グリル掃除は重曹にお任せ!重曹を使えば汚れも簡単綺麗に

グリル掃除は重曹にお任せ!重曹を使えば汚れも簡単綺麗に

魚焼きグリルの掃除が苦手な人にこそ、重曹が最適です。

魚焼きグリルは、高温で調理できるとても便利な機能のひとつですが、油汚れも付きやすいため、掃除をするのがとにかく面倒です。
スポンジでこすってしまうと、魚から出た油汚れがスポンジについてしまい、臭いもなかなか取れません。

そんな魚焼きグリルの掃除こそ、重曹が役立つのです!

重曹を使ったグリル掃除の方法についてご紹介しますので、ぜひ試してください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シンクつまりの直し方!自力でつまりを解消したい時の方法

シンクつまりで水が思うように流れない!と困っていませんか? つまりの直し方を知ってなんとか自力で解...

ステンレスの掃除。普通の水垢・しつこい水垢の掃除方法

ステンレスの掃除で厄介なのが『水垢』ですよね。 基本的には『クエン酸』でのお掃除になりますが、...

ガスコンロの掃除方法!五徳の頑固な汚れを落とす方法とは

ガスコンロの掃除、中でも五徳の掃除はしばらくしていないという人も多いのではないでしょうか。 し...

台所を徹底的に掃除しよう!油汚れを完璧に落とすための秘訣

いざ台所の掃除をしようと思っても、油汚れがひどくて断念したくなることもありますよね。 油汚...

まな板を漂白する頻度を知りたい。週一?月一?まな板の漂白頻度

まな板の漂白って、どのくらいの頻度で行えばよいのでしょうか? プラスチック製のまな板なら、塩素...

シンクの掃除に重曹を『粉』で毎日ひと振り使う魔法

シンクの掃除に重曹はマストアイテム! でも、ちょっと『手間がかかる』と感じてはいませんか? ...

コンロ掃除はつけ置きが一番!五徳や魚焼きグリルもピカピカに

面倒なコンロ掃除は、つけ置きして放置するのが一番! コンロ掃除で面倒な五徳や魚焼きグリルも、つ...

重曹を使って掃除しよう!具体的な使い方と注意点を徹底解説

重曹は掃除にも使えると聞いたことはあっても、その使い方がよくわからない人も多いのではないでしょうか。...

ステンレスの掃除にはやっぱり重曹!今更ながらの重曹掃除

ステンレス製品の掃除には、やっぱり重曹が一番です。 油汚れを分解させるアルカリ性であること。 ...

掃除のコツを学校の子供たちに指導する時は道具の使い方から

掃除のコツを学校の子供たちに指導する場合、まずは道具の使い方から教える必要があります。 道具の...

スポンジや洗剤の収納法!キッチンを清潔におしゃれに見せる収納

キッチンの必需品!スポンジや洗剤。収納はどうしていますか?使い勝手を考えるのなら、備え付けのラックを...

換気扇のフィルターについた汚れを簡単に落とす掃除方法を解説

換気扇の汚れたフィルターが気になるものの、なかなか掃除する時間が確保できない主婦の人も多いのではない...

シンクの掃除道具のおすすめの置き場と収納術をご紹介します

シンクの掃除をしやすくするために、掃除用のスポンジなどをそのままシンクに置いている人も多いかもしれま...

ステンレスの掃除方法!ピカピカにするための効果的な落とし方

キッチンのシンクのステンレスの掃除は、忙しいとついつい後回しになってしまいます。洗い物の最後にしよう...

【まな板の消毒方法】熱湯を使った正しいやり方について解説

まな板はしっかり消毒して使わないと食中毒の原因になることはわかっていても、自分はちゃんと消毒できてい...

スポンサーリンク

グリル掃除に重曹が効く理由

魚を焼いて食べるのは好きだけど、魚焼きグリルの掃除は苦手という人も多いですよね。グリルを掃除すると手に魚の臭いや油がついてしまうので出来ることならグリル掃除をしたくない人も多いはずです。みなさんはグリルの掃除をどのようにしていますか?いつもは台所用中性洗剤で洗うことが多いと思いますが、重曹で掃除をしてみましょう。

重曹は弱アルカリ性なので油汚れを分解してくれます。そして粒子が細かいのでこびりついた焦げ付きを取り除き、臭いを押さえる作用があります。そのため魚の油や焦げ付いてしまったグリルの掃除をするのにピッタリのアイテムなのです。

