掃除に対してやる気が出る言葉や経験談。すぐ片付けたくなる言葉

掃除に対してやる気が出る言葉や経験談。すぐ片付けたくなる言葉

掃除に対してやる気が出る言葉を知りたい!

なんとなく『あそこ、片付けなきゃな』『引き出しの中のもの、整理整頓したいな…』なんて思いながらも、やり過ごしている人は多いのではないのでしょうか?

そんな、思っては居るけれど行動に移せない方は、これを読めば必ず掃除をしたくなるはずです!

汚れた場所をキレイにするのは、当たり前。
使ったものを元の場所に戻すのも当たり前。
用が済んだものは、処分していくのは当たり前。

そんな当たり前のことを、スムーズにできる毎日を手に入れましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

整理・整頓・清潔の意味をしっかりと理解することから始めよう

整理・整頓・清潔の3Sは、企業で取り入れられている生産性向上などに寄与する活動のことですが、家庭にも...

汚部屋の片付けをするときの手順やコツと綺麗な部屋を保つ方法

汚部屋の片付けをしたいと思っていても手順がわからない!こんなお悩みを抱えている人もいますよね。自...

部屋の掃除で運気を上げる!運気を上げるために心がけることとは

部屋の掃除で運気を上げる! 部屋を掃除して運気が上がるなら、とっくに上がってるはず!と主婦の私...

断捨離のやる気を出すを方法!モチベーションアップのコツ

部屋を片付けるために「まずは断捨離をしよう!」と決意したのに、なかなか思うように進まず、挫折しそうに...

掃除を負担に思わない部屋づくりのコツ。掃除のしやすい部屋作り

掃除をしても汚れる部屋に、精神的な負担を感じていませんか? せっかく、掃除機を掛けたのにホコリ...

ミニマリストを目指したい独身男性が最低限必要なものとは

最低限のものしか持たないで生きるミニマリスト。そういう生活を送りたい独身男性が増えていると言われ...

片付けが苦手だと言い続けるのはやめよう。弱い自分を克服する

片付けが苦手で、そのことを克服したいと願っているのなら、覚悟を決めましょう。 片付けるには、ま...

掃除を毎日行うためのスケジュール。ながら・ついでの習慣化

掃除を毎日続けるためには、自分のスケジュールを把握しましょう。 朝起きて、トイレに。 その時...

部屋を片付けることによって運気が上がる理由とそのコツについて

毎日仕事で忙しいと部屋を片付ける時間もありませんが、そのまま汚い部屋に住んでいると体にも心にも良くあ...

ズボラでもできる掃除術。掃除のヒントやマイルールの作り方とは

掃除は面倒、苦手、あまりしないというズボラさん。 ズボラでもできる掃除のポイントがありました。...

片付けが苦手なうちの奥さん。主婦ならできて当然ではないのか

片付けが苦手な人は、男女問わず居ます。 主婦なら、家事・育児完璧にこなせるだろうと思っているの...

片付けのコツ。それは捨てる方法ではなく、自分と向き合うこと

片付けるコツのセオリーはたくさんあります。 『捨てる コツ』などと検索すると、たくさんの捨てる方法...

掃除のモチベーションを上げるには?掃除をすれば恋愛運がアップ

恋愛が上手くいかない、なかなか良い出会いがないというときこそ掃除をしたほうがいい!?掃除のモチベ...

思いっきり片付けたいと思った時の片付けのポイントと注意点

部屋が散らかっている、最近忙しくて掃除が出来ていないなどで、部屋を思いっきり片付けたいと思う時が...

部屋の掃除ができないときは原因を取り除いていきましょう

部屋の掃除ができないのは、何が原因なのでしょうか?いつの間にか散らかってしまう部屋、汚れてしまう部屋...

スポンサーリンク

掃除にやる気を!背中を押す励ましの言葉はやっぱりコレ!

