クローゼットの収納アイデアと収納方法についてご紹介します!

クローゼットの収納アイデアと収納方法についてご紹介します!

クローゼットの収納アイデアはイロイロあります。

まずは、自分のクローゼットの容量と、持ち物の容量を確認しましょう。

どんなに上手に収納できても、容量オーバーなら入りきりませんし、使い勝手の良い収納にはなりません。

まずは、要るもの要らないものの選別を。
その後に、使い勝手の良いクローゼットにするためのアイディアをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

クリーナースタンドを手作りするポイントやオススメ簡単アイデア

クリーナースタンドを手作りすることはできないかとお悩みのあなた。 スティック型のコードレス掃除機を...

賢いクローゼットの収納術!狭いクローゼットを上手に活用しよう

一人暮らしだとクローゼットが狭いことが悩みだという人も多いのではないでしょうか。 しかし、狭い...

タンスへの収納数がアップする洋服のたたみ方と収納術をご紹介

洋服がどんどん増えていくと、タンスに全部収納できなくなってくることもあるでしょう。 そんな時は...

タンス収納は仕切り方がコツ!そのアイデアをご紹介します

タンスにきちんとたたんで洋服を入れたはずなのに、いつの間にかぐちゃぐちゃになってしまっていませんか。...

クローゼットの収納術!奥行きを徹底的に活用する裏技とは

奥行きがあるクローゼットだと、どうしても使いにくいと感じてしまう人も多いのではないでしょうか。 ...

洋服の収納ケースでおすすめなのは頑丈で使い勝手のいいもの

洋服の収納ケースはどんなものがおすすめなのでしょうか?持っている服や収納するスペースは人それぞれです...

片付け、収納、整理整頓の正しい順番とやり方について徹底解説

物があふれている我が家をすっきりさせたいと思っている人は、話題になっている収納術を試したいと考えてい...

シンク下の片付けや収納に絶対おすすめの100均グッズをご紹介

キッチンのシンクの下には、すぐに取り出せるようにと何でも入れてしまっている人も多いでしょう。しかし、...

冷蔵庫が劇的に使いやすくなる収納アイデアをご紹介します

買い物した後とりあえず冷蔵庫に収納すると、後でどこに入れたのかわからなくなってしまうということはあり...

おもちゃ収納は100均グッズを組み合わせて使うことがポイント

子供のおもちゃはいつの間にかどんどん増えていってしまい、どうやって収納した方がいいのか悩むママも多い...

【引き出し整理のコツ】文房具は定位置を決めて収納しよう

オフィスのデスクの引き出しの中は、整理できていない文房具でいっぱいになっている人の方が多いのではない...

整理整頓のコツ!キッチンは使いやすさを考えてスッキリと収納

キッチンにはたくさんの物がありますよね。 調味料や食料品のストック、調理に使うアイテムも引き出しを...

【クローゼット収納術】おしゃれに見せるアイデアを紹介します

自分もクローゼットの収納をおしゃれに見せたいと雑誌を見ていても、実際には何から始めてよいのかわからな...

クローゼットの収納術。子供が使いやすく親が収納しやすい方法

クローゼット収納術について。 子供服って、どうして散らかる対象になってしまうのでしょうか? ...

【おすすめ洋服収納術】たたみかたを変えて収納してみよう

家族が多いと洋服も増えてしまいますが、クローゼットがあっても収納ケースを使っていてもうまく収納できな...

スポンサーリンク

クローゼットの収納アイデアを活かすためには、まずは不要なものを処分する

世のお母さん達は子供が小さいうちは育児に必死です。
ある程度子供も大きくなり落ち着いてきた頃、家のあらゆるところの物の溢れかえように目がいきうんざりしてしまう方が多くいます。
その中でもクローゼットがそのうちの1つです。

何が収納されているかも記憶になく、服や物でグチャグチャになっていることでしょう。収納したい物の多さと限られたスペース、どのように収納してよいかアイデアも思い浮かばず目をつぶってしまっている方もいるかもしれません。

 

クローゼットの収納を綺麗に保ちたい時のアイデアは、不要なものの処分から始める

不要なものとはいえなかなかものを捨てられない人がいます。
まずは必要あものと不要なものを分別します。

昔気に入っていたけど今は着ていない、チャックが壊れているけど高かったから捨てられない、譲り受けたもの、サイズアウトしたもの、最後にいつ着たか記憶にもないもの、これらは今あなたに必要なものですか。

クローゼットの綺麗な収納にはこれらは必要がないと言えます。
それでも服や物に思い入れがあることでしょう。
どうしてもとっておきたい場合は普段使いするクローゼットではなくまとめて違う場所に保管しておきます。

とっておきたいものが収納のスペースを取るほどたくさんある場合は専用のボックスを作り「その中に入る分だけ」など自分なりの制限を作ると良いでしょう。
なぜならその収納スペースを更にグチャグチャにしてクローゼットの中と同じ事になります。

