重曹で掃除すれば、換気扇フィルターの頑固な汚れも落とせます

重曹で掃除すれば、換気扇フィルターの頑固な汚れも落とせます

重曹は家中の掃除に使用できる万能洗剤としても人気ですが、換気扇フィルターの頑固な汚れに対しても効果があります。

そのためには時間が必要ですが、本当にきれいになるのでぜひ試してみて下さい。

今回は、重曹を使った換気扇フィルターの掃除方法について詳しく説明します。

注意点は「換気扇フィルターを濡らさないこと」です。そのまま重曹の粉をかけましょう。

重曹はかなり量を使うので、用意してから掃除を始めるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

掃除のやり方がわからない!今さら聞けない掃除の手順とは

掃除のやり方がわからなくてこんなこと、今さら人に聞けないと思う方もいるのではないでしょうか。 ...

ステンレスのシンクをエコ洗剤で掃除!綺麗なキッチンを保つ方法

ステンレスのシンクに付着してしまったサビや水垢汚れ。キッチンは食品を取り扱う場所ですから、安全な洗剤...

コンロの掃除はセスキ炭酸ソーダを使ってピカピカにしよう

忙しい主婦にとって面倒なコンロの掃除は、少しでも簡単にそして早く終わらせたいと感じているのではないで...

シンクの詰まりが洗剤が原因のときの詰まりを自分で解消する方法

キッチンのシンクの詰まりは洗剤の塊が溶け切らなかったことでも起きます。 洗剤によるシンク詰まりであ...

ステンレスの掃除。普通の水垢・しつこい水垢の掃除方法

ステンレスの掃除で厄介なのが『水垢』ですよね。 基本的には『クエン酸』でのお掃除になりますが、...

台所を徹底的に掃除しよう!油汚れを完璧に落とすための秘訣

いざ台所の掃除をしようと思っても、油汚れがひどくて断念したくなることもありますよね。 油汚...

ガスコンロを徹底掃除!頑固な焦げ付きをきれいに落とす方法

主婦にとってガスコンロの掃除は面倒でどうしても後回しになってしまいますが、そのうち焦げ付き汚れも取れ...

グリルの掃除をラクにするための片栗粉の上手な使い方を解説

魚を焼く時にグリルを使うと、その後の掃除が面倒でイライラするという人も多いのではないでしょうか。 ...

ステンレスシンクをピカピカに掃除するための洗剤の選び方

ピカピカだったステンレスのシンクも、毎日使っていると輝きが失われていってしまうもの。料理や食器を洗う...

まな板を漂白する頻度を知りたい。週一?月一?まな板の漂白頻度

まな板の漂白って、どのくらいの頻度で行えばよいのでしょうか? プラスチック製のまな板なら、塩素...

コンロの掃除を重曹以外の洗剤で!時間と熱を上手に使って

コンロの掃除って重曹以外でする方法はないのでしょうか? 油汚れには弱アルカリ性の『重曹』で掃除...

台所の掃除をすると運気が上がる理由と掃除方法を徹底解説

主婦にとって台所は毎日使う場所だとわかっていても、一番掃除が面倒だと言えるでしょう。 しかし、...

コンロ掃除はセスキがあれば完璧!その方法を解説します

普段コンロを掃除しないと、気がついた時には油汚れでベトべトになってしまっているのではないでしょうか。...

台所の棚に収納するときはこの方法なら簡単で使いやすい

台所の棚の収納がいまいち、スッキリしない…奥のものが取り出しにくくしまうのも大変と悩んでいる人は多い...

まな板の漂白は重曹でもできる?重曹を使った漂白方法とコツ

まな板の汚れを落とすには、キッチン用の漂白剤が効果的なのはわかりますが、成分が強いため、自然に優しい...

スポンサーリンク

重曹を使った基本的な換気扇フィルターの掃除方法

手間と時間のかかる掃除場所としても言われている「換気扇フィルター」ですが、実は重曹を使うことで手間なくきれいに落とすことが出来るのは知っていましたか?
万能洗剤とも言える重曹で、是非ピッカピカの換気扇を蘇らせましょう。
ここからは、換気扇フィルターの掃除方法だったり、重曹の性質についても詳しく紹介していきたいと思います。

重曹とは

重炭酸ナトリウムの略名で、性質はアルカリ性です。
水には少しずつ溶けますがアルコールには溶けないという特殊な成分も特徴的です。
料理にも使用される一方で、注目されているのが「お掃除洗剤」としての存在です。
研磨成分が含まれているため、茶渋を落としたり油汚れにも対応できるのです。
また、塩素系の洗剤と違い臭いも無臭で皮膚などへの影響も少ないため、エコな洗剤としてもとても重宝されている理由の一つです。
価格も安価で100円ショップでも販売されている、手に入りやすいというところも人気の理由かもしれません。

換気扇掃除の方法

  1. ブレーカーを落とす。感電する危険を伏せぐためにとっても重要です。
  2. 換気扇のまわりを新聞紙やマスキングテープで養生する。
  3. 換気扇からフィルターを外し、換気扇フィルターに重曹をふりかける。この時、絶対濡らさない事がコツです。
  4. 2~3時間放置後布や歯ブラシで擦って完了。

とっても簡単ですよね。

重曹を使った換気扇掃除方法は、まだありますので下記で紹介したいと思います。

普段の換気扇フィルターの掃除には重曹スプレーを使いましょう

次の掃除方法は、お手製重曹スプレーです。
お手製と言っても重曹と水を混ぜてスプレー容器に入れるだけの簡単洗剤ですから、誰でも作ることが可能です。
重曹もスプレー容器も100円ショップで販売しているので、とっても魅力的な洗剤と言えそうですね。

