カーペットの洗濯はクリーニングかコインランドリーか決める方法

カーペットの洗濯はクリーニングかコインランドリーか決める方法

カーペットを洗濯しようと考えた場合、クリーニング店に依頼すべきかコインランドリーで自分で洗うべきか悩む人も多いでしょう。

しかし、代金を考えるとコインランドリーの方が安いとはいえ、デメリットはないのか心配になるのではないでしょうか。

今回はカーペットの洗濯をクリーニング店に依頼した方がいいのかコインランドリーで自分で洗うべきか、選ぶ基準について説明します。それぞれのメリット・デメリットについてわかれば、どちらを選ぶべきか理解していただけるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カーペットはクリーニング店に出さなくても自宅で洗えます

掃除機をかけてもカーペットの汚れが取れない場合、クリーニング店に依頼した方がよいかどうか迷う人も多い...

部屋の掃除頻度、リビング・キッチンなどの理想的な掃除頻度とは

部屋の掃除はどのくらいの頻度が理想的なのか、考えたことがあるでしょうか。 人によって掃除頻...

掃除するならほこり取り!楽しく手作りマイホコリ取りの作り方

掃除はまず、ほこり取りから始めましょう。 一生懸命掃除機を掛けていても、どこからかふわふわと、...

【掃除のコツ】面倒なほこり取り掃除におすすめの道具をご紹介

電化製品などにつきやすいほこり。掃除してもすぐについてしまうので、面倒に感じてしまう人も多いのではな...

一人暮らしの部屋をいつもキレイに!簡単に掃除するコツをご紹介

一人暮らしだと、ついつい掃除を後回しにしてしまうことありませんか?でも後回しにしてしまうと、気がつい...

ダニの対策方法!赤ちゃんをダニから守るためにやるべきこと

赤ちゃんが生まれると、ダニに刺されないようにするためにママとしてどんな対策が必要なのか考え始めるでし...

部屋の生活感を消すために!生活感のないリビングの作り方

ネットで見かけるステキやお部屋やインテリア雑誌で紹介されている部屋は、同じ主婦でも生活感がなく、おし...

掃除の方法は?はたきを使ってほこりをパタパタ!正しい掃除方法

家の中にほこりが溜まってきたと感じたら、はたきを使ってほこり掃除をするのがおすすめです。 掃除機で...

掃除のほこり取りにおすすめなのは?グッズと使い方について

掃除はほこりにはじまりほこりに終わります。 ほこり取りをしなければ、いくら掃除機を掛けても、拭...

掃除をしても出てくるホコリ。ホコリ取りのコツと出さない方法

掃除をし終わった後の部屋を眺めて見つけるホコリ。 テンション下がってしまいますよね? 掃除と...

掃除をラクにするために必要な埃対策について徹底解説

きちんと掃除したつもりでも、いつの間にか埃がたまっていることはありませんか。 それは、家の中に...

綺麗に見えるコツ。それは空間を支配する『モノ』よりも『色』

リビングが綺麗に見えるコツを知りたい! せっかく頑張って部屋を片付けたり、掃除をしたのに『イマ...

スポンサーリンク

カーペットの洗濯はクリーニング店とコインランドリー、どっちを選ぶべきか

たとえ汚れが気になったとしても、カーペットは洋服のように気軽に頻繁に洗うことが出来ないため、ついついそのまま敷きっぱなしにしているという方も多いのではないでしょうか?その汚れの大半は、子供の食べこぼしなどによる食べ物や飲み物のシミだという場合、果たしてコインランドリーで洗っただけで簡単に取れるのか、また、自分で洗ってしまっても大丈夫なのかも心配になるところでしょう。

カーペットの素材や汚れの程度にもよりますが、やはり大切なカーペットは専門のクリーニング業者に依頼した方が、より確実に汚れを落とすことが出来るのは事実です。

確かにコインランドリーと比べると料金はかなり高くはなりますが、汚れに合わせてさまざまな方法で汚れを取り除いてくれますし、なによりも大切なカーペットを痛めることなくキレイにしてもらえるというところが、最大のメリットではないでしょうか?

