冷蔵庫の収納アイデア!野菜室におすすめの収納グッズをご紹介

冷蔵庫の収納アイデア!野菜室におすすめの収納グッズをご紹介

冷蔵庫の収納について考えた時、野菜室はどうすれば使いやすくなるのか悩む主婦の人が多いようです。

野菜は形がバラバラなので、そこがネックになってしまうからでしょう。

そこで今回は使いやすい冷蔵庫の野菜室の収納アイデアやおすすめグッズをご紹介します。

収納アイデアやグッズはたくさんありますが、自分に合ったものを選ぶことが大切です。
人のマネをするのではなく、自分の使い方を考えた上で収納グッズを選ぶようにしましょう。そのためのお手伝いをいたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

おもちゃ収納は100均グッズを組み合わせて使うことがポイント

子供のおもちゃはいつの間にかどんどん増えていってしまい、どうやって収納した方がいいのか悩むママも多い...

片付け・収納のプロに学ぶ『整理整頓術』今の自分を見つめ直して

片付けや収納のプロに学ぶ『整理整頓術』。 でも、どんなに優れた方法でも、自分の思考が整理整頓で...

クローゼットの収納術!奥行きを徹底的に活用する裏技とは

奥行きがあるクローゼットだと、どうしても使いにくいと感じてしまう人も多いのではないでしょうか。 ...

【賢い洋服収納術】100均グッズを使って上手に収納しよう

クローゼットや衣装ケースは上手に収納すればたくさん洋服を入れることができるとわかってはいても、どのよ...

【洋服の収納術】クローゼットがない部屋で快適に過ごすために

クローゼットがないワンルームの部屋に住んでいると、どんどん増えていく洋服をどう収納していけばよいのか...

【洋服の収納術】押入れのスペース有効活用術!

洋服の収納術について。 押入れは『布団』をしまう場所として作られていますので、洋服を収納するに...

洋服の収納ケースでおすすめなのは頑丈で使い勝手のいいもの

洋服の収納ケースはどんなものがおすすめなのでしょうか?持っている服や収納するスペースは人それぞれです...

おもちゃの収納をリビングでするときのアイディアとコツを紹介

おもちゃの収納をリビングでする時、親と子供のストレスがたまらないように工夫しなければなりません。 ...

おもちゃの収納ボックス。蓋付き?蓋なし?片付けやすいのは

おもちゃって、どんどん増えていきますよね。 キチンと、キレイに、しっかり分別して片付けられれば良い...

洋服の片付けを楽にする収納とは?散らからない収納術

洋服の片付けができない、とにかく収納が足りない!とお悩みの女子はまずできることから始めましょう! ...

クローゼットの収納術。子供が使いやすく親が収納しやすい方法

クローゼット収納術について。 子供服って、どうして散らかる対象になってしまうのでしょうか? ...

冷蔵庫をスッキリさせる!収納をおしゃれで便利にするアイディア

冷蔵庫の扉を開けた時に、嬉しくなるようなおしゃれな収納空間を作りたい! 冷蔵庫内でも、温度差が...

男の収納術。ワードローブに合ったアイテムでスッキリ収納

男性のワードローブと女性のワードローブは違います。 ですから、ハンガー一つとっても、男性が使用する...

コードの収納アイディア!テレビ裏を安全に上手に隠す方法とは

コードの収納って意外と難しい! テレビ裏から伸びる無数のコード。 なるべくお金を掛けずに上手...

片付け・収納のメソッドに共通して言えることとは

『片付け』たい! キレイに『収納』したい! モノがあるべき場所にあると、生活空間は散らかりま...

スポンサーリンク

冷蔵庫の野菜室は紙袋を使って収納しよう

冷蔵庫の中でも特に野菜室は、元々付いている仕切りがないことも多いため、収納の仕方に悩む人も多いのではないでしょうか?

そんなお悩みのあなたに、効率よく収納できる方法をご紹介します。

野菜室には「紙袋」を使ってオシャレかつ効率よく収納

収納を考える時、真っ先に出てくるのは100均などに売っているプラスチックケースを思い浮かべる人も多いかもしれませんね。

私もそうですが、とにかく入る隙間にぴったりくるケースをパズルのように並べて収納する方法が最適だと思っていました。

でも、ケースを使うよりオシャレに見えて、野菜を効率よく冷蔵保存する収納グッズがあるんです。

それは「紙袋」です。

クラフト紙であれば、丈夫で使いやすく、統一することでオシャレ感も出ますよ。
紙袋のメリットとして、野菜の大きさや量により、形を自在に変えられることです。
プラスチックケースだと、一度買った物の大きさを変えることはできませんが、紙袋なら、ちょっとした隙間にも入るので、野菜を縦にして入れるなどのアレンジも自在です。

