エアコンの処分を無料で行う業者に注意!正しい処分方法とは

NO IMAGE

新しくエアコンを買い替える場合、不要となったエアコンを処分するための費用が高いことに驚く人も多いのではないでしょうか。

そのため、無料で処分してくれるという業者のチラシを見るとつい頼もうかと思ってしまうでしょう。

しかし、家電リサイクル法対象のエアコンをなぜ無料で処分してくれるのか、疑問に思うこともあるのではないでしょうか。

今回はエアコンの無料回収業者が存在する理由と正しい処分方法について説明します。

処分にかかる費用を少しでも安くするための方法についても紹介しますので、ルールに基づいて処分するようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

引越しに出たゴミが当日までに間に合わない場合の対処法

予定を立てて引越しの準備をしていても、引越し当日までにゴミ処分が間に合わないということもあるでしょう...

布団の処分費用を無料にする方法と注意点について解説します

新しい布団を買おうと思っても、古い布団をどうすればいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。 ...

部屋の掃除を業者に頼むといくら?事前にしておくべきコトとは

部屋の掃除を業者に頼むときには、どのような流れとなるのでしょうか? 業者に部屋の掃除を頼む...

テレビを処分するには「リサイクル料」という費用がかかります

テレビは粗大ごみとして処分することができません。 家電リサイクル法によりリサイクル費用を支払わ...

自転車を処分する時に必要な防犯登録抹消のための手続き方法

自転車を処分しようと決めた場合、粗大ゴミとして出すか買い取ってもらうかその処分方法ばかり気になってし...

仏壇を処分する時にかかる費用と手続きの流れについて理解しよう

住む人のいなくなった実家を整理する時も仏壇を処分するケースも増えているようです。 しかし、どんな手...

パソコン処分のための正しいデータ消去方法について理解しよう

古いパソコンを処分するときに必要なデータ消去。しかし、詳しい方法についてはよくわからない人も多いよう...

整理整頓の効果と効能!片付けるメリットを知ってキレイに

お部屋の中が常に散らかっている状態だと、それが日常になってしまい、散らかっていることに特に何も感...

テレビの処分方法を徹底解説!持ち込みすれば安くなります

新しいテレビを買うことになった場合、古いテレビは家電リサイクル法の対象となっているため正しく処分しな...

ベッドを処分する場合にかかる費用の相場と正しい処分方法

子供の成長によって古いベッドを処分しようと考えた場合、費用がとのくらいかかるのか気になる人の方が多い...

自転車の処分を無料でしたい!お金をかけないで処分する方法

自転車を処分したい!できれば無料で。 自転車を処分するのに、お金を掛けたくない場合、 1...

タンスの処分は無料でできるのか。不要なタンスの処分方法

引っ越しで不要になったタンスの処分にお困りの方はいませんか? 大きなタンスはフリマアプリなどでも売...

タンスを処分するには解体しかないの?タンスの処分方法について

タンスの処分に頭を悩ませている人は多くいます。 昔ながらのタンスは重たくて、そう簡単に家の外に...

引っ越し前に掃除業者を呼ぶ必要はある?原状回復の意味を知ろう

引っ越し前にこれまで住んできた部屋を掃除すると思いますが、掃除業者を呼んでしっかり部屋を綺麗にすべき...

自転車の処分方法は主に3つ。どの場合も防犯登録は抹消が必要

自転車の処分方法は主に3つあります。 ・粗大ごみ ・誰かに譲る ・中古自転車として販売 ...

スポンサーリンク

壊れたエアコンでも無料で処分する業者が存在する理由とは

エアコンを購入するにもお金はかかりますが、エアコンを処分するにしても料金が発生します。
特定家庭用機器商品化法によってエアコンだけではなくテレビ、冷蔵庫、洗濯機のような家電は廃棄する方法が厳しく決められているのです。

なぜエアコンなどの家電を処理するためには厳しい決まりがあるのか

それは家電から出る部品の中には、有用な資源が含まれている場合が多いからです。
廃棄物になってしまった家電の約半分のものが埋め立てられている現状を少しでも防ぎ、リサイクルするために思考された法律なのです。

しかし、中にはエアコンを無料で回収するという業者も存在しています。
無料だと聞くとつい頼ってしまい気持ちになりますが、その気持ちを抑えて、業者はしっかりと見極めるようにしましょう。

エアコン無料回収業者が違法な会社かどうかを見極めるポイント

回収業者は、多く存在しています。
その中でどの業者が違法な行為をしているのかを、私たちが知ることはできません。
優しく丁寧な口調でエアコンの回収について、細かく教えてくれる人がすべて優しい良い業者と言う訳もないのです。
では、どんな回収業者が違法の会社と呼べるのでしょうか。

エアコンを回収できる業者には、許可が必要になります。
それは、一般廃棄物収集運搬業という許可が必要です。
この許可がなければ、違法の業者と言うことになります。
怪しい業者の場合には「許可はありますか」と質問してみてください。
また、他にもしっかりと自分の会社について話をしてくれるかどうかも、見極めるポイントになってくるでしょう。
例えば会社の料金システムや会社の所在地などの情報です。
会社にやましいことがなければ、業者の方もしっかりと教えてくれるはずなので、聞いてみることをオススメします。