日々、仕事や家事に追われ忙しく過ごしていると、頭の隅では気になってはいても、ついつい後回しになってしまうことってありませんか。

テレビを見ながら部屋の隅に埃が溜まっているのを見つけてしまっても、見なかったことにして「今」を楽しむ人は私を含め、多いのではないでしょうか。

でも、その埃は今放置したとしても、誰かがキレイにしてくれる訳はありませんよね。

「いつかはこない」という言葉があるように、ただ待っていてもその輝かしい「いつか」はやってこないのが現実です。

未来は、自分の行動次第で変わります。

気が付いた時がその時!思い切って行動してみましょう。

掃除は心の掃除

掃除をするということは、部屋が片付くというだけではありません。

物がゴチャゴチャして散らかっている部屋で過ごしていると、様々なストレスが溜まり、常にイライラした状態になることも少なくありません。

逆に、キレイに片付いた部屋で過ごしていると、心にも余裕が生まれ、ストレスフリーになります。

掃除をすることで、心も掃除することができるということですね。

掃除とは?自分がしたことに対して『かたをつける』ということ

書店に行くと、「掃除」や「片付け」に関する本がたくさん並んでいます。

掃除の手順や効率的な方法、そして片付けをすることによる心理的効果など、内容も様々ですが、これだけ内容が豊富で需要があるのは、掃除や片付けが人生にとって欠かせないものだからということとも言えます。

片付けとは「かたをつける」こと

片付けという言葉を文字にして見るとよく分かるように、”かたをつける”という意味になります。

”かたをつける”という言葉は、「物事を処理する」「物事のケリをつける」という意味があります。

これは単純に物を片付けるという意味ではなく、「自分の人生において何が自分にとって必要で、必要じゃないかということを判断する」ということです。

ただ物を整理整頓して終了ではなく、自分が過去に体験したことに”かたをつけて整理する”ということが重要なポイントです。

正しく片付けることができるということは、大きく言うと自分の人生のテーマがはっきりしているということなので、自分の思い描く未来により近づきやすくなります。

掃除をしたら人生が変わる!と言うけどなぜ?その点を知るとやる気が出ます

部屋の状態が心に与える影響

掃除や片付けがあまり得意でない人は、「掃除しても、どうせまた散らかるからやる必要がない」とか「このままの状態が自分にとってはベスト」などと思っている人が多いのではないでしょうか。

掃除をしても、自分にとってはっきりしたメリットがなければ、やる気が出ないのは当たり前のことかもしれませんね。

でも、物が乱雑に置かれた部屋が使いやすいということは客観的に見てありません。

「物がテーブルや床に置いていなければ使いにくい」というのは、残念ながら怠慢からきている言い訳に過ぎないのです。

「部屋の状態は、心の鏡」と言われるように、物が乱雑に散らかった部屋では目的の物を探すのに時間を取られたり、ストレスが蓄積されてしまいます。

物があるべき場所にしまわれていて、整頓されている部屋では、探すのも元に戻すことも簡単でストレスなくできるため、心に余裕が生まれ、思考も無駄なくスッキリします。

このように、部屋の状態が心に与える影響というのは、大きいということが言えます。

いらない物を手放して、より良い物を手にする

自分の人生を振り返ってみてください。

今まで良いこともあれば悲しいことも経験してきたのではないでしょうか。

でも、人は不思議な物で、何かを手放すと、その空間を埋めるように、もっと良い物や自分にとって本当に必要な物が入ってくるものです。

例えば、自分にとってストレスになっていた人間関係を断つことによって、不思議とぴったりの出会いがあったりもします。

家の掃除でも同じことが言えます。

押入れにしまってある不要な物は、思い切って処分することで、豊かな心を手にすることができるでしょう。

部屋が汚いのはどういう状態?これを知れば掃除にやる気が出てきます

部屋が汚い人の共通点

人は見た目が大事という言葉もあるように、部屋がキレイな人、汚い人は、見た目にも現れることが多いため、ある程度その人の部屋の状態が分かってしまうこともありますよね。

