コンロの掃除を重曹以外の洗剤で!時間と熱を上手に使って

コンロの掃除を重曹以外の洗剤で!時間と熱を上手に使って

コンロの掃除って重曹以外でする方法はないのでしょうか?

油汚れには弱アルカリ性の『重曹』で掃除をする方法をよく聞きますが、『重曹』以外では掃除することはできないのでしょうか?

頑固な油汚れは、強力な洗剤を使うのも手ですが、『時間』と『熱』を使えば、いつも使っている食器用洗剤でも、頑固な油汚れを落とすことができるんですよ。

それでは、コンロの掃除を重曹以外の洗剤で行う方法をご紹介いたします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

換気扇の掃除の仕方!タイプ別ファンの外し方のコツと掃除の手順

換気扇の掃除は大掃除の時のみという方も多いと思います。毎日の料理で油汚れがたっぷりと溜まった換気扇は...

【掃除を毎日続けるためのやり方とコツ】キッチンから始めよう

掃除は毎日続けた方が良いとわかってはいても、仕事している人はゆっくりと掃除してい時間は取れないのでは...

シンクの掃除はクエン酸におまかせ!白い汚れもきれいに落ちます

毎日使うシンクですが、洗剤を使って掃除しても白い汚れが取れないことはありませんか。 そこでおす...

【コンロ掃除】五徳の汚れと焦げをスッキリ落とす掃除術

コンロの五徳の掃除は、毎日していますか?忙しいと、どうしても後回しにしがちで、ついつい汚れが溜まりが...

ガスコンロの掃除は『セスキ』にまかせて!こすらない掃除方法とは

ガスコンロの掃除って、億劫だし、厄介ですよね。 でも、放置するとどんどん汚れが溜まり、拭いただ...

まな板の漂白はどのくらいの時間放置すべき?まな板漂白のコツ

まな板の汚れを取るために漂白をしたいけど、どのくらいの時間放置すればいいのかで悩んだことありませんか...

台所掃除に重曹とクエン酸を使ったナチュラルクリーニングのコツ

台所の汚れにはいろいろなものがありますよね。 キッチンのシンクの汚れを始め、排水口の汚れや臭い、 ...

重曹で掃除すれば、換気扇フィルターの頑固な汚れも落とせます

重曹は家中の掃除に使用できる万能洗剤としても人気ですが、換気扇フィルターの頑固な汚れに対しても効果が...

シンクの掃除。どのように毎日していますか?キレイを保つ秘訣

シンクの掃除って毎日どこまでしていますか? 洗い物をするだけ? 排水口まで洗ってる? シン...

一人暮らしの狭いキッチンの収納アイデア!すっきり収納のコツ

一人暮らしのお部屋はキッチンもコンパクトで、収納にお困りの方は多いと思います。キッチンには収納しなけ...

まな板を漂白するコツと落ちない汚れを綺麗に除去する方法

まな板の黄ばみやカビは漂白することで綺麗になりますが、それだけでは落ちない時もあります。 汚れ...

シンクの掃除道具のおすすめの置き場と収納術をご紹介します

シンクの掃除をしやすくするために、掃除用のスポンジなどをそのままシンクに置いている人も多いかもしれま...

【掃除のコツ】毎日のちょこっと掃除できれいをキープ

平日は帰宅も遅く、掃除をする時間がなくて部屋の掃除は週末にまとめてする…という方は多いのではない...

【まな板の消毒方法】熱湯を使った正しいやり方について解説

まな板はしっかり消毒して使わないと食中毒の原因になることはわかっていても、自分はちゃんと消毒できてい...

ガスコンロの掃除を簡単にしたい!アイディアとコツをご紹介

ガスコンロの掃除が面倒に思うのはなぜでしょう? 一つ目に、パーツが多く、デコボコしているという...

スポンサーリンク

コンロの掃除を重曹以外の洗剤『セスキ』を使ってピカピカに!

コンロやコンロ回りの油汚れには、セスキがおすすめです。セスキとは、セスキ炭酸ソーダのことを言います。
成分はアルカリ性の細かい結晶状になっていて、自分で希釈させて使う方法が一般的ですが、最初から液体になって販売されている商品もあります。油汚れは酸性の性質を持つため、セスキのアルカリ性で中和させることで、簡単に油汚れを綺麗に出来るのです。

セスキ炭酸ソーダなんて、名前からして素人が扱うには扱いが難しそうに感じてしまいますよね。しかし、セスキは市販の洗剤にも含まれていて、気付いていないだけで実は身近にあるものです。

そんなセスキの使い方は簡単です。

【用意するもの】

  • スプレーボトル
  • セスキ炭酸ソーダと水

【掃除方法】

  1. 分量は水300mlに対してセスキ炭酸ソーダは小さじ1程度で、空のスプレーボトルに入れたら振ってセスキを溶かします。
  2. セスキ炭酸ソーダ水が出来たら、油汚れに吹きかけて布でふき取るだけです。
    頑固な油汚れの場合は、汚れに吹きかけた後、キッチンペーパーを乗せて更にスプレーを吹きかけて時間を置いてから吹きましょう。
    五徳などは同程度の希釈で作った、セスキ水につけておくと汚れが落ちやすくなります。

セスキ炭酸ソーダはアルカリ性でタンパク質を分解する力があるため、必ずゴム手袋などをして作業を行ってください。
肌に付いた場合はしっかり洗いましょう。なお、アルミや木材など使用場所として向かない場所もありますので注意が必要です。

コンロの掃除は食器用洗剤でOK!

