シンクの詰まりが洗剤が原因のときの詰まりを自分で解消する方法

シンクの詰まりが洗剤が原因のときの詰まりを自分で解消する方法

キッチンのシンクの詰まりは洗剤の塊が溶け切らなかったことでも起きます。
洗剤によるシンク詰まりであれば、なんとか自分で解消したいと考える人も多いでしょう。業者に頼めば費用もかかります。

そこで、シンクの詰まりが洗剤が原因のときの詰まりを自分で解消する方法についてお伝えしていきましょう。

これで、洗剤によるシンク詰まりが発生したときは家にあるものを使って自分で詰まりを解消することができます。
シンクを詰まらせないための日頃からできる予防対策も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

換気扇のフィルターに目詰まりする油汚れは粉の重曹をふりかけて

換気扇のフィルターを毎日洗っている人って、どのくらい居るのでしょうか? 自分のだらしなさを棚に上げ...

キッチン掃除は手順が大切!計画を立ててまずはレンジ回りから

キッチン掃除は手順が大切です。 そのためにもまずは計画を立てることが必要であり、大きく3つに分け、...

コンロ掃除はセスキがあれば完璧!その方法を解説します

普段コンロを掃除しないと、気がついた時には油汚れでベトべトになってしまっているのではないでしょうか。...

台所の棚に収納するときはこの方法なら簡単で使いやすい

台所の棚の収納がいまいち、スッキリしない…奥のものが取り出しにくくしまうのも大変と悩んでいる人は多い...

シンクの掃除道具のおすすめの置き場と収納術をご紹介します

シンクの掃除をしやすくするために、掃除用のスポンジなどをそのままシンクに置いている人も多いかもしれま...

キッチン掃除は油汚れとの戦い!しつこい油汚れも落ちる

キッチンの掃除で頭を悩ませるのは『油汚れ』。 この『油』、性質や汚れ方を知れば、苦なく掃除する...

換気扇の掃除の理想の頻度ときれいに使うためのコツについて

換気扇の掃除はめんどうだから大掃除の時しかしない、という主婦の人も多いのではないでしょうか。 ...

まな板の漂白は重曹でもできる?重曹を使った漂白方法とコツ

まな板の汚れを落とすには、キッチン用の漂白剤が効果的なのはわかりますが、成分が強いため、自然に優しい...

キッチンの掃除道具の収納!より広く使い勝手が叶うコツとは

キッチンの掃除道具の収納は、その広さや間取りなどによっても変わってきます。 例えば、狭いキッチンだ...

ガスコンロの掃除方法!五徳の頑固な汚れを落とす方法とは

ガスコンロの掃除、中でも五徳の掃除はしばらくしていないという人も多いのではないでしょうか。 し...

シンクの掃除。どのように毎日していますか?キレイを保つ秘訣

シンクの掃除って毎日どこまでしていますか? 洗い物をするだけ? 排水口まで洗ってる? シン...

【まな板の消毒方法】熱湯を使った正しいやり方について解説

まな板はしっかり消毒して使わないと食中毒の原因になることはわかっていても、自分はちゃんと消毒できてい...

重曹で掃除。排水口のヌメヌメには重曹とクエン酸が効く

重曹を掃除で使う時に、最も威力を発揮するのが『排水口』の掃除ではないのでしょうか? 重曹&クエ...

排水管掃除でワイヤーブラシを使うタイミングと注意点

排水管が詰まった時は、すぐにでも掃除をして詰まりを解消しなくてはなりませんが、詰まり解消グッズのひと...

【掃除を毎日続けるためのやり方とコツ】キッチンから始めよう

掃除は毎日続けた方が良いとわかってはいても、仕事している人はゆっくりと掃除してい時間は取れないのでは...

スポンサーリンク

キッチンシンクの詰まりは溶け切らなかった洗剤カスが原因の場合がある

キッチンのシンクが詰まった時には、詰まりの原因を突き止めることがまず問題解消の第一歩になります。
「油汚れ」「洗剤汚れ」「食材のカス詰まり」「ヌメリ」など、シンクが詰まる原因は様々ですが、洗剤が原因になる場合には、どのような事が起こるのでしょうか。

シンクの詰まりの原因が洗剤カスだった場合

食器やシンクを洗う時の食器用洗剤、手を洗う時のハンドソープなどの石鹸が、しっかりと流れきらずに、排水管に少しずつ蓄積されていったことで、排水管を狭くし、詰まりの原因を作ります。

そのため、こびりついた洗剤カスを取り除き、その後、専用の溶液を使って排水管をきれいに掃除することなどで解消することができます。
詳しい掃除方法は、次の見出しから紹介していきますね。

洗剤によるシンク詰まりをお湯とタオルを使って解消する方法

目に見える所に、洗剤カスがこびりついていれば、部品を取り外して歯ブラシなどで擦れば詰まりは解消されますが、多くの場合、自分の手が届かない箇所に洗剤カスが溜まっています。

そのため、自分の手を伸ばして掃除をするのは難しく、手に持った歯ブラシを排水管の中に落としてしまって反って逆効果にしてしまうこともあるため、掃除の方法には注意が必要です。

