ダニを布団から追い出すには?洗濯前にまずはダニに高温パンチを

ダニを布団から追い出すには?洗濯前にまずはダニに高温パンチを

ダニの死骸は布団から、比較的簡単に出すことができます。掃除機や、布団クリーナーで吸い出すことができるからです。

ですが、生きているダニは洗剤を使って洗濯しても、死滅もしなければ洗い流されることもありません。

唯一、ダニにダメージを与えられるキーワードは『高温』です。

この、高温を利用してダニを布団から追い出して清潔な布団で睡眠を摂りましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

床の拭き掃除の頻度が知りたい。床を綺麗に保つ方法

家の床がフローリングの場合、子供や夫がペタペタと素足で歩くと汚れが気になりませんか? また、犬を飼...

カーペットの拭き掃除には中性洗剤がおすすめ!シミの落とし方

お子様が小さなご家庭では、カーペットもお菓子やジュースで汚れがちですよね。 オレンジジュースやコー...

床の掃除方法。その床掃除間違ってるかも!?正しい床の掃除方法

床の掃除なんて、掃除機掛けちゃえばいいんじゃないの? と、思っていませんか? 実は、床の掃除...

フローリングの掃除に適した洗剤。フローリングの材質と掃除方法

フローリングの掃除にフロアーモップや掃除機を掛けます。 ホコリやチリ、髪の毛などはキレイになり...

掃除の疑問【フローリング】材質・黒ずみを見極めてから始める

掃除は汚れに合った洗剤と方法で行わなければ、フローリングを傷めてしまうことになります。 まずは...

【フローリング掃除のコツ】黒ずみ汚れを落とす方法を徹底解説

フローリングにいつの間にかついた黒ずみ。なんとか落としたいものの、フローリングを傷めないためにはどん...

トイレの床の掃除はワイパーを使ってピカピカに仕上げよう

忘れがちなトイレの床の掃除。しかし、トイレの床にはいろいろな種類の汚れがついているので、しっかりと掃...

ダニ対策に『ダニ取り〇〇シート』3つの種類をご紹介

ダニ対策シート『忌避タイプ』と『誘引タイプ』についてご紹介します。 また、シートを敷いただけで...

ダニ対策には布団乾燥機&掃除機コンビで!どちらかだけではダメ

ダニ対策には布団乾燥機でダニを退治した後に掃除機をかけるという作業まで行わなければ、ダニを退治したり...

ワックスがけのコツとは?車にムラなくワックスを塗る方法

車のワックスがけにはコツがあります。 なんの知識もなくワックスがけを行うと、ムラができてしまい、か...

カーペットの掃除にスチームを使用する場合の効果とメリット

テレビのコマーシャルなどでよく見かけるスチームクリーナーですが、カーペットの掃除に使用してみたいと考...

ワックスをかける前の床の掃除方法とワックスがけのコツ

フローリングの床にワックスをかけようとしているのであれば、その前にしっかり準備しないときれいな仕上が...

ダニ駆除シートの効果とメリット・デメリットについて徹底解説

ダニ対策方法の一つとしてダニ駆除シートの使用を考える人も多いのではないでしょうか。 しかし、気...

髪の毛の掃除。フローリングに落ちている髪の毛を集める方法

髪の毛の掃除。 フローリングの床に掃除機を掛けたり、フロアーワイパーで集め終わった後すぐに見つ...

床の掃除をする時に必要な道具。定番アイテムから新参者まで

床を掃除する時の道具と言われてすぐに思いつくのは、雑巾とバケツではないのでしょうか? でも、床...

スポンサーリンク

生きているダニは布団を洗濯しても駆除できない

皆さんは布団のダニ対策はどうやって行っていますか。

  • 天日干し
  • 洗濯
  • 掃除機
  • 布団専用クリーナー

様々な方法がありますが、これらの方法ではダニの対策が十分できていると言えません。これらの方法でダニの残骸や糞を処理することはできても、生きているダニを消滅させることは難しいです。
ダニは残骸や糞でも人がそれらを鼻や口で吸ったり、皮膚にあたるとアレルギー症状がでることがありますのでその方法で布団表面にある残骸や糞は吸いとることが可能ですので間違ってはいないですが、不十分なのです。
生きているダニを駆除しなければどんどん繁殖し増えていく一方ですから、布団のダニ対策をする時は生きているダニにも重点をおく必要があります。

なぜなら生きているダニは人間がダニ対策による行動に反して布団の繊維奥へと絡み身を潜めています。
ダニの足には無数の小さなトゲトゲがあり、そのトゲトゲで繊維に絡みつき掃除機でさえも吸えないのです。
そして水がかかっても生き延びられます。

唯一ダニが弱いのは「高温」

上記の項目でいうと洗濯機に高温のお湯を使った方法がありますが、まず布団は洗濯機に入りませんし、家庭の高温程度ではダニにダメージを与えることは難しいのです。

だったらどうすれば?と思う方が多いでしょう。
ダニの対策は他にもあります。
適切な方法を紹介していきますので参考にしてくださいね。

ダニを布団から追い出す方法は洗濯しかないの?

