ワックスがけのコツとは?車にムラなくワックスを塗る方法

ワックスがけのコツとは?車にムラなくワックスを塗る方法

車のワックスがけにはコツがあります。
なんの知識もなくワックスがけを行うと、ムラができてしまい、かえって車体を傷つけてしまいます。

ワックスがけをする際の3つのコツをご紹介しますすので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

また、車をワックスがけする頻度やワックスがけに適した環境、ワックスがけの効果についてもご説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

絨毯の掃除機の正しいかけ方を理解してゴミを全部取りきろう

絨毯に掃除機をかけたのに髪の毛が残っていると、掃除機の吸引力が下がったのかと思う人も多いようですが、...

フローリング掃除はおすすめの手順に沿って行うようにしよう

フローリングの掃除方法にはいろいろありますが、掃除機やフローリングワイパーを使っている人が多いのでは...

フローリングについた汚れをきれいに落とす掃除方法をご紹介

フローリングは掃除機だけ使って掃除するという人が多いかもしれませんが、実は掃除機をかけるだけでは残念...

掃除の新常識!ホコリ取りをするならフローリングには〇〇!

掃除をしても、してもチリ一つない状態にならない『ホコリ』 最近は、フローリング仕様の家が増えて...

カーペットのクリーニング方法。セルフでキレイを保つには

カーペットのクリーニング方法について。 カーペットを自分でクリーニングするにはどうしたらよいの...

掃除をする時にフローリングに重曹を使うコツや掃除方法について

どんな掃除にも万能と言われる重曹ですが、掃除する時にはキッチンなどに使用されることも多いと思います。...

【絨毯の掃除方法】汚れが気になる場合は洗剤を使って掃除しよう

絨毯に掃除機をかけても汚れが取れない時、どうすればいいのか悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。...

No Image

ダニ退治を家庭でするならやっぱり布団乾燥機!効果的なやり方

ダニ退治にはやっぱり布団乾燥機! 布団乾燥機は使い方を間違えると、ダニの駆除はできません。 ...

ワックスをかける前の床の掃除方法とワックスがけのコツ

フローリングの床にワックスをかけようとしているのであれば、その前にしっかり準備しないときれいな仕上が...

ダニを布団から取り出すにはゆっくりと掃除機をかけること

ダニは布団の中に、居るんです。たくさん、見えなくても。 特に、害がなくても、生きているダニや、...

【フローリング掃除のコツ】黒ずみ汚れを落とす方法を徹底解説

フローリングにいつの間にかついた黒ずみ。なんとか落としたいものの、フローリングを傷めないためにはどん...

ダニ対策できてる?畳はカラッと清潔に保ちましょう

ダニ対策の基本は『除湿』です。 ダニは湿気がこもっている場所が大好きです。 寝具はもちろ...

絨毯の掃除に便利なグッズ!ゴム手袋を使って簡単キレイにしよう

絨毯の掃除にグッズとして便利に使えるものはないかとお探しのあなた。 できれば手軽に使えるもので代用...

カーペットの掃除は重曹を使えば簡単にきれいになります

毎日掃除機をかけていても、なかなか汚れが取れないカーペット。しかし、クリーニングに出そうと思ってもそ...

ダニ駆除シートの効果とメリット・デメリットについて徹底解説

ダニ対策方法の一つとしてダニ駆除シートの使用を考える人も多いのではないでしょうか。 しかし、気...

スポンサーリンク

ワックスがけのコツ①~車にたくさん付けすぎないこと

車のワックスはあまり付けすぎないことがポイント

ワックスがけに使うスポンジは、水気をよく絞った物を使用しましょう。この方がワックスを掛ける時に薄く伸ばしやすくなります。

ワックスの量は、スポンジを軽くワックスに1~2回押し当てた時にスポンジについた量で十分です。

最近のワックスは伸びが良いので、少しの量だけで大丈夫です。

あまりたくさん付けすぎてしまうと、ワックスを拭き取る時に重くなってしまったり、乾くまでに時間がかかってしまうことがあります。

ワックスがけはムラなくきれいが鉄則

そのためにも、スポンジにはワックスをつけずぎないようにしましょう。

ワックスの缶の中でスポンジを回転させるようにしてつければ、スポンジに均等にワックスを付けることができますよ!

