【おすすめの片付け・収納術】本の整理と収納のコツを教えます

【おすすめの片付け・収納術】本の整理と収納のコツを教えます

一人暮らしで部屋も広くないのに、本だけはたくさん持っている人はどうやって片付けて収納すればいいかが一番の悩みなのではないでしょうか。

まずは、自分の持っている本を片付けることから始めましょう。自分にとって必要な本かどうかを選別する基準がわかれば簡単です。

今回は本の片付け、整理方法と収納におすすめのグッズやコツについて説明します。これがわかれば部屋の中もスッキリとするでしょう。

本を捨てることができない人もいるかもしれませんが、捨てるための心得についても説明します。参考にして下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洋服の収納はたたみ方を変えるだけで収納量がアップします

家族が多いと、洋服の数も多くて収納に悩む人も多いのではないでしょうか。 そんな時はたたみ方を工...

クローゼットの収納術!すぐ試したいアレコレ100均アイテム!

クローゼットの収納術! あの、100均アイテムを使えば、クローゼットの中がスッキリしますよ! ...

片付け・収納のメソッドに共通して言えることとは

『片付け』たい! キレイに『収納』したい! モノがあるべき場所にあると、生活空間は散らかりま...

洋服を収納するアイデア3つ。使いやすいタンスとクローゼット

洋服を収納する時のアイデアはたくさんあります。 ですから、今回は絶対におさえるべき3つの収納方...

整理整頓のコツ!キッチンは使いやすさを考えてスッキリと収納

キッチンにはたくさんの物がありますよね。 調味料や食料品のストック、調理に使うアイテムも引き出しを...

【片付けのコツ】押入れ収納の基本的な考え方を理解しよう

「とりあえず」と何でも押入れに収納していると、いつの間にかいっぱいになっていて、どこに何を入れたのか...

タンスへの収納数がアップする洋服のたたみ方と収納術をご紹介

洋服がどんどん増えていくと、タンスに全部収納できなくなってくることもあるでしょう。 そんな時は...

本の収納に役立つ100均グッズとその使い方!本整理のコツも

本の収納に悩んでいませんか?そんな悩みを解決できるのが100均グッズです。 漫画の本や雑誌の本、普...

一人暮らしの部屋向け、掃除機をすっきり収納する方法

掃除機は生活感の出やすい家電で、出しっぱなしよりも収納しておきたいという方が多いと思います。一人暮ら...

タンス収納は仕切り方がコツ!そのアイデアをご紹介します

タンスにきちんとたたんで洋服を入れたはずなのに、いつの間にかぐちゃぐちゃになってしまっていませんか。...

【おもちゃ収納術】カラーボックスを上手に使うコツを解説

子供のおもちゃを収納するためにカラーボックスを使っていても、いつの間にかぐちゃぐちゃになってしまって...

クリーナースタンドを手作りするポイントやオススメ簡単アイデア

クリーナースタンドを手作りすることはできないかとお悩みのあなた。 スティック型のコードレス掃除機を...

賢いクローゼットの収納術!狭いクローゼットを上手に活用しよう

一人暮らしだとクローゼットが狭いことが悩みだという人も多いのではないでしょうか。 しかし、狭い...

クローゼットの収納術【一人暮らし】狭くても大丈夫!

クローゼットの収納術を身につければ、一人暮らしの狭い空間でも使い勝手がよく快適に過ごすことができます...

洋服の収納ケースでおすすめなのは頑丈で使い勝手のいいもの

洋服の収納ケースはどんなものがおすすめなのでしょうか?持っている服や収納するスペースは人それぞれです...

スポンサーリンク

まずは本の片付けから始めよう

本好きのあなたの一番の悩みは「本をどのように収納したら良いのかわからない」ということではないでしょうか。

本棚から溢れかえった本が山積みに、引っ越し時のダンボールをそのままに、押し入れや収納場所に一時保管のつもりが放置状態に、テーブルや棚、ベット際などあらゆる場所に本が転々とある、これらは全て本が好きな人のあるあるです。

あなたの部屋は本のせいでぐちゃぐちゃになっていることが想像できます。
しかし、これは本のせいではなくあなたが綺麗に収納できないせいであります。
本好きな人にとって本を読むこと買うことはやめられませんよね。
本制限を課せられるのはきっとあなたにとってストレスになるでしょう。
だったら本を綺麗に収納し部屋を片付ける改善策を考えていくことをオススメします。

まず、本棚を整理していきます。
全ての本を取り出しジャンルごとに分けます。
そして同じようなタイトルや内容の本があればどちらか1つを保管しもう一方は処分をします。

整理していく中で思い入れが強い本とそうではない本がでてくると思いますが、内容も覚えていない本、いつどんな時に買ったかも忘れてしまった本はきっとこれからも見返すことはないでしょう。
なので処分行きとなります。

本のタイトルを見て「あ、これ!」と心がひらめく本はきっとあなたにとって必要な本ですね。

このように整理していくだけでもかなりの本が処分にいくと思います。

本を片付ける時に捨てる覚悟を持とう

本を整理していく中でどの本もあなたにとって思い入れがあると思います。

  • 何かに悩んでいる時に買った本
  • この本を読んで人生が変わるきっかけになった本
  • あったらこれからも役立ちそうな本
  • この本のストーリーや内容は忘れられない
  • 忘れていたけど見たらもう一度読み返したくなった

