キッチンの掃除方法【換気扇編】重曹を使った換気扇掃除の方法

キッチンの掃除方法【換気扇編】重曹を使った換気扇掃除の方法

キッチンのお掃除で大変な場所といえば「換気扇」ですよね。家の中の掃除の中でもひときわ大変なのが、換気扇掃除ではないでしょうか。

換気扇の掃除をする時は重曹が活躍してくれます。換気扇の汚れの種類に合わせて、重曹を使って換気扇の掃除をしてみましょう。

そこで今回は、キッチンの換気扇掃除を重曹を使って行う方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

まな板の漂白はどのくらいの時間放置すべき?まな板漂白のコツ

まな板の汚れを取るために漂白をしたいけど、どのくらいの時間放置すればいいのかで悩んだことありませんか...

コンロ掃除はセスキがあれば完璧!その方法を解説します

普段コンロを掃除しないと、気がついた時には油汚れでベトべトになってしまっているのではないでしょうか。...

コンロの掃除はセスキ炭酸ソーダを使ってピカピカにしよう

忙しい主婦にとって面倒なコンロの掃除は、少しでも簡単にそして早く終わらせたいと感じているのではないで...

ガスコンロの掃除は重曹を使って油汚れも焦げ付きも落とそう

ガスコンロの掃除は苦手な人も多いと言われている箇所。そのため、油汚れなどもひどくなり、なかなか落とせ...

台所の掃除をハウスクリーニング業者に依頼してみたい!

台所の掃除、誰かにやってもらいたい! そんなときは、ハウスクリーニング業者さんへ依頼しましょう...

台所掃除。気合の入る換気扇掃除をさっさと済ませる方法について

台所掃除で厄介なのは『換気扇』 多くの一般家庭では『シロッコファン』と言われている、いわゆるプロペ...

ガスコンロの掃除は『セスキ』にまかせて!こすらない掃除方法とは

ガスコンロの掃除って、億劫だし、厄介ですよね。 でも、放置するとどんどん汚れが溜まり、拭いただ...

グリルの掃除。焦げ付きをゴシゴシせずに落とす方法

グリルの掃除で、一番やっかいなのが『焦げ付き』ですよね。 グリルは使えば使うほど、焦げ付きがこ...

キッチン掃除は手順が大切!計画を立ててまずはレンジ回りから

キッチン掃除は手順が大切です。 そのためにもまずは計画を立てることが必要であり、大きく3つに分け、...

台所の掃除に欠かせない道具とあると便利な道具。価格も重視

毎日何度も使う水回りは、気がつくと汚れが溜まってしまいますね。 なかでも台所は、毎日の食事を作る場...

シンクの掃除はクエン酸におまかせ!白い汚れもきれいに落ちます

毎日使うシンクですが、洗剤を使って掃除しても白い汚れが取れないことはありませんか。 そこでおす...

キッチンの引き出しは意外と汚れているんです!掃除方法はコチラ

キッチンの引き出し。 きちんと締めているから汚れないと思っていても、意外と汚れているんですよね...

電子レンジの掃除には重曹!油汚れを簡単に落とすことができます

重曹を使った掃除方法はいろいろありますが、電子レンジの掃除にも重曹は効果的です。 しかもそのやり方...

台所掃除に重曹とクエン酸を使ったナチュラルクリーニングのコツ

台所の汚れにはいろいろなものがありますよね。 キッチンのシンクの汚れを始め、排水口の汚れや臭い、 ...

スポンジや洗剤の収納法!キッチンを清潔におしゃれに見せる収納

キッチンの必需品!スポンジや洗剤。収納はどうしていますか?使い勝手を考えるのなら、備え付けのラックを...

スポンサーリンク

キッチンの換気扇を重曹ペーストを使って掃除する方法

キッチンの換気扇の掃除には、重曹で作ったペーストを使うのがオススメですよ。

重曹ペーストを使ってキッチンの換気扇を掃除する方法について

キッチンの換気扇の掃除で用意するもの

  • ゴム手袋
  • 重曹と水
  • ペーストを作る容
  • 雑巾もしくはスポンジ

キッチンの換気扇の掃除手順

  1. 重曹ペーストを作っていきます。
  2. 容器に重曹3に対して水1の割合で混ぜるとペーストが完成します。
  3. 換気扇の汚れた部分にペーストを塗っていきましょう。
  4. ペーストを塗ったら、そのまま30分程つけ置きしてください。
  5. ペーストが汚れを吸収したら、茶色く変色していきます。
  6. 雑巾もしくはスポンジで拭き取っていきましょう。