その後スポンジに水を含ませ、水を絞ってください。こうすることで、スポンジに含んだ水が潤滑剤となり、ワックスのノリも良くなります。

ワックスがけのコツ②~車に塗る時は一定方向

空や地面に対して平行な場所のルーフやボンネットにワックスがけを行う時は、縦方向にワックスを塗っていくようにします。

この時、スポンジを往復させるのではなく、一定方向にワックスがけをしてきましょう。縦に塗ったあとは、その上にワックスを重ねるように、横方向に塗っていきます。

ドアなど、地面や空と垂直な部分にワックスを塗る時は、上から下へ一定方向になるように塗っていきます。

ワックスの塗り方

  • 縦方向にワックスを塗る
  • ドアは垂直に塗る
  • 縦方向に重ねるように横方向にも塗る

ワックスを塗る時は、厚塗りにならないようにすることがポイントです。また、ガラスにワックスが付着してしまわないように、気をつけながら塗りましょう。

ワックスを塗る時、円を描くように塗る人もいますが、この方法では均等に塗ることができません。同じところを何度もこすってしまうと、車のボディに傷を付ける可能性もあります。

ですから、一定方向に・直線で塗るようにしましょう。

車の進行方向にワックスを縦に塗り込んでいくと、ワックスの効果を最大限に引き出すことができます。

ボンネットなどは、50センチメートル四方くらいを目安に塗り込めば、塗り残し部分を防ぐことができます。

ワックスがけのコツ③~車体の拭き上げ時はクロス2枚を用意

ワックスの拭き取り

拭き上げをするときは、柔らかい乾いたクロスを使用して行います。

車へのダメージを少なくしたいという人は、マイクロファイバー製のクロスを使用することをおすすめします。

用意するマイクロファイバーのクロスは2枚あると良いです。

ワックスを拭き上げる時は、ワックスが半乾きの状態で行います。ですので、拭いているうちに油分がクロスについて違和感を感じるようになります。

塗り伸ばしをしているだけのような感覚になってきますので、クロスの新しい面を使用して拭き取るようにしましょう。

クロスを2枚用意できるのであれば、パネルごとにクロスの面を使い分けて拭き上げることができます。

そうすれば作業のスピードを上げることもできますし、効率的に作業することが可能になります。

車をワックスがけする頻度とワックスがけに適した環境とは

ワックスがけの頻度について

どんなワックスを使用しているのかにもよりますが、1~2ヶ月に1回程度の頻度でワックスがけを行うのが一般的になります。

ワックスをかけすぎてしまうと、車のボディを痛めてしまうことにも繋がります。ですから、ワックスをかけすぎてしまわないように注意しましょう。

使用するワックスの説明書をよく読み、それに従ってワックスをかけるようにしてくださいね!

高温・炎天下でのワックス作業はNG

炎天下であったり、気温が高い日にワックスをかけてしまうと、ワックスがムラになって仕上がりの状態が悪くなってしまいます。

気温が高い日はボディも乾燥しやすいので、ワックスをかける前の洗車の段階で不都合が出てきてしまいます。

高温や炎天下の時に洗車をすることは、車のボディにも洗車を行う人にも良くはありません。

夏場のワックスがけは、曇りの天気の朝・もしくは夕方の時間帯で、日陰を選んで洗車やワックスがけを行うようにしましょう。

車のワックスがけの効果とワックスがけ前の下準備について

ワックスの効果

ワックスの成分は油分です。

これを車のボディに塗ると、とても綺麗な艶を出すことができます。また、ボディの撥水効果が高くなることも、車にワックスがけをする効果になります。

ワックスを塗ると、車の塗装を維持させたり、劣化してしまった色合いや輝きを取り戻せる効果もあります。

洗車をしただけでは、車の輝きを維持する事は難しいのです。

ワックスがけは手間がかかるため面倒に思う人も多いでしょうが、大切な愛車を綺麗な状態で保ちたいという人は、是非ワックスがけを行ってください。

ワックスをかける前の準備

車のワックスがけを行う前は、目的に合ったワックスを準備することが大切です。また、綺麗な状態に仕上げるためには、クロスの種類を変えて何度も拭き上げる事も効果的です。

服が汚れないようにエプロンを着用したり、肌が弱い人はゴム手袋をするなど、準備をしてからワックスがけを行いましょう。

また、アクセサリー類は外してから作業をすると良いです。こうする事でボディに傷を付けることを予防する事ができます。

風が強い日はホコリが付着してしまう事もあるため、天候を選んで作業を行うようにしましょう。

ワックスがけのコツカテゴリの最新記事