タンスの処分は無料でできるのか。不要なタンスの処分方法

タンスの処分は無料でできるのか。不要なタンスの処分方法

引っ越しで不要になったタンスの処分にお困りの方はいませんか?
大きなタンスはフリマアプリなどでも売りにくいですし、気軽に「欲しい」と言ってくれる友人もいません。

処分するにはやはりお金が必要なのでしょうか?
もし、タンスの状態が良ければ無料で処分できる方法もあります。
タンスの処分方法についてご紹介します。

処分するにはいくつかの方法があります。タンスの状態にもよりますが、一番損のない方法で処分したいものですね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

テレビを処分するには「リサイクル料」という費用がかかります

テレビは粗大ごみとして処分することができません。 家電リサイクル法によりリサイクル費用を支払わ...

部屋の掃除を業者に頼むといくら?事前にしておくべきコトとは

部屋の掃除を業者に頼むときには、どのような流れとなるのでしょうか? 業者に部屋の掃除を頼む...

タンスを処分するには解体しかないの?タンスの処分方法について

タンスの処分に頭を悩ませている人は多くいます。 昔ながらのタンスは重たくて、そう簡単に家の外に...

引っ越し前に掃除業者を呼ぶ必要はある?原状回復の意味を知ろう

引っ越し前にこれまで住んできた部屋を掃除すると思いますが、掃除業者を呼んでしっかり部屋を綺麗にすべき...

ミニマリストを目指したい独身男性が最低限必要なものとは

最低限のものしか持たないで生きるミニマリスト。そういう生活を送りたい独身男性が増えていると言われ...

No Image

エアコンの処分を無料で行う業者に注意!正しい処分方法とは

新しくエアコンを買い替える場合、不要となったエアコンを処分するための費用が高いことに驚く人も多いので...

仏壇を処分する時にかかる費用と手続きの流れについて理解しよう

住む人のいなくなった実家を整理する時も仏壇を処分するケースも増えているようです。 しかし、どんな手...

ベッドを処分する場合にかかる費用の相場と正しい処分方法

子供の成長によって古いベッドを処分しようと考えた場合、費用がとのくらいかかるのか気になる人の方が多い...

整理整頓の効果と効能!片付けるメリットを知ってキレイに

お部屋の中が常に散らかっている状態だと、それが日常になってしまい、散らかっていることに特に何も感...

テレビの処分方法を徹底解説!持ち込みすれば安くなります

新しいテレビを買うことになった場合、古いテレビは家電リサイクル法の対象となっているため正しく処分しな...

自転車を処分する時に必要な防犯登録抹消のための手続き方法

自転車を処分しようと決めた場合、粗大ゴミとして出すか買い取ってもらうかその処分方法ばかり気になってし...

自転車の処分を無料でしたい!お金をかけないで処分する方法

自転車を処分したい!できれば無料で。 自転車を処分するのに、お金を掛けたくない場合、 1...

パソコン処分のための正しいデータ消去方法について理解しよう

古いパソコンを処分するときに必要なデータ消去。しかし、詳しい方法についてはよくわからない人も多いよう...

自転車の処分方法は主に3つ。どの場合も防犯登録は抹消が必要

自転車の処分方法は主に3つあります。 ・粗大ごみ ・誰かに譲る ・中古自転車として販売 ...

引越しに出たゴミが当日までに間に合わない場合の対処法

予定を立てて引越しの準備をしていても、引越し当日までにゴミ処分が間に合わないということもあるでしょう...

スポンサーリンク

タンスの処分料を無料にしたい!リサイクルショップに依頼する方法

必要な物を安く買う時だけでなく、要らなくなった物を処分する時にも活用したいのが、リサイクルショップです。新生活がスタートする時期ともなると、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電を求めて、多くの人が足を運んでいますが、果たして不要になったタンスも買い取ってもらうことは出来るのでしょうか?

実際にリサイクルショップに買い取ってもらえるかどうかは、やはりタンスの状態や使用した年数が影響するようです。いくらキレイに使っていたとしても、あまりに古い物であればそれだけ需要も少ないため、なかなか買い取ってはもらえないでしょう。

とはいえ、家電ならまだしも、そもそも中古のタンスを使うことに対して、抵抗がある人も少なくないようです。あまり需要がない物に関しては、たとえ買い取ってもらえたとしても、当然さほどの金額にもなりませんよね。こちらとしては、不要な物を無料で処分出来たらいいという程度の感覚なので、タダに近い金額であっても引き取ってくれたらありがたいのですが、どうせなら可能な限りきれいな状態にしてから査定してもらうことをオススメします。

大きなタンスを自分でリサイクルショップまで持ち込むのも大変なので、回収に来てもらえるお店を選ぶと良いでしょう。他にも処分したいものがあれば、まとめて無料で査定してもらえますよ。

できれば無料で処分したいタンス。売れやすいタンスとは

リサイクルショップで不要な物を処分したいと思っても、その物自体の需要がないと買い取ってもらうことが出来ませんよね。そもそも、需要が高くて売れやすいタンスとは、どういうタイプの物なのでしょうか?