では、まず作り方から紹介したいと思います。
(重曹スプレーの作り方)

水200mlと重曹小さじ2杯をスプレーボトルに入れて混ぜるだけ。

重曹は少し水に溶けにくい性質のため、しっかり混ぜて使用して下さいね。

では、換気扇フィルターの掃除を始めましょう。
重曹スプレーを使って換気扇フィルターを掃除する手順を紹介します。

(手順)

  1. 換気扇フィルターを外したら重曹スプレーを吹き掛け20分前後放置します。
  2. 汚れが浮き上がってくるのがわかります。油汚れには水よりもぬるま湯かお湯を使い、スポンジや歯ブラシで擦りながら汚れを落としたら完了です。

こちらもとってもお手軽掃除方法ですね。

是非試してみて下さいね。

重曹で落とせない換気扇フィルターの掃除に使えるものとは

一般的には、重曹を使えばある程度の汚れは落ちますが、どうしても長期の汚れなど頑固な汚れがあった場合は、重曹でもかなわない場合があります。
そんな時に登場するのは「セスキ」です。
あまり、お掃除経験がない人なら「セスキとは?」と思いますよね。
セスキについても簡単に説明しますのでご安心下さい。

セスキとは?
セスキ炭酸ソーダの略名です。
こちらも大型の100円ショップで購入することが出来るため安価な洗剤の一つなのです。初心者の人にも使いやすく、重曹同様のアルカリ性物質です。
結晶がサラサラしているため扱いやすいのが特徴的で、安全性が高いので幼児がいる家庭ではとっても活躍してくれる洗剤とも言われています。

重曹との違いをお伝えしますと、重曹より高いアルカリ性質をもっているのがセスキ炭酸ソーダです。
重曹で落ちなかった油汚れには、心強い救世主セスキ炭酸ソーダ!といったところでしょうか。

セスキを使った掃除方法

  1. こちらの方法もとっても簡単です。
  2. 水とセスキの粉をあわせてペーストを作ります。
  3. ペーストにしたいので、水はほんの少しずつ粉に足していって下さい。
  4. このセスキペーストを換気扇の汚れた部分に「ペタッ」と塗り込み放置します。
  5. 上記でお伝えしました通り、重曹よりもアルカリ成分が強いので、放置時間は短めに設定してください。
  6. 30分置いては確認、その後10分、など確認しながら使用することもオススメです。

換気扇フィルターの汚れを防止できるおすすめアイテム

上記で換気扇の簡単な洗浄方法を紹介してはいますが、なかなか思い立つまで時間もかかると思います。
「明日やろう!」「時間のある時に」なんて後回しにしがちなのが換気扇掃除ですよね。
では、出来るだけ換気扇を汚さないように出来る日頃の対策を行いましょう。

その方法は「換気扇のフィルターカバー」を使用することです。

換気扇フィルターカバーとは

フィルター部分にゴム状や磁石で設置することで、直接油がフィルターまで上ることを最大限に防いでくれるカバーです。
換気扇の種類によって、かぶせるタイプや貼り付けるタイプ等様々販売してありますので、自宅にあったものを選んで使用してみて下さい。
価格もうちの場合は100円ショップで1つを購入して使用しています。
3~4回使用できる分が入ってますのでとってもお得に思いますよ。
ホームセンターでも販売していますし、価格帯は200円位から500円位で手に入ると思います。(フィルターの質にこだわりがあるようでしたら、更に高価なカバーも販売していますよ)
このカバーを使用するだけで、劇的に掃除頻度は減りますし、汚れの付着具合も大幅に改善されますので、是非オススメしたいアイテムなのです。

換気扇フィルターは定期的に掃除しないと故障の原因にもなります

例えば掃除を怠って何年も換気扇掃除を放棄していた場合、どんな事になるかご存知ですか?
様々なアクシデントが起こりますので、何点か紹介したいと思います。

掃除をしないと部屋に付いた臭いが取れない

これは、掃除を行わないことで、汚れが付着した状態が長期にわたるため、油の臭いや喫煙する家庭ではヤニの臭いなど、近くを通るだけで臭いが強く発せられることが考えられるのです。

掃除をしないと油の固着により故障してしまう

最悪のパターンですね。
蓄積され続けた油が換気扇フィルターに付着しすぎた結果、フィルターが回らなくなったなんてことも考えられます。
ここまで、放置しておくというのは、故障して初めて掃除を試みたとしても完全に落とし切るには相当の時間が必要になるでしょう。
賃貸のマンションなどでは、故障したものを勿論実費で支払いしなくてはいけませんので、無駄にお金がかかってしまう結果となるでしょう。

上記のようにならないためにと、掃除として長時間かけることをためらっている人は、一ヶ月に30分だけ換気扇掃除の時間をとってみるというのはどうでしょうか?

一ヶ月のうちの30分なら少しはやってみる気持ちにもなりませんか?

油落とし専用の洗剤を雑巾につけて全体を擦り洗いするだけで臭いも油も劇的に落ちることでしょう。
まとめてしようと思うから、手間に感じ手がつけられない状態まで悪化してしまうのです。

放置すればするほど、汚れも臭いも頑固なものとなりますので、手間には思うと思いますが、主婦が毎日使用する大切な空間ですので、定期的な掃除をオススメします。

キッチン・台所の掃除のコツカテゴリの最新記事