キッチンの掃除はこの洗剤がおすすめ!効果的な掃除方法を解説

キッチンの掃除はこの洗剤がおすすめ!効果的な掃除方法を解説

毎日料理を作っていると、キッチンの汚れが気になってきますよね。掃除をしたいと思っていても、忙しく生活しているとなかなか掃除をすることもできないのではないでしょうか。

キッチンの掃除をする時は、汚れの種類によって洗剤を使い分けることがおすすめです。色々な汚れが蓄積されるキッチン。汚れの原因と掃除の方法を知って、綺麗なキッチンを保ちましょう。汚れに効果のある洗剤と掃除方法が分かれば、時間を有効に使うこともできますよ。

キッチンの掃除におすすめの洗剤と、汚れの原因・効果的な掃除方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

キッチン掃除を業者に依頼する場合の料金相場と注意点について

仕事しながら子育てしていると、キッチンの掃除にも時間をかけることができないですよね。そして気がつくと...

まな板の漂白は重曹でもできる?重曹を使った漂白方法とコツ

まな板の汚れを落とすには、キッチン用の漂白剤が効果的なのはわかりますが、成分が強いため、自然に優しい...

まな板の手入れ方法。木のまな板を大切に長く使うためには

まな板の手入れ方法は、まな板の材質によって変わってきます。 木のまな板は包丁のあたりがよいので...

ガスコンロの掃除を簡単にしたい!アイディアとコツをご紹介

ガスコンロの掃除が面倒に思うのはなぜでしょう? 一つ目に、パーツが多く、デコボコしているという...

ステンレスの掃除にはやっぱり重曹!今更ながらの重曹掃除

ステンレス製品の掃除には、やっぱり重曹が一番です。 油汚れを分解させるアルカリ性であること。 ...

【重曹を使った掃除方法】キッチンの場所別に使い方は違います

いろいろな場所の掃除に使える万能な重曹。中でもキッチンの掃除にはとても効果があります。 しかし...

部屋の掃除を代行サービスに依頼する。単身でも家庭でも気軽に

部屋の掃除を代行してもらいたい! 現在、富裕層に限らず一般的な家庭でも家事代行サービスを利用す...

【まな板の消毒方法】熱湯を使った正しいやり方について解説

まな板はしっかり消毒して使わないと食中毒の原因になることはわかっていても、自分はちゃんと消毒できてい...

一人暮らしの食器棚の収納術!狭いキッチンの収納を増やす方法

一人暮らしのキッチンは狭いことが多く、食器棚を置く場合にもそれほど大きなものは置けません。しかし、キ...

ガスコンロを徹底掃除!頑固な焦げ付きをきれいに落とす方法

主婦にとってガスコンロの掃除は面倒でどうしても後回しになってしまいますが、そのうち焦げ付き汚れも取れ...

換気扇のフィルターに目詰まりする油汚れは粉の重曹をふりかけて

換気扇のフィルターを毎日洗っている人って、どのくらい居るのでしょうか? 自分のだらしなさを棚に上げ...

グリルの掃除をラクにするための片栗粉の上手な使い方を解説

魚を焼く時にグリルを使うと、その後の掃除が面倒でイライラするという人も多いのではないでしょうか。 ...

ポットの掃除にクエン酸を使う理由と掃除方法

ポットの掃除になぜクエン酸を使うのでしょうか? ポットの内釜にこびりつく白いカピカピの成分は、...

重曹と酢を使ってキッチンの排水口掃除!汚れの原因と掃除の手順

キッチンの排水口のぬめり汚れや嫌な臭いに頭を悩ませている奥さまもいるのではないでしょうか。ヌルヌル汚...

シンクの掃除道具のおすすめの置き場と収納術をご紹介します

シンクの掃除をしやすくするために、掃除用のスポンジなどをそのままシンクに置いている人も多いかもしれま...

