掃除のコツ。トイレの黄ばみ汚れをしっかり退治する洗剤と方法

掃除のコツ。トイレの黄ばみ汚れをしっかり退治する洗剤と方法

トイレ掃除はこまめにやっていますか?
私は家事の中でトイレ掃除が一番苦手ですが、そういった主婦の方も多いはず。

家族が多いとトイレを使う回数も多く、その分汚れも多いでしょう。
そして気になるのがトイレの黄ばみ汚れです。

あっという間についてしまう黄ばみ汚れは、長い時間放置しておくとどんどん頑固汚れに変わっていきます。

便座の材質をチェックしてから使える洗剤を選びましょう。

黄ばみ汚れに効くのはズバリ酸性洗剤です。しっかり掃除したい場合は水を抜いて掃除することをオススメします。掃除の手順を紹介します。
また強力な洗剤を使う場合の注意点もご覧ください。

この方法で黄ばみのない真っ白な便器を手に入れることが出来るでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

トイレの壁についてしまった黄ばみを掃除する方法とは

トイレの壁は知らず知らずのうちに、汚れているんです。 男性じゃなくても、お水を流したりする時にはや...

トイレタンクの掃除を業者に依頼する場合の費用の相場とメリット

トイレタンクの中も掃除した方がいいとはわかっていても、自分で掃除するのは自信がないという人も多いでし...

トイレの床掃除【黒ずみ】を取る方法とキレイを保つ方法

いつのまにかできてしまったトイレの床に黒ずみ・・この黒ずみはどのようにして掃除をしたらいいのでしょう...

トイレの黄ばみの原因、落ちない尿石を溶かす掃除方法

トイレの便器の黄ばみが取れないとお悩みの方はいませんか? いつもの洗剤でゴシゴシとこすってもそう簡...

トイレのふちの黒ずみを落とすための掃除方法とコツを教えます

いつの間にかついてしまったトイレのふちの部分の黒ずみ。さらに掃除もしにくい場所なので、厄介に感じてし...

トイレの便器の黄ばみ掃除方法!洗剤の選び方と効果的な使い方

トイレの気になる汚れと言うと、便器の黄ばみも代表的な汚れです。 使っているうちに、黄色い汚れが便器...

トイレの床と便器の隙間にたまる汚れの原因と掃除方法を解説

トイレの掃除といえば、トイレ用洗剤を使って便器をブラシでこすり床は掃除機をかける、そしてたまに床の拭...

トイレ掃除で気になる黒ずみに効果的な洗剤と洗剤不使用の掃除術

トイレの汚れで気になるものの一つに「黒ずみ」があります。トイレの黒ずみ汚れを綺麗に掃除したいけど、黒...

トイレの黒ずみ掃除には重曹を使うのが簡単でオススメ

トイレにできた黒ずみ掃除には重曹が効果的だと聞いたことがありませんか? 重曹の使い方もとても簡単で...

トイレの壁タイルを掃除して黒ずみも撃退!キレイを保つ秘訣

トイレの壁タイルの掃除をしようとしたら、黒ずみを発見! どうしたらこの黒ずみを取ることができるのか...

トイレタンクの掃除を簡単に確実にキレイにする方法と予防法

たださえ面倒なトイレ掃除。トイレタンクの中まで掃除したことはないけれど、一体どうなっているのかしら?...

トイレの換気扇の外し方!しっかり掃除のコツとキレイを保つ頻度

トイレの換気扇の外し方がわかれば、換気扇は簡単にキレイに掃除をすることができます。せっかくカバーを外...

トイレタンクの手洗い器を掃除する方法!手洗い器は意外と汚れが

トイレの便器や床、壁の掃除はしていても、トイレタンクの手洗い器の掃除を忘れてしまうこともありますよね...

トイレの床掃除にはクエン酸が効果的!クエン酸で掃除をする方法

トイレの床には、目に見えないたくさんの汚れがあります。 きちんと掃除をしないと、こうした汚れが...

トイレタンクの掃除をセスキ炭酸ソーダで!掃除方法を解説

トイレの掃除は毎日していても、トイレタンクの掃除は意外と忘れがちなものです。 トイレタンクの内部は...

スポンサーリンク

黄ばみの掃除をする前にトイレの材質をチェック

トイレの黄ばみは必ず原因があります。
黄ばんでしまうのはおそらく、尿石という汚れが正体です。

尿石は尿が拭き取られずに残ってしまったものが乾き変化して石のように固くなってしまった汚れです。

これは毎日家族が使用している場所ならこういった汚れ方をしてしまっても、何ら不思議のない汚れ方ですがなかなか取り除くのが大変です。

これを取りたいときにはまずトイレの材質をチェックしてから掃除に入りましょう。

トイレの材質は便座の蓋の裏などに書いてあります。
そこをチェックしてもいいですが、目に見えて陶器だったりプラスチックや樹脂の部分の汚れだったりと判断できる場合は汚れている場所の材質に合わせてアプローチを変えていきます。