そうすると、ペーストと一緒に汚れが取れていきますよ。

汚れが落ちない場合は、繰り返しペーストを塗ることでだんだん汚れが落ちていくでしょう。

ぜひ試してみてくださいね。

キッチンの換気扇掃除・細かいパーツはつけ置きを

重曹は、肌にも優しく、環境にも安全なので、最近では掃除の定番グッズとして使われていますよね。

油汚れに強いところも重曹のポイントになります。

しかも、重曹はその汚れに合わせて、使い方も変えられるのです。

例えば、換気扇周りの掃除などには、重曹と水を合わせた重曹スプレーが便利ですよ。

頑固な油汚れにには、キッチンペーパーを当てて、上からスプレーをしておきましょう。

しばらくそのままにすると、綺麗に汚れを落とすことができるんです。

また、細かいネジなどの部品掃除には、重曹のつけおき洗いがオススメですよ。

頑固な汚れには、熱湯も加えることで、より強力になり洗浄力もアップするので試してみてくださいね。

しかし、重曹を使うときには注意したいところもあります。

それは、アルミに使用すると黒ずんでしまうということです。

ですから、重曹を使うときには、アルミ製かどうかを確かめてから使うように気をつけましょう。

キッチンの換気扇掃除付着する汚れの種類について

キッチンの換気扇は主に料理をしているときに使いますよね。

ガスコンロなどで熱せられた食材からは、食材の成分や油分が蒸気となって出ていくでしょう。

そして、換気扇はそれを吸い込んで、外に出しているのです。

しかし、この蒸気ですが、換気扇を通るときに冷やされることで、液体へと変化してしまうものもあります。

この油分などを含んだ液体となった成分が、換気扇に付着して汚れになるのです。

換気扇は、毎日の料理によってどんどん汚れていきます。

これが積み重なり、油でギトギトの状態になってしまうのです。

さらに、換気扇を通るものは、空気中のホコリも同じです。

この油でギトギトの換気扇にホコリが付着すると、もっとひどく汚れてしまいますよね。
あまりに汚い換気扇の下で料理をしていると、付いたホコリが落ちてこないかも心配にもなります。

ですから、定期的に換気扇の掃除をするのがオススメです。

キッチンなどの掃除に重曹を使う時の注意点

キッチンなどの掃除に重曹を使う時には、気をつけたいことがいくつかあります。

例えば、肌への負担が少ないと思われている重曹ですが、実は使い続けることでタンパク質を分解してしまうのです。

これは、手荒れの原因にもなってしまいます。

そのため、肌がデリケートな人や赤ちゃんと接することが多い人などは、できるだけ重曹を水で薄くうすめてから使うようにしましょう。

ゴム手袋を使うこともオススメですよ。

また、重曹はその用途に合わせた使用を選びましょう。

医療用や食用、さらに工業用と大きく3つに分類される重曹は、それによって純度や質が変わってくるのです。

料理には食用を、薬には医療用を、そして掃除や洗濯には工業用を選ぶようにしましょう。

それから、素材によっては塗装が剥がれてしまったり、傷が付いてしまうこともあります。

なので、高価な物などには使用する際に注意してくださいね。

キッチンの油汚れを掃除する時の対策

キッチンの換気扇などの油汚れの掃除には対策があるのです。

それは、温度に気をつけることです。

実は、油汚れは高い温度に弱いのです。

ですから、夏場よりも冬場は油汚れの掃除が大変になります。

冬は気温が低いため、油汚れが固まってしまい、汚れを落とすのに時間がかかってしまうのです。

このとき、ポイントになるのがお湯を使うということです。

お湯を絞った雑巾によって拭き取ることで、汚れは落ちやすくなるでしょう。

それから、油汚れを取るときには洗剤の力をフルに使うこともコツになりますよ。

洗剤は、汚れに反応するまで多少の時間がかかりますよね。

そのため、洗剤を付けてからしっかりと汚れに反応するまでは、すぐに拭き取らずに待つのが一番です。

最低でも1分は待つようにしましょう。

もしも、洗剤を付けてすぐに汚れを拭き取ることができるようであれば、それは洗剤を付けなくても落ちる汚れかもしれませんよ。

まずは、お湯で絞った雑巾で拭き取ってみましょう。

ぜひ参考にしてみてください。

キッチン・台所の掃除のコツカテゴリの最新記事