浴槽の掃除は毎日行うことできれいな状態をキープできます

浴槽の掃除は毎日行うことできれいな状態をキープできます

毎日入る場所だからこそ、浴槽はきれいな状態にしておきたい場所の一つとも言えるでしょう。

しかし、浴槽を毎日掃除することは面倒だと感じてしまいますよね。

今回は浴槽の掃除は毎日行う必要があるのかどうか、また毎日行う場合の掃除方法について説明します。

毎日掃除すると言ってもその方法は簡単なので、ぜひ試してみて下さい。毎日の浴槽の掃除を習慣化することによって、家族みんなで快適なバスタイムを過ごすことができるようになります。

また、浴室のカビ対策も万全にするようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

掃除が大変なお風呂場を簡単に掃除する方法!ポイントを解説

毎日忙しく働いていると掃除をする時間もありません。でも、毎日生活をしている家の中には、少しずつ汚れが...

浴槽の掃除はエプロンもお忘れなく!外し方と掃除方法を徹底解説

浴槽の掃除は毎日していても、カビ臭さが気になるという人は「エプロン」が原因かもしれません。 エ...

お風呂掃除はスポンジの使い分けでキレイに!おすすめを紹介

お風呂掃除をスポンジを掃除する場所によって使い分けすることで、掃除がキレイに簡単になるのを知っていま...

お風呂の鏡の掃除には酢が効く。頑固汚れにはラッピングがコツ

お風呂の鏡に付いたうろこ汚れ、何とかしたいと思いませんか? テレビでも酢が効くという番組を見か...

お風呂の鏡掃除。頑固な水アカウロコを掃除する方法

お風呂の鏡にこびりついたがんこな水アカウロコ。一度の掃除では、この頑固なウロコを除去することはできま...

重曹で掃除!お風呂場の鏡に付着したウロコには重曹とクエン酸

重曹で掃除! もう、すっかり定着したエコロジー洗剤の『重曹』。 今までは泡が立たないと、...

風呂の水垢の落とし方を紹介。目的に合わせた落とし方と手順

一日の汚れや疲れをとりたいお風呂タイム。 よく見ると浴槽や蛇口や床や壁などに水垢がついていませんか...

浴室の掃除道具の収納は吊す?掃除がしやすい理由やコツとは

浴室の掃除道具の収納は毎日使う物だからこそ悩まれると思います。ましてや、お風呂場は収納するスペースも...

カビ掃除には『エタノール』家の汚れとカビを掃除する方法とは

カビの掃除をする時には、塩素系漂白剤で除菌・滅菌するというイメージがありますが、実は『エタノール』も...

換気扇の掃除はお風呂場だって必要なコト。外し方から洗い方まで

一日の疲れをとりたいお風呂。最近お風呂場の換気扇の音が大きく感じるなど換気扇に問題はありませんか? ...

重曹を使った掃除。お風呂場にも安心して使える簡単な使い方

テレビや雑誌などでも、重曹は家中の掃除に使うことが出来るということが紹介されています。 体への...

重曹を使った掃除はお風呂の床の汚れの種類に併せて行いましょう

お風呂には毎日入るものの、毎日掃除するという人はそれほど多くないと言われています。 しかし、お...

お風呂の床がくすんでる。これは石鹸カス汚れ?掃除の方法とは

お風呂の床。 白いくすみ汚れは、きっと石鹸カスの汚れでしょう! 私はボディーソープを使わずに...

浴室の掃除用具をいつでも使えるようにするための収納アイデア

浴室の掃除に使うための掃除用具は、浴室にある方が使いやすいもの。そうすれば、入浴後すぐに掃除すること...

カビ取りの方法は?お風呂のカビを片栗粉と塩素系漂白剤で取る

お風呂はカビが生えやすい場所の一つです。お風呂場の頑固なカビ取り方法に頭を悩ませている人もいるのでは...

スポンサーリンク

浴槽の掃除は毎日しないと汚れが取れにくくなります

忙しい家事や仕事に追われていると、もしも毎日やらなくても済むのなら助かるのにと思うことの1つが、お風呂の浴槽の掃除ではないでしょうか?では、毎日お湯を張って入浴するご家庭では、実際にはどれくらいの頻度で浴槽の掃除をしているのでしょうか。

毎日浴槽を洗っている人は意外と少ないと思います。週に2~3回程度しか洗っていないと言う人も多いのではないでしょうか?

