クローゼットの収納術!奥行きを徹底的に活用する裏技とは

クローゼットの収納術!奥行きを徹底的に活用する裏技とは

奥行きがあるクローゼットだと、どうしても使いにくいと感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

しかし、収納の仕方やグッズを使うことで使いやすいクローゼットに生まれ変わる可能性もあります。

今回は奥行きのあるクローゼットを使いこなすための収納術について説明します。奥行きがあっても前後に分けて使うことで効率的に使うことができるのです。

ただし、着ない服や使わない小物は収納する必要はありません。収納する前に物を処分することも大切です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洋服を収納するアイデア3つ。使いやすいタンスとクローゼット

洋服を収納する時のアイデアはたくさんあります。 ですから、今回は絶対におさえるべき3つの収納方...

【洋服の収納術】衣装ケースを使ってたくさん収納するコツ

新しい洋服を見るとつい買ってしまうものの、どんどん増えていく洋服をどう収納していいのか悩む人も多いの...

クローゼット収納術、おすすめアイデアと収納ケースの選び方

限られたクローゼットの収納スペースを上手に活用したいと思っても、どのようにしたらよいのか悩んでしまう...

洋服の収納をおしゃれに見せるコツとその方法を徹底解説

クローゼットに収納されている洋服。でも、ただ並んでいるだけになっていませんか? そこでおすすめ...

【賢い洋服収納術】100均グッズを使って上手に収納しよう

クローゼットや衣装ケースは上手に収納すればたくさん洋服を入れることができるとわかってはいても、どのよ...

賢いクローゼットの収納術!狭いクローゼットを上手に活用しよう

一人暮らしだとクローゼットが狭いことが悩みだという人も多いのではないでしょうか。 しかし、狭い...

男の収納術。ワードローブに合ったアイテムでスッキリ収納

男性のワードローブと女性のワードローブは違います。 ですから、ハンガー一つとっても、男性が使用する...

クローゼットの収納アイデアと収納方法についてご紹介します!

クローゼットの収納アイデアはイロイロあります。 まずは、自分のクローゼットの容量と、持ち物の容...

【クローゼット収納術】バッグは立てて上手に収納しよう

通勤用バッグやトートバッグなどバッグも数が増えてくると置き場所に困ることもあるでしょう。 収納...

クリーナースタンドを手作りするポイントやオススメ簡単アイデア

クリーナースタンドを手作りすることはできないかとお悩みのあなた。 スティック型のコードレス掃除機を...

【片付けのコツ】押入れ収納の基本的な考え方を理解しよう

「とりあえず」と何でも押入れに収納していると、いつの間にかいっぱいになっていて、どこに何を入れたのか...

クローゼットの収納術。子供が使いやすく親が収納しやすい方法

クローゼット収納術について。 子供服って、どうして散らかる対象になってしまうのでしょうか? ...

布や生地の収納アイデア!シワになりにくく見やすい収納方法

ハンドメイドが趣味という方は多いと思いますが、どんどん溜まっていく手芸の資材の収納にお困りの方はいま...

【引き出し整理のコツ】文房具は定位置を決めて収納しよう

オフィスのデスクの引き出しの中は、整理できていない文房具でいっぱいになっている人の方が多いのではない...

【おすすめ洋服収納術】たたみかたを変えて収納してみよう

家族が多いと洋服も増えてしまいますが、クローゼットがあっても収納ケースを使っていてもうまく収納できな...

スポンサーリンク

奥行きのあるクローゼットのおすすめ収納術とは

奥行きのあるクローゼット…。
「いったいどのように使うの」と思ってしまいませんか。

とりあえず物を詰め収納するのもなんだか使い勝手が悪く洋服を出すにも出しづらい、服をかけるだけもなんだか空間がもったいないと思ったりしっくりこないでしょう。

奥行きのあるクローゼットの効率よく使う収納術があります。
それは奥と手前に分けて使う事です。

奥にはクリアタンスなどや収納ボックスを置き、下着やベルトなどの小物類、畳んでしまう服を収納します。
そして手前にはポールを設置しハンガーにかける服をかけます。

かけてある服をどちらかに寄せて奥の物を取るとすんなり取れますよ。

手前のポールにぎっちり服をかけてしまうと寄せるにも一苦労、また寄せるだけのスペースもなく奥のものが上手くとれませんので、着ない服は捨てるなどクローゼットの整理をし無駄な物を収納しないこともクローゼットを上手く使う収納術です。

また少しでも使い勝手を良くするためには季節外のものはかけずに奥の部分に収納し着るものを手前に出すなど衣替えをするとスムーズに奥行きのあるクローゼットを使うことができるでしょう。

