゴミが溜まってしまっているなんてことがあるのではないでしょうか。

畳の上だけでなく敷居もしっかり掃除する

敷居の掃除方法としておすすめな方法が輪ゴムを使う方法です。

手順としては、まず輪ゴムを数本敷居の溝の上に無造作に並べます。

そして輪ゴムの上をふすまで開け閉めすると、輪ゴムにホコリがくっついてきてぽろぽろをホコリを掻き出すことができるのです。

この方法であれば、いちいちふすまを外して隙間を掃除する必要がないのでとても楽です。
しかもホコリもある程度大きく固めて取り出すことができるのでホコリを取り除くのが楽なのでお勧めです。

畳をきれいな状態で維持するためには週に一度はほうきで掃除するように心がけよぅ

畳には気づけばホコリやゴミが溜まり、見えなくてもダニなどが増えている場合もあります。

畳の部屋を綺麗に保つためには目に見えて大きなゴミがなくても週に一回はほうきで掃除をするようにしましょう。

定期的に掃除をすればホコリやゴミが溜まってダニの繁殖を防ぐことができますので面倒でも行うようにしてください。

定期的な掃き掃除に加えて年に2回は畳みを天日干しする

畳を乾燥させることでダニやカビ対策にもつながり、清潔さを保つことができるのです。
畳を天日干しさせる日には乾燥していて天気の良い日を選びましょう。

直接日光が当たりすぎると畳が日焼けしてしまう場合があります。
そのため、畳の裏側を太陽にあたるようにして干してください。

これを機に畳の配置を入れ替えることで、家具などで畳が日焼けすることを防ぐこともできるのです。

畳・床掃除のコツカテゴリの最新記事