浴槽を掃除するスポンジについてアレコレ考えてみました

浴槽を掃除するスポンジについてアレコレ考えてみました

浴槽の掃除をする時に、スポンジ派ですか?それともブラシ派ですか?

スポンジを手でしっかりと握って掃除するほうが、柄のついたブラシでこするよりはキレイに掃除ができる気がします。

ですが、私は毎日のお風呂掃除に関しては、洗剤をふりかけてササッと柄のついたブラシで撫ぜるだけ洗いしかしていません。

最近は、浴室に置いてあっても、まるでオブジェのように素敵なデザインのスポンジも販売されていますよね。

今回は、浴槽の掃除道具『スポンジ』について考えてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

掃除方法!お風呂の床は汚れに合わせた洗剤選びでラク落ち

お風呂の掃除を毎日していても、床の溝の細かいすき間に入った汚れはスポンジだけではなかなかキレイになり...

お風呂の床掃除はブラシで簡単に!ブラシのメリットと掃除方法

お風呂の床には凹凸があって掃除がしにくいと思う人もいますよね。お風呂の床には色々な汚れが付着していま...

浴室をピカピカにするための掃除方法とコツについて教えます

浴室の掃除はどうしても後回しになってしまいますが、そうしているうちに汚れが目立ってきてしまっていませ...

赤カビの落とし方で床もスッキリ!簡単にできて予防もできる

お風呂の床の赤カビの落とし方については、簡単に落とせて予防もできる方法がおすすめです。特に床のタイル...

お風呂の鏡の掃除には酢が効く。頑固汚れにはラッピングがコツ

お風呂の鏡に付いたうろこ汚れ、何とかしたいと思いませんか? テレビでも酢が効くという番組を見か...

重曹を使った掃除。お風呂場にも安心して使える簡単な使い方

テレビや雑誌などでも、重曹は家中の掃除に使うことが出来るということが紹介されています。 体への...

浴槽の掃除だけではなく風呂釜も掃除が必要!その方法を解説

浴槽の掃除はしていても、風呂釜の掃除はしていないという人もたくさんいると言います。 しかし、風...

浴室掃除で厄介なのは水垢さん!水垢をふやかして削り落とす方法

浴室の掃除で厄介なのは『水垢』ですよね? あの、白いカピカピどうにかならないのでしょうか? ...

鏡の掃除はクエン酸で!お風呂場の水垢汚れを綺麗にする掃除術

お風呂場の鏡に白いウロコ状の汚れがびっしりついてしまい、どうやって掃除をしようか悩んでいる人もいるの...

お風呂の床が黒いのは黒カビ?汚れ?お風呂の床の掃除について

お風呂の床って、こまかな溝があるデザインですよね? この溝、気がつくとくすんでいるんです。 ...

お風呂の鏡の裏。ここに潜むカビのせいで掃除してもすぐカビる

お風呂場は掃除をしても、カビたりくすんだりしますね。 カビの除去についてはしっかりと対策を練っ...

掃除の極意!お風呂の床をゴシゴシしたくなる掃除方法はコチラ

掃除って億劫ですよね。特にお風呂の床の黒ずみ。 でも、その汚れを落としたくなる掃除方法があるん...

お風呂の鏡掃除。頑固な水アカウロコを掃除する方法

お風呂の鏡にこびりついたがんこな水アカウロコ。一度の掃除では、この頑固なウロコを除去することはできま...

カビ取りの方法は?お風呂のカビを片栗粉と塩素系漂白剤で取る

お風呂はカビが生えやすい場所の一つです。お風呂場の頑固なカビ取り方法に頭を悩ませている人もいるのでは...

水垢原因は?鏡の水垢の原因と効果的な落とし方・予防方法

お風呂場の鏡に白いウロコ状の汚れがびっしり!その汚れは鏡に付着した水垢です。鏡に水垢が付着してしまう...

スポンサーリンク

浴槽の掃除をした後が大事!タオル掛けに直接ぶら下げるスポンジとは

浴槽の掃除と言えば、スポンジもしくはブラシが欠かせませんよね。
とくにスポンジはたくさん種類がありすぎて、いつも同じタイプを使っているという方もいれば、正直どれがいいのかと色々と迷って、さまざまなタイプを試しているという方も少なくないのではないでしょうか?

浴槽を洗い終わったスポンジは、吊るして乾かしているという方がほとんどだと思いますが、どこかに引っ掛けるにしても、スポンジに紐が付いているか、S字フックなどを利用している場合が多いですよね。

ところで、「フッキングスポンジ」というものをご存知でしょうか?