汚れを落とすだけではなく、それ以外の場所も全体的にキレイになるため、ダニなどのアレルゲンを除去する目的としても有効だと言えますね。

カーペットをコインランドリーで洗う方法とかかる時間や費用について

クリーニング店にお金を払えば確実にキレイになるのはわかりますが、そこまでカーペットを洗うのにお金をかけたくないという方は多いもの。ですがやはり、コンパクトタイプや薄手のカーペットならまだしも、自宅の洗濯機で洗うのは難しいですよね。その点、コインランドリーには毛布なども丸洗いできる大型の洗濯機がありますし、その場で乾燥まで行えるので、クリーニング店に出すよりもかなり短時間で洗うことが出来るという利点もあります。

では、実際にコインランドリーでカーペットを洗う方法と、乾燥までにかかる時間や費用についてもお伝えしていきましょう。コインランドリーで洗う前に、まずはお宅のカーペットが洗濯機で洗える素材であることを確認してから行ってくださいね。

カーペットの大きさなどにもよりますが、コインランドリーに設置されているドラム式洗濯機の容量は、最大の物でも25キロ~30キロ程度です。実際にこれ以上重量のある物を洗おうとしても、お店まで運ぶだけでも大変ですよね。

通常の洗濯コースでは、このサイズの洗濯機でも30分で1,000円前後が目安となります。最近の洗濯機は料金を入れるだけで自動で洗剤も投入されるので、よほど古いタイプの機種でなければ、洗剤も持参する必要はありません。

洗濯が終了したら、乾燥機をかけます。普通の洗濯物であれば30分程度で乾きますが、カーペットほどの大物ではそういうわけにもいかないので、やはり1時間は乾燥させたほうが良いと思います。
乾燥機の料金の相場としては、6~9分で100円ほどなので、仮に6分100円だったとすると、60分では1,000円なので、先ほどの洗濯機と合わせても2,000円程度ということになります。

ここでご紹介したのは一般的なコインランドリーの相場です。カーペットのサイズや重量によっても料金は違ってきますので、あくまでもご参考まで。

カーペットをコインランドリーで洗う場合のメリット・デメリットとは

料金以外の面においても、カーペットをコインランドリーで洗うメリットをいくつかご紹介しましょう。

コインランドリーでカーペットを丸洗いしてシミ汚れ以外も落とす

普段から食べこぼしなどのシミ汚れの場所だけを部分的に洗ったりしていても、それ以外の場所はせいぜい掃除機をかける程度なので、奥まで入り込んだ細かいホコリやゴミを完全に取り除くことができません。コインランドリーで丸洗いすることによって、汚れが目立たなかった場所もキレイに洗いあげることができるので、気分もスッキリ!

コインランドリーの乾燥機を利用してダニなどのアレルゲンを抑制できる

カーペットの奥に潜むダニは熱に弱いため、乾燥機にかけることによってダニを死滅させることができます。しっかりと乾燥させたあとは、自宅で隅々まで掃除機をかけて、ダニの死骸を取り除く必要があります。

ただし、カーペットをコインランドリーで洗う際には、素材によっては縮んだり傷んだりするというデメリットもあります。ただ安いからと安易に利用するのではなく、その点をしっかりと考慮しておく必要があることを覚えておきましょう。

カーペットの洗濯をクリーニング店に依頼した場合の代金の相場について

実際にカーペットをクリーニング店に依頼した際の相場は、使われている素材などによっても異なりますが、一般的なカーペットだと1帖あたり1,500円~2,000円前後です。さらに高級素材のカーペットともなると、その倍以上はかかりますので、これをカーペット1枚あたりに換算すると、クリーニング代金だけで軽く1万円以上かかってしまう場合もあるということになりますね。

これだけ見ると、やはりコインランドリーがいかに費用が安く済むかということがわかりますが、万が一大切なカーペットの洗濯に失敗してしまって買い換える時のことを考えると、長く愛用するための必要経費とわりきった方が良いのかもしれません。

また、季節ごとにカーペットを敷き替えているご家庭向けには、必要な時期までカーペットを保管してくれるサービスを行っている宅配クリーニング業者もあるそうなので、カーペットの置き場に悩む方はそちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

クリーニングした後のカーペットを長持ちさせるためのコツとは

大切なカーペットをより長持ちさせるためには、普段のお手入れでよりキレイに保つように心がけることが大事です。

カーペットの掃除には、やはり掃除機が有効ですが、吸引力が強すぎると必要以上に毛が抜けたりする恐れがありますのでご注意ください。また、掃除機のヘッドを強く押し付けたりせずに、カーペットの毛並みに逆らう方向から、なるべくゆっくりと滑らせるようにかけることで、より吸引力もアップします。

とくに毛足の長いカーペットには、ただ掃除機をかけただけではゴミが取れづらいので、掃除機をかける前に定期的に丁寧にブラッシングをしましょう。

カーペット自体のニオイなどが気になる場合は、消臭効果の高い重曹が効果的です。カーペット全体に重曹を薄く振り掛けたあと、しばらく置いてから丁寧に掃除機をかけるだけでOKです。ただし、あまり毛足の長いカーペットには不向きなため、お使いのカーペットに合わせたお手入れ方法をぜひ試してみてくださいね。

リビングの掃除カテゴリの最新記事