台所用洗剤では落ちなかった油のベタベタもすっきり落とすことができます。

油汚れがついたグリルは重曹ペーストで掃除

重曹を使い家の中の掃除をしている人は多いですよね。重曹はアルカリ性の性質なので、油を溶かし、タンパク質と分解する働きがあります。そのため油汚れや皮脂汚れに強いです。

重曹は掃除だけではなく魚焼きグリルにも使えることを知っていますか?魚焼きグリルの軽い汚れは重曹をふりかけるだけで落ちることがあります。

しかし頑固な汚れは重曹ペーストを使い掃除をしましょう。重曹ペーストの作り方は重曹3と水1を混ぜるだけです。重曹に水を入れ混ぜペーストを作ります。そのペーストを魚焼きグリルの中に塗り伸ばします。

30分放置してスポンジやたわしなどで擦ると油汚れや嫌な臭いがすっきり落ちます。

使用する前にグリルの受け皿に重曹水を入れれば掃除が簡単に!

魚焼きグリルで魚を焼くと、部屋中に魚の臭いが充満してしまったり、後片付けが面倒なので魚焼きグリルを使わない人も多くなりました。レンジで簡単に調理できる物やフライパンを使って簡単に魚を調理出来る物を利用している人も多いはずです。

しかし魚は魚焼きグリルで焼くとふっくらおいしく焼くことができます。グリルの掃除を簡単にする方法を紹介します。

魚グリルに受け皿に重曹水を入れる掃除が簡単になります。重曹は食品添加物なので人体に影響がなく万が一口に入っても安心です。

重曹大さじ1杯とお水を受け皿に入れると、魚を焼いた時に出る汚れを中和してくれます。普段通りに魚を並べ焼きます。脂が重曹水に浮くので焦げ付く心配もなく後片付けがとても楽になり魚臭さも気にならなくなります。

又グリルを使う前、焼く前のひと手間で汚れが落ちやすくなります。グリルを使う前に受け皿に重曹の粉を敷いて置く方法です。重曹の作用でスポンジで軽く擦るだけで掃除が楽になります。

グリル庫内の掃除をする方法

グリルで魚を焼くと美味しく焼き上げることができますが、掃除が大変です。焼き網や受け皿は使用する度に掃除をしている人も多いですが、グリルの庫内の掃除も毎回している人は少ないはずです。

庫内には魚から飛んでしまった油がたくさんついています。そのため定期的に掃除をしないと頑固な汚れになってしまい汚れ落ちが悪くなります。

そこでおすすめの掃除方法はセスキスプレーです。セスキ小さじ1杯と水500ccをスプレーボトルに入れて振り混ぜ合わせます。セスキスプレーを庫内にスプレーして、キッチンペーパーで湿布します。1時間程度放置すると汚れが浮き上がるので、スポンジや歯ブラシなどを使い擦ります。奥の方は割り箸に布を巻き付けて掃除をすると奥の汚れも綺麗にすることが出来ます。仕上げにしっかり水拭きをします。汚れが頑固な場合は何度が同じ作業を行いましょう。

グリル車庫の掃除が終わったら5分空焚きします。庫内の臭いやベタつきが軽減します。

魚を焼いた後の臭いが気になったらグリルの中に茶殻やコーヒー豆の出がらしを入れておくと臭いが軽減されます。受皿に広げ2~3分加熱します。お茶やコーヒーの香りがしたら火を止めます。湿った状態でも加熱することができるので庫内の臭いが気になった時に試してみましょう。

グリル掃除がどうしても苦手な人は、魚焼きグリル用受け皿シートなどのグッズを使うのも方法のひとつ

自宅のコンロに魚焼きグリルがついていても使用しない人が増えています。その理由の1つに掃除が大変、面倒など理由があります。

魚焼きグリルは魚を焼くだけでなく、オーブンやトースターとして使用することも出来ます。魚焼きグリルはトースターよりも高温で調理することができます。そのためオーブントースターがなくても食パンを焼くことができます。オーブンで焼くよりも外はカリカリ中はもちもちに焼き上がります。

受け皿に水ではなく受皿シートを使用すると掃除が楽になります。使用後に捨てるだけなので片付けがとても簡単に済みます。受皿トレーにシートを敷き、シートが浸かるまでたっぷりの水を入れます。使用後は捨てるだけです。焼き魚の嫌な臭いやベタベタの油汚れをシートがキャッチしてくれるので掃除がとても楽です。使いすての商品なので繰り返し使わないようにしましょう。

又グリル敷石を使用する方法もあります。受皿に入れると魚の油を吸収してくれるので、使用する度に受皿を洗う必要がなくなります。石は色が変わるまで何度も使うことができます。

キッチン・台所の掃除のコツカテゴリの最新記事