片付けが大嫌いな人必見!片付け上手になるためのヒント

片付けが大嫌いな人必見!片付け上手になるためのヒント

片付けが大嫌いで、いつも汚部屋化してしまうという人もいるのではないでしょうか。

急な来客があっても部屋に通せるくらい普段から部屋を片付けたいと思っても、思うように片付かない…。

でも大丈夫!片付けが大嫌いでも片付けることはできます。
いきなりモデルルームのように整理整頓することは無理でも、普段の「ちょこっと掃除」の習慣さえ身に付けばきっとキレイに片付きます。

頑張ってみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

部屋を綺麗に保つメリット。物理的・心理的に得られるものとは

部屋を綺麗にするメリット。 綺麗な部屋で生活している人の心理状態を考えたことありますか? ...

家の掃除が面倒だ!面倒に感じない掃除への考え方とその方法とは

家の掃除が面倒。 やらなきゃならないのに、やる気が出ない。 わかる!わかります! テスト勉...

掃除の手順とほこり掃除のコツ!ふわふわ舞うほこりの掃除方法

空気中をふわふわ舞うほこり。ほこりはとても軽いので、少しの風や空気の流れで空気中を浮遊してしまうため...

思いっきり片付けたいと思った時の片付けのポイントと注意点

部屋が散らかっている、最近忙しくて掃除が出来ていないなどで、部屋を思いっきり片付けたいと思う時が...

掃除が上手な人の特徴とは?家がキレイな人がしているコト

掃除が上手な人の特徴として、こんなことがあげられます。 掃除が出来ない人からすると、不思議に思える...

部屋の掃除をしたくないときにやる気を出す方法を紹介します

部屋の掃除をしようとは思っていてもなかなかやる気が出ないときには、どのようにしてやる気を出したら...

掃除のモチベーションを上げるには?掃除をすれば恋愛運がアップ

恋愛が上手くいかない、なかなか良い出会いがないというときこそ掃除をしたほうがいい!?掃除のモチベ...

掃除や片付けが苦手な人必見!片付け上手になる秘訣

「どうしてこんなにも掃除や片付けが苦手なのか」そんな悩みありませんか? 子供には「こんな部屋じ...

部屋の掃除はどこから始める?効率よく部屋をきれいにしよう

いつの間にか汚くなってきた部屋の掃除をいざ始めようと思っても、どこから手をつけていいのか迷ってし...

ズボラでもできる掃除術。掃除のヒントやマイルールの作り方とは

掃除は面倒、苦手、あまりしないというズボラさん。 ズボラでもできる掃除のポイントがありました。...

毎日の掃除の仕方を解説!掃除の習慣化で綺麗な家を維持する方法

毎日の掃除を一体どのようにすれば、ずっと綺麗な家を維持することができるのか知りたい!という主婦の方も...

掃除のコツを学校の子供たちに指導する時は道具の使い方から

掃除のコツを学校の子供たちに指導する場合、まずは道具の使い方から教える必要があります。 道具の...

片付けのやる気を出す為には自分に合う音楽がオススメ!

片付けのやる気を出すためには音楽が効果的だと言われているけど、どんな音楽が片付けには合うのかと悩んで...

汚部屋の片付けをするときの手順やコツと綺麗な部屋を保つ方法

汚部屋の片付けをしたいと思っていても手順がわからない!こんなお悩みを抱えている人もいますよね。自...

【水垢の落とし方】 洗面台のしつこい水垢を落とす方法

洗面台を使っているうちに、表面がザラザラとしてきたり、白っぽく見えてくる汚れは水垢による汚れです。力...

スポンサーリンク

片付けが大嫌いな人に共通する言い訳

もったいないって、なんだろう…。

片付けられない人に共通して見られること。
それは『モノが多い』ということです。

そう!あってもなくてもいいモノは、基本なくてもいいものなんですよね。

予備って、あると安心するんです。

『〇〇になった時にあると便利だから』

でも、その〇〇な時って、結局訪れなかったりするんです。

出番が無いのに、待機させられているモノたち…。

然るべき時に、然るべき使い方をされるのが道具にとって一番幸せなのでは?

部屋には使うものだけあれば、片付けが必要なほど散らかったりはしないものです。

片付けるよりまず先に、要らないものを部屋から出してみてはいかがですか?

