掃除のやり方がわからない!今さら聞けない掃除の手順とは

掃除のやり方がわからない!今さら聞けない掃除の手順とは

掃除のやり方がわからなくてこんなこと、今さら人に聞けないと思う方もいるのではないでしょうか。

家事は、自分が納得する方法でおこなえばいいんですよ。
茶碗を洗ったあと、その食器を煮沸消毒しないと気持が悪ければ、煮沸消毒すればいい。
茶碗を洗ったあと、水切りかごに放置しておくだけでいいという人は、放置しておけばいい。

でも、基本的な掃除のいろはがわかっていないとそこまで行き着かないんですよね。

今回は、基本的な掃除の手順をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

キッチン掃除を業者に依頼する場合の料金相場と注意点について

仕事しながら子育てしていると、キッチンの掃除にも時間をかけることができないですよね。そして気がつくと...

コンロの掃除にはやっぱり重曹!焦げ付きは時間が解決

コンロ掃除で大変なのは『焦げ付き』 今回はパーツごとの『焦げ付き』を落とす方法をご紹介します。...

グリル掃除は重曹にお任せ!重曹を使えば汚れも簡単綺麗に

魚焼きグリルの掃除が苦手な人にこそ、重曹が最適です。 魚焼きグリルは、高温で調理できるとても便...

実家の片付けで出てきた不用品の処分方法と注意点について解説

なかなか家の中にあるものを捨てられない親に代わって、不用品などの片付けを手伝うこともありますよね...

シンクに蓋をしたい時の代用品!身の回りの物で水を止める方法

シンクに水を溜めてつけ置き洗いをするためには、水が流れないように蓋をしなくてはなりませんが、専用の蓋...

電子レンジの掃除には重曹!油汚れを簡単に落とすことができます

重曹を使った掃除方法はいろいろありますが、電子レンジの掃除にも重曹は効果的です。 しかもそのやり方...

レンジの掃除はセスキ炭酸ソーダが便利!掃除方法を解説

電子レンジの掃除をしようと思ったとき、食べ物を温めたり調理するときに使うため、なるべく安全な方法で掃...

コンロの掃除を重曹以外の洗剤で!時間と熱を上手に使って

コンロの掃除って重曹以外でする方法はないのでしょうか? 油汚れには弱アルカリ性の『重曹』で掃除...

まな板を漂白するコツと落ちない汚れを綺麗に除去する方法

まな板の黄ばみやカビは漂白することで綺麗になりますが、それだけでは落ちない時もあります。 汚れ...

掃除をするとほこりが舞う時にできる対処法と正しい掃除の手順

家の中を綺麗にしようと思って掃除をしても、空気中を舞うほこりを綺麗にすることはなかなか難しいですよね...

ガスコンロの掃除は重曹を使って油汚れも焦げ付きも落とそう

ガスコンロの掃除は苦手な人も多いと言われている箇所。そのため、油汚れなどもひどくなり、なかなか落とせ...

一人暮らしの食器棚の収納術!狭いキッチンの収納を増やす方法

一人暮らしのキッチンは狭いことが多く、食器棚を置く場合にもそれほど大きなものは置けません。しかし、キ...

シンクの詰まりが洗剤が原因のときの詰まりを自分で解消する方法

キッチンのシンクの詰まりは洗剤の塊が溶け切らなかったことでも起きます。 洗剤によるシンク詰まりであ...

グリルの掃除を簡単に!片栗粉を使った裏技と掃除方法を解説

魚焼きグリルを使って魚を焼いた後は、グリルの掃除をしなくてはなりません。この作業を面倒に感じてしまう...

ステンレスの掃除方法!ピカピカにするための効果的な落とし方

キッチンのシンクのステンレスの掃除は、忙しいとついつい後回しになってしまいます。洗い物の最後にしよう...

スポンサーリンク

掃除のやり方がわからない。掃除の基本は奥から手前、上から下です!

掃除のやり方がわからないという人は、まずは掃除の手順を確認してから、掃除を開始してみましょう!

ポイント1.奥から手前に掃除する

掃除をする時は、玄関を基準にして「奥から手前」になるように掃除を行います。まずは奥の部屋から掃除を開始し、手前の部屋にゴミを掃き出してきて、その後玄関の掃除を行いましょう。このような手順で行うと、スムーズに掃除をすることができますよ!

ポイント2.上から下に掃除する

地球には重力がありますよね。これを考えてみてもわかるのですが、ホコリは上から下へと落ちて行きます。まずは上のホコリを掃除して下に落とすようにしましょう。最終的に床を綺麗にすれば、掃除もスムーズに進みますよ!