洋服などと同じように、売れやすいタンスとは、いわゆる商品としての価値が高いことが重要となります。海外のブランド家具や、アンティーク品は、むしろ作られた年代が古いほど希少価値が高くなり、愛好家からの需要を見込むことが出来るので、それだけ高値で買い取ってもらえる可能性も出てくるのです。

このようなタンスは、リサイクルショップではなく家具の買取専門店や、骨董品を扱ったお店に査定を依頼したほうが、より高値が期待出来るでしょう。

また、国内で作られたタンスの中にも、高い技術が認められた「匠マーク」がついた製品に関しては、予想以上の査定価格がつくこともありますので、ここも確認しておくと良いですね。

タンスの処分に無料ではないが低料金で処分するなら粗大ゴミ

リサイクルショップなどでは引き取ってもらえそうにない状態のタンスを処分する際には、粗大ゴミとして回収してもらうという方法があります。タンスの大きさによっても処分にかかる料金は違ってきますので、お住まいの自治体のホームページなどでご確認ください。

処分までの流れとしては、まずは自治体指定のスーパーやコンビニ、郵便局で粗大ゴミ処理券(手数料シールという名称の場合もあり)を購入し、各自治体に回収日を予約します。あとは購入した処理券をタンスの見やすい位置に貼り付け、回収当日に指定された場所に出すだけです。

我が家でも、現在の家に引っ越す際に不要になった食器棚等を無料で処分してくれる業者がないか探してみましたが、結局見つからず、粗大ゴミとして処分した経験があります。当日は回収の前日から降り続いた大雨のせいで道路が冠水していたのにも関わらず、きちんと時間通りに回収に来てくれたので、こんな日に回収に来てもらって申し訳ない気持ちと同時に、少しの手数料でも回収に来てもらえるありがたさを実感したのでした。

また、粗大ゴミの手数料まではかけずにどうにか処分したいという場合には、ご自分で燃えるゴミの袋に入る大きさに解体して出すという方法もありますが、手間と労力、さらにはそれらを小分けにした分のゴミ袋代等を考えると、最初から粗大ゴミとして回収してもらったほうが懸命かもしれませんね。

タンス処分を引っ越し業者に頼む方法

引っ越しを機にタンスを処分するのでしたら、引っ越し業者にタンスの処分を代行してもらうという方法もあります。タンスに限らず家具全般の引き取りサービスを実施している業者もありますので、引っ越しの見積もりをしてもらう際にでも、併せて確認してみると良いでしょう。

ただし、引き取りサービスとは言っても、不要な家具を無料で処分してくれるというわけではありません。中には、家具の状態によっては無料で引き取るどころか、買い取りをしてもらえるケースもあるようですが、ほとんどの場合は引き取り手数料が発生すると考えておくべきでしょう。

引っ越し業者に回収してもらうメリットとしては、重たいタンスを屋外の回収場所まで運ばなくても良いという点とともに、引っ越しの直前までタンスを使用出来るという点もあります。自分でタンスを運ぶのが難しい場合には有効な処分方法だと言えるでしょう。

不用品回収業者に頼む場合の注意点

みなさんのお住まいの地域でも、「不用品を無料で引き取ります」と謳っている回収業者のトラックが回ってくることはありませんか?実はアレも、けっして全て無料で引き取ってくれるわけではないのです。

私は以前、大型のブラウン管テレビの処分に困り、たまたま回ってきた回収車に声をかけたことがあるのですが、わざわざ重たいテレビを玄関先まで運んだにも関わらず、「◯◯年製以前のテレビは引き取れません!」と言われ、とてもガッカリした覚えがあります。
よく考えればわかることなのですが、不用品回収業者も商売ですから、回収後にさらに別の業者に引き取ってもらえる程度の物でなければ、無料でなど回収してくれるハズもありませんよね。さらには、回収はするかわりに引き取り手数料が発生してしまう場合もありますので、回収業者に依頼する際には、事前にその辺りも確認しておく必要があるでしょう。

中には、一般廃棄物収集運搬業許可を受けていない回収業者も存在しますので、まずはホームページなどできちんと確認するとともに、しっかりとした料金設定があることも、併せて確認しておくことをオススメします。

どちらの方法で処分する場合にも、引っ越しのギリギリのタイミングで依頼してしまうと、希望通りの日に回収してもらえない可能性もあるので、あらかじめ余裕を持って連絡するようにしましょう。

処分・リサイクルのコツカテゴリの最新記事