墨汁の落とし方【壁も元通り】コツやおすすめ方法と予防対策

墨汁の落とし方【壁も元通り】コツやおすすめ方法と予防対策

子供が家で習字の宿題をして、うっかり墨汁が壁についてしまったなんてこともあるでしょう。
墨汁の落とし方は意外と難しく、慎重に行う必要もあります。

そこで、壁についてしまった墨汁の落とし方について、元の壁に戻すためのコツやおすすめ方法、汚れを付けない予防対策などお伝えしていきましょう。

これで、気になる墨汁汚れの落とし方や目立つ汚れのごまかし方もわかるので、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

掃除の手順とほこり掃除のコツ!ふわふわ舞うほこりの掃除方法

空気中をふわふわ舞うほこり。ほこりはとても軽いので、少しの風や空気の流れで空気中を浮遊してしまうため...

整理・整頓・清潔の意味をしっかりと理解することから始めよう

整理・整頓・清潔の3Sは、企業で取り入れられている生産性向上などに寄与する活動のことですが、家庭にも...

掃除の手順を確認!毎日の掃除が負担にならない掃除方法を解説

毎日毎日家の掃除をしていると、「今日は掃除をするのが面倒」と思う事もありますよね。とはいえ、日々...

思いっきり片付けたいと思った時の片付けのポイントと注意点

部屋が散らかっている、最近忙しくて掃除が出来ていないなどで、部屋を思いっきり片付けたいと思う時が...

短期間で片付けをスムーズにする方法。キレイな部屋にするコツ

短期間で片付けをしたいときは、ポイントを絞ることで部屋の片付けがよりスムーズになりますよ。 ...

【片付けの基本】捨てる洋服を選ぶ基準について理解しよう

「いつかまた着るかもしれない。」そう思って片付けないでいると、クローゼットがいっぱいになってしまいま...

【部屋をきれいにする方法】中学生の子供のために親ができること

子供が中学生にもなれば、勉強に集中できるように部屋をきれいにしてあげたいと思いますよね。 ...

部屋を片付けたい人必見!どこから始めるか手順を教えます

「部屋を片付けたい。」といつも思ってはいるものの、どこから手を付ければいいのかわからなくて、どんどん...

掃除や片付けで捨てることができない人へ!本当に大切な物とは

掃除や片付けをスムーズに行うためには、まずは不要な物を処分することが必要です。物で溢れかえったお...

片付けで捨てるべき物のリストや捨てるコツをわかりやすく紹介

片付けを始めたものの捨てるべきものがよくわからないという事はありませんか。 最近流行りの「断捨...

実家の片付けで出てきた不用品の処分方法と注意点について解説

なかなか家の中にあるものを捨てられない親に代わって、不用品などの片付けを手伝うこともありますよね...

整理整頓について。部屋を秩序的に保ちたいのなら何をするべきか

整理整頓は、人生の課題ですよね。 一人暮らしの部屋だと、ある程度の範囲自分の意志でものをコント...

汚部屋の片付けをするときの手順やコツと綺麗な部屋を保つ方法

汚部屋の片付けをしたいと思っていても手順がわからない!こんなお悩みを抱えている人もいますよね。自...

部屋の掃除はどこから始める?効率よく部屋をきれいにしよう

いつの間にか汚くなってきた部屋の掃除をいざ始めようと思っても、どこから手をつけていいのか迷ってし...

掃除をするとほこりが舞う時にできる対処法と正しい掃除の手順

家の中を綺麗にしようと思って掃除をしても、空気中を舞うほこりを綺麗にすることはなかなか難しいですよね...

スポンサーリンク

壁についてしまった墨汁の落とし方はスピードが勝負

習字で字を書くのは鉛筆やペンとは違い本当に難しいです。書き終わった後も墨汁を気にしなければ思わぬところに飛んでしまう心配があります。

サラサラな素材の墨汁が壁に飛んでしまったときには壁紙の素材に墨汁がしみこむ前に落とす必要があります。長く放置していたり気づかないと時間が経つごとに奥深くまで浸透してしまうため目を光らせていなければなりません。

習字を始めるくらいの年齢になれば理由を話したら注意したり、それなりの対処ができるかもしれません、ある程度手順を伝えておくのも良いでしょう。

壁についた墨汁汚れの落とし方は素材に合わせて行うこと

表面がコーティングされている壁や床の場合

墨汁が床や表面がツルツルしていて浸透までに時間がかかりそうな素材についてしまったときは、中まで浸透しないうちに掃除をしましょう。

  1. 雑巾を全体水に濡らします。しっかり絞り過ぎない状態で拭くと取れやすいでしょう。
  2. 墨汁が伸びてしまった時は何度もその行程を繰り返し、最後にしっかり絞った雑巾で仕上げましょう。

