コンロ掃除はつけ置きが一番!五徳や魚焼きグリルもピカピカに

コンロ掃除はつけ置きが一番!五徳や魚焼きグリルもピカピカに

面倒なコンロ掃除は、つけ置きして放置するのが一番!

コンロ掃除で面倒な五徳や魚焼きグリルも、つけ置きすることで油を浮き上がらせることができます。後はスポンジや歯ブラシでこするだけ!

つけ置き洗いにはコツがありますので、汚れに応じた方法や洗剤を使ってつけ置き洗いを試しましょう。
コンロ本体の掃除方法もご紹介しますので、ぜひお試しを。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

グリルの掃除。焦げ付きをゴシゴシせずに落とす方法

グリルの掃除で、一番やっかいなのが『焦げ付き』ですよね。 グリルは使えば使うほど、焦げ付きがこ...

換気扇の掃除の仕方!タイプ別ファンの外し方のコツと掃除の手順

換気扇の掃除は大掃除の時のみという方も多いと思います。毎日の料理で油汚れがたっぷりと溜まった換気扇は...

台所の掃除に欠かせない道具とあると便利な道具。価格も重視

毎日何度も使う水回りは、気がつくと汚れが溜まってしまいますね。 なかでも台所は、毎日の食事を作る場...

シンクの掃除の洗剤選びのポイントといつも清潔キレイを保つコツ

シンクの掃除にはどんな洗剤を使うのがいいのか悩む人もいるでしょう。 汚れによってはどんな洗剤で掃除...

換気扇のフィルターの簡単な掃除方法と理想の掃除頻度を解説

換気扇のフィルターの掃除は、忙しい主婦にとってはどうしても後回しになってしまうもの。 しかし、...

排水管掃除でワイヤーブラシを使うタイミングと注意点

排水管が詰まった時は、すぐにでも掃除をして詰まりを解消しなくてはなりませんが、詰まり解消グッズのひと...

台所の棚に収納するときはこの方法なら簡単で使いやすい

台所の棚の収納がいまいち、スッキリしない…奥のものが取り出しにくくしまうのも大変と悩んでいる人は多い...

コンロの掃除にはやっぱり重曹!焦げ付きは時間が解決

コンロ掃除で大変なのは『焦げ付き』 今回はパーツごとの『焦げ付き』を落とす方法をご紹介します。...

まな板の漂白はどのくらいの時間放置すべき?まな板漂白のコツ

まな板の汚れを取るために漂白をしたいけど、どのくらいの時間放置すればいいのかで悩んだことありませんか...

まな板の漂白は重曹でもできる?重曹を使った漂白方法とコツ

まな板の汚れを落とすには、キッチン用の漂白剤が効果的なのはわかりますが、成分が強いため、自然に優しい...

シンクの詰まりを解消したい!排水口が詰まる原因と対策・予防法

シンクの排水口が詰まってしまうと、水が流れなくなって困ってしまうものです。どうにかして詰まりを解消し...

ステンレスの掃除。普通の水垢・しつこい水垢の掃除方法

ステンレスの掃除で厄介なのが『水垢』ですよね。 基本的には『クエン酸』でのお掃除になりますが、...

【ガスコンロの掃除方法】頑固な焦げを取るための秘策を紹介

ガスコンロの掃除はただでさえ面倒なもの。さらに焦げ付きができてしまうと、なおさら掃除することがイヤに...

コンロの掃除を嫌がらないで!重曹を使い続ければ汚れはつかない

コンロの掃除って、やらなきゃやらなきゃと思うけど、なかなかできないんですよね。 重曹はその役割...

キッチン掃除は重曹がおすすめ!三つの姿に変身する重曹の活用術

お掃除をするのが大変な場所の一つがキッチンです。キッチンには色々な汚れが存在していますよね。掃除をす...

スポンサーリンク

コンロの掃除方法!電解水のつけ置き洗いで五徳の汚れを落とす方法

使用頻度の高いキッチン。その中でもコンロは使用する頻度が高いので、すぐに汚れてしまいます。
油や吹きこぼれの汚れる度に、掃除をするといつも綺麗な状態を保つことができますが、ついそのままにしてしまうことも多いですよね。そのままの状態にしておくと、火の熱で汚れが焦げてしまい落ちにくくなります。

コンロの掃除は電解水につけ置きすると簡単に、五徳の汚れを落とすことができます。

【準備するもの】

アルカリ電解水、雑巾、食品保存用フリーザーバック、ゴム手袋、ラップ、不要のポイントカード、スポンジです。

【掃除の仕方】

  1. ゴム手袋を着用し、食品保存用フリーザーバックに五徳を入れます。
  2. フリーザーバックの中にアルカリ電解水を10回程かけ、50度の熱いお湯をバックの半分程度入れる。洗剤は熱によって洗浄効果が増し、汚れ落ちがよくなるので、熱めのお湯を入れましょう。
  3. 袋の中の空気を抜き、チャックをしめて15分つけ置きします。
  4. つけ置きすると汚れが浮き上がり掃除がしやすいくなります。不要のポイントカードを使い汚れを落としていきます。ポイントカードは半分に切って使うと汚れを落としやすくなります。
  5. 汚れを落としたら、スポンジで擦り全体を綺麗にして水で流して乾かすと終了です。

