換気扇のフィルターの簡単な掃除方法と理想の掃除頻度を解説

換気扇のフィルターの簡単な掃除方法と理想の掃除頻度を解説

換気扇のフィルターの掃除は、忙しい主婦にとってはどうしても後回しになってしまうもの。

しかし、その間にどんどん汚れがひどくなっていき、さらに掃除は面倒になってしまうのではないでしょうか。

今回は換気扇のフィルターの簡単にできる掃除方法と、理想の掃除頻度について説明します。汚れがひどくなってしまった換気扇フィルターを一度、徹底的にきれいにしましょう。

また、きれいにした後は汚れを防止するようにしましょう。そのためのおすすめグッズも紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

台所の掃除に欠かせない道具とあると便利な道具。価格も重視

毎日何度も使う水回りは、気がつくと汚れが溜まってしまいますね。 なかでも台所は、毎日の食事を作る場...

【まな板の消毒方法】熱湯を使った正しいやり方について解説

まな板はしっかり消毒して使わないと食中毒の原因になることはわかっていても、自分はちゃんと消毒できてい...

掃除のやり方がわからない!今さら聞けない掃除の手順とは

掃除のやり方がわからなくてこんなこと、今さら人に聞けないと思う方もいるのではないでしょうか。 ...

流し台掃除・排水口掃除は重曹とクエン酸が活躍!掃除方法を解説

キッチンの流し台の排水口から嫌な臭いがしたり、汚れが気になってしまうことがあります。しばらくの間排水...

換気扇の掃除の仕方!タイプ別ファンの外し方のコツと掃除の手順

換気扇の掃除は大掃除の時のみという方も多いと思います。毎日の料理で油汚れがたっぷりと溜まった換気扇は...

キッチン掃除は重曹がおすすめ!三つの姿に変身する重曹の活用術

お掃除をするのが大変な場所の一つがキッチンです。キッチンには色々な汚れが存在していますよね。掃除をす...

キッチンの掃除はこの洗剤がおすすめ!効果的な掃除方法を解説

毎日料理を作っていると、キッチンの汚れが気になってきますよね。掃除をしたいと思っていても、忙しく生活...

台所掃除に重曹とクエン酸を使ったナチュラルクリーニングのコツ

台所の汚れにはいろいろなものがありますよね。 キッチンのシンクの汚れを始め、排水口の汚れや臭い、 ...

キッチンの引き出しは意外と汚れているんです!掃除方法はコチラ

キッチンの引き出し。 きちんと締めているから汚れないと思っていても、意外と汚れているんですよね...

キッチンの掃除道具の収納!より広く使い勝手が叶うコツとは

キッチンの掃除道具の収納は、その広さや間取りなどによっても変わってきます。 例えば、狭いキッチンだ...

ガスコンロの掃除は重曹を使って油汚れも焦げ付きも落とそう

ガスコンロの掃除は苦手な人も多いと言われている箇所。そのため、油汚れなどもひどくなり、なかなか落とせ...

ガスコンロの掃除は『セスキ』にまかせて!こすらない掃除方法とは

ガスコンロの掃除って、億劫だし、厄介ですよね。 でも、放置するとどんどん汚れが溜まり、拭いただ...

【台所の詰まりの直し方】自分の力で直す方法を教えます

台所の詰まりが発生すると、どうやって直せばいいのか気ばかり焦ってしまう人の方が多いのではないでしょう...

シンクの詰まりが洗剤が原因のときの詰まりを自分で解消する方法

キッチンのシンクの詰まりは洗剤の塊が溶け切らなかったことでも起きます。 洗剤によるシンク詰まりであ...

コンロ掃除のラスボス『こげ』に立ち向かう!装備は何が必要か

コンロの掃除で一番やっかいなのが『こげ』ですよね? ゴシゴシこするだけの術ではこの『こげ』とい...

スポンサーリンク

汚れた換気扇フィルターをきれいにする掃除方法とは

ギトギトになってしまった換気扇フィルターは、重曹で磨くと綺麗になります。
重曹は天然由来のもので食品にも使用できるので、小さなお子さんやペットがいる家庭でも安心して使うことが出来ます。心置きなく、振りかけて磨きましょう!

