お風呂の鏡の掃除には酢が効く。頑固汚れにはラッピングがコツ

お風呂の鏡の掃除には酢が効く。頑固汚れにはラッピングがコツ

お風呂の鏡に付いたうろこ汚れ、何とかしたいと思いませんか?

テレビでも酢が効くという番組を見かけることはありますが、その詳しいやり方が知りたいところではないでしょうか。

そこで酢を使った鏡のうろこ汚れの落とし方を紹介します。

頑固な汚れには、ラッピングする方法がオススメです。手順や放置時間など詳しくお伝えしていきます。

また酢が使えない材質もありますので注意してお使いください。

酢と使った掃除方法でご家族のためにも、ピカピカの鏡を手に入れてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

浴室掃除で厄介なのは水垢さん!水垢をふやかして削り落とす方法

浴室の掃除で厄介なのは『水垢』ですよね? あの、白いカピカピどうにかならないのでしょうか? ...

浴室掃除での排水溝のイヤな臭いの原因と掃除方法

浴室の排水溝の掃除はなかなか手が回らないという方が多いと思います。やろうやろうと思いながらも、「まっ...

赤カビの落とし方で床もスッキリ!簡単にできて予防もできる

お風呂の床の赤カビの落とし方については、簡単に落とせて予防もできる方法がおすすめです。特に床のタイル...

掃除の極意!お風呂の床をゴシゴシしたくなる掃除方法はコチラ

掃除って億劫ですよね。特にお風呂の床の黒ずみ。 でも、その汚れを落としたくなる掃除方法があるん...

浴槽を掃除するスポンジについてアレコレ考えてみました

浴槽の掃除をする時に、スポンジ派ですか?それともブラシ派ですか? スポンジを手でしっかりと握っ...

浴室をピカピカにするための掃除方法とコツについて教えます

浴室の掃除はどうしても後回しになってしまいますが、そうしているうちに汚れが目立ってきてしまっていませ...

重曹とクエン酸でお風呂掃除!床や排水口を綺麗に掃除する方法

お風呂掃除は面倒なものです。毎日お風呂に入っていても、なかなかこまめに掃除をする機会がない人もいるの...

浴室の掃除におすすめの洗剤はやっぱり『重曹』

浴室の掃除を毎回使い終わった後に、丁寧にしているつもりでも、湯アカや水アカ、皮脂汚れにカビなど、どう...

水垢原因は?鏡の水垢の原因と効果的な落とし方・予防方法

お風呂場の鏡に白いウロコ状の汚れがびっしり!その汚れは鏡に付着した水垢です。鏡に水垢が付着してしまう...

カビの掃除をハウスクリーニング業者に依頼してみた

カビとの戦い。 お風呂場、窓サッシ、玄関、トイレ、部屋の隅、キッチン、エアコンなどなど…。 ...

浴室掃除。お風呂のカビの性質を知って効果的に掃除しよう

浴室掃除の永遠のテーマ『カビ』 掃除をする心得として ①一回ではキレイにならない ②キレイ...

お風呂の鏡の裏。ここに潜むカビのせいで掃除してもすぐカビる

お風呂場は掃除をしても、カビたりくすんだりしますね。 カビの除去についてはしっかりと対策を練っ...

重曹を使った掃除。お風呂場にも安心して使える簡単な使い方

テレビや雑誌などでも、重曹は家中の掃除に使うことが出来るということが紹介されています。 体への...

お風呂掃除はスポンジの使い分けでキレイに!おすすめを紹介

お風呂掃除をスポンジを掃除する場所によって使い分けすることで、掃除がキレイに簡単になるのを知っていま...

重曹で掃除!お風呂場の鏡に付着したウロコには重曹とクエン酸

重曹で掃除! もう、すっかり定着したエコロジー洗剤の『重曹』。 今までは泡が立たないと、...

スポンサーリンク

お風呂の鏡についた水垢掃除に酢が効く。手順を紹介

お風呂を使った後には必ず毎回、サッとでも掃除をしているという方も多いかと思います。キレイな状態を保つために毎回コツコツとやっているのに、気がつくとついてしまっている鏡のウロコ状の汚れ。スポンジでこするだけではなかなか落ちません。
この汚れの原因は、水道水の中のカルシウムやマグネシウムといったミネラル成分からなる水垢と、シャンプーやボディソープなどの石鹸カスになります。この汚れは時間がたてばたつほど、頑固になって落ちにくくなります。では、この頑固な汚れはどうやって落としたらいいのでしょうか。

洗剤にはアルカリ性、酸性、中性のものがありますが、汚れにもアルカリ性のもの、酸性のものがあります。汚れは中和することで落としやすくなるので、アルカリ性の汚れには酸性の洗剤、酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤を使用して中和させて落とすということになります。ちなみに中性洗剤は食器を洗う洗剤などで、これは肌への負担などの安全性を考えてアルカリ性・酸性よりも刺激の少ない中性にしているそうです。

