物を減らしたい心理とは?その原因とメリットについて考えよう

物を減らしたい心理とは?その原因とメリットについて考えよう

断捨離する人やミニマリストになりたい人が増えていますが、そこには物を減らしたいという心理があると言われています。

では、物を減らしたい心理とはどういう状態なのでしょうか?物を減らすことで得られるメリットとは?

「物を減らしたい」そこに隠された心理と物を減らすことによって得られる幸せについて調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

整理整頓できない人の心理と特徴!片付けが苦手な人向け整頓術

自分は整理整頓が苦手だと感じている方はたくさんいると思います。 子供の頃からいつも親に「部...

物をすぐ捨てる人の性格とは?断捨離に集中しすぎるのも危険

物をすぐ捨てる人はどのような性格をしているのか、気になったことありませんか? なかなか物を捨てられ...

ミニマリストになるために小物を断捨離する方法を解説

自分に必要なものしか持たないミニマリストに憧れてはいるものの、たくさんある小物はどう断捨離すればいい...

断捨離をする時は、捨てる方が良いのか売る方が良いのか

部屋を綺麗に片付けるのなら物を綺麗に整頓して収納に効率的にしまうのが一番です。 しかし、物があまり...

もったいないから捨てられないは断捨離の敵!捨てることで豊かに

部屋の片付けをしていると、「もったいないから捨てられない」という心理に片付けの邪魔をされてしまうは事...

片付けのコツ。それは捨てる方法ではなく、自分と向き合うこと

片付けるコツのセオリーはたくさんあります。 『捨てる コツ』などと検索すると、たくさんの捨てる方法...

【片付けの基本】捨てる洋服を選ぶ基準について理解しよう

「いつかまた着るかもしれない。」そう思って片付けないでいると、クローゼットがいっぱいになってしまいま...

ゴミ同然なのに捨てられない人の心理を理解してから向き合おう

ゴミ同然のものを捨てられない人の心理を理解することから始めましょう。 自分にとっては『こんなゴ...

断捨離はいつか使うかもをやめればいいんです!物を捨てるコツ

断捨離とは、いつか使うかもと何故かいつまでも捨てられない物を捨てるところからはじまるのではないでしょ...

片付けは不要なものを捨てることから始めよう!運気も上昇します

運気を上げるためにはいらない物を捨てて片付けることが大切だと言われていますが、捨てる物の基準がわから...

洋服を簡単に片付けるためのコツと捨てる洋服のルールについて

たくさんある洋服を片付けたいと思っても「まだ着れる」「また着るかもしれない」と、なかなか捨てる覚悟が...

物を捨てたい心理とは!物を捨てたくなる原因と注意点

引っ越しなどの場合には、荷造りをしながら不要な物を捨てていきますが、特にそのような場面でもないの...

片付けではなく『捨てる』すっきりするモノと固定概念の捨て方

片付けとは、使ったものを元の場所に戻すことです。 片付けとモノを捨てることは違います。 部屋...

断捨離はどこから始める?上手に断捨離する方法と注意点を解説

断捨離をして家の中を片付けようと思っても、一体どこから始めるのが正解かわからないという人もいますよね...

ゴミ箱の袋はかけ方ひとつで見た目もすっきり!かけ方のポイント

ゴミ箱が直接汚れないように袋をかけることが多いですが、そのかけ方に不満はありませんか? ゴミ袋...

スポンサーリンク

物を減らしたい、物を捨てたくなる時の心理状態とは?

物を捨てたくなるときは心がリセットをしたいとき

ストレスが溜まっているときにも、物を捨てたいという心理が働きます。

こんな時には、物を捨てたほうが良いでしょう。普段は気にならないことが目に入ってくる、捨てなければいけないと思っていながら捨てないでいるのは心にも体にも良くありません。

捨てることが難しい、この一時の気持だけで捨てて良い物かどうか判断ができない物は、目につかない所に片付けるだけでもずいぶんスッキリするでしょう。

捨てたい、片付けたいという気持ちがあり行動に移せる時にしてしまうほうが得策です。なぜなら、そのまま放っておくと捨てたい、片付けたいという気持ちは薄れそのうちにその気持ちそのものがなくなってしまいます。

