【グリル掃除のコツ】網についた焦げを落とすための掃除方法

【グリル掃除のコツ】網についた焦げを落とすための掃除方法

グリルを使って魚を焼くとおいしく食べられるのがメリットですが、その後の掃除が面倒だという人の方が多いのではないでしょうか。

特に網に焦げがついてしまうと、こすっただけでは落とせないこともあります。

そこで今回は、グリルの網について焦げを落とすための効果的な掃除方法について説明します。使用するものは「重曹」です。これで焦げを落とすことができるのです。

また、網をきれいにした後は汚れがつかないようにしましょう。そのためにおすすめのアイテムもご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

台所の掃除に欠かせない道具とあると便利な道具。価格も重視

毎日何度も使う水回りは、気がつくと汚れが溜まってしまいますね。 なかでも台所は、毎日の食事を作る場...

【ガスコンロの掃除方法】頑固な焦げを取るための秘策を紹介

ガスコンロの掃除はただでさえ面倒なもの。さらに焦げ付きができてしまうと、なおさら掃除することがイヤに...

換気扇の掃除には重曹ペーストが効果的!その方法を解説します

換気扇のギトギトした油汚れが気になるものの、どんな方法で掃除するのが一番効果的なのか悩む人も多いでし...

重曹で掃除すれば、換気扇フィルターの頑固な汚れも落とせます

重曹は家中の掃除に使用できる万能洗剤としても人気ですが、換気扇フィルターの頑固な汚れに対しても効果が...

シンクのイヤな匂いを今すぐ消臭する方法と原因について解説

毎日使うキッチンのシンク。そこからイヤな匂いがすると、今すぐ消臭したいと思う人の方が多いのではないで...

流し台掃除・排水口掃除は重曹とクエン酸が活躍!掃除方法を解説

キッチンの流し台の排水口から嫌な臭いがしたり、汚れが気になってしまうことがあります。しばらくの間排水...

ステンレスの掃除。普通の水垢・しつこい水垢の掃除方法

ステンレスの掃除で厄介なのが『水垢』ですよね。 基本的には『クエン酸』でのお掃除になりますが、...

台所掃除。気合の入る換気扇掃除をさっさと済ませる方法について

台所掃除で厄介なのは『換気扇』 多くの一般家庭では『シロッコファン』と言われている、いわゆるプロペ...

ステンレスの掃除方法!ピカピカにするための効果的な落とし方

キッチンのシンクのステンレスの掃除は、忙しいとついつい後回しになってしまいます。洗い物の最後にしよう...

換気扇の掃除にはやっぱり重曹!試行錯誤の末に編み出した掃除法

換気扇のフィルター掃除。 フィルターは濡らさずに、広げた新聞紙の上へ。汚れたフィルターに、粉末...

【キッチン掃除】シンクの掃除は汚れの特徴に合わせて落とす

キッチンのシンクはキレイにしているつもりでも、気付くと白っぽいザラザラ汚れが付いていたり、シンクの隅...

レンジの掃除はセスキ炭酸ソーダが便利!掃除方法を解説

電子レンジの掃除をしようと思ったとき、食べ物を温めたり調理するときに使うため、なるべく安全な方法で掃...

まな板の漂白は重曹でもできる?重曹を使った漂白方法とコツ

まな板の汚れを落とすには、キッチン用の漂白剤が効果的なのはわかりますが、成分が強いため、自然に優しい...

【コンロ掃除】五徳の汚れと焦げをスッキリ落とす掃除術

コンロの五徳の掃除は、毎日していますか?忙しいと、どうしても後回しにしがちで、ついつい汚れが溜まりが...

換気扇のフィルターについた汚れを簡単に落とす掃除方法を解説

換気扇の汚れたフィルターが気になるものの、なかなか掃除する時間が確保できない主婦の人も多いのではない...

スポンサーリンク

グリルの網についた焦げは重曹を使った掃除が効果的です

グリルのメリット・デメリット

一般的なコンロには、食材を焼くグリルが付いています。

グリルは、コンロよりも、短時間で高温になるというメリットがあります。

グリルの網に乗せることで余分な油が落ち、旨味が閉じ込められジューシーに仕上がるので、調理をする時に、グリルを頻繁に使う人も多いのではないでしょうか。

グリルの使用目的は、魚を焼く人が多いようです。

魚の皮をパリッと、身をふっくら仕上げるには、フライパンを使うよりグリルを使う方が断然美味しくなりますよね。

ただ、グリルのデメリットとしては、グリルの網に食材の焦げ付きなどが付いてしまい、洗うことが容易ではないということです。

網に付いた焦げ付きをしっかり落とさないと、次に使う時にさらに焦げ付きがひどくなってしまうこともあります。

食材から出る油が、グリル全体をベタベタにしてしまうので、焦げ付きと油汚れというダブルの汚れをキレイにしなくてはいけないということが面倒に感じる人も多いのではないでしょうか。