鏡についた水垢はアルカリ性の汚れになりますので、この汚れを落とすには酸性のものを選びます。洗剤を用意してもいいのですが、どこの家庭にでもある「酢」を使っても落とすことができます。わざわざ洗剤を買う必要もなく、食用なので安全性にも問題なく、また洗剤類の臭いが苦手な方も気にならずに使えると思います。

酢を使ったお風呂の鏡の汚れの落とし方

  1. まず酢を水で薄めて、洗剤変わりの液を作ります。
  2. スプレーボトルを用意して、同量の水と酢を入れてよく混ぜるだけで出来上がりです。鏡の水垢が気になる部分にスプレーして、スポンジなどで擦ります。
  3. 汚れがひどい場合は、スポンジに直接酢を染み込ませて、鏡の汚れを擦っていきます。

いずれの場合も、肌が弱い人はゴム手などを使ってください、また、酢の臭いが気になる人はクエン酸にしてみると良いでしょう。

お風呂の鏡の頑固なこびりつきの掃除に酢をラッッピング

スポンジで汚れが落ちない場合の酢でパックをする方法

  1. ガーゼやキッチンペーパーなどに酢を染み込ませたら、鏡にペタペタ貼り付けていきます。
  2. 乾かないように上からラップを貼り付けて覆います。
  3. 汚れ具合によって、数時間~一晩、そのまま放置します。
  4. 貼り付けたラップなどを剥がしてみて、汚れが落ちているようなら、水でキレイに流します。
  5. 汚れが落ちていないようなら、剥がしたラップを丸めて汚れを擦っていきます。酢をスプレーしてから擦ると更に落ちやすくなります。

水で流した後は、残った水分をキレイに拭き取ってください。

こびりついてしまった頑固な水垢汚れは、酢だけではなかなか落とせないこともあります。また、家族がお風呂を使うなどの理由で時間をかけられない場合もあるでしょう。そういった場合は鏡磨き専用のスポンジを使って落とす方法もあります。

ホームセンターや100円均一のお店などでも販売されています。スポンジの片面に人工ダイヤモンドを加工したものが貼り付けられています。磨きたい所に水で濡らした後、このダイヤモンドパッドで擦っていきます。
ただし、研磨剤になるので、素材によっては傷をつけてしまう場合があります。酢では落とせなかった汚れの部分だけに使うと良いでしょう。

お風呂の鏡掃除に酢が効くワケとは

お風呂の鏡の汚れの正体は、水道水に含まれているカルシウムやケイ素などが残ってしまった水垢です。この水垢には、カルシウム塩とケイ素塩の2種類があります。

カルシウム塩はアルカリ性の汚れで、酸性のもので中和させることで比較的簡単に落とすことができます。一方、ケイ素塩の方は、時間がたつと硬くなる性質を持っています。鏡に残った水滴が蒸発し水垢が付着するということを繰り返すことによって、時間とともに鏡にこびりつき、頑固な汚れとなってしまいます。付着したばかりであれば、酸性のもので落とすことができますので、汚れがこびりついてしまう前に取り除くことがポイントです。

水垢はアルカリ性になりますので、酸性である「酢」で中和させることにより、汚れを落とすことができます。

お風呂の掃除に酢を使わないほうがいい材質もある

お風呂の水垢などの掃除には酢が効果がありますが、酢を使ってはいけない材質のものもありますので注意が必要です。

酢を使ってはいけない材質

  • 大理石
    大理石はカルシウムを含みますので、酢の成分で変色したり、表面の光沢が無くなってしまったりします。
  • 金属
    サビてしまいます。
    水道のレバーはコーティングが施されているので問題ありませんが、鏡をとめている金具などには注意してください。

お風呂の鏡のうろこ汚れの防止策

鏡の水垢をキレイに取り除いたら、今度は再び汚れがつかないようにしておきましょう。
頑固な水垢の原因は、水滴が蒸発したときに残ってしまった水道水に含まれるカルシウムなどです。

掃除した後に残った水滴は乾いた雑巾などでキレイに拭き取る

付着してすぐの水垢は酸性のもので簡単に落とすことができるので、汚れは付着させないことです。こまめに掃除をすることがポイントです。

汚れをつきにくくするために鏡をコーティングすることもオススメです。鏡のコーティング剤は水や泡などをはじきますので、汚れが付着することを防いでくれます。
コーティング剤は市販されていますが、液状ノリを水でのばして塗っておくだけでも同じような効果がありますので、ぜひ試してみてください。

お風呂の水垢はとにかく付着させないことです。お風呂を使った後は鏡に飛び散ったシャンプーなどを洗い流し、残った水滴を拭き上げます。汚れはついてすぐなら落とすことも簡単なので、水垢落としの大変な作業をしないためにもこまめに掃除をするように心がけましょう。

お風呂の掃除カテゴリの最新記事