浴槽掃除は業者に依頼しよう!料金相場から業者の選び方まで解説

浴槽掃除は業者に依頼しよう!料金相場から業者の選び方まで解説

いつの間にか汚れが目立つようになった浴槽をきれいに掃除することは、主婦にとっても大変なこと。

そんな時はプロの業者に依頼するという方法もありますが、料金がどのくらいかかるのか、そして自分で掃除するよりもかなりきれいになるのか気になりますよね。

そんな悩みを解決するために、今回は浴槽掃除を業者に依頼した場合の料金相場や掃除内容、そして業者選びのポイントについて説明します。

浴槽掃除をプロの業者に依頼することのメリットがわかっていただけるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

重曹とクエン酸でお風呂掃除!床や排水口を綺麗に掃除する方法

お風呂掃除は面倒なものです。毎日お風呂に入っていても、なかなかこまめに掃除をする機会がない人もいるの...

お風呂の床掃除はブラシで簡単に!ブラシのメリットと掃除方法

お風呂の床には凹凸があって掃除がしにくいと思う人もいますよね。お風呂の床には色々な汚れが付着していま...

お風呂の鏡の掃除には酢が効く。頑固汚れにはラッピングがコツ

お風呂の鏡に付いたうろこ汚れ、何とかしたいと思いませんか? テレビでも酢が効くという番組を見か...

浴室の掃除用具をいつでも使えるようにするための収納アイデア

浴室の掃除に使うための掃除用具は、浴室にある方が使いやすいもの。そうすれば、入浴後すぐに掃除すること...

浴槽の掃除は毎日行うことできれいな状態をキープできます

毎日入る場所だからこそ、浴槽はきれいな状態にしておきたい場所の一つとも言えるでしょう。 しかし...

浴槽の掃除。デイリー・週一・月イチと洗剤と掃除方法を変える

浴槽の掃除。 毎日のお風呂掃除、億劫ですよね。 今は、吹きかけるだけでこすらなくても浴槽の汚...

お風呂のブラシのおすすめとは?掃除場所によって使い分け

お風呂の掃除用のブラシはどんなものがおすすめなのでしょうか?私は掃除用と言えば使い古した歯ブラシ一択...

換気扇の掃除はお風呂場だって必要なコト。外し方から洗い方まで

一日の疲れをとりたいお風呂。最近お風呂場の換気扇の音が大きく感じるなど換気扇に問題はありませんか? ...

お風呂の床がくすんでる。これは石鹸カス汚れ?掃除の方法とは

お風呂の床。 白いくすみ汚れは、きっと石鹸カスの汚れでしょう! 私はボディーソープを使わずに...

排水溝掃除でお風呂場をキレイに快適にする方法と汚さないコツ

排水溝の掃除はお風呂場の掃除の中でも手間がかかるので、つい忙しさで放置してしまうこともありますね。 ...

浴室の掃除を業者に依頼する場合の費用相場やメリットを徹底解説

仕事していると、浴室の掃除をしっかりとする時間がないという、主婦の人も多いのではないでしょうか。 ...

カビ取り【風呂のパッキン】頑固なカビを取り除く注意と予防法

お風呂場のゴムパッキンには気がつくとカビが付いていることがあります。 お風呂場のゴムパッキンのカビ...

【掃除テク】お風呂の鏡の手強いウロコ汚れを取る方法

お風呂の鏡は、使っているうちにどうしても白っぽくなってきて、洗剤とスポンジでこすってもウロコ状の汚れ...

掃除が大変なお風呂場を簡単に掃除する方法!ポイントを解説

毎日忙しく働いていると掃除をする時間もありません。でも、毎日生活をしている家の中には、少しずつ汚れが...

浴槽を掃除するスポンジについてアレコレ考えてみました

浴槽の掃除をする時に、スポンジ派ですか?それともブラシ派ですか? スポンジを手でしっかりと握っ...

スポンサーリンク

浴槽の掃除を業者に依頼する場合の料金相場とは

浴室は、家族が毎日使うところなので、掃除をしているつもりでもいつの間にか汚れが溜まってしまったり、自分では方法がわからず汚れを取ることが難しいということもありますよね。

浴室の掃除を業者に頼んだ場合の相場は?

プロの掃除業者は、家の中でも掃除がしにくい部分の掃除だけでも、請け負ってくれるところが多いので、浴室のクリーニングを頼む人も居ます。

まず、浴室全体のクリーニングにかかる時間は、平均1.5~3時間で、一般的には浴室にある浴槽や壁、床はもちろんのこと、照明やドア、鏡、排水口など細かな部品の清掃も含まれています。
浴室クリーニングの料金は、1万円~2万円弱の設定が一般的です。
業者によっては、土日の対応が付加だったり、浴槽の大きさによって料金が変わるということもあります。
また、浴槽の下や裏側の「エプロン」部分は、料金設定に入っていなくて追加料金として扱っている業者もありますので、注意しましょう。

エプロン清掃のオプション料金は、業者により違いはありますが、5000円から1万円です。

各掃除業者を比較・検討しながら、自身の予算や要望に合わせて、まずは見積もりを取りましょう。

業者に依頼すると、浴槽以外も掃除してくれます

水垢や皮脂汚れが溜まった浴槽をなんとかしたいと、自分で頑張ってみても、汚れの程度によってはさじを投げたくなることもありますよね。

共働き世帯も増え、家事に充てられる時間も限られている人も多いのではないでしょうか。

掃除業者の利用率は高まる傾向

そんなニーズに応えるように、掃除業者の利用率は年々高くなっています。

業者自体も増えて、サービス内容も各社が消費者のニーズに合わせた物になっていますので、利用する側としても日頃のご褒美として使うなど、使いやすくなってきています。

掃除業者が行う浴室掃除の内容とは

浴室の掃除を初めてお願いする時、浴槽周りだけと思っている人が少なくありません。
でも、そこは掃除のプロ。
浴槽だけの掃除で終わるはずはなく、どの業者も浴室にある物ほとんどを料金プランの中でキレイに掃除してくれます。