「本当は毎日洗いたいけれど、そこまで手が回らない」というのが本音だと思います。

浴槽を掃除したあとにお湯を張ると、指でこすってもツルツルとした感触がありますが、1度入浴したあとにお湯を抜いたまま放置しておくと、途端にザラついた感触に変わってしまいます。このザラつきが、いわゆる湯垢です。

このように湯垢が付いてしまった状態では、しっかりと洗剤をつけてスポンジでゴシゴシとこすらないと、汚れを落とすことができなくなるため、ますます掃除するのが面倒になってしまうのです。

毎日掃除した方がきれいな状態の浴槽をキープできます

浴槽をきれいな状態で保つためには、掃除をする頻度を増やせば良いのです。掃除とは言っても、ここでご紹介する方法は非常に簡単なのでご安心を。

まず、入浴後に浴槽のお湯を抜き、少し熱めのシャワーを浴槽の内側全体にかけます。この作業を入浴直後の浴槽がまだ温かい状態で行うことで、湯垢が浴槽にこびりつく前にある程度洗い流すことができます。

次に、市販のお風呂用洗剤を浴槽の壁に沿ってスプレーしていきます。洗剤が垂れて下の方まで流れたら、あとはそのまま洗い流します。汚れに吸着する泡タイプの洗剤も販売されていますので、そちらを使うのも便利です。

あとは、換気扇ですばやく湿気を追い出して、水垢がつくのを予防します。

毎日入浴後にこの作業をしていても、それだけではどうしても取り切れない汚れが残ってしまうものです。週に1度はしっかりと浴槽の掃除をすることで、さらにきれいな状態をキープできるでしょう。

お風呂汚れには、皮脂汚れや洗い残しの石鹸カスなどの酸性の汚れと、水垢などのアルカリ性の汚れがあります。汚れの種類に合わせて、酸性の汚れにはアルカリ性洗剤を、アルカリ性の汚れには酸性洗剤を使うことで、より効果的にきれいにすることができます。

浴槽などのお風呂の掃除を毎日行うコツ

浴槽以外にも、お風呂場全体を掃除するうえでは、できるだけ手間を省いて短時間で掃除を終わらせるに越したことはありませんよね。

お風呂掃除をラクにするコツとしては、とくにこの2点を意識しましょう。

  • 浴室になるべく物を置かない
  • 掃除道具は吊り下げて収納する

お風呂場を見渡すと、たまにしか使わないようなモノがたくさんありませんか?掃除のたびにそれらを移動したりするのも手間ですし、なんならいちいち面倒だからと、その周囲は洗わずにそのままになりがちですよね。毎日使わないようなモノは、使う時にその都度持ち込み、使ったあとはそのままにしないのが鉄則です。
モノが少ないと、ごちゃつきもなくスッキリとして気分もいいですよ。

お風呂掃除に使う道具は、床や棚に直置きせずに、吊り下げて収納しましょう。こうすることでスポンジやブラシも早く乾きますし、洗剤の底にカビが発生するのも防ぐことができます。

週に一度はカビ対策のための掃除をしよう

毎日の入浴後に簡単に浴槽を掃除しておくだけでは、やはり完全にきれいになったとは言えませんよね。最低でも週に一度は本格的にお掃除をして、汚れを溜めない習慣を身につけましょう。

週末にしっかりとお風呂掃除をするのであれば、床や壁・小物類などの浴槽以外の場所も一緒にきれいにしてしまいましょう。もちろん、お風呂のフタも忘れずに。
せっかく浴槽を毎日きれいにしていても、それ以外の場所にカビが生えてしまったら意味がありませんよね。

排水口に溜まった髪の毛や石鹸カスなどをこまめに取り除いておかないと、カビや悪臭の原因にもなりますので、できれば毎日でも取り除くようにしましょう。さらに週末には市販のカビ取り剤をスプレーしておくことで、カビやぬめりを防ぐことができますよ。

毎日の浴槽の掃除は入浴後に5分で終わらせよう

今までは忙しい夕方の時間帯にお風呂掃除をしていたという方は、わざわざ掃除をしなければと思うことで、毎日洗うのがさらに億劫になっていたのではないでしょうか?入浴後にサッと浴槽の掃除を済ませてしまうことで、格段にお風呂掃除がラクになりますよ。

入浴後すぐに掃除をすることで、汚れが柔らかい状態のままなので、ゴシゴシとこすらなくても簡単に洗い流すことができるというのが、なによりのメリットではないでしょうか?この方法であれば、5分もあれば終わりますので、今まで感じていた浴槽掃除の煩わしさから解放されるでしょう。

自分以外のご家族が最後に入浴する場合は、毎日浴槽を掃除するメリットを伝えて、協力してもらうようにすることで、家族みんなが毎日気持ち良く入浴できますね。

お風呂の掃除カテゴリの最新記事