台所掃除でシンクをいつも綺麗に保つコツや苦手でもできる掃除法

台所掃除でシンクをいつも綺麗に保つコツや苦手でもできる掃除法

台所掃除でシンクも綺麗にしているつもりだけど、すぐにまたシンクの汚れが気になるというあなた。
シンクは毎日使うものだからこそ、いつも綺麗にしておきたいですよね。
しかし、掃除が苦手だとこの掃除方法で合っているのかも不安になるし、もっと簡単に綺麗をキープできる掃除のコツを知りたくなるものです。

そこで、ここでは台所シンクの簡単な掃除方法、掃除が苦手でもできるシンク周りを綺麗に保つコツ、毎日のお手入れ術のポイント、綺麗な台所にする秘訣についてお伝えしていきます。
これで、今日からあなたの台所やシンクはピカピカですよ。
すぐに掃除のコツを身につけることができるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

まな板の漂白はどのくらいの時間放置すべき?まな板漂白のコツ

まな板の汚れを取るために漂白をしたいけど、どのくらいの時間放置すればいいのかで悩んだことありませんか...

一人暮らしの狭いキッチンの収納アイデア!すっきり収納のコツ

一人暮らしのお部屋はキッチンもコンパクトで、収納にお困りの方は多いと思います。キッチンには収納しなけ...

シンクの掃除。どのように毎日していますか?キレイを保つ秘訣

シンクの掃除って毎日どこまでしていますか? 洗い物をするだけ? 排水口まで洗ってる? シン...

【グリル掃除のコツ】網についた焦げを落とすための掃除方法

グリルを使って魚を焼くとおいしく食べられるのがメリットですが、その後の掃除が面倒だという人の方が多い...

一人暮らしの食器棚の収納術!狭いキッチンの収納を増やす方法

一人暮らしのキッチンは狭いことが多く、食器棚を置く場合にもそれほど大きなものは置けません。しかし、キ...

キッチン大掃除の手順とポイント!効率的にキレイにする方法

大掃除の季節が近づくと、ちょっと憂鬱になるという方も多いのではないでしょうか? 主婦が大掃除で...

シンクのつまりを解消させたい!自分でできることとできないこと

シンクがつまった!? シンクの流れが悪い、悪臭がすると感じたら、一番に考えられるのは『油汚れ』です...

まな板を漂白する頻度を知りたい。週一?月一?まな板の漂白頻度

まな板の漂白って、どのくらいの頻度で行えばよいのでしょうか? プラスチック製のまな板なら、塩素...

換気扇の掃除の理想の頻度ときれいに使うためのコツについて

換気扇の掃除はめんどうだから大掃除の時しかしない、という主婦の人も多いのではないでしょうか。 ...

換気扇の掃除には重曹ペーストが効果的!その方法を解説します

換気扇のギトギトした油汚れが気になるものの、どんな方法で掃除するのが一番効果的なのか悩む人も多いでし...

グリルの掃除を簡単に!片栗粉を使った裏技と掃除方法を解説

魚焼きグリルを使って魚を焼いた後は、グリルの掃除をしなくてはなりません。この作業を面倒に感じてしまう...

コンロ掃除はセスキがあれば完璧!その方法を解説します

普段コンロを掃除しないと、気がついた時には油汚れでベトべトになってしまっているのではないでしょうか。...

重曹で掃除すれば、換気扇フィルターの頑固な汚れも落とせます

重曹は家中の掃除に使用できる万能洗剤としても人気ですが、換気扇フィルターの頑固な汚れに対しても効果が...

換気扇の掃除にはやっぱり重曹!試行錯誤の末に編み出した掃除法

換気扇のフィルター掃除。 フィルターは濡らさずに、広げた新聞紙の上へ。汚れたフィルターに、粉末...

五徳掃除は重曹にお任せ!汚れレベルに合わせた五徳の掃除方法

油汚れが気になる五徳。五徳掃除は重曹1つあれば綺麗になります。 ただし汚れのレベルによって重曹...