雑巾は洗うたびしっかり先に着いた墨汁を洗い流すことをおすすめします。

壁紙などの吸い込んでしまいそうな素材の場合

まだ墨汁が乾いていない時

急いで墨汁の水分を吸い取りましょう、そのまま見逃してしまっては中に浸透してしまうだけではなく、垂れて汚れが広がってしまいます。

乾いている時

  1. スポンジに水を含ませて一度軽く絞ります。
  2. 墨汁が付いている場所を叩きながら汚れを浮かしましょう。
  3. 雑巾を持って墨汁を含んだ水が下に垂れないように手を添えながら行いましょう。
  4. ある程度汚れが浮いたら濡れた雑巾を使って綺麗に拭きましょう。

墨汁の落とし方と目立たせない工夫で白い壁も元通り

壁の素材によっては凹凸部分に浸透してしまい、頑固なシミになってしまうこともあります。その時は色々な方法を試してみましょう。

墨汁汚れに洗濯洗剤を使ってみる

油汚れや頑固な汚れが取れる洗濯洗剤、我が家では換気扇やレンジフードの油とほこりが混ざり頑固な汚れになってしまった時の掃除に使用しています。

綺麗に取れるため墨汁にはどうでしょうか?少量の洗濯洗剤を雑巾の角にしみこませ叩きながら浮かしてみましょう。

壁を漂白してみる

  1. 墨汁が付いてしまった部分を一度濡れた雑巾で拭きましょう。
  2. 周囲も綺麗になったところで漂白剤を綿棒の先にしみこませ叩きながら溝の奥に入ってしまった墨汁に浸透させましょう。
  3. 少し時間を置いても効果が見られないときは、もう少し綿棒に漂白剤を含ませて気になる部分につけておきましょう。

固定しておくにはマスキングテープが壁へのダメージがなく良いでしょう。その上から蒸発を避けるためにラップを張っておくとさらに効果的です。

我が家の最終手段
墨汁ではないのですが壁紙の補修をした時に、クレヨンのような床の補修剤で壁を補修した事があります。凹凸がある壁なので気になる部分にクレヨンの柔らかさを利用し厚めに塗りました。そして丸めたアルミホイルで壁の凹凸を再現したところ、綺麗に仕上げる事に成功しました。

墨汁落としは大変だから汚れないように予防が大切

習字をする前の下準備をしっかりと整えましょう。

墨汁が飛ぶ範囲を想定し、大きめのレジャーシートを敷く

書初めの時ですが1人3畳ほどの範囲でレジャーシートを敷いて行いました。それでも注意しなければ色々なところに墨汁は付いてしまいますが、シート内に収まっていたため安心して書き終える事ができました。

墨汁が付いても目立たない服を着る

習字を行う時は全身真っ黒の服を着ましょう。ジャージの素材だと付いても目立たないのか付いても落ちやすいのか比較的ジャージを着せる事が多いです。

服についても落ちやすい素材の墨汁を使う

いつもの洗濯方法でも落ちやすい素材の墨汁があります。使用する墨汁の種類が決められていない場合は使ってみるのも良いでしょう。

畳や床の墨汁汚れもできるだけ早く落としましょう

畳に墨汁が付いた場合

イグサとイグサの間に墨汁が付いてしまい水分が多い場合は、あわてている間に浸透してしまい手が付けられなくなってしまいます。多量の墨汁の場合は一度はがしてからしっかりと取り除き、乾かす必要があります。少量であれば水でぬらした雑巾を軽く絞り畳のイグサの目に沿って叩きながら奥の墨汁を出しましょう。ある程度取れたら乾いた雑巾で水分を拭きましょう。

床に墨汁がついた場合

時間が経っていない状態であれば塗れた雑巾で叩きながら拭くと比較的落ちるでしょう。

拭く時は横にスライドせず範囲を広げないようにしながら拭くのがポイント。

メラミンスポンジを利用

気が付いた時には墨汁が浸透してしまっている場合は、3.5センチ四方のメラミンスポンジを使って汚れを取りましょう。

  1. メラミンスポンジに水を含ませます。
  2. 軽く絞り床に押し当てると水が少し出る状態にしましょう。
  3. 汚れている部分に力を加えこすってみましょう。

砂けしを利用

まだ汚れが気になる場合は砂けしを使ってみましょう。

砂けしは使われている素材の粒子が粗いため表面を削る役割があります。床に強く押し当ててしまうと表面を削り取ってしまいますので、取扱には注意が必要です。

軽い力で何度も往復させて様子を見ながら行うと床への摩擦が少なくて済むでしょう。

掃除の手順カテゴリの最新記事