よく車で廃品回収を呼びかけるトラックが走っていることがあります。
怪しいと思ったことがあるかもしれません。
廃品回収の仕組みは、私たちの家から回収した家電を資源回収業者に転売しているます。
ここで回収の際に注意が必要なのは、エアコンの取り外しなどに料金が発生することがあります。
その場合多額の工事費用を請求される可能性がありますので、無料と言う言葉だけを信じず工事費用について業者に聞いてみるといいでしょう。

エアコンの処分方法別のメリットとデメリットについて

エアコンを無料で回収してくれるのは嬉しいですが、違法な業者の手に渡ることを考えるとリスクは大きいです。
安心安全な方法で、エアコンを処分したいと思う人もいるはずです。

エアコンが古くなってしまった場合、新しくエアコンの購入を考えているかもしれません。
そのような場合には、家電量販店で古いエアコンの処分を依頼することができるのです。
家電量販店には家電をリサイクルするために、収集を行わなければいけない義務がありますので、安心してエアコンを引き渡すことができるでしょう。
家電量販店にエアコンを回収してもらう場合にも、リサイクル料金は発生することを忘れてはいけません。
引き渡しの際に、家電量販店にリサイクル料金を支払うことが多いようです。

エアコンの新規購入はせずに、ただ古くなってしまったエアコンを処分したい場合には、自治体のサービスを利用してみるのも方法の一つでしょう。
各自治体の中にはリサイクルを斡旋している場所が多く、家電の収集をしている場合があります。
エアコンを自治体の職員が回収に来る場合もあり、自ら運ぶという手間がかかりません。家に人を入れることが不安だと言う方は、職員の名刺をもらうなどして対処すると安心できるでしょう。
しかし、業者ではないためエアコンの取り外しを行ってはくれません。
自分で取り外すか業者を依頼することが必要になってきます。
自分で取り外すと料金は発生しませんが、取り外しを行うことが不安だと言う方はエアコンの取り外しは業者に取り外しを依頼しましょう。

処分代金を少しでも安くするために、自分でエアコンを取り外す方法

エアコンを処分するためには、エアコンを取り外す作業が必要になります。
エアコンの取り外しを業者に依頼すると、高額な料金が発生する場合もあると言うのです。
もし自分でエアコンの取り外しをすることができれば、撤去の費用を少しでも抑えることができるはずです。
エアコンは自分の力で簡単に、取り外すことができるのでしょうか。

エアコンを外す前に準備が必要です。
それはまずエアコンを運び出す際に、家が汚れないように運び出す経路にシートを敷いて準備は完了します。

  1. 室外機のバルブキャップを外す
    室外機にはカバーがありますので、外すとバルブキャップがあります。
    バルブキャップは送り側と受け側があるので、2か所取り外してください。
  2. フロンガスを送り出す
    エアコンの冷房機能を使い、室内機とパイプのフロンガスを送り出します。
    送り出しが終わったら、室外機の送り側のバルブを締めます。
    この時送り側のバルブは細い部分ですので、間違わずに締めてください。
    数分放置した後に受け側のバルブを締めて、エアコンを停止します。
    この時に合わせて電源を外しておきます。
  3. 1の作業で取り外したバルブキャップを取り付ける
  4. 配管を外す
    室外機の銅管パイプに繋がるナットを外します。
    このナットは2か所ありますので、2つともはずしてください。
    ここで注意するべき点はナットを外した際の音です。
    音が連続するようなら、手順2の部分が不十分かもしれません。
    もう一度フロンガスを送り出してください。
  5. 電源コードを切断する
    コンセントから抜けていることを確認してから行うようにしてください。
    感電してしまう恐れがあります。
    電源コードは本体より数十センチ離れた場所を切断します。
  6. エアコンの撤去
    室外機、室内機を撤去します。
    室内機は金属で取り付けられているのでドライバーなどを使って外すと簡単です。
  7. エアコンの取り外しはこれで終了です。
    電源コードを切断するなど危険な部分もありますので、心配のある方は業者へ依頼することがベストかもしれません。

エアコンの処分は無料ではない不用品回収業者に依頼しよう

エアコンを処分する方法には、多くの方法があります。
エアコンの取り外しが不安だと言うことは、すべてを業者にお願いすることが安心する方法でしょう。
少しでも安価でエアコンを処分したいと思う方もいます。
そのような場合には自分でエアコンの取り外しを行い、不用品回収業者に依頼すると安価で済みます。
不用品回収業者に依頼する場合は電話で依頼を行うとすぐに回収に来てくれますので、時間もかからずに処分ができます。
しかし、不用品回収業者の中には優良な業者を選ぶ必要があります。
それは回収したエアコンが不法投棄されてしまったり、トラブルに巻き込まれることを防ぐためです。
無料だと言いながら、料金を請求されたという業者もあるようなので注意をしてください。

不用品回収業者の多くは、基本料金と回収に伴う料金が発生します。
他にもアパートやマンションの高層階であればエレベーターを使用するなど、回収に時間指定があるとオプションで料金が発生することもあるようです。
しかし回収だけなら数千円くらいですむようです。
料金はエアコンを回収される前にしっかりと確認したり、契約書を交わすなどしておくことで、悪徳の不用品回収業者を事前に防ぐことができます。
疑問に思うことは回収するまえに、確認しておくことが重要なのです。

処分・リサイクルのコツカテゴリの最新記事