台所掃除。気合の入る換気扇掃除をさっさと済ませる方法について

台所掃除。気合の入る換気扇掃除をさっさと済ませる方法について

台所掃除で厄介なのは『換気扇』
多くの一般家庭では『シロッコファン』と言われている、いわゆるプロペラ式ではない換気扇が使われているそうです。

換気扇のパーツがステンレス製なら、おすすめの洗剤は『セスキ』
セスキと時間を使って、換気扇の油汚れをキレイにしちゃいましょう!

セスキにつけ置く時間が必要ですが、手間をかける時間は実質30分程度です。

セスキと時間とあとは〇〇を使えば、簡単に換気扇の油汚れをやっつけることができます!

それでは、セスキを使った換気扇の掃除方法を御覧ください!
もちろん、注意事項も合わせてお読みくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

グリルの掃除をラクにするための片栗粉の上手な使い方を解説

魚を焼く時にグリルを使うと、その後の掃除が面倒でイライラするという人も多いのではないでしょうか。 ...

キッチンの引き出しは意外と汚れているんです!掃除方法はコチラ

キッチンの引き出し。 きちんと締めているから汚れないと思っていても、意外と汚れているんですよね...

まな板の漂白は重曹でもできる?重曹を使った漂白方法とコツ

まな板の汚れを落とすには、キッチン用の漂白剤が効果的なのはわかりますが、成分が強いため、自然に優しい...

コンロの掃除にはやっぱり重曹!焦げ付きは時間が解決

コンロ掃除で大変なのは『焦げ付き』 今回はパーツごとの『焦げ付き』を落とす方法をご紹介します。...

コンロ掃除のラスボス『こげ』に立ち向かう!装備は何が必要か

コンロの掃除で一番やっかいなのが『こげ』ですよね? ゴシゴシこするだけの術ではこの『こげ』とい...

ガスコンロの掃除に適した洗剤と道具、掃除手順を覚えれば楽チン

ガスコンロの掃除って、パーツが多く、凹凸もあるから掃除がしにくいんですよね。 でも、汚れに適し...

コンロの掃除方法、頑固な油汚れを徹底的にきれいにしよう

忙しい主婦にとってコンロの掃除はおろそかになりがち。そして油汚れがひどくなってから「よし、掃除しよう...

換気扇のフィルターの簡単な掃除方法と理想の掃除頻度を解説

換気扇のフィルターの掃除は、忙しい主婦にとってはどうしても後回しになってしまうもの。 しかし、...

グリル掃除は重曹にお任せ!重曹を使えば汚れも簡単綺麗に

魚焼きグリルの掃除が苦手な人にこそ、重曹が最適です。 魚焼きグリルは、高温で調理できるとても便...

コンロ掃除はセスキがあれば完璧!その方法を解説します

普段コンロを掃除しないと、気がついた時には油汚れでベトべトになってしまっているのではないでしょうか。...

キッチン掃除は【毎日ちょこっとする】コツでいつもピカピカに

キッチンの掃除は毎日少しでもするだけでも、キレイな状態を保つことができますよ。 例えば、毎...

キッチン大掃除の手順とポイント!効率的にキレイにする方法

大掃除の季節が近づくと、ちょっと憂鬱になるという方も多いのではないでしょうか? 主婦が大掃除で...

排水管掃除でワイヤーブラシを使うタイミングと注意点

排水管が詰まった時は、すぐにでも掃除をして詰まりを解消しなくてはなりませんが、詰まり解消グッズのひと...

換気扇のフィルターについて。交換頻度や付け方のアイディアなど

換気扇のフィルター。あなたは付けていますか?付けていませんか? このフィルターって、皆さんどの...

【ガスコンロの掃除方法】頑固な焦げを取るための秘策を紹介

ガスコンロの掃除はただでさえ面倒なもの。さらに焦げ付きができてしまうと、なおさら掃除することがイヤに...

スポンサーリンク

台所の掃除は油汚れとの戦い。まずは換気扇を分解する

台所の換気扇掃除はとにかく油のベトベト汚れとの戦いです。
油の汚れを見ただけでも憂鬱なのに、そのの上にホコリやゴミなどがつき頑固な油汚れが出来てしまうのです。

やる前は「難しそう」「汚そうで嫌だな」という思いで腰が重いですが、始めてしまえばこっちのものですよ。
「嫌でもやらなきゃいけない」「やるからには綺麗にしたい」と思いが変わり終わった時には達成感に満ちているはずです。

それに毎日料理をする台所で食材を扱う繊細な場所でもありますよね。
そんな台所周りの汚れを見てしまったら、掃除をせずには引き下がれません。

換気扇の掃除について紹介しますので、参考にしながら掃除に取り掛かっていきましょう。
まず整流板、フィルター、シロッコファンを順に取り外していきましょう。
物により取り外し方が異なりますので説明書をよくご覧になってくださいね。

台所の掃除にはセスキ!換気扇だってつけ置くだけでピッカピカ

換気扇の取り外し可能な部分を取り外したら洗っていきます。
洗うといっても頑固な油汚れ…。

台所の頑固な汚れ落としに効果があるのがセスキ

近年主婦たちの間で話題のナチュラル洗剤の1つでもある、セスキをご存知ですか。

市販の洗剤に比べ人体や環境に優しい成分で作られているのが特徴です。

セスキはアルカリ成分の洗剤ですので、酸性の油汚れにかけると中和し分解し、油汚れを落としやすくする働きをしてくれます。

セスキ水をスプレーボトルに入れ、油汚れの部分に吹きかけタオルで拭き取ります。
それでも頑固な汚れがこびりついてとれない時は、セスキ水につけて30分から1時間程度時間をおきましょう。