陶器の部分であれば洗剤は広く使えるものがあるため、しっかりと汚れを落とせるものを選んでしっかりお掃除すればいいですが、樹脂等だった場合は洗剤がその部分に変質を起こさせてしまったりするので洗剤を身長に選ぶ必要が出てきます。

素材を傷めるとさらに汚れやすくなる環境を作ってしまうことになるので、素材についてはしっかりとチェックしてから掃除をしてください。

どちらの素材にも使える掃除をするならばクエン酸や重曹を使ってエコなお掃除をするという方法もあります。

トイレの頑固な黄ばみ掃除には酸性洗剤が効く。使い方を紹介

トイレの頑固な黄ばみはアルカリ性の汚れです。

トイレの汚れには酸性の洗剤や成分が効く

洗剤ならばトイレットペーパーなどを便座の中に敷き詰め洗剤を浸透させることで、漬け置きするのがとても楽になります。

同じ方法を使ってクエン酸水溶液を浸透させて根気よくエコなお掃除をするのも可能です。
クエン酸水溶液を作るときにはぬるま湯200mlに対して小さじ1杯を目安に作ります。

トイレットペーパー浸透作戦でお掃除をする場合

重曹をかけてからクエン酸水溶液を使っても化学反応で泡を起こさせられるのでさらに掃除がしやすくなります。

30分~1時間ほど漬け置きしたら水を流して、ブラシで擦ります。
それでも汚れが気になるときは同じ作業を繰り返してみるとよりきれいになります。

便器の中の水を抜いてから掃除をするとさらに奥までお掃除が出来るので、完璧にピカピカにしたいときはトイレのお水の元栓を閉めてから水を流しきりお掃除を開始してみてください。

酸性の力を味方につけてたくさんお掃除してしまいましょう。

トイレの水を抜いて黄ばみ掃除をしっかりと。水抜きの方法

さきほどもご紹介しましたが、黄ばみ掃除はもとから絶つのがおすすめです。

便器の奥まで水を抜いてしっかりとお掃除をするとニオイも気にならなくなりますし、黄ばみを残すことなくピカピカに出来ます。

お水を抜きたいときは、元栓を閉めてからお水を流し切るだけ。

ですがお水が残る場合もあるため、灯油などの液体を移動させるためのポンプとバケツを用意してそれでお水を完全に抜きってください。

お水を抜くとニオイがあがってくるため、必ずマスクをして、作業の際はゴム手袋を忘れないようにしてください。

たとえ自宅のトイレでも菌はいますし、衛生的に掃除の際はそういった対処をしておいたほうが安全です。

水の跳ね返りなどに注意しながら水を抜いたら早速掃除です。

使う洗剤などは前述したものと同じで大丈夫ですし、便座の奥までトイレットペーパー浸透作戦で汚れを落とせるはずです。

トイレ掃除は、重曹・クエン酸スプレーで壁や床もしっかり拭き掃除

トイレの黄ばみを落としたら壁や床などもしっかり拭き掃除を行いましょう。

掃除の間に見えないくらいの飛び散りがあると思いますし、そこまで掃除したなら最後までしっかりと掃除してしまいたいですよね。

トイレ掃除の手順

壁の上の方から順に重曹スプレーとクエン酸スプレーを駆使して拭き掃除をします。
クエン酸スプレーの作り方は先述の通り、重曹スプレーはぬるま湯200mlに対して大さじ1杯が目安です。

クエン酸よりも重曹のほうが水に溶けにくいのでしっかりと混ぜてください。

壁や床でのお掃除もキッチンペーパーにふたつを浸透させて貼り付けると効果的にお掃除が出来ますよ。

最後はしっかり水拭きと乾拭きを行って、掃除を終了します。

水を抜いて便器の掃除をしたならお水の始末と元栓を開けるのを忘れないように気をつけてください。

トイレ掃除に使う洗剤は混ざらないように注意が必要

トイレに使う洗剤は混ぜ合わせてしまうと有毒ガスが発生する場合があります。
特にクエン酸と塩素系洗剤は混ざってしまうととても危険です。

事故を防ぐためにも、洗剤を使うならばクエン酸や重曹は使わない、重曹やクエン酸でエコなお掃除をするなら洗剤は使わない、というように使い分けをして事故を起こさないように心がけましょう。

うっかり混ぜてしまった場合はもったいないですが洗剤をすぐにお水で流します。たくさんのお水で流すことで洗剤が薄まり、ガスの発生を少なくさせることが出来ます。
さらにきちんと換気して健康被害のない状況にしましょう。

素早い対応が事故を大きくしない秘訣ですので、しっかりと落ち着いた対応をしましょう。

混ぜ合わせないことを気をつければ、トイレのお掃除は気持ちよく安全にできるはずです。
ピカピカのトイレを手に入れるためしっかりと管理を行って、掃除をスッキリと終わらせましょう。

トイレの掃除カテゴリの最新記事