汚部屋の片付けをするときの手順やコツと綺麗な部屋を保つ方法

汚部屋の片付けをするときの手順やコツと綺麗な部屋を保つ方法

汚部屋の片付けをしたいと思っていても手順がわからない!こんなお悩みを抱えている人もいますよね。自分の部屋が汚部屋のままだと、快適な生活をすることが難しいと思います。

汚部屋を綺麗に片付けたい時、一体どんな手順で掃除を行えば良いのでしょうか。コツや綺麗な部屋を保つ方法は?

そこで今回は、汚部屋の片付けをする時の手順やコツ・綺麗な部屋を保つ方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

部屋掃除【収納の極意】ズボラでも短時間で家を綺麗にする方法

部屋掃除の中でも収納が苦手というあなた。きちんと片付かたはずなのに、また気がつけば洋服や物が溢れかえ...

墨汁の落とし方【壁も元通り】コツやおすすめ方法と予防対策

子供が家で習字の宿題をして、うっかり墨汁が壁についてしまったなんてこともあるでしょう。 墨汁の落と...

掃除のやり方がわからない!今さら聞けない掃除の手順とは

掃除のやり方がわからなくてこんなこと、今さら人に聞けないと思う方もいるのではないでしょうか。 ...

掃除を毎日の習慣にする。意識を変えると室内はどんどんキレイ

掃除って考えを捨てる。 毎朝・毎日の行動の中にワンアクション、キレイにする行動を付け加えるので...

掃除を楽しくする方法!面倒な掃除を楽しくして部屋を掃除しよう

掃除をするのが面倒でどうしても重い腰が上がらないという人もいますよね。掃除を楽しくする方法が分か...

片付けが大嫌いな人必見!片付け上手になるためのヒント

片付けが大嫌いで、いつも汚部屋化してしまうという人もいるのではないでしょうか。 急な来客が...

整理・整頓・清掃の3Sから始める!家庭・子育てへの取り入れ方

整理・整頓・清掃の『3S』をご存知ですか? 企業が職場や現場で作業効率や生産性をあげるために取...

部屋の掃除や片付けができないと決めつけるのはまだ早い

自分や家族が住む部屋は、いつも掃除が行き届いて片付けがされているのがベストですよね。 しかし、忙し...

掃除を毎日行うためのスケジュール。ながら・ついでの習慣化

掃除を毎日続けるためには、自分のスケジュールを把握しましょう。 朝起きて、トイレに。 その時...

掃除や片付けにやる気は不要。判断基準を明確に捨てる経験を積む

掃除や片付けにやる気は不要です。 掃除や片付けにやる気は必要ありません。 必要なのは、モ...

部屋の掃除をしたくないときにやる気を出す方法を紹介します

部屋の掃除をしようとは思っていてもなかなかやる気が出ないときには、どのようにしてやる気を出したら...

掃除のやる気は曲をかけて乗り切る!来客前のココだけポイント

掃除のやる気を出すために曲をかけるのはオススメな方法です。 特に来客の予定があると慌てて掃除をする...

掃除のモチベーションを上げるには?掃除をすれば恋愛運がアップ

恋愛が上手くいかない、なかなか良い出会いがないというときこそ掃除をしたほうがいい!?掃除のモチベ...

部屋の掃除はどこから始める?効率よく部屋をきれいにしよう

いつの間にか汚くなってきた部屋の掃除をいざ始めようと思っても、どこから手をつけていいのか迷ってし...

【掃除のコツ】毎日のちょこっと掃除できれいをキープ

平日は帰宅も遅く、掃除をする時間がなくて部屋の掃除は週末にまとめてする…という方は多いのではない...

スポンサーリンク

汚部屋を片付けるときの手順・まずは何をしたらいい?

「片付ける場所」そして「物の量」の判断から始める

把握できたら、今度は一番片付けしやすそうなところから手を付けていくのです。
一番手間が掛かりそうなところから初めてしまうと、終わりが見えず挫折してしまいます。

汚部屋全体を見渡し一番楽そうなところから始める

まずは目に見えるゴミから撤去していきます。
ゴミを取り去ることで、作業効率もアップします。

効率よくお部屋を片付けるには、片付けや掃除に必要な道具やグッツを揃えておく事も大切です。
ゴミ袋やマスクに軍手、雑巾も数枚用意しましょう。
必要な物や不用な物を仕分けるためのダンボールも用意しておくと便利です。

物を移動させるとほこりや汚れが出てくるので、掃除機や殺虫剤、古新聞などもあるといいでしょう。
作業で汚れてもいい服装行い、換気をしながら進めることも大切です。

汚部屋の片付けをする時の手順・物を出すのが先決

汚部屋というぐらいですから、おそらく部屋は足の踏み場もないことでしょう。
部屋だけじゃなく、家全体が汚部屋の場合もあります。

片付けは玄関から始める

部屋だけなら入り口から始めますが、家全体が汚部屋の場合は玄関から始めるといいでしょう。「入り口」から徐々に始めるのがポイントです。

まずはゴミを撤去。
床に落ちている物を拾っていき、飲みかけのペットボトルやお菓子の袋などを回収していきます。
読まない雑誌や新聞などが大量にある場合は、紐で縛って廃品回収に出すべきですが、そこまで多くない場合はゴミに出してしまった方がいいでしょう。