【用意するもの】

  • ゴム手袋
  • 重曹粉末
  • 新聞紙
  • 歯ブラシ
  • スポンジ

【手順】

  1.  水気を拭き取ったシンクに新聞紙を敷きます。
  2.  換気扇のスイッチが切れていることを確認します。
  3.  ゴム手袋を装着して、換気扇フィルターを外し、新聞紙の上に置きます。
  4.  重曹をたっぷり換気扇フィルターの上に振りかけます。
  5.  1時間半~2時間放置して、重曹に油を染み込ませます。
  6.  乾いたスポンジと歯ブラシで換気扇フィルターを擦ります。
    油汚れが残っている場合は、再度重曹を振りかけて、しばらく放置します。(油汚れが落ちるまで繰り返します。)
  7.  油を吸った重曹は、新聞紙に包んでゴミ箱に捨てて下さい。
  8.  油汚れが完全に落ちたのを確認し、お湯で流すように換気扇フィルターを洗い、拭き上げて完了です。

油汚れが残った状態で水分がつくと、擦った時に油が伸びてしまうので、油汚れが完全に落ちるまでは、換気扇フィルターに水がかからないようにして下さい。

この方法だと、粉をかけて放置を繰り返すだけで重曹が油を吸ってくれるので、待ち時間に他の家事ができますよね。

換気扇フィルターの掃除時間を短くしたいなら、洗剤を使おう

重曹の掃除は時間がかかるので嫌!もっと手早く済ませたい!という方は、専用のアルカリ性洗剤を使って汚れを落としましょう。
重曹に比べて、強力なアルカリ性の洗浄力が汚れを浮かせて落としてくれるので、短い時間で汚れが落ちるのが実感できます。

換気扇フィルターの掃除には、泡タイプのスプレー洗剤がおすすめです。
使用するときには必ずゴム手袋を装着し、換気も忘れずに行って下さいね。

スプレータイプの洗剤は漬け置き時間が5~10分程度と短いです。
浮いてきた汚れはスポンジや歯ブラシで擦って落とし、お湯で洗い流せば、あっという間に完了です。
キッチンのいろいろな場所で活躍してくれるので、家庭に1本常備しておくと良いかもしれません。

換気扇フィルターの理想の掃除頻度について

換気扇に付着した油汚れを落とすのに、最適な時期はご存知ですか?
油は、熱で温めるとゆるんで落ちやすいので、冬よりも、夏の方が掃除時期としてはおすすめです。
気温が低いと油は固まってしまうため、いくら洗剤を使用しても、夏に比べると汚れは浮きにくくなります。年に1回しか換気扇フィルターを掃除しないという方は、大掃除の時期を冬から夏に変えてみてはいかがでしょうか。

換気扇フィルターの掃除頻度の理想は3ヶ月に1回です。
年に1回の掃除だと、先ほど紹介したように専用洗剤を使った浸け置き掃除をしないと落とせないほどの油汚れが付着してしまいますね。しかし、こまめに掃除している換気扇フィルターは、食器用洗剤でも十分ピカピカになるのです。
手がつけづらい換気扇フィルター掃除を、簡単な日常のお掃除に変えてしまえば、いつ見ても綺麗な換気扇を維持できますよ。

換気扇のフィルターだけではなく、内部も掃除するようにしよう

換気扇フィルターの掃除と一緒に、ファンや換気扇内部の掃除もしましょう。
方法はとても簡単です。

取り外したファンやカバーなどの部品は、換気扇フィルターと一緒に重曹や専用洗剤で浸け置き洗いしましょう。
換気扇のタイプによって、取り外しにドライバーが必要な場合があります。外すときには足元を確認して、安全におこなってくださいね。

換気扇の外側や内側の壁にも、油汚れは付着しています。
おすすめは、セスキ炭酸ソーダ水を使用して汚れを拭き取る掃除方法です。
スプレーボトルに、水500mlとセスキ炭酸ソーダ小さじ1を溶かしたものを、換気扇の壁面に直接スプレーして、キッチンペーパーで拭き取るだけで油汚れが落ちるので、換気扇フィルターを浸け置きしている間に終わらせることが出来ます。
油が固くなっている場合は、スプレーをした上からキッチンペーパーをかぶせ、更にその上からスプレーをして30分ほど放置してから拭き取って下さい。

換気扇フィルターの汚れを防止するためのグッズとは

一度ピカピカに磨いた後はできるだけ長く、その状態をキープしたいですよね。
換気扇に使える便利なグッズを活用して、日々の汚れから少しでも換気扇を守りましょう。

換気扇フィルターに被せたり、貼ったりして使用するフィルターやカバーは、絶対につけた方が良い便利グッズです。
料理中にはねる油は、蒸気に乗って換気扇の中に吸い込まれます。フィルターやカバーを使用していれば、換気扇の入り口でしっかり油をキャッチしてくれるので、ファンや換気扇内部への油の侵入を最小限にしてくれ、掃除の手間が省けます。
ご使用の際は、定期的な交換も忘れずにおこなってくださいね。

また、マイクロファイバークロスは、水で濡らして絞って拭くだけで汚れを落としてくれる優れものです。気がついた時に、サッと換気扇の周りを拭くだけでも、油汚れが付着しにくい綺麗なキッチンが持続できます。

大掃除のあとは、こまめな掃除と便利グッズの合わせ使いで、油汚れ知らずな換気扇を目指しましょう!

キッチン・台所の掃除のコツカテゴリの最新記事