そして、紙が野菜の湿気を吸収しながら、程よく保存することができるので、より野菜を長持ちさせることも紙袋ならではのメリットです。

冷蔵庫の野菜室におすすめの収納グッズをご紹介します

中身が見える透明な袋を使う方法

冷蔵庫に保存する物は、開けた時にひと目で何が入っているのかが分かることが大切です。
中身が見えないと、必要な時に見つけられなくて結局、後で食材が無駄になってしまうこともあります。

野菜室には、紙袋のほかに「ジップロック」などの袋を利用して保存することもおすすめです。

ジップロックであれば、大きさも揃っていますし、密閉して保存できます。
野菜を種類ごとに、細かく分類することも、袋ならではの収納方法です。

そして、並べて保存しても中身が見えるので、取り出しやすいということが最大のメリットです。

柔らかいシリコン素材のケースも便利

100均に売っているシンプルなシリコンケースも、野菜室の収納に活躍します。

プラスチックケースとは違い、シリコン素材は形が変形しますので、野菜の量や種類に応じて形を変え、室内にフィットさせることができます。

冷蔵庫の深い野菜室を使いやすくするための収納のコツとは

野菜室の縦の空間を利用

冷蔵庫自体、最近の生活スタイルに合わせ、野菜室をより広く使いやすい形になった物もたくさん出ています。

高さに余裕がある深めの野菜室の場合、「立てて収納」することを取り入れると、冷蔵庫がより使いやすくなりますよ。

例えば、冷蔵庫に入れているマヨネーズやケチャップ、ソースなどの調味料は、冷蔵庫に閉まっていると、開けた時に倒れてきてストレスになることもあります。

野菜室の手前側に瓶やケースで仕切りを作り、そこに立てて収納します。

野菜室の丈夫の引き出しには、高さがあまりない調味料や、食材のストックなどを仕切って入れると、使いやすいですよ。

見やすく、効率的に収納することにより、今ある食材が明確になるので、食材の無駄を防ぐことにもなります。

野菜は互いがくっつかないようにすることが長持ちのコツ

野菜を保存する時に、種類かまわず一緒に収納してしまうと、お互いくっついた部分から傷んでしまいます。

野菜をできるだけ長持ちさせるためには、野菜は種類ごとに仕切ったり、小分けして収納することがポイントです。

野菜室の収納にはペットボトルや新聞紙も使えます

野菜を収納する時の基本をご紹介します

野菜のサイズごとに分ける

野菜は長い物や丸い物など、物によって形が違いますが、野菜のサイズによって収納を分けることは大切です。

小さな野菜などは、引き出しを使うことで、見やすくなるため、野菜室の中で迷子になることもなくなります。

切った野菜は密閉袋で保存

使いかけの野菜や、切った野菜は、ジップロックなどの密閉袋を使うと多少長持ちします。
なぜなら、密閉することで空気と触れないので、酸化を防ぐことができるからです。

2リットルのペットボトルを収納容器として使う

使い終わったペットボトルの容器を半分ほどに切り、フチをビニールテープで貼るだけで野菜を立てて収納するケースになります。

きゅうりや長ネギの他、葉もの野菜や人参などを立てて収納することで、冷蔵庫を開けた時に見やすく使いやすい仕様になります。

同じペットボトルを使えば、大きさも揃い、見栄えも良くなります。

新聞紙は野菜の保存に最適

新聞紙は、野菜を保湿したり、保温するといった保存に関する手助けをしてくれるため野菜の収納として活躍します。

特に、秋野菜(じゃがいも、里いもなど)や冬野菜(キャベツ、大根、白菜など)は、新聞紙でくるんでから野菜室に入れると、野菜の新鮮さが保たれます。

1~2ヶ月で、新しい新聞紙に変え、清潔な状態で使うとより安心ですね。

野菜室の使い方を考えて収納するようにしよう

ゴチャゴチャしている野菜室をなんとかしたい!と張り切って収納をやり直そうと思っても、いきなり収納グッズから揃えてしまうと、後から「冷蔵庫に合わなかった」とか「必要なかった」など、不要になるケースがほとんどです。

まず、はじめに行うべきことは、「現状の冷蔵庫の状態を見直すこと」です。

インターネットや雑誌に載っているようなオシャレな収納術を見よう見まねで真似しても、使い勝手が悪ければまた汚れてしまいます。

自分が野菜室をどのように使っているのかということを考えると、使いやすい収納は1人1人違ってくるはず。

新鮮な野菜を新鮮なまま保存したければ、泥付きの状態で、新聞紙で収納する方法が良いですし、小さいお子さんがいて色々な種類の野菜を料理に使う人にとっては、袋で小分けする収納が良いですよね。

自分に合った野菜室の使い方をまずは見直してから、収納の仕方を考えてみることがおすすめです。

収納のコツカテゴリの最新記事