山積みになった服は、着る服と着ない服とで分け、取っておきたい服は洗濯カゴに入れておきます。
捨てるか捨てないかで迷ってしまいますが、思い切って決断することも大切です。
悩むと手が止まってしまい、片付けも進みません。

入り口からどんどん部屋の物を出し、時間が許す限り進めていきます。
溜まったゴミ袋はいっぱいになっていなくても捨ててしまいましょう。
まだ入るからとゴミ袋を置いていては、キレイになった気がしまいからです。

ゴミを処分して床が見れるようになることで、掃除する意欲に繋がります。

汚部屋の片付けの手順・服や雑貨を片付ける

汚部屋でよく見る光景が、床やベットで山積みになっている服、そしてタンスからはみ出している服です。

まずはそれら全てを拾い集めます。
汚い服は洗濯に回すため、洗濯カゴに入れておきます。
量が多くて洗濯カゴに入らない場合は、ゴミ袋に一時避難させ洗濯物の側に置いておきます。ゴミと間違えないように、マジックなどで中身を書いておくといいでしょう。
キレイな服もとりあえずはゴミ袋に入れて、同じようにマジックで書いておくのもいいでしょう。

もし分別ができないくらいの汚部屋の場合は、あらゆるもの全てをゴミ袋へ入れてしまいましょう。
どんな物体かもわからない、長期間放置してあったような物は必要ない物と判断していいのです。捨てても支障はない物だということです。

汚部屋になる理由の一つが物の量の多さ

お気に入りだった雑貨も見た目は大事な物のように感じるかもしれませんが、汚部屋となった今ではそれらは全ていらない物でしかないのです。

お部屋にしてしまう人は掃除自体が面倒で、洗った食器さえも後回しにしてしまう傾向があります。
同じように洗濯物を畳んでしまうという工程も面倒で、全てそのまま放置してしまうのです。
この面倒さは物が多ければ多いほど感じやすいものです。
物をできるだけ減らすことで汚部屋も解消できます。

汚部屋の片付けをする時のコツ

いつか読むかもしれないと思って雑誌を置いておいても、そのいつかが訪れることはありません。
また読むかもしれないと思っていると捨てるタイミングを逃してしまうだけなので、洋服と同様、一年間手に取らなかった雑誌はこれを機会に捨ててしまいましょう。
そのまま残しておいても読み返すことはありません。

ある程度物が減ると今度は掃除をしようと考えます。
床掃除をしたくなる気持ちもわかりますが、それは後回しにしておきましょう。

片付けまず捨てることが先決

物を捨てて部屋に余裕が生まれなければ、掃除をしてもキレイにはなりません。

汚部屋をすぐにキレイにすることはできないでしょう。
いつまでもキレイにならず、片付けする意欲が落ちてしまうこともあります。
一人で片付けることができず気持ちが折れそうな時は、親や友人に甘えて手を借りるのも方法の一つです。

汚部屋をなんとかして人生を変えたい!という意気込みを見せれば、きっと協力してくれるはずです。

いつまでも綺麗な部屋を保つには

汚部屋を脱出したとしても、気を抜いてはいけません。
いつまでもキレイに部屋を保つにはどうすればいいのでしょうか。

片付けの鉄則「物の定位位置を決めること」

とにかく出した物は元の場所へ帰す。それだけで部屋が片付くのです。

朝は出勤や登校で忙しいため、部屋を片付ける余裕がないものです。

片付けるタイミングは「夜寝る前」

寝る前に床に置いてあるものやテーブルに置いてある物を片付けるのです。簡単でかまいません。就寝前に片付けるだけで、朝起きた時の気持ちが変わるはず。
ぜひ寝る前にざっとでいいので、部屋を片付けてから就寝につきましょう。

収納すればいいからと、物をギチギチに詰め込んでしまうのはいけません。
ポイントは収納スペースの「2割程度空きを作ること」です。
取り出しやすく新たに物が増えてもしまいやすい環境を作るようにしましょう。

来客があると急いで片付けようと思うものです。
ちょっと意識を変えて「もしかすると誰か遊びに来るかも」と考えてはどうでしょうか。どうせだれも来ないし自分しか使わないと思うから汚部屋でも平気で暮らしてしまうのです。

シンプルで清潔な部屋に住むことで気持ちに余裕が生まれます。
余裕が生まれるということは、いいアイデアも生まれやる気も出るということ。

あなたもお部屋から脱出しましょう!

掃除のやる気を引き出すコツカテゴリの最新記事