「すてる」にも2種類あります。

『捨てる』と『棄てる』

自分が使わないものは、大抵他の人も使わないのです。

家にあふれている『モノ』たちはどうあるべきかを考えてみてください。

片付けが大嫌いな人が掃除のやる気を出すには

部屋を見回して、一番散らかっているものって、なんですか?

帰宅して脱いだコート、リビングのダイニングチェアにかけたあったり、ソファーに置いてあったりしませんか?

畳んでいない洗濯物や、部屋着、寒い時に羽織るカーディガンなど『服』って部屋のあちらこちらに置いてありませんか?

まずは『服』の場所を決めるのです。

帰ってきた時に、コートを脱ぐ。そのコートはダイニングチェアやソファーではなくハンガーに掛けハンガーラックに掛けるのです。

洗濯してハンガーに干したものはそのままクローゼットへ。

下着や靴下はたたまずに、タンスの中に入れるだけです。

Tシャツやパジャマも、なんとなく畳んでタンスへ。

衣類って、面倒なんですよ。

  1. 洗濯機にセット
  2. 洗い上がると干す
  3. 乾くと取り込んで畳む
  4. タンスにしまう

衣類の洗濯ってタスクが多すぎるんです。

なので、ハンガーで干すようなものは、乾いたらそのままクローゼットですし、パジャマなんかはいちいち畳んだりしません。

手間を省ければ、面倒がらずに取り掛かることができますよ。

片付けが大嫌いな人から片付けができる人に生まれ変わるには

キッチンだけはキレイに!

キッチンだけはキレイにしておこうと決めます。
決めるんです。
決めたことはやり遂げましょう。

キッチンをキレイにするって、どういうことだと思いますか?

片付けが嫌いな人に共通して見られるクセ、それは『後回しにする』ということです。

夕飯を作り、食べ終わったらめんどくさくなっちゃって『明日の朝、洗えばいっか』なんて思い、寝てしまうんですよね。

新しい一日の始まりを、昨日の後片付けで始めるなんて最悪な一日の始め方を選択してしまうのです。

そう、その日のことはその日のうちに済ませてしまうのは、どんなことにでも共通して言えること。

それをしないのは単純に『だらしがない』だけです。

だらしがない女性で居ることを受け入れるの?

シンクがキレイだと、キッチンの床の汚れが気になりだします。
そうなると、リビングや他の部屋の床の汚れも気になってきます。

少しづつ、キレイにしておく範囲を広げていきましょう。

片付けが大嫌いな人が実践したい片付けの簡単4ステップ

コンビニの割り箸、ポケットティッシュ、ペットボトルについてくるおまけ。
100均の便利グッツに、保存容器。
素敵なお菓子の箱や、紙袋。

いつか使うかもしれないものや、あると便利なものは、なくてもいいものです。

一度、思い切って、すべて捨ててみましょう!

手元になくても困らないことがわかると、気分がスッキリしますよ。

片付けが苦手な人に限って、ものを手元に置きたがるんですよね。
そのモノたちを保管する手間や労力をかけないのに。

モノがあると管理をしなければなりません。

ですから、毎日使うものでなければ基本的に手元に置いておく必要がないんです。

モノを仕分けしてみましょう。

  • 毎日使う
  • あると便利
  • なにかに使う
  • とっておきたい

この中で、あなたの生活と人生に本当に必要なものってなんですか?

片付けが大嫌いな人が整理整頓する前に気をつけたいこと

収納は悪です!

笑っちゃうけど、部屋を片付ける時、収納する道具を買ったり、収納場所を確保すると『負け』だと思うようにしています。

  • 収納は悪
  • 収納は敵
  • 収納は不要

だって、収納しておくって『取っておく』ってことですよね?
生活に必要なものは『取っておくもの』ではなく『使うモノ』なはず。

ですから、収納を作れば作るほど、整理整頓ができなくなるんですよ。
使うものですら片付けられないのに、使わないものを収納しておいたものを管理できるわけがありません。

もちろん、衣替えの洋服や季節のものは収納して置かなければなりません。

ですが、基本的にはリビングやキッチンに『収納』は不必要だと思って生活しています。
我が家のキッチンの頭上にある収納扉の中には、ほとんど何も入っていません。
日常、使いにくいその扉の中に入れておくものってありますか?

掃除のやる気を引き出すコツカテゴリの最新記事