奥行きのあるクローゼットに役に立つ収納グッズについて

奥行きのあるクローゼットの収納に役立つグッズ

  • クリアケースや収納ボックス
    奥に棚も何もないだだっぴろい空間だけの場合は、奥にクリアケースなどの収納タンスを活用しましょう。
    季節外の小物や服、畳んでしまう服、ベルト帽子などの小物類、バックなどを収納する物の大きさと、クローゼットの奥行きに合わせて、クリアケースや収納ボックスを購入するようにしましょう。
    クリアケースや収納ボックスを複数の使用や組み合わせて使用する場合には色合い、高さ、デザインなどを合わせた方が見栄えもしっくりきますよ。
  • 付属の棚を上手く活用(クローゼットの奥に棚がある場合)
    クローゼットの奥に棚がいくつかついている時は、棚の幅を変えられるように金具がついてあることがあります。
    置く、収納ボックスや物に合わせ調節し、物を綺麗にまとめましょう。
  • ハンガーポールの2個使い
    ハンガーポール1つでは服の量がある、もしくはよりスッキリした見栄えにしたいという時はハンガーポールを段違いで2つ設置し、手前のハンガーポールは少し低めにし奥の服と手前の服が重ならないよう交互にかけていくと良いでしょう。
  • 車輪付き収納ケース
    奥に設置するクリアケースや大きな収納ボックスはできるだけ車輪付きの物にすると便利です。
    模様替えや、掃除の時、物を取り出す時に手前や奥に簡易的にずらすことができますよ。

子供がいる家庭におすすめのクローゼット収納術とは

お子さんがいる家庭では、ゴチャゴチャなりがちで悩みの種になっているお母さんたちは多いでしょう。
お母さんがいくら整理しても子供にとって使い勝手が良くなければ意味がないですもんね。

子供は特に気にせず棚やボックスがあればそこに物を押し込んでしまいます。
なので、ここは学校の物専用、ここはゲーム専用など分けてあげることが大切です。
またよく使うものは手前、あまり使用しない物や季節ものは子供があまり見ない奥にしまって、取り出ししやすいようにしてあげると良いですね。

ただ大きなボックスを子供に渡しても上手く使えないことがほとんどです。
だったら、子供が使いやすいよう工夫をしてあげなければいけませんね。

主婦に味方の100円均一で揃えると子供が壊しようが汚そうがあまり気になりませんよね。
それに100均一だと大きすぎることもないので子供にとっては丁度良い大きさです。

子供が少しでも使いやすよう、専用ボックスなどを作り工夫していきましょう

収納できる量が増える!奥行きがあるクローゼットの収納術をご紹介します

収納に役立つケースと言えば多くの方は、クリアケースやよくある収納ボックスなどを思い浮かべますよね。
私もそのうちの1人でした。

しかし大型家具店にいってみると収納ボックスは形、構造、用途に分れ専用のものまであります。

例えば…

  • スラックスハンガー
    ズボンのみを収納するスラックスハンガーはお父さんのズボンの収納に役立ちそうですよね。
  • キャスター付きのボックス
    奥行きに合わせキャスターがついており取り出しがとても便利です。
    ボックスなので引き出しを開け締めする手間もないし、人目見ただけで何が収納されているか分かるので便利ですよ。
  • ハンガーポールに吊るせるタイプ収納ケース
    こちらは収納しやすさ、そして見た目の良さアップにもなる商品です。
    ワイシャツやTシャツ、ズボンを積み重ねて置き、引き出しタイプではないので簡単に出し入れができます。
  • ハンガーラック
    クローゼットに合わせてハンガーラックをそのままそっくり入れて活用することもできます。
    2段になってあるものだとより多くの物を収納することができます。
    また下の空白の部分には奥行きあるケースやボックスを置くことでスペースを有効に使えますよ。

奥行きあるクローゼットの収納に困ったら1度ホームセンターや大きな家具屋さんに出向いてどんな種類の収納用具があるか確認する事をオススメします。
イメージが湧くだけでも整理しやすくなりますよね。

この時にクローゼットの高さや奥行きのサイズを図っておくと2度手間にならずに済みそうですね。

クローゼットに収納する前に確認すべきこと

クローゼットを綺麗に収納したい

その前にしなければいけないことがありあす。
それは収納する物の整理です。
これは奥行きのある収納しづらいクローゼットに限らずどんな場所を収納するのにも言えることです。

物を整理しないで、ある物をそのままそっくり収納しているようでは一時的に綺麗に保ててもまた同じ事の繰り返しになってしまうでしょう。
物がありすぎてどこに何をしまったか、収納ケースに入り切らず結局山積みになんてことがありがちです。

クローゼットの収納をする前にあらかじめ必要な物、着る服とそうでない物に分け、使用していない物、着ない服は思い切って処分をしましょう。

これもクローゼットを収納するための収納術の1つでとても大切なことです。

クローゼットが綺麗に保てていることで心に余裕もできます。
部屋やクローゼットをグチャグチャだと心もグチャグチャで余裕がなくなると心理学でありますがこれは当たっていると思います。

育児や仕事で疲れているときこそ、部屋は綺麗であってほしいものですよね。

クローゼットも部屋と同じです。
毎日服や物を取り出す場です。
毎日使用する部分がごちゃごちゃですと気分も悪いです。
どこになにかあるか探したり取り出す行為だけでも一苦労なんて心がどんどんマイナス方向へと引き寄せられてしまうのです。

このようなことを避けるためにも、まず物の整理から始めてみましょうね。

収納のコツカテゴリの最新記事