キッチン掃除は【毎日ちょこっとする】コツでいつもピカピカに

キッチン掃除は【毎日ちょこっとする】コツでいつもピカピカに

キッチンの掃除は毎日少しでもするだけでも、キレイな状態を保つことができますよ。

例えば、毎日使うシンクの場合は、一日の洗い物の最後にササッとするだけでもいいんです。

また、コンロ周りも料理の後に済ませてしまえば汚れもすぐに落とせるでしょう。

そこで、キッチンをいつもピカピカな状態にするための毎日の掃除方法などについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

換気扇の掃除の理想の頻度ときれいに使うためのコツについて

換気扇の掃除はめんどうだから大掃除の時しかしない、という主婦の人も多いのではないでしょうか。 ...

ガスコンロの掃除に適した洗剤と道具、掃除手順を覚えれば楽チン

ガスコンロの掃除って、パーツが多く、凹凸もあるから掃除がしにくいんですよね。 でも、汚れに適し...

シンク掃除の仕方とは?毎日の簡単掃除が綺麗に保つ秘訣

毎日使うシンクは、掃除の仕方やコツを知っておくことが大切です。 掃除の仕方をマスターするだけで、日...

グリルの掃除は厄介。でも放置しておくと庫内が悲惨な状態に

グリルの掃除ってやりたくありませんよね。 まず、魚の生臭さが掃除の気持ちを遠ざけます。 さら...

【まな板の消毒方法】熱湯を使った正しいやり方について解説

まな板はしっかり消毒して使わないと食中毒の原因になることはわかっていても、自分はちゃんと消毒できてい...

グリルの掃除を簡単に!片栗粉を使った裏技と掃除方法を解説

魚焼きグリルを使って魚を焼いた後は、グリルの掃除をしなくてはなりません。この作業を面倒に感じてしまう...

ガスコンロの掃除方法!五徳の頑固な汚れを落とす方法とは

ガスコンロの掃除、中でも五徳の掃除はしばらくしていないという人も多いのではないでしょうか。 し...

シンクの掃除にはお酢が効果的?お酢の持つパワーとその使い方

シンク掃除にはお酢が効果的だ、という話を耳にしたことありませんか? 毎日使うシンクは、ちょっと...

まな板を漂白するコツと落ちない汚れを綺麗に除去する方法

まな板の黄ばみやカビは漂白することで綺麗になりますが、それだけでは落ちない時もあります。 汚れ...

まな板を漂白する頻度を知りたい。週一?月一?まな板の漂白頻度

まな板の漂白って、どのくらいの頻度で行えばよいのでしょうか? プラスチック製のまな板なら、塩素...

電子レンジの掃除には重曹!油汚れを簡単に落とすことができます

重曹を使った掃除方法はいろいろありますが、電子レンジの掃除にも重曹は効果的です。 しかもそのやり方...

【掃除を毎日続けるためのやり方とコツ】キッチンから始めよう

掃除は毎日続けた方が良いとわかってはいても、仕事している人はゆっくりと掃除してい時間は取れないのでは...

ステンレスの掃除にはやっぱり重曹!今更ながらの重曹掃除

ステンレス製品の掃除には、やっぱり重曹が一番です。 油汚れを分解させるアルカリ性であること。 ...

キッチン掃除は重曹がおすすめ!三つの姿に変身する重曹の活用術

お掃除をするのが大変な場所の一つがキッチンです。キッチンには色々な汚れが存在していますよね。掃除をす...

コンロ掃除はつけ置きが一番!五徳や魚焼きグリルもピカピカに

面倒なコンロ掃除は、つけ置きして放置するのが一番! コンロ掃除で面倒な五徳や魚焼きグリルも、つ...

スポンサーリンク

キッチンの掃除を毎日簡単にする方法

キッチンの汚れは汚れがこびりついてからでは、掃除に時間が掛かり面倒になります。そのために毎日、汚れが軽いうちにこまめにお掃除するのがおすすめです。

食器はその日のうちに洗おう!

食事の後に食器を洗おうと思っても、疲れてしまい「まぁ、明日でもいいかぁ」なんてついつい後回しにしてしまうことはありませんか?
水につけておけば大丈夫なように感じますが、一晩つけ置きした水には、目に見えない雑菌がたくさん増えてしまいます。
また、ゴキブリなどの虫をおびき寄せてしまう場合もあるので、注意が必要です。
面倒でも、食器はその日のうちに洗うようにしましょう。

ガスコンロもこまめに掃除

ガスコンロに飛んだ油汚れも日にちが経ってしまうと、さらに汚れが固まってしまい、掃除に時間が掛かってしまいます。汚れが柔らかいうちに汚れを落としておきましょう。
食器を洗った後には、必ずコンロの汚れも拭き取るように習慣付けておくとよいですね。