ダニを布団から追い出す方法は洗濯だけではなく他にもあります。

布団をコインランドリーで乾燥させる

布団のダニを取り除くためには洗濯と言っても、コインランドリーの大型洗濯機またはクリーニングになります。
コインランドリーの乾燥機は、かなりの高温が出ますので生きているダニを消滅させることはできるでしょう。
洗濯は乾燥に時間もかかるため大掛かりになりますので、乾燥のみ使用することをオススメします。

布団をクリーニングに出す

クリーニングでも業務用の洗剤や道具を使って掃除をし、大きな専用の機械で乾燥しますので効果は抜群です。
布団のクリーニングを毎度となると金銭面でも負担がかかりますが、長年使用していて新しいものを買う予定もない場合は半年~年に1度クリーニングを利用した方が良いでしょう。

布団専用乾燥機を使用する

家庭用布団専用乾燥機があります。
家庭用布団専用乾燥機は3つのタイプがあり、タイプによってメリット・デメリットがそれぞれありますが、最もオススメなのがマットタイプの乾燥機です。
敷布団と掛け布団に間にシーツを挟み、本体から出る温風によち膨らみます。
布団の形をしたマットになりますので布団の隅々まで均等に熱と乾燥を加えることが可能です。

ダニ取りシート

布団の足元の端にダニ取りシートを貼っておきます。
時間をかけてダニはそのシートを目指していき、シートに隠されている粘着や乾燥剤によりダニは消滅します。

スチームアイロンの高温でダニを駆除

小さなアイロンで大きな布団ですから、部分的にしか作業はできませんがアイロンのスチーム機能に最も高い高温にセットします。
アイロンでは布団の奥まで熱がなかなか行き届きにくいため、布団を暗闇に1~2時間放置したあとに行うと良いですよ。
なぜならダニは暗闇でよち活発的になりますので生きているダニが表面に出てきているところをアイロンの熱で駆除していくのです。

布団に潜むだには丸洗いだけでは駆除できないの?

布団に潜むダニの対策に丸洗いだけでは生きているダニは完全に消滅させることはできません。

ダニは「水」に強く「高温・乾燥」には弱い

丸洗いといってもクリーニングやコインランドリーの使用をオススメします。

そして、それらによって丸洗いされた布団は生きているダニを消滅させることができても、ダニの残骸やダニからでる排泄物はまだ中にこもっていることがあります。

表面上の残骸や排泄物だけでも掃除機などで吸い取りましょう。この時布団の裏表をしっかりと掃除機をかけていきます。

布団のダニの対策でどんな方法をとっても仕上げに掃除機などで残骸や糞をとる作業をする必要があるので忘れないでくださいね。

そしてどんな方法でも、1回きりだったり、掃除の期間をあけてしまうと同じ事になってしまいます。

ダニの生命は短いですが1回の繁殖に50個を超える卵を生みますので、少しでも卵を除去しダニを増やさない環境を作ることが大切なんですよ。

ダニ対策で布団を洗濯したいなら、まずは高温乾燥でダニを退治して

布団を丸洗い洗濯したいという場合は、先に乾燥機でダニを駆除してからにしましょう。
ダニは水に強いため、丸洗い洗濯でよっぽの高温を使用しない限り消滅はしないのです。
そこで便利なのがやはりコインランドリーの乾燥機です。
高温かつ強力な乾燥をダニへと与えてくれますので、布団掃除にはもってこいの機械なんですよ。
また乾燥する時にグルグルと機械が回転しますが、その力も家庭の物に比べるとかなりありますので布団が機械内で叩かれダニの残骸や排泄物も外へと出てきやすくなります。

家庭用布団乾燥機でも良いですね。

いずれも最後は掃除機で仕上げるまで念入りにしてから布団丸洗いを行っていきましょう。
布団は大きく長く重く、洗濯するには時間と体力を要してしまいますが大量のダニが潜んでいると思うと出来ることは全てしたくなってしまいますよね。

ダニ駆除方法には様々な選択肢がありますが、自分にあった方法を検討して掃除をしてくださいね。

どんな方法でもやらないよりはマシですよ。自分なりに布団掃除のサイクルをつくりカレンダーに記しても良いかもしれません。
布団掃除はついつい忘れてしまいがちです。
その間にダニはどんどん繁殖しひどいことになりますので、要注意です。

布団だけではダメ。シーツや布団カバーも高温で

布団のダニ掃除をする時はシーツや枕も洗濯をする必要があります。
シーツにもダニが絡みついていたり、卵を産み落としていたりするのと直接人体にかかるので寝汗や皮脂の汚れがついております。
布団と一緒に高温と熱を加えながら掃除していきましょう。枕の中に潜むダニに関しては布団の同じ状態であると言えます。

枕を叩くと出てくる埃はダニの残骸や排泄物

こんな顔の近くにアレルゲンであるダニがいるなんて気持ちが悪いですね。枕のシーツはもちろん、枕も布団と同じく高温と乾燥を加える必要があります。

そして定期的なダニ対策、仕上げの掃除機かけを忘れないでくださいね。

布団はまだ新しいものに買うよ予定なくても、枕は1度リセットしても良いかもしれませんね。

このように寝具はダニが最も好む環境です。その布団を私達は毎日使って寝ます。
そして、電気も消えている夜はダニが活発的な時です。少しでもダニを増やさないよう定期的に寝具の掃除をしていきましょう。
そして家族や自分の健康を守り、気持ちよく安眠できるようしていきたいですね。

畳・床掃除のコツカテゴリの最新記事