コンロの油汚れには特別な洗剤を使わなくても、どこの家庭にもある食器用洗剤で掃除が出来てしまいます。
食器用洗剤でコンロの掃除が出来るなんて、そんな簡単だったら苦労しないよと思う方もいるでしょう。

最初にアルカリ性のセスキ炭酸ソーダをご紹介しましたが、一般的な食器用洗剤は中性なので、酸性の性質をもつコンロの油汚れには効かなそうですよね。では、なぜ中性の食器用洗剤で食器の油汚れが綺麗になるのかと言うと、界面活性剤の働きによるものです。

この界面活性剤の効果で、コンロの油汚れにアプローチします。
とはいえ、食器を洗うように普通に掃除しただけでは、期待したような結果にはならないでしょう。

食器用洗剤でコンロ掃除をするときのポイントは熱です。
例えば、肉の油など動物性の油脂が冷え固まった状態のお皿はお湯などにつけて、油を溶かしてから洗った方が早く油汚れを落とせると思いませんか。それと同じで、コンロの油汚れにも熱を加えた方が落としやすくなります。

キッチンペーパーを油汚れの上に敷いて、食器用洗剤をふりかけ、その上からラップをします。
これで湿布効果で汚れに浸透しやすく、洗剤が蒸発してしまうのを防ぎます。
そして、肝心の熱の加え方ですが、お勧めはドライヤーの温風をラップ越しにあてる方法です。
熱くなった状態でふき取ります。拭き上げるときはお湯につけて固く絞った布巾などを使いましょう。
いずれもやけどには注意してください。

コンロの掃除を重曹以外でするならやっぱりアレでしょう!

コンロの油汚れに、アルカリ性や中性洗剤をご紹介してきましたが、次はアミノ酸系洗剤をご紹介します。アミノ酸系洗剤のメリットは、手肌に優しいことです。他の洗剤に比べて肌荒れしにくいとされているので、ゴム手袋をしていても、ちょっと手についてしまっただけで荒れてしまう敏感肌さんや肌荒れを気にするより、掃除のたびにゴム手袋をするのが面倒という人にお勧めです。

敏感肌の方や長時間使用するときは、念のためゴム手袋をした方がいいですが、毎日のササッとお掃除のときに、ゴム手袋をしなくても使えるというのは楽ではないでしょうか。

そんなアミノ酸系洗剤は、例えばウタマロという商品があります。頑固な汚れにも強い洗濯用洗剤だと思っている方も多いと思いますが、実は洗濯用洗剤とは別に掃除用やキッチン用の商品も販売されていて、油汚れに強いとされています。

コンロの掃除って、重曹以外ないのかな?そう思ってもやっぱり重曹です!

ナチュラルクリーニングで、重曹の他によく聞くのはクエン酸です。クエン酸は水垢などに効果的で、重曹と混ぜて使う方法も良く知られています。コンロの掃除にも重曹とクエン酸を混ぜたり、クエン酸で掃除をしたら効果的なのでは?と思っている人もいるでしょう。
しかし、クエン酸で掃除して失敗した…と思っている人がいるのは知っていますか?特に、五徳にクエン酸を使用すると、ピカピカになるどころか、白くなってしまうのです。

これは化学反応によるもので、結晶が五徳の表面についてしまうことが原因です。こうなってしまうと、元通りにするのは油汚れを落とすより難しいかもしれません。そのため、五徳にクエン酸は使用してはいけないと覚えておいてください。

しかし、重曹は万能なのです。クエン酸で白くなってしまった五徳を元に戻すのに、一躍買ってくれます。

【掃除方法】

  1. 五徳が入る鍋に水1L、重曹大さじ1を入れて、沸騰させたら五徳を入れて5分程煮込みます。
  2. その後、ある程度冷めてから、ブラシなどで擦って、食器用洗剤で洗います。
    また、コンロの掃除では油汚れの他に、グリルの庫内の臭いが気になるという方も多いのではないでしょうか。
    重曹の良く知られた効果の1つ、消臭効果はグリルの庫内の臭いにも効果を発揮してくれます。
    キッチンやコンロ回りなど食品を扱う場所では、あまり強い洗剤を使いたくない、安心安全な洗剤を使いたいと考える人も多いと思いますが、重曹はその点は安心です。

コンロの五徳汚れが掃除で落ちない場合は五徳を買い換えるという手段も

コンロの五徳の汚れは、コンロ表面などに比べて頑固な汚れが付いていますよね。油汚れや食品汚れがついて、それが焦げとなってこびりついているので、頑固な汚れになると簡単にきれいにすることが難しくなってしまいます。

でも、毎日五徳まできっちりピカピカに掃除するのは大変ですよね。少しさぼっただけでこびりついてしまう五徳の汚れは、憎らしいものがあります。大掃除などで他の部分を頑張ってピカピカにしても、五徳だけ汚れが残ったままでは、他の部分への労力も台無しな気分になってしまいますよね。色々な方法を試してもどうしても汚れが落ちない場合は、五徳だけ買い替えるという手段もあります。

多くのメーカーでは五徳だけ買い替えることが出来ますので、お使いのメーカーのホームページなどを確認してみてはいかがでしょうか。五徳が綺麗になれば、気分もすっきりしますよ。

キッチン・台所の掃除のコツカテゴリの最新記事