ガスコンロの掃除は『セスキ』にまかせて!こすらない掃除方法とは

ガスコンロの掃除は『セスキ』にまかせて!こすらない掃除方法とは

ガスコンロの掃除って、億劫だし、厄介ですよね。

でも、放置するとどんどん汚れが溜まり、拭いただけでは汚れが取れないくらい、カピカピになってしまいます。
こうなると、どんなに頑張って、ゴシゴシしても汚れは落ちず、労力の無駄になってしまいます。

そこでセスキの出番です!

セスキを使えば、ガスコンロの頑固なこびりつき汚れも、サラッと落とすことができます。

それでは、なぜガスコンロの掃除にはセスキがよいのでしょうか?
そもそもセスキって?

そんなセスキの謎と、ガスコンロの掃除手順についてご説明いたします。

参考にして、是非、毎日使っているガスコンロをピカピカにしてみてくださいね!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

まな板を漂白する頻度を知りたい。週一?月一?まな板の漂白頻度

まな板の漂白って、どのくらいの頻度で行えばよいのでしょうか? プラスチック製のまな板なら、塩素...

シンクの掃除にはお酢が効果的?お酢の持つパワーとその使い方

シンク掃除にはお酢が効果的だ、という話を耳にしたことありませんか? 毎日使うシンクは、ちょっと...

コンロの掃除を嫌がらないで!重曹を使い続ければ汚れはつかない

コンロの掃除って、やらなきゃやらなきゃと思うけど、なかなかできないんですよね。 重曹はその役割...

キッチン掃除は油汚れとの戦い!しつこい油汚れも落ちる

キッチンの掃除で頭を悩ませるのは『油汚れ』。 この『油』、性質や汚れ方を知れば、苦なく掃除する...

キッチンの引き出しは意外と汚れているんです!掃除方法はコチラ

キッチンの引き出し。 きちんと締めているから汚れないと思っていても、意外と汚れているんですよね...

コンロの掃除を重曹以外の洗剤で!時間と熱を上手に使って

コンロの掃除って重曹以外でする方法はないのでしょうか? 油汚れには弱アルカリ性の『重曹』で掃除...

換気扇の掃除の仕方!タイプ別ファンの外し方のコツと掃除の手順

換気扇の掃除は大掃除の時のみという方も多いと思います。毎日の料理で油汚れがたっぷりと溜まった換気扇は...

コンロの掃除はセスキ炭酸ソーダを使ってピカピカにしよう

忙しい主婦にとって面倒なコンロの掃除は、少しでも簡単にそして早く終わらせたいと感じているのではないで...

クエン酸と重曹で排水溝掃除!キッチン・お風呂の掃除方法

キッチンやお風呂の排水口は、掃除をしないとどんどん汚れが溜まって臭いがしてしまうこともあります。掃除...

シンクの掃除の洗剤選びのポイントといつも清潔キレイを保つコツ

シンクの掃除にはどんな洗剤を使うのがいいのか悩む人もいるでしょう。 汚れによってはどんな洗剤で掃除...

重曹を使って掃除すれば、レンジの汚れはすべて落とせます

レンジは主婦には欠かせないものですが、掃除しないといろいろな汚れが付いてなかなか落とせなくなってしま...

重曹で掃除。排水口のヌメヌメには重曹とクエン酸が効く

重曹を掃除で使う時に、最も威力を発揮するのが『排水口』の掃除ではないのでしょうか? 重曹&クエ...

掃除のやり方がわからない!今さら聞けない掃除の手順とは

掃除のやり方がわからなくてこんなこと、今さら人に聞けないと思う方もいるのではないでしょうか。 ...

重曹と酢を使ってキッチンの排水口掃除!汚れの原因と掃除の手順

キッチンの排水口のぬめり汚れや嫌な臭いに頭を悩ませている奥さまもいるのではないでしょうか。ヌルヌル汚...

台所の掃除は重曹で!定番すぎるナチュラル洗剤『重曹』について

台所の掃除には『重曹』を使います。 台所の掃除は『清潔』にするということを一番に考えますよね?...

スポンサーリンク

ガスコンロの掃除には『セスキ』が一番!

ガスコンロの油汚れには、セスキを使うのが一番効果的です。
セスキは正式名称を「セスキ炭酸ソーダ」といいますが、このセスキはとにかく油汚れに強い!
よく、油汚れの掃除に重曹や酸素系洗剤を使った方法も紹介されていますが、油汚れにだけ注目すれば何と言ってもセスキが一番です。

ガスコンロの天板や五徳、コンロ周りの壁などに飛びはねた油汚れには、セスキをスプレーして汚れを浮かせて落としましょう。
ここでは、日常的な油汚れに使いたい、「セスキ水」の作り方とその使い方を紹介します。

【セスキ水の作り方】
スプレーボトルに水500mlとセスキ粉末小さじ1を入れて、よく振ったら出来上がりです。
セスキは水に溶けやすいので、液体にすることで掃除がラクになります。