シンクも毎日掃除をすれば、キッチンはいつもピカピカ

食器洗いの後には、シンクの油汚れも落としましょう。
一日の終わりに洗い物が全部終わったら、クレンザーや重曹の粉末などでシンク全体をこすります。
お皿やフライパンに付いていた油汚れが洗い物をしているうちに、シンクにもこびりついてしまうので、シンクもキレイにしておきましょう。
また、洗剤以外でも、紅茶や麦茶のティーバッグでこするという方法もあります。お茶の成分が油汚れを浮かせて、パックの不織布が汚れを吸収します。
また、本来捨てるはずのじゃがいもの皮もシンクの汚れ落としに使えます。じゃがいもに含まれるデンプンがクレンザーのような働きをしてシンクの油汚れを落としてくれます。また、シンク全体を洗い流した後には、できれば水滴を拭き取っておくと、汚れがつきにくくなります。

また、蛇口周りが白っぽく見えるという方はいませんか?蛇口まわりに付く白っぽい汚れは、カルキ汚れです。
水道水に含まれるカルシウムやカルキが白く固まってしまい、普通にこすってもなかなか落ちない汚れです。
このカルキ汚れは酸性のもので溶かして汚れを落としましょう。
クエン酸水やお酢を薄めたものをスプレーして、キッチンペーパーでしばらくパックしておきます。この時にさらにラップで覆っておくと効果が高まります。
その後、パックを剥がした後に、汚れがまだ残っていたら歯ブラシなどでこすり、その後しっかりと水で洗い流します。
酸性の汚れに弱い性質を持つので、レモンの皮でこするのも効果的です。

キッチンを毎日ちょこっと掃除のススメ

キッチンの拭き掃除には、普通のフキンで掃除をするという方が多いと思いますが、マイクロファイバーのタオルは油汚れもかき出しやすく、おすすめです。
水切れも良いので、手の届きやすい場所に置いて、気になった時にちょこっと掃除できるようにしておくと良いですね。

また、キッチンにはたくさんのものがあります。
便利そうで買ったけど、結局は使っていないものや、人からもらったけど全然使っていないものなど、探せばいくつかあるのではないでしょうか?
物があればあるだけ、片付けが大変になってしまいます。
一度、不要なものを見直し処分することも考えましょう。
また、賞味期限が切れている食品などもいくつかあるかもしれません。食品のストックに乾物やレトルト商品を買い置きしているお宅も多いと思いますが、普段食べない食品だからこそ、賞味期限のチェックも怠りがちです。
一度、チェックしてみましょう。

毎日じゃなくてもOK!こまめにしておきたいキッチン掃除とは

毎日は大変だけど、なるべくこまめに掃除をした方が良い場所は次のような場所です。

コンロの焦げ付きを落とす

毎日拭き掃除をしても、コンロに焦げが残ってしまうことはあります。洗剤を付けたタワシやスポンジで汚れを落としましょう。
ガスコンロの汚れ防止にアルミカバーを付けている場合には、汚れがひどくなったらカバーごと交換しましょう。

キッチンパネルの拭き掃除

コンロの周りには油汚れがとても飛び散ります。コンロの周りに壁やタイルがある場合には、そちらもたまには拭き掃除しておきましょう。
タイルの目に入り込んだ汚れには歯ブラシを使うのがおすすめです。

フキンや包丁の除菌

毎日洗っていても、汚れが落ちにくくなってしまったり雑菌が繁殖してしまう可能性があります。
たまには、塩素系漂白剤などを使って、除菌・漂白することをおすすめします。茶渋の気になるカップなども一緒につけ置きしておくときれいになります。

排水溝や蛇口も!いつでもピカピカなキッチンを目指そう

排水口の汚れはこめまに落とさないと、ヌルヌルぬめりの原因になります。
しかし、こまめにお掃除することによって、ぬるつきも起こりませんし、付いている汚れもすぐに落とすことができます。

三角コーナーや排水口のネットに残った食品は、キッチンのイヤな臭いの原因にもなります。夏などの特に気温が高い季節にはすぐに臭いが出てしまうので、なるべくシンクには食品を残さないようにしましょう。

また、最後にシンクや蛇口を拭く場合には、乾いたフキンで拭くことをおすすめします。使っていたベチャベチャのフキンで拭いても、水垢が残ってしまうので乾いたフキンで拭き上げましょう。

キッチンの掃除は、一連の流れで習慣にしておくと面倒にも感じにくくなりますし、常にキレイなキッチンをキープしておくとができます。
なるべく毎日掃除をする、これを徹底するだけでも頑固が汚れが付きにくくなりますよ。

キッチン・台所の掃除のコツカテゴリの最新記事