その名の通り、フック状の形をしたスポンジなのですが、こちらは紐やフックを使わなくても浴室のタオル掛けや物干し竿に引っ掛けることができるので、サッと片手で取り外しできるのも便利です。
使った後はしっかりと水気を切ってから乾かすことで、よりスポンジを長持ちさせることができます。

ただし、スポンジは柔らかいポリウレタン素材の片面にナイロンの不織布がついた二層構造となっているため、傷がつきやすい浴槽などを洗う際には、誤って不織布の面を使わないようにご注意ください。

浴槽の掃除には、汚れに特化したスポンジを選ぶ

あなたが浴槽の掃除に使うスポンジを選ぶ基準とは、一体何でしょうか?

泡立ちやすさや汚れの取れやすさ、さらには値段と長持ち具合のバランスが取れているかということも、気になるところではないでしょうか。

どんな汚れを落とすことに重点を置くかがスポンジ選びのポイント

水だけで簡単に汚れを落とすタイプ

毎日簡単に浴槽掃除を済ませたい方には、水だけで汚れが落とせるタイプのスポンジがオススメです。水を含ませて柔らかいマイクロファイバー面でこするだけで、湯垢なども簡単に落とすことができます。お風呂用洗剤を使ってしっかり洗う際には、裏面のポリエステルネット面を使って、ゴシゴシこすり洗いも可能です。

研磨剤配合タイプのスポンジ

浴槽にこびりついてしまった頑固な湯垢には、研磨剤配合のスポンジが適しています。

赤カビまで落とすタイプのスポンジ

水だけで汚れを落とすだけでなく、浴室の床や浴槽の外側に発生しがちな赤カビまでも落とす効果があるスポンジもあります。マイクロファイバーに力で、洗剤を使わなくても湯垢や皮脂汚れも落としてピカピカになります。

浴槽掃除の必須アイテム『スポンジ』を選ぶ時のポイント3つ

浴槽掃除用のスポンジを選ぶ際のポイントとして、さらに3つほどご紹介していきましょう。

  • ヘッドが交換できるタイプを選ぶ

浴室などの水回りで使うスポンジは、どうしてもカビや雑菌が繁殖しやすくなります。その状態のスポンジをそのまま使い続けるのは衛生上よろしくありませんので、買い替え時期を見極める必要があります。
最近ではブラシとスポンジの2種類のヘッド部分付いている柄の長いタイプなど、ヘッド部分のみを交換できるものも販売されていますので、劣化に合わせて買い替えることができます。

  • 洗剤いらずで節約を

毎日こまめに浴槽を掃除する方であれば、水だけで汚れを落とすことができるスポンジを選ぶことで、洗剤代の節約にもつながります。とくに手肌の荒れが気になってゴム手袋を毎回着用して掃除をしていたという方にもオススメです。

  • 耐久性も重要

毎日のように使うスポンジですから、やはり耐久性も重要です。いくら安くても、すぐに劣化してしまうようでは、買い替えの手間もかかりますし、かえってコスト面も気になりますよね。手の大きさに合わせて握りやすいサイズのものにしたり、なるべく抗菌加工が施されているタイプを選ぶようにしましょう。

浴槽の掃除に使用したスポンジってどのくらいで交換するのがベスト?

浴室の掃除用スポンジのうち、とくに毎日のように使う浴槽洗い用のスポンジですが、みなさんはどれくらいの頻度で買い替えているのでしょうか?

歯ブラシやキッチン用スポンジと比べると、いまいち換え時がわからないという方が多いとは思いますが、実は月に1回は交換した方が良いのだとか。

浴槽を洗ったあとのスポンジには、いくら水洗いして毎回しっかりと乾かしていたとしても、どうしてもカビや雑菌が繁殖しやすくなります。そのスポンジを使って掃除をするのですから、菌を塗りつけているようなもの。

浴室を清潔に保つためには、やはり定期的にスポンジを交換する必要があるようですね。

浴槽掃除をスポンジ以外でする方法

どうしても「浴槽はスポンジで洗うもの」と思い込んでいる方が多いようですが、実はスポンジを使わずに、それ以外のもので代用することもできます。

浴槽スポンジ代用でオススメなのがマイクロファイバークロス

100円ショップやドラッグストアなどで最初から雑巾タイプで販売されているこちらを使うことで、水だけで浴槽の湯垢もスッキリと落ちるだけでなく、蛇口についた水垢もキレイになるというスグレモノ。

そしてさらに嬉しいのが、汚れが気になったら洗濯機で洗えるという点です。スポンジはその都度水洗いすることしかできませんが、こちらはこまめに丸洗いできるので、衛生面も気になりません。
使ったあとはタオル掛けや物干し竿にかけておくだけで済むので、使い勝手も抜群です。
スポンジに限らず、さまざまなお風呂掃除グッズを活用して、快適な入浴タイムをお楽しみくださいね。

お風呂の掃除カテゴリの最新記事