綺麗に保つためにはものを処分する勇気を持たなくていけません。

クローゼットの収納をスッキリ見せるには『ハンガー』が決め手

クローゼットの中の収納をより綺麗にすっきり見せたい時に重要なのが「ハンガー」です。
あなたのクローゼットの中のハンガーの種類や状態をみてみましょう。

ハンガーの種類がバラバラではありませんか
ハンガーの種類がバラバラだとかかっている服の高さがバラバラで統一感もなくそれだけでクローゼットの中身の見栄えポイントが下がってしまいます。

服に合っていないハンガーの使用
服のサイズに合っていないハンガーは服がずれ落ちやすくなります。、
服を取り出す時に他の服がいちいち落ちてしまうとイライラもしてしまいますよね。
羽織、コート、ズポン、Tシャツ、などそれぞれに合ったハンガーがありますのでそちらを使用すると良いですよ。

またサイズが合っていないハンガーで服をかけると服を着た時に変な位置にハンガーの跡がついていたり、服の型崩れにつながります。

服を長持ちさせるためにも服に合ったハンガーを使うことは大切なことです。

このようにクローゼットの中のハンガーを意識するだけでとても綺麗に収納することができます。

クローゼットの中を綺麗に保ち、毎日の服選びを楽に楽しく使い勝手の良い空間にするアイデアは家業や仕事へのモチベーションにもつながります。

クローゼット収納の法則『上』と『下』を意識して

クローゼットを上下に分けて使用することはクローゼットを綺麗に収納するためのアイデア

すでに多くの主婦に実践されているのではないでしょうか。

ですが、ただ単に上と下に分けているだけではクローゼットの中は綺麗に収納できるとは限りません。
引き出し収納やオシャレアイテムを上手く使って中身も見栄えも綺麗に収納していきましょう。

 

上の段
上の段ですが突っ張り棒を設置しハンガーで服をかけます。
ハンガーが持つ重要性は前述で述べていますので参考にしてください。
スペースが空いていると突っ張り棒にフックをかけカバンをかける収納にも役立てることができます。

 

下の段
かけない服は畳んで下の部分にチェストやボックスを置いて綺麗に収納していきます。
クローゼットの大きさによりチェストの大きさも異なってきますが、できるだけ多くの引き出しや収納場所を作ることで、収納場所が増えますし、季節ごとに分けて服を収納することができ衣替えの手間も省けます。
チェストやボックスの大きさには限りがあります。
ここで服が多いとハンガーでかけたりチャストに収納するスペースがなく、結局山積みとなってクローゼットの中身は改善されることはないでしょう。
ここで重要なのが前述した「不要なものを処分する」ということです。
自宅のクローゼットに限られた収納スペースしかないのであれば、その広さに見合った服の量に減らすことが大切です。

下の部分に置くチャストやボックスがキャスター付きのものをオススメします。
模様替えや掃除の際に簡易的にずらせるのでとても便利ですよ。

クローゼット収納で絶対に使って欲しいアイデアをご紹介!

クローゼットを綺麗に収納するアイデア、それは収納に便利なアイテムを活用すること

ショッピングバックを使用して見えない収納をしてみよう

季節によって使用しない服やアウター、カバンなどそのままハンガーに綺麗にかけておくのも良いですが、収納するスペースが他にあれば今現在使用するものだけ収納した方が見栄えがとてもスッキリします。

その時に使用できるアイテムはファスナー付き大きめのショッピングバックです。
綺麗に均一に畳んでショッピングバックに収納することで「見えない収納」をすることが可能です。

この時使用するショッピングバックを同じもので揃えると良いですよ。

同じ袋ではどこに何を収納したかわからなくなってしまいます。
それを防ぐためにラベルを見える位置に貼って人目で何が入っているかわかるようにしておきましょう。

 

ショッピングバックを使って収納するメリット

  1. ファスナー付きということもありものに直接ホコリがかからない
  2. ショッピングバックを使用しないときは折り畳めるので保管に幅をとらない
  3. 統一したショッピングをしようすることでオシャレ感がでる
  4. 100円均一で手軽に購入することができコスパが良い

クローゼット収納。小物を上手に収納するアイデア

  1. 小分けボックス
    下着や靴下をそのままタンスの中にしまいこんでも小さくゴチャゴチャしているためすぐにグチャグチャになりがちです。
    それを防ぐためには小分けにされたボックスを使用します。
    下着類や靴下を切れに並べて収納し人目でどこに何が入っているかわかります。
  2. ベルトハンガーやフック
    ベルトの収納に困る人が多いでしょう。
    ベルトハンガーやフックを使用し、クローゼットの端や扉の裏にかけて置くと幅も取らずに便利ですね。
  3. ウォールボックス
    ニット帽子やストッキングのストックなど収納に迷ってしまう小物はウォールボックスかけてその中へ収納します。
  4. クリップ
    麦わら帽子など型崩れが心配なアイテムはフック型のクリップを使用するのがオススメです。
  5. ブックスタンド
    チェストの中にスペースが空いてしまうと綺麗に畳んだティシャツなどが横倒れになってしまいます。
    横倒れ帽子のためにブックスタンドを使用することで綺麗に収納することができます。

これらはどれも100円均一で購入できますよ。
このようなアイデアを活用しクローゼットの収納をしてみてくださいね。

収納のコツカテゴリの最新記事