汚れを放置してしまうと、嫌な臭いも発生してしまうので、使い終わったら出来るだけ早く掃除することが望ましいグリル。

汚れを効率よく落として、気持ちよく使いたいですよね。

グリルの焦げ付きには重曹を使う

グリルにつく汚れは、おもに油汚れです。

肉や魚などの食材を焼いた時に出る油は、グリルの網から受け皿へと落ちます。

汚れが付いてすぐであれば落ちやすい油汚れですが、落とさずに放置していると、油が空気と触れ合うことで酸化し、落ちにくい頑固な汚れへと変化してしまいます。

そのため、グリルの洗浄は、調理が終わるたびに行うようにしましょう。

グリルで汚れやすい部分は、食材を置く網と、その下にある受け皿です。

この2箇所は、使い終わったら、毎回洗浄し、汚れを残さないようにするのが理想的です。

少しの油汚れであれば、台所用の中性洗剤を使って落とすこともできますが、グリル網の頑固な焦げ付きは、重曹を使うときれいに落とすことができます。

重曹水にグリル網を数時間漬け込んだら、スポンジなどで浮いた焦げ付きをこすり落とします。

汚れをふやかすために、水ではなくお湯を使うこともポイントです。

グリルの油汚れには「セスキ」を使いましょう

セスキ炭酸ソーダを使って油汚れを落とす方法

重曹と同じアルカリ性の洗剤である「セスキ炭酸ソーダ」も、グリルの油汚れ落としに効果を発揮します。

セスキ炭酸ソーダは、重曹よりもアルカリ性が高いため、油汚れに対する効果が重曹よりも高いということがわかりますが、手に直接触れることで負担が大きく、手荒れを起こしやすいので、手袋をして直接洗剤に触れないようにすることも大切です。

セスキ炭酸ソーダは、水に溶けやすい性質なので、洗剤として使う時には、あらかじめ水に溶かして使うと便利です。

100均にも売っているスプレータイプのボトルに入れて使うことが、使い勝手が良くおすすめです。

分量は、セスキ炭酸ソーダ小さじ1に対し、水500ml程度です。

グリル内だけではなく、コンロ周りの油汚れなどにも使えるので、キッチンに常備しておくこともおすすめです。

グリルの網に汚れがつかないようにするためのおすすめアイテムをご紹介

網の上にのせるグリルプレートを使う

グリルの掃除は、手が油でベトベトになるばかりか、焦げ付き汚れは力を入れて落とさなくては取れないことも多いため、面倒な作業です。

私の周りには、グリルの掃除をしたくないからグリルを極力使わないようにしているという人もいるほどです。

でも、食材をヘルシーかつジューシーに仕上げてくれるグリルは、美味しい料理を作るための強い味方。

汚したくないからと言って、グリルを使わないのはもったいないですよね。

グリルの掃除が面倒であれば、あらかじめ網に汚れを付けないアイテムを使うことでグリルをキレイに使えます。

おすすめは、網の上にグリルプレートをのせるというものです。

表面にコーティングが施されているので、食材がプレートにこびり付いても落としやすく、波状になっているので、網に乗せて焼くのと同じ効果で食材を焼くことができます。

プレートなので、洗うのも簡単に出来るということがポイントです。

グリルの網の掃除と一緒に庫内や窓もきれいにしましょう

網や受け皿だけではグリルはきれいになりません

私の場合、魚を焼く時は必ずグリルを使用して焼いています。

やぱり魚を美味しく焼くのに、グリルはベストな道具です。

皮を絶妙な火加減でパリッとさせ、身をふっくらさせて焼く道具で、グリルの横に出る物はないでしょう。

グリルを使って魚を焼いた時、庫内に魚の臭いが残るので、網や受け皿は毎回洗うようにしてはいましたが、頻繁に使っているうちに、グリルの窓にも汚れが付き出し、庫内が見えないようになってしまいました。

グリルで食材を焼く時には、網と受け皿だけではなく、庫内には食材の油がはねて壁や窓を汚しているのです。

そのため、網と受け皿をキレイにしていても、なんだか臭いが残ったり、窓が汚れてしまいます。

重曹やセスキ炭酸ソーダを使い、庫内の壁や窓も拭き掃除して、気になる汚れをキレイにしておくと安心です。

グリルの掃除を簡単にするための裏技を教えます

ポイントは片栗粉を使うこと

食材は美味しく焼けるからグリルは使いたいけれど、後片付けを考えると、憂鬱になってしまうグリル。

それなら、後片付けが簡単になる調理方法がおすすめです。

受け皿に水を入れて使うグリルの場合は、水を入れる時に片栗粉を一緒に入れましょう。
片栗粉のデンプンが、受け皿に溜まった油を固めてくれるので、たったこれだけの作業で、後片付けが楽になりますよ。

ポイントは、あらかじめ片栗粉を水に溶かすということ。

グリルの後片付けが簡単になれば、よりグリルを使う頻度も高まりそうですね。

キッチン・台所の掃除のコツカテゴリの最新記事