スポンサーリンク

台所のシンク掃除は毎日ちょこっとがオススメ

ピカピカに輝くシンクは、料理のやる気も上がりますし、気持ち良く料理をすることが出来ますよね。

キッチンは毎日の料理で使う頻度が高い場所なので、家の中でも清潔に保っておきたい場所です。

シンクでは食材や食器を洗うということが多いですが、シンクの掃除となると後回しにしてしまう人も多いのではないでしょうか。

掃除の頻度が少ないシンクは、水垢や油汚れ、生ゴミなどのヌメリで汚れがつきやすく、長時間そのままにしておくと、どんどん汚れが増殖してヌメリが広がってしまいます。

キレイなシンクを保つには、毎日少しの時間でも掃除する習慣を身につけることがポイントです。

そうは言っても、他の部屋と違いキッチンのシンクはなかなか洗うのに重い腰を上がらないという人も多いと思います。

今回は、そんな人でも簡単にシンクを掃除できる裏ワザをご紹介していきます。

掃除が苦手でもできる台所のシンク周りを綺麗に保つコツ

キッチンのシンクは、食材を洗ったり、下準備に使うところでもありますので、常に清潔にしておきたい部分ですよね。

でも、掃除があまり得意ではない人にとって、他の部屋と違って、ただゴミを取るだけでは終わらないシンクの掃除は、特に苦手と感じる人も少なくありません。

シンクを清潔に保つために掃除以外にも気を付けるべきポイント

  1. シンクには使い終わった食器は置きっぱなしにせず、すぐに洗って、片付けることです。
    時間のない朝は、食器をシンクに置きっぱなしにして、帰宅したらまとめて洗おうという人もいるかもしれませんが、長時間置きっぱなしにすることによって、水分がシンクにずっとある状態になり、それが水垢や油汚れの原因になってしまいます。
  2. 残ったご飯などの生ゴミもそのままにせずに、すぐに捨てることを心がけましょう。
  3. キッチン周りには余計なものを置かないということも大切です。

余計なものを置くことで、掃除の邪魔になり、掃除がしずらくなることを防ぐためです。
このように、日頃から無理なく出来ることを習慣づけることにより、シンクは格段にキレイさを保つことができるのです。

綺麗な台所やシンクをキープする毎日のお手入れ術の掃除ポイント

シンク汚れの1番の敵は「水垢」です。

最初は美しく輝いていたステンレスの蛇口も、掃除をしないといつの間にか水垢などの汚れにより、くすんで汚くなってしまいます。

でも、ステンレスは耐食性があるため、錆びにくいという特性があります。

日頃からちょっとしたお手入れをすることによって、使用当初のような輝きを簡単に取り戻すことが出来るというメリットがあります。

水垢には、アルカリ性の性質があるので、食器用洗剤でキレイに落とすことが出来ます。
シンクは、1日の最後に食器用洗剤をつけたスポンジで全体を磨き、最後に全体の水気を乾いた布巾やキッチンペーパーなどで拭き取るようにすると良いでしょう。

食器用スポンジの他に、シンク洗い専用のスポンジを用意しておくと、食器洗い同様に、シンク洗いの習慣が付きやすいです。

シンクをキレイに保つには、キッチンの性能にかかわらず、毎日のこまめなお手入れが重要です。

毎日、ちょっとした時間をシンクの掃除に当てることにより、汚れが蓄積されるヒマがないので、キレイなシンクを保つことが出来ます。

掃除で汚れをためないことがいつも綺麗な台所にする秘訣

キッチンは、家の中でも目立つ場所なので、お客さんから見られる可能性も高い場所でもあります。

キッチンの掃除は、大きく分けて、シンク部分と、コンロまわり、換気扇の3ヶ所が汚れやすい部分です。

キッチンは、毎日使う頻度が高い場所なので、いつも綺麗なキッチンにするためには、掃除をして汚れを溜めないように心がけることが大切です。

シンク周りの汚れは、水垢による汚れやヌメリが大半です。

食器用洗剤をつけたスポンジで磨き、水で洗い流したら、布巾などでしっかりと拭き取って水気をなくしましょう。

コンロまわりは、料理を作る時に飛びはねる油汚れや焦げ付きがほとんどです。

油汚れは、酸性のため、反対の性質を持つアルカリ性洗剤が汚れ落としに効果的です。

市販のコンロ周り用洗剤の他、重曹もアルカリ性なので、効果があります。

頑固な焦げ付きには、アルカリ性洗剤をまんべんなくかけてしばらく放置し、汚れを浮かせてからこすり落とすと良いでしょう。

換気扇も、油汚れで汚れがちな部分なので、重曹をとかしたスプレーをかけて拭き掃除するころで、汚れが綺麗に落ちます。

ズボラさんでも面倒にならない台所掃除とは

「私、昔から掃除苦手だし…」などと、はなからキッチンの掃除を諦めてはいませんか?
掃除が苦手な人は、「掃除をしなくちゃ…」と嫌々始める気持ちになるので、始める前から掃除が億劫になってしまう人もいます。

いつもの生活パターンに組み込むことによって、自然に掃除の習慣が身に付きます。

ズボラな性格の人は、掃除がしやすいように、最初からキッチンに物を置くのを止めてしまうというのもおすすめです。

物があると、掃除の度にいちいち物をよけたりしないといけないので、何倍もの無駄な労力が必要になってしまいます。

調味料や調理道具は、すべてキッチンの収納にしまうなどして、キッチン周りは思い切ってすっきりさせましょう。

これまでの掃除が嘘のように、短時間で行うことが出来ます。

この便利さを知ってしまうと、もうキッチンに物を置くことに違和感を感じるようになるかもしれません。

キッチン・台所の掃除のコツカテゴリの最新記事