このような思い入れがあってなかなか捨てられないのが本です。

しかしあなたが持っている本、そしてこれからも増え続ける本をこれからも全て持ち続けることはあなたの部屋の広さを考えて可能ですか。
可能だとしても綺麗に収納し片付けられた状態を保てる自信がありますか。

ここで本を片付けないとあなたはまた数年後に同じことで悩んでいることでしょう。
この記事を読んでいるあなたは今が本を綺麗に収納し部屋を片付けるタイミングなのです。

あなたがもっている本の多くに小説がありますよね。
小説はストーリーの中に入り込めるとなかなか楽しく読む手が止まりません。
しかし、それらはたいてい1度読むと読まないことが多いです。
内容がわかっている物語をまた読んでもストーリーに入り込めず楽しくないからです。

どの本を捨てたら良いのか迷ったら小説から捨てていくと片付けがはかどります。

また近年は電子書籍でも本が読めます。
電子書籍の中に入っているものとかぶっている本があればそれも捨てられますね。

片付ける時に気をつけなければいけないことは中身を読み出さないことです。
手が止まり片付けが進みません。
タイトルだけを見て即座に判断していきましょう。

ときめくものもあればそうでないものも必ずでてくるはずです。
後者の場合はどんどん捨てていきます。

捨てることに抵抗があればリサイクルショップや古本屋さんに売りにいくと自分にも利益が多少あるし、買い手がいれば他の誰かに読んでもらえるのでそこまで抵抗がないのではないでしょうか。

片付け終わった本のおすすめ収納術とは

本の片付けのあと、残った本は本当に必要かの再確認まで終わりましたか。
最後にもう1度確認することで捨てられる本がいくつかでてくることは、あなたのお悩みの解消にとってとても良いことです。

本好きのあなたはこれからも本を買い続けることでしょう。
どんどん増えていきますので片付けの際は最小限まで本を減らうことがこの悩みの鍵となるんです。

本の片付けが終わったら本を本棚にしまっていきます。

あなたがこれまで本の収納に利用していた物はなんですか。
本棚専用の家具はとても幅をとりますし値段がする上に本が入り切らないというのがオチです。
一人暮らしの狭いアパートでしたらカラーボックスの使い方を工夫していくとコスパも良くスペースもそこまでとりません。

カラーボックスと言っても多い浮かべるのはよくある三段に仕切りがついたやつですね
それをいくつか重ねて縦に使うか横に使うかはアナタ次第です。
部屋の雰囲気にあったように色合いを選んだり工夫をしていくとオシャレになりますよ。
ここで本がたくさんあるからとカラーボックスを増やすとスペースをとり部屋が狭くなるし本をしまえるスペースがたくさんあるとまた本がどんどん溜まっていってしまいます。
限られた本の収納スペースのみ準備し、本が満杯になったらまた片付けをする、または何冊もまとめ買いはせずに一冊読み終わったら一冊買うなど自分なりのサイクルを作って部屋を本でグチャグチャにしないようにしていくと良いですよ。

一人暮らしの男性におすすめの本棚や収納グッズについて

一人暮らしの男性ですと小まめな本の整理はとても苦手でしょう。
本は好きだけどきっと読むことが好きで本を片付けることは好きではない人が多いですね。

アパートの狭い部屋で本棚の専用の家具をおくことはスペースをとってしまうし、大量の本を収納できる物があってはどんどん本を買い足しまた入り切らず溢れかえってしまうのが目に見えてわかります。

そのため前述ではカラーボックスくらいの大きさがむやみに本を買い増やす防止になり、部屋のスペースもとらなくて良いとオススメしました。

しかし、本棚専用の家具にも種類があり、本当に部屋のスペースを取るものとそうでないものがあります。

後者の方で部屋のスペースをとらない縦長の本棚があります。
この本棚は一人暮らしの部屋にも置ける本棚ですよ。
奥行きや縦の長さなどを図り自分の部屋に合ったものを選んでくださいね。

他にキャスター付きの本棚やカラーボックスですと掃除をする面でも楽ですよ。

本の片付けをしてから、収納グッズを選ぼう

人の心理としてスペースがあるとどんどん物を押し込んでしまう、そこを埋めようと無駄に物を買ってしまうことがあります。

部屋を片付ける時に本が溢れかえっているからと全ての本が収納できる大きな本棚から先に購入し始める人がいます。

無駄に大きい本棚を用意してしまうとその心理にすっぽりとはまった行動をとってしまいます。
大きな本棚を買って「本が片付けられない」という悩みが解消されるのは一時でしょう。しばらくしてまた本が入り切らないという悩みがでてきます。

あらかじめ用意する本棚は一人暮らしにあった大きさに決めると本の無駄買い、まとめ買いも減りそうですし、溜まったら片付けスペースを作るというような工夫をしていきましょう。

雑誌などは本棚の縦の大きさに入らず横に寝かせて積み重ねたりして全体的の見栄えがあまりよくありません。
ファイルボックスと菜箸を使って収納する方法など収納方法をネットで調べるとたくさんでてきますので100円均一など利用して工夫してくださいね。
本棚の背丈や大きさを揃えて並べたり本棚の見栄えを良くする事も部屋を綺麗に見せる1つの方法です。

本を無駄に増やさないよう、同じような悩みにならないよう、これから本の片付けや収納を頑張ってみてくださいね。

収納のコツカテゴリの最新記事