ポイント3.キッチンやトイレ、浴室は水回りから掃除スタート

キッチンやトイレ・浴室など、水がある場所の掃除は、まず先に水回りから掃除をするようにします。床や壁を先に掃除すると、水回りを掃除したときに水が飛び散り、もう一度掃除する必要が出て二度手間になってしまうからです。

ポイント4.片付けを最優先に

片付けは、物を減らして整理をすることです。掃除はゴミやホコリを綺麗にすること。まずは片付けをして物を減らし、その後に掃除をすることで、更に綺麗な状態にすることができます。

掃除のやり方がわからない!まずはこの掃除道具を手に入れて!

「掃除をしよう!」と思った時に必要になっているのが「掃除道具」です。掃除をする時は道具が必要ですから、まずは道具を揃えてみましょう。

必要な道具をご紹介します

  • 掃除機
    コードレスタイプのものだと、思い立った時にすぐ似掃除機をかけることができます。軽いものを選ぶと良いですよ!
  • フローリングシート
    食べこぼしやホコリを綺麗にすることができます。ウエットタイプのものと、ドライタイプの物がありますので、用意しておくと便利です。
  • トイレ掃除シート
    掃除をしたあとにそのままトイレに流すことができるトイレ掃除シートです。
  • トイレやお風呂用の洗剤
    トイレとお風呂の両方で使えるものがありますので、こうしたタイプの物を用意すると便利です。つけ置きタイプのものだと、こすらずにすみますよ!
  • お風呂掃除用のスポンジ
    お風呂は水垢が溜まる場所。スポンジでこすって綺麗にする事も大切です。
  • ウエス
    もう着なくなった洋服などを利用し、10センチ四方に切って布を作ります。水拭きや乾拭きをする時に活躍してくれます。

掃除のやり方がわからない!汚れ別洗剤の選び方

掃除をする時に使用する洗剤には、色々な種類の物があります。洗剤の特徴によって、得意な汚れとそうでない汚れがありますので、汚れに合わせて選ぶと効果的です。

  • 中性洗剤
    あまり洗浄力は高くありませんが、色々なものに使用できる万能タイプの洗剤です。掃除できる場所も多いので、幅広く使われています。
  • 酸性洗剤
    尿石や水垢に効力を発揮してくれる洗剤です。酸性の力で汚れを溶かして綺麗にしてくれます。
  • アルカリ性洗剤
    キッチンなどの油汚れや焦げ付き汚れに効果がある洗剤です。手垢や皮脂汚れも綺麗に落としてくれます。油と混ざりあうことで落ちやすくしてくれるという特徴があります。
  • 漂白剤
    汚れの色素を分解してくれます。白くしてくれる作用や殺菌効果があります。カビ取り剤として使用される事もありますよ。

ついでに拭いたり履いたりするだけでキレイをキープできます!

  • トイレを使ったら便座を拭く
    トイレットペーパーなどを使って便座を拭きましょう。トイレ用のシートを使うのも便利です。
  • シンクの水拭き
    使用したあとは、水拭きをするだけでも綺麗に差が出ます。水滴を拭くだけでも、水垢の防止をすることができますよ!
  • ながら掃除
    何かをしながら掃除をするのも効果的!歯磨きをしながら、お風呂に浸かりながらなど、何かをしながら掃除を行うのも綺麗を保つ方法です。
  • 寝る前のテーブルをリセット
    寝る前にテーブルの上を綺麗にリセットするのも効果的。新聞やリモコンを整理整頓するだけでも、綺麗な状態をキープすることができます。
  • 気になる時にお掃除
    フロールングなどはホコリがたまりやすいです。汚れが気になる時に、さっと掃除をするだけでも毎日の綺麗に差が出ます。
  • 玄関は日常的に掃除を
    人の出入りが多い玄関は、毎日の掃除を心がけましょう。外から汚れや家の中の汚れが溜まりやすい場所です。お客様が来たときも、綺麗な玄関で出迎えたいですよね。

掃除のやり方がわからないからずっと汚部屋でもいいと思っていない?

「掃除をするのが面倒だから、別に汚い部屋に住んでいてもいい」こんな考え方をしている人はいませんか?

部屋の掃除をしてもどうせまた散らかるから、いつもいつも掃除をしても、どうせ元に戻るのだから掃除はしなくてもいい…こんな考えの人もいるでしょう。

生活をしていると、確かに部屋の中は散らかります。でも、散らかったり汚れたりするたびにまた部屋を掃除して、綺麗な状態の中で生活をするのが理想的です。

部屋が汚れている人にはわからないかもしれませんが、綺麗な部屋で生活をするほうが、よっぽど豊かな生活をすることができます。

生活の質も向上しますし、ストレスのたまり方も違います。

なくなった物を探してもなかなか見つからないよりは、欲しいものがすぐに手元に来る生活の方が快適だと思いませんか?

部屋が綺麗になると、自分の生活も性格も良い方向に向上するのです。

キッチン・台所の掃除のコツカテゴリの最新記事