【セスキ水を使った掃除方法】
油汚れが気になる場所にスプレーして3分ほど待ちます。油汚れをセスキ水が浮かせてくれるので、3分後に拭き取れば、これだけでピカピカになりますよ。
最後に水拭きで仕上げをしてください。

セスキ水ではこびりついた油汚れを浮かせることは難しいので、お料理をした後の、日頃のコンロ掃除に使うイメージでおこなってください。

ガスコンロで厄介なこびりつき汚れの掃除には『セスキ』でつけ置き洗いを

セスキ水でスプレーしても落ちない、こびりついた油汚れは、つけ置き洗いで落としましょう。こびりついた油は、冷えて固まってしまっているので、それに対抗するために、今回はお湯を使っていきましょう。

  • 【用意するもの】
    お湯(40~50度)
  • セスキ粉末
  • 大きなビニール袋
  • スポンジ
  • 歯ブラシ

【手順】

  1.  五徳やグリルカバー、魚焼きグリルなど、油汚れがこびりついている部品をコンロから取り外します。
  2.  ビニール袋に、部品、お湯、セスキを入れます。(お湯2リットルにセスキ大さじ1)
  3.  ビニールの口をしばって密閉します。
  4. 1時間放置します。
  5.  スポンジや、細かい部分は歯ブラシを使って、こびりついた油汚れをこすります。
  6.  お湯で洗い流して、乾かしてからもとに戻します。

簡単ですよね。
これだけで、ベタベタだった五徳もたいていはすっきりきれいになります。
これでも落ちない、頑固な油汚れがある場合には、次の方法を試してみて下さい。

ガスコンロの掃除方法。セスキでこびりつきを浮かせても簡単に取れない場合は?

セスキのつけ置きでは落とすことが出来なかった頑固な油汚れは、次の方法を試してみて下さい。

【セスキ粉末をかけて擦る】
セスキ粉末を直接、五徳などの油汚れに振りかけます。歯ブラシを使って、汚れの部分を擦ってみて下さい。頑固な油汚れも、この方法ならすっきりするのではないでしょうか。
【最終手段はヘラ】
どんな方法を試しても油汚れが落ちないというときには、ステンレスのヘラ(お好み焼きやもんじゃに使うヘラです)をつかって、削ぎ落としましょう。
ただ、この方法を試す場合には、五徳に傷がつくことを、ある程度覚悟してください。
ヘラは、五徳の面に対してなるべく水平にあてるようにしてくださいね。
セスキを使うのは、油のこびりつきです。焦げつき、とは違うので、間違えないように気を付けてください。焦げつきの場合には、セスキよりも重曹の方が効果がありますので、そちらを使ってみて下さい。

頑固な五徳のこびりつきには『セスキ』で五徳を煮る!

五徳の頑固な油汚れには、つけ置き洗いや粉末で擦る方法を紹介してきました。
もう一つ、セスキで煮沸洗浄する方法があるので、そちらも紹介させて下さい。

【セスキで煮沸洗浄】

  1.  五徳が入る大きさの鍋を用意します。
  2.  鍋に五徳と、五徳が隠れる位の水、セスキ大さじ3を入れて火にかけます。
  3.  1時間放置して、お湯が冷めないうちにスポンジや歯ブラシで擦ります。
  4.  お湯で洗い流して、乾かしてからもとに戻します。

お湯で煮ることによって、固まった油に熱が入り、油をゆるめてくれる効果がつけ置き洗いよりも増します。
つけ置きでは落とせない油汚れがあるときには、最終手段の削ぎ落としに行く前に試してみてほしい方法です。

ガスコンロの掃除手順を総まとめい!

それでは最後に、セスキを使ったガスコンロの掃除方法をまとめて紹介します。
部分別に紹介していくので、参照してください。

  • 天板
    天板は、セスキ水を吹きかけて数分放置した後で拭き取り、水拭きをして仕上げます。
    こびりついた油汚れがある場合には、セスキ水や、セスキ粉末をかけてスポンジで擦りましょう。
  • 五徳、グリルカバー
    油汚れが軽い場合には、天板と一緒にセスキ水のスプレーで十分きれいになります。
    もしも汚れが酷い場合には、つけ置き洗いや煮沸洗浄をして、熱で油を浮かせて落として下さい。最終手段はヘラでの削ぎ落としですが、材質に傷がつくため、あまりおすすめはできません。
  • バーナーキャップ
    バーナーキャップもセスキ水でスプレーして拭き取りましょう。
    汚れがひどい場合には、五徳と一緒につけ置き洗いも出来ます。
    バーナーキャップに空いた小さな穴が目詰まりを起こしていないか、時々確認をして、詰まっている時には爪楊枝などで詰まりを取りましょう。

ガスコンロは、毎日の拭き掃除がきれいを保つコツです。
セスキ水を使って、簡単な拭き掃除を毎日行えば、大掃除いらずのきれいなコンロが長続きします。
きれいなコンロで、家族のためにおいしい料理を作ってあげましょう。

キッチン・台所の掃除のコツカテゴリの最新記事