例えば、職場のデスクが物で溢れていたり、カバンの中身が常にパンパンだったり、衣服にシワが付いても気にする様子がないなど、これだけで部屋が汚いと判断するのは強引かもしれませんが、このような人の多くは自宅でも同じような状態であると考えるのが自然です。

汚部屋に住むと、こんな影響が

一般的に、部屋が汚い状態というのは、物が収まるべきところに収まっていなくて、床などに散乱している状態の部屋のことです。

よく汚い部屋のことを「汚部屋(おべや)」とも言います。

汚部屋に住む人の多くは、部屋が汚いという自覚はありながらも、掃除のやる気が出なかったり、キレイにする方法が分からない、毎日忙しくて時間が取れないなどの理由から部屋をキレイにすることが出来ないことがほとんどです。

人は誰でも汚い部屋よりはキレイな部屋で生活する方を選びますよね。

好き好んで、汚い部屋にしたり、汚い部屋をあえて選ぶ人はいないと思います。

ただ、毎日の生活をしていく中で、物がどんどん溜まっていき、部屋の空間が物で侵食されたりして物が行き場をなくして部屋が汚くなってしまうという人は多いようです。

部屋が汚いと、見た目が悪いばかりではなく、心や身体にも影響を与えます。

部屋を片付けられないということは、自己管理が出来ていないことが原因のひとつとして考えられますので、部屋が汚い人は「太りやすい」という特徴があります。

また、ハウスダストだらけの家で生活をしていると、埃を吸い込んでアレルギーやぜんそくを発症してしまうというケースもあります。

掃除に対して常にやる気が出る言葉『整理整頓』

言葉によって、やる気が出たり、勇気をもらって前に進めるということもありますよね。
苦手な掃除を前に、どうもやる気が出ないというあなたにおすすめの整理整頓に関する言葉をご紹介しましょう。

いきなり「捨てる」から始めない

”断捨離”は、不要な物を捨てることによって、物に執着する”心”を手放すという言葉の教えもあります。

部屋を片付けるために、なんでもかんでも捨てれば良いという訳ではありません。

自分にとって、本当に必要な物と不要な物をきちんと選別するということが大切です。

物の適量は8割

「腹八分目」という言葉もあるように、物を収納する時にもスペースいっぱいを使ってびっちり詰め込むより、収納する量は8割程度に留め、余裕を持たせたほうが美しく見えます。物が増えたら、何か処分し、収納スペースを広げないということも大切です。

はじめから完璧を目指さない

いきなり本やテレビに出てくるようなキレイな部屋を目指して片付け始めると、途中で挫折して先に進めなくなることもあります。

自分にとって、使いやすい部屋にするということを目標に、試行錯誤しながら自分なりのゴールを目指しましょう。

整理整頓上手は体もスリム

普段から整理整頓ができる人は、気付いたらすぐ、こまめに動くため、スリムな人が多い傾向があります。
部屋がキレイになると、ストレスもなくなるので、今までコントロールできなかった食欲もセーブできるようになり、自然とスリムになることが多いのです。

『掃除をする』この言葉に込められた思いとは

掃除で会社を変える

社会で成功を収めている人の中には、「掃除」を習慣化している人が多くいます。

人の上に立つ社長自ら、会社や周辺の掃除に積極的に取り組み、周りからの信頼を得ているのケースも少なくありません。

人から信頼されるためには、人との心の調和がとれているということ。

「この人なら信じられる」と人の心を動かすためには、口先だけではなく、行動も伴っている必要があります。

その代表的な例が人が嫌がる「掃除」です。

掃除をすることが、会社の業績アップにはつながらないのでは?と思いますが、社長が掃除をする姿を見せることによって、社員の気持ちも「この会社をより良くしよう」という気持ちに変わり、結果として業績につながるのです。

「掃除」は、単なる片付けや整理整頓ではないということですね。

掃除のやる気を引き出すコツカテゴリの最新記事