ナチュラル洗剤であるセスキは拭き取るだけですすぎはあまり必要ないと言われていますが、セスキの濃度によっては必要な場合がありますので状況に合わせ2度拭きや水洗いをしましょう。

セスキ水の作り方

  • セスキ 小さじ1~2
  • 水 500ml
  • スプレーボトル

台所の掃除に威力を発揮するセスキ。でも使えない素材があるので注意

セスキは台所の油汚れにとてもつもない効果を発揮してくれるナチュラル洗剤です。

セスキが使えない素材のものをご紹介します

  • 水でふけないもの、吸い込んでしまうもの
    家具や壁、畳、床などに使用するとシミや黄ばみになる恐れがあります。
    なんの素材かわからない時は、その物の目立たない隅で確かめてから使用すると良いでしょう。
  • アルミ
    アルミ製の貴金属や鍋類は一見汚れは落ちていますが、時間と共に段々と黒ずんでしまいます。
    セスキの成分がアルミを焼けさせてしまう働きをします。
  • フローリング
    フローリングにニスやアクリルコートで保護している場合、セスキを使うとそれらの保護を剥がしてしまいます。
  • 液晶画面
    曇ったり跡になる可能性があります。

万能なセスキは何にでも効果があると思われがちですが使ってはいけない素材がありますので注意してください。
ナチュラル洗剤のメジャーなものだと他に重曹やクエン酸といったものがあります。
それぞれ足りない部分を他のナチュラル洗剤で補い上手く使って、掃除していきましょう。

台所の掃除。細かい部分には歯ブラシよりもゴム手袋がおすすめ

セスキで換気扇のパーツの油汚れを浮かせたら、使い古した歯ブラシでこするのが定番だと思います。
もちろん、細かなメッシュの隙間に行き届き、優秀な掃除道具だと思うのですが、油でギトギトしている段階から、フル歯ブラシでこすると、すぐ歯ブラシにギトギト油が入り込み何本も古い歯ブラシが必要となってしまいますよね?

そんな時には、ギトギトに浮いた油汚れを使い捨てのゴム手袋でなぞるよう馴染ませていきます。

そうすると、ギトギト油汚れがまとまりだしたり溶け出したりして、キレイに取れていきます。

この時、使い捨てのゴム手袋を2重に履くようにしてください。
擦っているうちに、穴が空いてしまうからです。
使い捨てポリエチレン使い捨て手袋を履いて、使い捨てゴム手袋を履くのも経済的です。
ある程度のギトギト油汚れをゴム手袋で撫でて、落としてから古い歯ブラシで細かな箇所をブラッシングしてキレイにしていきましょう。

ギトギト油汚れには、ゴム手袋が掃除道具になるんです。

セスキについて

「セスキ」「重曹」「クエン酸」

これらは環境や人体に優しい成分で作られていると話題のナチュラル洗剤です。
セスキと比べて、どうなのかという違いについての問いをよく耳にします。
クエン酸はセスキと重曹とは違い酸性の成分になりますので、ここでは同じアルカリ性のセスキと重曹を比べていきますね。

セスキは重曹に比べ、粒がサラサラし結晶のようになっていて臭いも歩ほとんどありません。
濃度に関しては重曹よりもセスキの方が高く、それだけ効き目も良いと言うことになりますが、肌への負担もあると言うことになります。

またセスキは重曹よりも水に溶けやすいで、水に薄めて使う場合は拭き取りだけで済みます。
ただし、使用するセスキの濃度によってはすすぎが必要になりますので注意してくださいね。

そしてセスキに水に溶けやすいことから研磨剤効果は含まれておりません。
研磨剤目的でしたら、重曹の方が水に溶けにくいので効果がありますよ。

台所の掃除は季節ごとに。特に換気扇を丁寧に掃除するのは夏がおすすめ

「年末の大掃除」と謳い文句があるように換気扇も1年に1回年末の大掃除にする主婦が多いでしょう。

しかし換気扇の掃除に最も適した時期は夏なのです。
気温の低い冬になると換気扇の油汚れもベタベタに固まったまま、漬け置きしても水温は低くなるのが早く汚れが柔らかくなりづらいです。

それに比べ気温の高い夏ですと固まった油汚れも柔らかくなり、漬け置きしても水温の変化が少なく汚れ分解されやすくが落ちやすくなります。

このように掃除を少しでも楽にする時期を見計らう工夫も掃除に取り掛かりやすくするためのコツです。

ですが、毎日使う台所周りはこまめに綺麗に保ちたいものです。
1年に1度夏や冬に限らず3ヶ月に1度や定期的に換気扇の油汚れを落としていきましょう。
そうすることで頑固な汚れがつくこともなく、夏冬に限らず楽に換気扇の掃除ができるのではないでしょうか。
頻度によっては漬け置きもいらずセスキ水の拭き取りだけで済むかもしれませんね。

そして年に1度は漬け置きをしっかりして綺麗に保ちましょう。
自分なりのサイクルを作り掃除し気持ちよくキッチンを使えるように心がけていきましょうね。

キッチン・台所の掃除のコツカテゴリの最新記事