平均2~3時間という長い時間をかけて丁寧に浴室内をキレイにしてくれますので、浴室内の掃除に憂鬱であれば、掃除業者にやってもらうことで満足することは間違いないでしょう。

ただし、浴室乾燥機の掃除や、エプロン内部の洗浄、鏡についた水垢除去などは、別料金でオプション選択できるようになっているところがほとんどです。

業者に依頼した場合の浴槽掃除の流れとその効果について

浴室は、リビングのように広い空間ではないので、掃除も簡単そうに見えますが、実際掃除してみると、掃除しなくてはいけない範囲が広いことに驚きます。

汚れも色々な種類が混じり合った物なので、汚れに応じた洗浄方法で落とさなくてはいけないので、掃除機やモップで完了という訳にはいきません。

掃除業者は、掃除のプロなので、浴室なら浴室にあった汚れの落とし方を知っています。
プロにお任せして、日頃の頑張りと引き換えに満足を手に入れるのも悪くないですね。

プロの掃除業者の浴室掃除方法

  1. 業者に浴室清掃をお願いすると、一般的には次のような流れで掃除を行います。
  2. 浴室のドアの周りを汚れないようにビニールで覆う
  3. エプロン清掃が含まれている場合、まずエプロンを取り外し洗浄
  4. 浴室内の天井、壁、床といった浴室の上部分の周囲を洗浄
  5. ドアや床、蛇口などの足元周りの洗浄
  6. 全体を拭き上げ、水気を除去

オプションの作業を依頼していれば、追加の作業が随時入りますが、ほとんどはこのような内容で2~3時間を目安に掃除してくれます。

浴槽の掃除業者選びで失敗しないためには

掃除業者にも、得意とするサービスや、逆に不得意なこともあります。
掃除業者を選ぶ時には、どこに着目して選ぶと失敗が少ないでしょうか。

浴室クリーニング業者を選ぶ時のポイント

価格が適正か

 

まず、掃除の内容(満足度)と価格が見合うものであるかということを見極めるのは大切です。
安いということだけを理由に契約してしまうと、本当にキレイにして欲しい部分の料金は追加料金がかかり、その結果高くついてしまうということがあります。
設定されている料金の他に、土日に追加料金が発生したり、自宅周辺に駐車場がない時には駐車場代が加算されることもありますので、掃除業者と契約を結ぶ前に、しっかりと確認しましょう。

賠償責任保険に加入しているか

その掃除業者が「賠償責任保険」にしっかり加入しているかということも重要です。
賠償責任保険とは、自宅での掃除作業中に過失によりエアコンを壊してしまったり、水漏れにより畳が濡れてしまった時などに、損害となった金額を保証してくれる制度です。
契約前に、掃除業者がこの保険に加入しているのかを確認しましょう。

対応時の丁寧さやユーザー評価の高さ

お客様の立場に立って考えられる会社は、契約前の対応もしっかり親身になって答えてくれたり、相談に乗ってくれます。
クリーニングは「人」が行うので、ここでの対応がきちんと適正なものであるかということがその会社の本質と言っても良いでしょう。
実際に掃除をお願いしたユーザーからの評価が高いということも、掃除業者を選ぶ時のポイントです。

浴槽掃除を業者に依頼する時に注意すること

ハウスクリーニングをお願いしたくても、高いんじゃないか、どんな人が来るのか心配…など不安に感じる人も多いのではないでしょうか。

昔は、ハウスクリーニングの業者自体の数が少なく、利用者は一部のいわゆる富裕層の人達が多い傾向がありましたが、最近では、高齢化や共働き世帯の増加などの世の中の動きに伴い、一般の家庭でも広く利用されるようになってきました。

家の広さや新しさなども関係なく、手頃な料金設定で利用しやすいということもポイントのひとつです。

浴室掃除を業者に依頼する際の注意点

長年、溜まった汚れを見て見ぬフリをしてきたけれど、自分での掃除は限界。
そんな時、掃除業者に浴室の掃除だけをお願いすることが出来るということは、利用者にとっては、嬉しいですよね。
実際、掃除を業者に依頼すると決めてから、数件の業者を比較して検討する人はとても多いです。
料金プランや内容など、どの業者も「売り」が様々ですから、自分にとって譲れない条件をあらかじめ決めておくことをおすすめします。
例えば、業者が家に入る時は奥様だけが家にいる状態の場合、男性1人に作業に来てもらうのは不安だったら、「スタッフの性別を選べる」業者にしましょう。
掃除の範囲も、どこまで含まれているのかを確認し、不要な物(風呂に置いてある小物類など)はしなくて良いなど。
条件に合う業者を見つけたら、電話などで直接話し、相談することで不安材料もなくなるでしょう。
どの業者も、まずはお客さんの要望に合わせたプランで見積もりして、納得してもらってから作業することが一般的です。
「こんなはずじゃなかった…」と後悔するのではなく、「掃除を頼んで良かった」と満足出来るように、依頼する時は入念に対応しましょう。

お風呂の掃除カテゴリの最新記事