「タオル」と「お湯」で一気に詰まりを解消する方法です。

お湯の圧力を使って、こびりついた汚れを根本から流して落とす事ができるので、一番手っ取り早く、排水管の通りを良くできるのが嬉しいポイントです。

「タオル」と「お湯」でシンクの詰まりを解消する方法

【用意するもの】

  • 古くなったフェイスタオル
  • 60度程度のお湯
  • バケツ

【手順】

  1. シンクのゴミ受け、蓋、排水トラップなどの部品を全て取り外してバケツに入れておきます。
  2. 排水管に、フェイスタオルを詰め込んで、水が流れないように栓をします。
  3. シンクいっぱいに60度のお湯を張り、お湯が溜まったらタオルを引き抜いて一気にお湯を流します。
  4. お湯が勢いよく流れたら、完了です。

洗剤によるシンクの詰まりが解消されたらパイプクリーナーで掃除しましょう

キッチンや浴室などの排水管掃除に使うパイプクリーナーという洗剤がありますが、このパイプクリーナーは、日頃のお手入れように自宅に常備しておいて欲しい洗剤です。

完全に排水管が詰まってしまうと、パイプクリーナーで詰まりを除去するのは難しいのですが、軽い詰まりや、水の流れが悪くなったとき等に使うと、あっという間に問題を解決してくれるので、日頃からこまめにメンテナンスすることが一番の掃除方法です。

タオルとお湯を使って、洗剤カスを洗い流したら、仕上げに、パイプクリーナーで排水管の汚れを一掃しましょう。

使い方は簡単で、先程のように、ゴミ受けや排水トラップなどの部品を取り外して排水管をむき出しにしたら、直接パイプクリーナーの液体を排水管に適量流し込みます。
そのまま1時間程度放置したら、ぬるま湯で洗い流すだけで、排水管の詰まりが解消され、見違える程通りが良くなりますよ。

パイプクリーナーの種類によっては、お湯が使えないものや、事前にボトルごとお湯につけて温めることで効果が高まるもの、使用量が用途によって異なるもの等ありますので、使用前にかならず注意書きに目を通してから使用することをおすすめします。

キッチンのシンクが定期的に詰まりを起こすという方は、パイプクリーナーも強力なものを用意することで、より高い洗浄力を期待できますので、用途に合ったパイプクリーナー選びをしてみてくださいね。

シンク詰まりが解決したら定期的な予防対策が大切

シンクの詰まりは、排水トラップの中、排水パイプ、室外の排水枡などで起こります。

排水トラップや排水パイプが原因で起きた詰まりは、自分で対処することができる

室外の排水管や排水枡で起きてしまった詰まりは、自分で掃除することはなかなか難しく、業者に依頼しなければならないことも多いです。

業者に依頼するほどの重大な詰まりに発展してしまう前に、日頃から定期的に予防対策をしておけば、いつでも水がサラサラ流れる清潔なシンクを維持することができます。

詰まってから掃除をするよりも、「詰まる前に予防する」方法の方が簡単

日頃の掃除の中に、キッチンの詰まり予防を組み込んでみましょう。

シンクの詰まりの原因は、油汚れ、食品カス、洗剤カス、ぬめり等になりますので、まずはこまめにシンクの排水パーツを手洗いするように心がけましょう。

軽い汚れであれば、食器用洗剤をつけたスポンジで擦るだけで簡単に落とすことができますし、手洗いが面倒な方には、キッチン用の漂白剤(スプレータイプ)をトラップに吹き付けておくだけでも、十分対策ができます。

先程も紹介した、パイプクリーナーは、週に1回程度使用するだけで排水パイプ内の詰まりの予防になります。

どの方法も、ものの1~2分で出来てしまう簡単な予防対策、掃除方法になりますので、日頃からぜひシンクの掃除に取り入れてみてくださいね。

シンクは日頃からできる手入れと注意点を守って使いましょう

シンクの詰まりを予防するために、定期的な掃除が大切なことはすでに説明しましたが、最後にシンクの使い方について解説をしたいと思います。

何度も言うように、シンクが詰まりを起こす原因は、油汚れ、食品カス、石鹸カスなどになるわけですから、このような汚れを溜めないようにシンクを使うことができれば、より詰まりにくいシンクに近づくわけですね。

油汚れの対策は、調理に使ったフライパンや鍋、食品油が付着した使用済みの皿等に付着した油を、予めキッチンペーパーなどで拭き取ることで可能になります。
スーパーなどでもらった余分なレジ袋などをクシャクシャにして、キッチンペーパー代わりに使うのもおすすめです。

シンクの食品カスは、しっかりゴミ受けでキャッチする

大きな食品の切れ端などは、直接ゴミ箱に入れる、ゴミ受けにはネットを掛けるなども、大切な対策になりますね。

洗剤汚れやヌメリを溜め込まない為には、食器洗いが終わった後に、余分に15秒程度ぬるま湯を流すというのが、おすすめの対策になります。

どれも、やらないよりはやったほうが良い対策になりますので、シンクが詰まりやすいという方は気にしてやってみると良いかもしれません。

キッチン・台所の掃除のコツカテゴリの最新記事