コンロの五徳は、重曹を使ったつけ置き掃除もおすすめ

掃除ははっきり言って面倒ですよね。しかし毎日使うコンロが汚れていると衛生的にもよくないので、汚れを見つけたらすぐに掃除をしましょう。

重曹を使い、コンロの掃除をする方法を紹介します。つけ置きすることで頑固な汚れを力を入れなくても、簡単に落とすことができます。

【掃除の仕方】

  1. シンクの中にゴミ袋など大きめのビニール袋を入れます。そこに重曹1カップを50度のお湯で溶かします。その中に五徳を入れてつけ置きをします。
  2. 30分程つけ置きすると汚れが緩くなります。緩くなった汚れを、不要になったカードやマイナスドライバーを使い落としていきます。細かな部分はスポンジや古い歯ブラシを使うと綺麗に汚れが落ちます。
  3. 汚れを洗い流し布で拭き取り元に戻すと完成です。
  4. コンロの汚れは時間が経つと焦げ付いて落ちにくくなります。そのため定期的に掃除をすることをおすすめします。

コンロの中でも一番汚れる五徳は、煮沸とつけ置きの掃除でピカピカに!

毎日料理をするコンロですが、掃除が面倒ですよね。フラットなタイプのコンロの場合は使用後にすぐに拭いて、綺麗にしている人も多いですが、五徳があるタイプのコンロの場合は汚れをつい、そのままの状態にしてしまいがちです。

汚れをそのままにして使い続けると焦げ付いてしまうので、掃除が大変になってしまいます。コンロの中でも一番汚れる場所が五徳と受け皿と火口です。

汚れがひどくなるとスポンジやスチールたわしなどで、こすっただけでは落ちないこともあります。頑固な汚れには煮沸洗いがおすすめです。

【掃除の仕方】

  1. 大きめの鍋に五徳と水1Lと重曹大さじ1を入れて沸騰せます。
  2. 煮沸した後10分程煮ます。
  3. 放置しつけ置きをします。お湯が冷めるまで放置し、その後スチールたわしやスポンジで擦るとみるみるうちに汚れが綺麗に落ちます。

沸騰してから五徳を入れるとヒビが入ってしまう可能性もあるので水に入れてから沸騰させることをおすすめします。

コンロの魚焼きグリルもつけ置きで!

魚焼きグリルを使用する度に掃除をしていると臭いや汚れは気になりませんが、次に使うまでそのままの状態にしている人も多いはずです。使ったままの状態にしていると臭いがしてしまいますし、汚れ落ちも悪くなります。網には油や焦げ付きがついているので、出来れば洗いたくないですよね。

そこで、つけ置きすると擦らないので手にあの嫌な魚臭さもつきにくくなります。重曹やセスキ、過炭酸ナトリウムなどがあります。自宅にあるもので魚焼きグリルをつけ置きしてみましょう。

大きめのゴミ袋に魚焼きグリルを入れて、お好みの物を入れ50度のお湯を入れると細かな泡が発泡するので、汚れが浮き上がってきます。30分そのまま放置して、たわしでこすると臭いや汚れが綺麗になります。

ゴミ袋を使うとそのまま処分することが出来るので後片付けが楽です。

コンロ本体の掃除方法

コンロ本体には色々な汚れがついています。調理中に吹きこぼれたり、炒めものが落ちてしまったりします。汚れをそのままにしおくと焦げ付いてしまいます。調理後すぐにコンロを掃除すると綺麗な状態を保つことができますが、毎回掃除するのも大変です。

週末など時間がある時に掃除をしている人も多いですよね、コンロの油汚れを取るには重曹をおすすめします。重曹はアルカリ性の天然のミネラル成分を粉にしているので、環境に優しい洗剤です。油汚れは酸性で、重曹はアルカリ性なので汚れが落ちやすいです。

油を含んだ湿っている汚れには重曹を粉の状態で使います。重曹の粉をコンロ全体にふりかけ、その上から酢をかけると泡立ちます。そのまま30分放置します。30分経ったら布で拭き取ると油汚れが綺麗に落ちます。

ガスコンロを綺麗に保つためには、毎日掃除をすることがポイントになります。毎日調理した後に掃除をする習慣をつけるとピカピカのコンロを維持することができます。

キッチン・台所の掃除のコツカテゴリの最新記事