スポンサーリンク

キッチンの掃除・シンク汚れにおすすめの洗剤と掃除方法

「キッチンは女の城」と言われているように、女性にとってはこだわりがあったりよく使う場所でもあります。

台所は家族の食事を作る場所でもあるため、家の中でもいる時間が長い場所ですよね。

使う頻度が高いということは、当然汚れやすいところでもあります。

料理を作る時に、キッチンが汚れていると、料理のやる気もなくなってしまいます。

台所の中でも、使う頻度が高い場所に「シンク」があります。

シンクは、料理を作る時に材料の下ごしらえをしたり、使い終わった食器を洗ったりする場所なので、清潔にしておきたい場所でもあります。

シンクは、素材にもよりますが、一般的なステンレス製のシンクの場合、掃除を定期的にしないと、ステンレスが曇り、汚れがついてしまいます。

シンクの汚れの原因は、おもに「水垢」と「油汚れ」です。

水垢は、水道水が乾燥して、水道水に含まれるミネラルやカルシウムなどの成分が混ざり合って出来たものです。

これらの汚れは、アルカリ性の性質なので、落とすのに効果があるのはクエン酸やお酢などの酸性の洗剤です。

しつこくこびりついた水垢には、削って落とすこともおすすめです。

シンクを傷つけないように、プラスチック製のヘラやスポンジなどを使って、こそぎ落とすように水垢を取っていきましょう。

キッチン用のクレンザーをシンク全体に振りかけて、スポンジで磨き、水ですすぎ流すことでも、シンクはピカピカになります。

最後に、シンク内を乾拭きして、水気を取り除いたら、見違えるほどきれいなシンクになりますよ。

キッチンの水回り掃除・排水口のぬめりの掃除方法

キッチンは、水を使う場所なので、どんなに掃除をしていても、水垢汚れは溜まってしまいます。

シンクで食器を洗うと、洗剤がシンク内に飛び散り、放置してしまうと石鹸カスとして頑固な汚れになってしまうこともあります。

汚れを溜めないように、日々のこまめな掃除がシンクをキレイに保つポイントです。

大切なことは、食事が終わって、洗い物が終わったら、毎回の掃除を習慣付けることです。

「また後で使うから」と言って後回しにしてしまうことが、汚れを溜め込む原因になります。

毎回の掃除と言っても、常に念入りな掃除をする必要はありません。

シンクを使ったら、台所用洗剤と食器洗いとは別のスポンジを用意し、シンク全体と、排水口を磨きましょう。

全体に洗剤が回ったら、すすぎ残しがないように、水で洗い流します。

水で流したら、乾いたふきんで全体を拭き、水分をキレイに取ります。

こうすることによって、水垢や石鹸カスが溜まることなく、常に清潔なシンクを手にすることが出来ます。

キッチンでも厄介な汚れ・ガスコンロの掃除におすすめの洗剤

キッチンの中でも、調理する時に使うガスコンロは、汚れの中でも特に頑固な汚れが目立つ場所でもあります。

キレイに使っているつもりでも、調理する時に飛びはねてしまった油や、吹きこぼれた液体は出てしまうものです。

しかし、ガスコンロは調理をするところなので、衛生面を考えると、常にキレイに保っていたい部分ですよね。

ガスコンロの汚れの中でも、特に多いのは油汚れです。

油が飛び散って固まり、放置されて樹脂化されたものが多いため、ただ水拭きしてもそう簡単には取れないのです。

一般的なガスコンロには、五徳や受け皿が乗っていますが、ガスコンロ周りを掃除する時には、これらの部品は取り外し、部品とコンロを別々に洗うことが基本です。

部品を取り外したら、「ガスコンロ用」として市販されている洗剤やシートなどを使い、洗剤をしっかりと染み込ませてから、スポンジなどで拭き取るようにして掃除しましょう。

頑固な油汚れには、スポンジよりも固いブラシなどを使ったり、漬け置きの時間を長くしたり、より強力なクレンザーを使うなど、方法を変えながら、掃除すると良いでしょう。
外した五徳などの部品は、漬け置き洗いが効果的です。

洗剤を溶かした液体の中に部品を数十分漬け込んでから、しっかりすすいで拭き上げます。

拭き上げる時には、普通の布巾よりも、吸水力のあるマイクロファイバー製の布巾がおすすめです。

ガスコンロの頑固な焦げ付きの掃除におすすめの洗剤

キッチンの中でも、汚れが目立ちやすいガスコンロ。

焦げ付きなどの頑固な汚れは、キレイに落として、清潔なキッチンにしたいですよね。

特にコンロ周りの油汚れは、汚れを浮かせて取るという方法がベストです。

油汚れは、「酸性」の性質を持っているため、油汚れにはアルカリ性の洗剤を使うと汚れが落ちやすいです。

ちょっとした油汚れを取りたい時には、万能洗剤とも言われる「重曹」がおすすめです。
重曹小さじ1に対して、水100mlの割合で重曹スプレーを作ったら、コンロまわりにまんべんなく吹きかけましょう。

1~2時間ほど置いたら、乾いた布で空拭きして、水気を拭き取ります。

重曹スプレーでも取れない頑固な油汚れには、市販の油汚れに強い洗剤(マジックリンなど)を使って落とすことがおすすめです。

五徳にも、よく見ると焦げ付きがたくさん付いていることがあります。

同様に、洗剤を吹きかけて汚れを浮かせてから水で洗い流しましょう。

これらの洗剤は、洗剤に含まれる成分が油を溶かしてくれるため、汚れがとれやすくなります。

汚れに応じて、効果のある洗剤を用意しておくことで、ストレスなくキレイに汚れを落とすことが出来ます。

キッチンの換気扇掃除におすすめの洗剤と掃除方法

キッチンの換気扇は、調理する時の水蒸気や煙を外に逃すのに効果的ですが、調理中だけに限らず、一日中付けっぱなしで使っている人も少なくありません。

24時間換気扇を付けっぱなしにしていても、1ヶ月にかかる電気代はそう大きくありませんし、換気扇を止めることによって部屋に匂いが充満したり、部屋全体の換気が出来なくなるため、結露やカビの原因になるなどのマイナス効果もあります。

そのため、使う頻度が高い換気扇も、キッチンの中では汚れやすい場所です。

換気扇のフィルター交換は、1ヶ月に1度、部品を外しての大がかりな掃除は年に一度程度、定期的な掃除をすることが、換気扇の効果を高めるポイントです。

換気扇に付く汚れの多くは、調理をした時の油汚れです。

換気扇の定期的なお手入れには、油汚れに効くアルカリ性洗剤を使い、表面の油汚れをスポンジでこすり洗いしましょう。

換気扇には金属の部品が含まれていますので、掃除の際にはゴム手袋をして掃除をすると安心です。

部品やファンを取り外して洗う時には、割り箸や古布などを使うと、細かい部分の汚れを取ることができます。

キッチン・台所の掃除のコツカテゴリの最新記事