そうなってしまうと、どこか捨てたい、片付けたいという気持ちが残っているのにそのまま生活をすることになってしまいます。

捨てたい、片付けたいという気持ちがあるうちに済ませてしまいましょう。

物を減らしたい心理になるのは、家族が原因となることも

物を捨てる強い気持ちが必要

怒っているときや不満があるときに人は物を捨てたくなると言えるでしょう。

また、そのくらいの気持ちがなければ物を捨てられないとも言えます。

この心理になりやすいのが、家族全体の所有物や自分以外の所有物となります。掃除や片づけは妻の仕事と決めつけている家庭は要注意です。

何が必要で、何が必要でないか家族で離し合うといいでしょう。

また、どのくらいの量であれば置いておけるのかを決めておくのもオススメです。ほとんどの住宅の収納には限界があります。

自分のものではなく、人の物を捨てる心理には自分が正しいというものもあります。

趣味のもの、子どものものになるとその基準は甘くなりいつの間にか収納ができないほどになってしまうこともあるでしょう。家族に、怒りや不満はないかを気にすることも大切です。

元彼女や元彼氏のものが残っているのが嫌で捨ててほしいという心理は、嫉妬心や自分が一番でないと嫌という気持ちのあらわれでもあります。

物を減らしたい心理になったことで、人生が楽しくなりました

もし、自宅以外の場所が落ち着くのであれば家に物が多すぎるのかもしれません。お店で食事をしたとき、旅館やホテルに泊まったときにホッとするのであれば自宅の一番過ごす場所の物を少し減らしてみるのもいいでしょう。

人は、目で見えるものを脳で処理しようとしてしまいます。テレビがついていると、ついつい見てしまいますよね。消えていれば気になりませんが、ついていると興味がなくてもみてしまいます。

そんな無意識のうちに使ってるエネルギーを減らすためにも物を減らすといいでしょう。
とくに物が多いわけではないのに、あまり落ち着かないという場合は部屋の色を落ち着いたものに変えたり、合わせることで心地よい空間を作り出すことができるでしょう。

カーテンとカーペット、ソファなど大きな面積を取る物の色を合わせたり似た色にすることで一体感がでます。

物を捨てることで、自分に必要なものや好きなものだけが残るようになります。そうしたものに囲まれることで前向きな気持ちになれるでしょう。

物を減らしたい心理になったら、ルールを決めて捨てていこう

物を減らそうと思っても、やみくもに捨ててまた必要だから買うということを繰り返していては意味がありません。

物を捨てるときのルールを決めることで、判断しやすくまた悩む時間を短くできます。
まずは、本当に必要かどうかを決めましょう。

わかりやすいのは、無くても生きていける物かどうかです。ほとんどの物は無くても生きていけるものに当てはまるでしょう。その中でも、あなたにとって優先順位があるはずです。

その中のベスト3、ベスト10などを決めていけばいいのです。

物を捨てる基準

  • 1年以上使っていない
  • 収納からはみ出している、収納に収まりきらない
  • 汚い、壊れている(修理することができない)

などを決めて捨てるか捨てないかを判断するといいでしょう。

できれば、物を買ったときにひとつ捨てることができるといいですね。物を取っておくというのは、判断を先延ばしにしているということです。判断を先延ばしにすることで、未来の時間を奪っていることになります。できるだけ、未来の自分が過ごしやすいように小さい判断をしておいてあげることが出来たらいいですね。

物を減らしたい心理も行き過ぎると危険です

物を捨てても幸せになれるとは限らない

確かにシンプルな暮らしは過ごしやすいでしょう。しかし、物がないことで不自由になるのであればそれは幸せではありません。

また、自分の価値観で決めつけてしまうのも良くありません。

一人で暮らしていれば、その判断も基準も自分で決めることができますが自分以外に一緒に暮らしている人がいるのであれば、自分と相手の折り合えるところで調整する必要があります。

よく、男性はなんでこんなに物が多いのだろうと女性に対して思っていることに対して女性はなぜ、男性はまったく掃除や片づけをしないのだろうと思っています。

物を減らす、収納を上手く使うにはどうしたらいいのかを話し合いましょう。出来ないことやしないことを言い合っても何も解決しません。

今より良くするには、何が必要で何をしたらいいのかをお互いが知って行動することが大切なのです。

また、ゴミの日などを意識して物を捨てるかどうかの判断をすることで捨てようと思っているゴミが置きっぱなしという問題を解決できます。

掃除でものを捨てるコツカテゴリの最新記事